父親力【戦略的父親の子育て】叱り方とほめ方のコツ!

父親力アップでは簡単!仕事で活用している【戦略的思考】を子育て活用するだけ!父親のほめ方叱り方にはコツがあった!1000組えを超える個別相談から見えてきた、父親力アップのツボとコツを一挙公開!

【戦略的!父親の子育て(目次)】 順番にお読みください


はじめまして 最初にお読みください! グッド!

戦略その1  子育てと恋愛は似ている?

戦略その2  過去の仕分け?

戦略その3  夫婦は他人?

戦略その4  幸せってなんだっけ? ラブラブ

戦略その5  はじめてのおつかい?

戦略その6  自己肯定感とは?

戦略その7  子供には魚を与えるな?

戦略その8   父性と母性?

戦略その9  やる気スイッチはどこにある?

戦略その10  わが子を【お子様】にするな!?

戦略その11  戦略的なしかり方とは?

戦略その12  感情的にしかるな?むかっ 

戦略その13  体罰の是非?

戦略その15  ダメはダメ!!

戦略その16  叱るときに、おっかぶせない??

戦略その17  その場で叱る!社会的参照??

戦略その18   父親的叱り方の秘訣?!

戦略その19   叱った後のフォローが決めて!

戦略その20  一貫性は父親力の柱!

戦略その21  残念な叱り方!?

戦略その22  親のガマンが父親力の肝!

戦略その23  3つ叱って!7つほめる!

戦略その24  「ほめる」と「おだてる」の違い?

子育て金言  素敵な詩~父親力!

戦略その25  必見!ほめる絶妙なタイミング!

戦略その26  ご褒美作戦!その落とし穴!?

戦略その27  それでも ご褒美作戦!

戦略その28  代理表現という最終兵器!

戦略その29  三宅家の家訓に学ぶ父親力!

戦略その30  疑問形で叱っても効果なし!

戦略その31  子供を守る資格??




テーマ:

子供はなにをしでかすか判りません!?


やけど、骨折、誤飲、熱中症、かみつき、、、、etc


そんな緊急事態の時に父親としてなにができるでしょうか?


私自身もそんな漠然とした不安の基に子育てをしています。


今回、「MEDIC FIRST AID」という資格を取得する機会に恵まれました。


MFA詳細 http://www.mfa-japan.com/mfa/index.shtml



父親力【戦略的父親の子育て】叱り方とほめ方のコツ!-MEDIC FIRST AID

アメリカで25年前から始まる応急処置の講習資格で、企業等の研修にも広く取り入れられています。


前から気にはなっていたのですが、今回、子供向けの応急処置を含んだ「チャイルドケアプラス」というコースが新設されたので申込みました。


私は平日一日、9時~18時まで(けっこうきつい!)


費用は15000円で取得できました


内容は本当に盛りだくさん!


人工呼吸はもちろん、溺れた、やけど、ちょっとした擦り傷まで、知っていることで安心して子供達と過ごせることばかり。


私は子沢山ですし、よそ様のお子様をお預かりする立場ですので、本当に取っておいて良かったと思います。


世の中の「イクメン」にはぜひおすすめの資格ですよ!

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

こどもがごみ箱以外にごみを捨ててしまった!


「どこにゴミを捨てているの?」


「だれがそんなところに捨てているの?」


私ども大人がやりがちな「疑問形」の叱り方です。


これは子供がすでに「ゴミ箱以外にはごみを捨ててはいけない」ということを理解している場合にのみ有効な高度な叱り方です。


相手がそのことが悪いことと思っていなければ、なんの効果もありません叫び


「どこに捨てているのむかっ?」


「ここべーっだ!


「だれが捨てているのむかっ?」


「ぼくニコニコ」 なにか?


こんな事態が起きていませんか??


特に幼稚園までの子供には「疑問形」効果半減!無用に混乱するだけです!


具体的に事実だけを伝えればよいのです。


「ゴミはゴミ箱に捨てようね!」と言ってゴミ箱まで導いてあげるだけOKです。


同じような叱り方で「ちゃんとしなさい!」があります目


どのような状態がちゃんとしているのか判らない子供には全く効果無しです。


具体的に、具体的に!


鉄則です!



目次に戻る



●ブログランキングに参加しています!よろしくお願いします!  にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

トッポンチーノ販売  ●幼稚園受験、幼稚園受験  ●幼稚園選び

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


父親力【戦略的父親の子育て】叱り方とほめ方のコツ!-chichioyaryoku

オリンピックの華やかな成果の陰に、必ずお父さんと、お母さんの、想像を絶する苦労が見え隠れします。


特に「重量挙げの三宅親子の12年の戦い」には本当に感動しました!!


「カエルの子はカエル」「サラブレッドだからね~!」


などと、二世アスリートは軽い評価を受けがちです。


しかし、そんな思いを一掃してくれたのが「三宅家の家訓」でした


その一 子供がやりたいと言うまで強要しない


その二 自分と比較しない



その三 子供のやりたいことに真剣に取り組む



どれも簡単に見えて本当に奥が深く、難しいことだと思いませんか?



「子供がやりたいと言うまで強要しない」


自らが好きで選んで始めた事!ということが、いかに大切で、だからこそ、その先にある厳しい練習にも耐えていける。

だからこそ、頂点まで登るためのモチベーションが保てる。


そうした真理を、トップアスリートである父親だからこそ理解しているのだと思います。


同様のことを イチロー、タイガーウッズなどの父親も語っています。

戦略その10  参照ください)


「自分と比較しない」


「おれの子だからできるはずだ!」という期待は持って当たり前です!


しかし、子供を一人の人格としてその意思を尊重する。

これまた、難しい課題ですよね!


「子供のやりたいことに真剣に取り組む」


しかし、一旦、子供が自分の意志で「これをやる!」と決めたらトコトン付き合う。


三宅選手がつらい減量をしているときに、お父さんもいっしょに減量したそうです。


こうした「腹の据わり」は、すごいものがあります。


私自身が子供のやりたいことにどれだけ真剣に取り組んだか?と聞かれると恥ずかしい思いがします。


まさに父親力!と感嘆いたしました。


みなさまはどうお感じになりましたか?










目次に戻る



●ブログランキングに参加しています!よろしくお願いします!  にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

トッポンチーノ販売  ●幼稚園受験、幼稚園受験  ●幼稚園選び

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「代理表現」とは、相手の気持ちを代弁すること言います。


ぜひ!父親としてマスターしたいアップ


親子関係だけでなく、夫婦関係、仕事関係、すべての人間関係で応用可能です。


子供が頑張ったのにテストの結果が悪かったときに、頭ごなしに叱るのではなく


「残念だったね~!」「悔しいね~!」と子供の気持ちを代弁してあげましょう!


すると「お父さんは解ってくれている!」というコミュニケーションの基礎ができあがります。


そして「そ~ゆ~時もあるよね、どこを間違えたか、いっしょに見てみようか」


という、次の段階に進みます。


「解っていることでも、あえて口出す」男性が特に苦手とする分野ですね!


私も大の苦手です!「言わなくても解るだろ~!」的な考え


ですので「使えるように努力」しています。


使いこなせれば「夫婦間をも良好にする最終兵器にもなりますよ」チョキ



目次に戻る



●ブログランキングに参加しています!よろしくお願いします!  にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

トッポンチーノ販売  ●幼稚園受験、幼稚園受験  ●幼稚園選び

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「だからご褒美はやめましょう!」って前回、言ったじゃないですかあせる


しかし、私ども大人も「~が欲しいからがんばろう!」


「ここまで頑張ったら、自分にご褒美ラブラブ」などといって、自らのモチベーションを上げていますよね!


なので、「ご褒美をあげるならより効果的に!」というのが今日のテーマです。


キーワードは「自分で決めさせる!」ということです。


「ご褒美に何が欲しいか?」


「そのためになにを頑張るのか?」


高学年であれば「いつまでに?」と期日を設けるのも良いですね!


カレンダーに自分で記入させ、具体的にどうするか書き出してみる。


そして張り出す!


自ら計画を建てるトレーニングする絶好のチャンスです!


親もどうせ「出費」をするなら、このぐらい戦略的にまいりましょうチョキ



目次に戻る



●ブログランキングに参加しています!よろしくお願いします!  にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

トッポンチーノ販売  ●幼稚園受験、幼稚園受験  ●幼稚園選び



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

イルカの素晴らしいショーを見ていると、ご褒美がいかに効果的か判りますね!


イルカと子供を一緒にするなパンチ! と、叱られそうですが!


しかし人間も動物ですからね!


短時間で、目の前の問題を解決するには、ご褒美が効果的であることには、変わりありません。


しかし、「ご褒美が欲しいからがんばる!がまんする!」の裏返しは


「ご褒美がなければがんばらない!がまんしない!」ということです。


もっと言えば「ご褒美がない=愛されていない」と感じるようになります。


「~やりたくな~い!」「~いきたくな~い!」と泣き叫ぶわが子に


「○○買って上げるからがんばろう!」


「わ~い!がんばる!」


親であればだれでも経験があることですショック!


私が相談を受けていての経験ですが、このオペレーションを採るのは


父親と祖父母圧倒的にが多いのです叫び


母親は普段、子供と現実的に向き合っていますので、ご褒美をいつもあげれないということを知っています。


しかし、普段、接していいない父親や、祖父母はその溝を埋めるために、ご褒美作戦を採りがちなのですあせる


厳しい言い方ですが、共働きのご夫婦も、普段、いっしょに居てあげれない罪滅ぼしに、休日はご褒美連発!という傾向もあります。



気持ちは、よ~くわかります!


しょ~がない時もあると思います。


たまにはいいじゃないですか!


でも、毎回はやめましょうね!目




目次に戻る



●ブログランキングに参加しています!よろしくお願いします!  にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

トッポンチーノ販売  ●幼稚園受験、幼稚園受験  ●幼稚園選び



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とても大切なお話です目


子育てをしていると大切な局面に何回か出くわします。

その一つが「子供がうそをついた時」です。

この時ばかりは、みっちりしかる必要がありますメラメラ

しかし反対に、過ちを犯してそれを子供自らが謝ってきた時!

これは「おおいにほめるチャンス」なのです合格

「お父さんに怒られる、、、」と心配しながらの告白です。

しかし「正直に話したことでほめられた!」

この大きなギャップに

「あぁ人は正直に謝ると許してくれるんだな~」

「勇気を持って正直に話してよかった」

という「倫理観」が備わります。


そして正直に話せたという「自己肯定感」を持つことができるのです。

それは、生涯にわたって「大切な財産」となるでしょう。


わが子に身に着けて欲しい財産は他に無いと思います。


また、それを身につける絶好のチャンスなのです!


一見ピンチと思われる局面の裏に、このチャンスが潜んでいます。



ぜひ「その時」は必ずやってきます。


その絶妙なタイミングを見逃さないことが「戦略」であり「父親力」です。



自分の幼少時代に、同じような経験がありませんか耳




目次に戻る



●ブログランキングに参加しています!よろしくお願いします!  にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

トッポンチーノ販売  ●幼稚園受験、幼稚園受験  ●幼稚園選び



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は素敵な詩をお伝えしますひらめき電球


アラブの詩人で、カーリス・ジブラーンという人の詩です。


子どもとの接し方で、とても共感いたしましたのでご紹介します。


-----------------------------------------------



あなたの子どもはあなたの子どもではない


待ちこがれた、生そのものの息子であり、娘である


あなたを経てきたが、あなたから来たのではない


あなたとともにいるが、あなたに属してはいない


あなたは愛情を与えても、考えを与えてはならない


なぜなら、彼らには彼らの考えがあるから


あなたは彼らのように努力はしても、


彼らをあなたのようにすることを求めてはならない


なぜなら生は後戻りしないし、


きのうにとどまりもしないのだから


あなたは弓であり


あなたの子どもはあなたから飛び立つ弓である


<アラブの詩人 カーリル・ジブラーン>

-----------------------------------------------------


いかがですか耳







目次に戻る



  • 読者になる

    ●ためになったな~!と思われたら投票お願いします!  にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
    にほんブログ村



  • いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

    テーマ:

    難問ですね~叫び


    まず、当に心から感動や、喜びを表現した言葉は「褒める」です。


    計算ではなく「すごいな~!」「よくできたな~!」「がんばったな~!」


    そうした本音かくる愛情のシャワーを浴びて、子供はスクスク育ちます。


    本心からではなく、子供を思い通りに誘導するために賞賛すると「おだてる」になります。


    しかし「○○もおだてりゃ木に登る」音譜のように、「おだて」の全てが悪いとは思いません。


    正直、私も「あ~こりゃ~おだててるな~」と心の中で思うとは多々あります。


    注意すべき点があるとすれば2点。


    1点目は、その親の評価の基準です。


    明らかに、親に都合が良い行動を取ったときに「イイ子ね~!」「えらいぞ!」


    これは、おだて以前の、単なる誘導でしかありません。

    親の持つ基準自体が問題です(戦略12 を参照ください)


    2点目は、その視点の長さです


    今回のテストの点数が良くて、次のテストでも良い点を採って欲しいから賞賛すれば、親の打算からくる「おだて」です。


    しかし、毎日宿題をやる習慣がついたことによるテストの良い点数で、今後もその習慣をつづけて、自分から学んで欲しいという、長いスパンの願いを込めての賞賛であれば「ほめる」なのだと思います。


    特に、父親においては、長い先を見据えた「ほめ方」を考えたいものです。


    大変、難しい問題で、「これが答えだ!」というものはありません。


    皆様の、ご意見、ご感想などお聞かせください耳





    目次に戻る



    ●ブログランキングに参加しています!よろしくお願いします!  にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
    にほんブログ村

    トッポンチーノ販売  ●幼稚園受験、幼稚園受験  ●幼稚園選び



    いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

    テーマ:

    「3つ叱って、7つほめる」 子育ての金言ですね


    私もいつも心に置いている言葉ですが、放っておくと割合逆転叫び


    7つ怒って、、、になりかねません。


    何回かに渡って「叱る」についてお話してきましたが、そろそろ「ほめる」のお話をしていきましょう。


    子どもを伸ばすうえで「ほめる」はとても大切な要素です。


    子どもをほめることは、「お花に水をあげる」ようなものです。必須です。


    ほめる必要性はたくさんありますが、まずは子どもはほめられることで


    「世の中の秩序」を知ることができます??


    子どもは何も知らずにこの世に生れてきます。


    善悪の判断も知りません。


    自分のした行為を、親が反応することで「秩序」がはぐくまれていきます。


    親がほめることで「あ~これはいいことなんだ!」また叱られることで「あ~これはしてはいけない事なんだ!」といった感じです。


    親が喜ぶ姿を見て「あ~こうすることで人は喜ぶんだ!」といった感じです。


    スクスク伸びる朝顔の花が、植木鉢に建てられた杭にそって伸びるように、子どもは「秩序」を頼りに、自ら成長していきます。


    まっすぐしっかりした杭があれば、高く、見事に大輪の花をさかせます。


    しかし、杭が無かったら?地を這い、花を咲かすことはできないかもしれません。


    いかに、親の持つ「秩序感」が大切かお解りいただけるかと思います。






    目次に戻る



  • 読者になる

    ●ためになったな~!と思われたら投票お願いします!  にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
    にほんブログ村

    トッポンチーノ販売  ●幼稚園受験、幼稚園受験  ●幼稚園選び




  • いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)