Feel at CHISE

『CHISE(チセ)』はアイヌ語で『家(Home)』

東南アジア・インド・福岡・東京をブラブラした後
釧路で旦那とcafe&barCHISEを始め
やっと自分の『CHISE』を見つけました。
 

『CHISEのあれこれ』ブログvol2
日々の出来事に加え、自分の知り得た
釧路の子連れで行けるイベント&おすすめスポットや子育て情報を
少しでも紹介していけたらなぁと思ってます☆

テーマ:
久しぶりに旦那とお酒を交わし
身近な事から真理やら世界平和的な話まで展開されたのですが


そのBGMとして聴いてた音楽も
パールマンからここまで展開されてしまいました。



HUGして彼のヘッドスライディングを止めてあげたいw
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前 職場のBGMの日記を書きましたが
その中に『ミザルー』(Miserlou)と言うカバー曲も入っていて
ちょっと気になったので調べてみました。

私がコレを聞いてイメージするのはパルプフィクションのオープニング。


1962年にディック・デイル&デルトーンズがサーフミュージックアレンジで演奏し
全米でヒットしたようで「パルプフィクション」や「TAXI」等の映画に使われ
今日私達の耳にも入るようになったようです。

なんですが原曲を知らなかったので調べてみました。

ウィキ曰く
この歌がいつ書かれたか正確に突き止められてはおらず
多分19世紀以降であるとは考えられているようです。
「ミシルルー(エジプトの娘)」と言う名で
ギリシア人、トルコ人、アラブ人、ユダヤ人たちの間で聞くことができることから
オスマン帝国の支配領域で生まれたんじゃないかという説があるようです。

そして 歌詞付きだとこんな感じらしいです。

めっちゃいい。


私が初めてこの映画を見たのは23の時に
お客さんに薦められてなんですが

『PULP FICTION(パルプフィクション)』を直訳すると
パルプ→質の悪い紙・・・に書かれた
フィクション→物語
すなわち『読み捨て小説』と言う意らしいのですが
これが大ヒットしアカデミー賞では7部門にノミネート。


そんな映画の中でユマサーマンとジョン・トラボルタがツイストダンスするシーンがあるんですが

タランティーノらしいブラックジョーク。

ところで10年以上『サタデーナイトフィーバー』のダンスシーン見てないな

・・・と、久々に探してみました。

めっちゃいいw


と まぁ 息子を寝かし付けにおんぶしながら
ずっと気になってた2点の原点回帰してみました。 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日 次男の登園許可が出ました!

Feel at CHISE

やっと帯広動物園と思っていたのに・・・今週末は雨。

室内で遊べるって言ったら
ポスか遊学館かなぁっと思っていたら
図書館で劇が観れるようです。



劇『あした天気になァーれ』


日時:10月15日(土) 10:00~11:30
場所:市立釧路図書館 4F 視聴覚ホール
内容:同時上映 梅后流 江戸芸かっぽれ
費用:入場無料
問い合わせ:市立釧路図書館 0154-42-1411
主催:
くしろ高齢者演劇団 0154-24-7633
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。