子どもの発達段階別「子育てレシピ」 鈴森あかり

子どもの発達段階別で考える、子育てのお悩み解決術!
どんな素材のお子さんも輝きだす今日から使える発達段階別「子育てレシピ」公開中!!

NEW !
テーマ:

おはようございます。

子育て心理学

インストラクター&カウンセラーラブラブ

鈴森あかりです。

 

この方法で撃退!

「ガミガミ・クドクド・ネチネチ」

母さん

 

お母さんの、

「ガミガミ・クドクド・ネチネチ」は、

子どもを、嫌な思いにさせます。

 

 

これが、毎日続くと、

子どもの、自信が低下する・・・・かもしれません・・・・。

 

 

 

 

しか~し!!

私達も、好きで「ガミガミ・クドクド・ネチネチ」しちゃっている訳ではないのです。

あまりにも!

あまりにも!!

あまりにも~!!!

 

子どもが、あまりにも、お母さんを怒らせるような事をするからですよね(;´▽`A``。

 

 

 

「ガミガミ・クドクド・ネチネチ」
と、言ってしまいたくなる訳は!

 

 

 

 

 

ゲローやるべき事をやらない!

 

右矢印自分の手を煩わされる

 

 

 

 

ゲロー努力しない!

右矢印先が見えていても、代われない

 

 

 

ゲローすぐに動かない

右矢印いつまでも、仕事が終わらない

 

 

 

もうね、

お母さんに、

迷惑かけ過ぎでしょ~!!

 

って、無意識の内に思うので、

 

 

 

 

気が付いたときには、

 

「ガミガミ・クドクド・ネチネチ」と、

自分の気持ちをぶつけているのです。

 

 

 

 

 

「ガミガミ」しちゃうのは、
こんな時が多いです!

 

無意識の内に、言葉に出しているので、

想定するのは、大切な事です。

 

お着替えしない!

 

ご飯を食べない!

 

お風呂に入らない!

 

時間をかけ過ぎたり、物をこぼしたり、

それぐらい気付いてよ!

気をつけてよ!

 

自分で考えて、

自分で行動してくれ!!

 

 

って、時です。

 

 

 

この方法で、「ガミガミ・クドクド・ネチネチ」が減るといいですね

 

 

 

 

今回は、比較的小さな子の想定です!!

 

 

上差し予想外な事をされた時

 

物をこぼしちゃった!

遅刻しそうなのに、のんびり~!

 

「何してるの~!!ムカムカ

「何でそうなるの~!!ムカムカ

 

 

こうした言葉が、最初のかけ言葉のようになってしまっうと、勝手にイライラを加速してしまうので、

 

 

右差し最初に発する言葉をチェンジ!!

「ワァオ!」

「ほ~!!」

「なるほど!」

「ゲゲゲ~!」

「ひょーえー!」

「そうきたか!」

最初に発する言葉を、戦力を失うような言葉に変えて下さい。

ウソのようですが、攻撃性が半減します。

 

子どもの、行動を見て最初に発する言葉は、

「なるほど~」に決めるとかね!

 

 

 

上差しやるべき事をやらない!すぐに動かない時

 

指示命令すれば、するほど、従わないので、イライラってしちゃうものです。

 

鈴森家では、言って駄目なら、子どもの興味を引き付けてみます。

 

 

右差し興味を引きつけて動かしていこう!!

 

ゲラゲラ【用意するもの】

※そこら辺にあって、手軽で、捨てれそうな物ならなんでもOK

 

〇マジック(鏡・サランラップ・ペットボトル等)にかけるもの

〇腕人形・指人形 か ぬいぐるみ・人形

〇目隠しできる箱のようなもの

〇星やハート等の抜き型

〇ろうそく

 

 

お風呂になかなか入らな~い

・ペットボトルに絵を描いて新しいおもちゃを作る

・暗闇にろうそくを灯して洞窟風呂

 

 

ご飯をなかなか食べな~い

・星型に切った野菜を何個か一緒に煮ておいて宝探し

・メニュー当てクイズ

・シートを一枚引いて床で食べるピクニック

・いつもと違う場所で食べるミニパーティ

 

 

なかなか歯磨きにこな~い

・手鏡に絵を描いて変身歯磨き

・腕人形が磨いてくれる、人形歯医者さん

 

なかなかお着替えしな~い

ぬいぐるみに服を着せて一緒に競争

 


 

 

人形で腹話術をしたり、

絵を描いて、みたり、

特別感を演出したり、

 

 

言葉の指示が駄目なら→何かで興味を引く!

に切り替えます!

 

 

ごっご遊びが好きな年代なので、

腹話術でなりきって、会話をしてあげると、動きがよくなります!

 

 

いつまでも怒鳴り続けるよりも、有効ですよ!

「子どもだから!」

と、思っていても、

自分にかかる手間が増えると、文句の一つも言いたくなります。

 

そんな時に、出せるカードを増やしましょう!

 

今日の川柳

「わかるけど

もっと素直に 動いてね」

只今、

無料子育て相談(カウンセリング)キャンペーン中です!!

子育ての躓きをそのままにせず、お話下さい(*^▽^*)

 

ほんの少しの事で、子育てが楽になるかもしれません。

誰かに聞いてもらう!そんな所から始めてみませんか

 

お申し込み詳細はこちらから

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

子育て心理学

インストラクター&カウンセラーラブラブ

鈴森あかりです。

 

 

子どもが生まれて

付いた力は、

「予測力」と「謝罪力」

 

 

子どもが生まれてから、上手になった~と、思う事(*^▽^*)

 

それは、

 

1、「予測する」事

2、「謝る」事

 

 

「冬休み手芸教室」に、申し込みました。

 

 

親子一緒なら何歳からでも参加OK!

 

い・ち・お・う

じろう君も申し込みました。

 

 

 

じろう君は、当日

 

「ぼくは、しない!」と言うか、

「ぼくも、したい!」と、言うか、

 

想像が、つかないので、

 

 

こういう物は、必要経費と割り切って、

二人分申し込む事が多いのです。

 

 

 

どこかに連れてい行く時

 

何かを申し込む時

 

 

事ある事に、

瞬時にシュミレーションをする自分が、います。

 

 

私に限らず、幼い子どもを持つ親は、

皆さん、シュミレーション上手だなと、思うのです。

 

常に予測をしていないと、不測の事態になってしまうからです。

 

 

 

 

 

結局手芸教室で、じろう君、

「ぼくは、しない!」

と、言いました。

 

「はい!どうぞ!!」

(予測通りです!)

 

 

手芸教室が始まりました。

 

 

 

「すみません。家の子、みんなと一緒にできるかどうかわからないので、先に進めて下さい。」

 

 

昔は、こういう事を言うのも躊躇したものです。

 

 

気が付けば

どんどん、謝り上手!

 

 

 

 

じろう君は、廊下でお絵かきを始めました。

 

 

廊下にも、教室の楽しそうな声が響いてきました

そ~っと、中の様子を伺って、

 

 

「やっぱり、ぼくもやるぅ~!」

(これも、予想通り(。・ω・)ノ゙)

 

 

 

 

 

できあがったのは、こちら

 

 

 

 

きっと、子どもの行動を色々シュミレーションして予測しながら対処する事が減ってくると、

 

 

子どもに社会的力が身についてきたって証拠ですね。

それまでは、下げれる頭は、何度でも下げる覚悟で!

 

 

<

只今、

無料子育て相談(カウンセリング)キャンペーン中です!!

子育ての躓きをそのままにせず、お話下さい(*^▽^*)

 

ほんの少しの事で、子育てが楽になるかもしれません。

誰かに聞いてもらう!そんな所から始めてみませんか

 

お申し込み詳細はこちらから

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

子育て心理学インストラクターラブラブ

鈴森あかりです。

 

 

「褒め」回数

を増やす

魔法のワザ

 

 

学校ではね、誰か一人の姿勢の良さを褒めると、

一気にみんなの姿勢が、良くなるのです。

 

「見て!」「見て!」光線炸裂!!

 

誰でも、みんな褒められたいんですよね!

 

 

 

「褒める」事によって生み出される力は、底なしです。

 

 

 

どっちらか一方だけを褒めるてしまうと、

 

意欲すら、低下していきます。

 

 

 

子どもも、大人も

 

誰もが、

「認めて貰いたい。」

「褒めて貰いたい。」

「わかって欲しい。」

「見ていて欲しい。」

という、承認欲求を持っています。

 

 

 

 

 

ですが、いつも、いつも

「良い所」が、見つかるともかぎりません。

 

 

 

「今、褒める所ないでしょ~~!。」

 

大きくなれば、大きくなる程、

 

 

褒める事は減っていくのが当たり前です。

 

 

褒められる回数が減ってきたら、

唯一、我が子にえこひいきできる親が、

 

 

 

どんどん、

褒め言葉のシャワーを

浴びせてるといいですよね!

 

 

褒め言葉のシャワーが難しい方は、こんなレシピを参考にどうぞ!

褒める回数を今よりも増やせますo(^▽^)o

 

褒め回数を増やす魔法のワザ

 

上差しできた事を褒めようとすると、なかなか褒めれません。

今、やっている事を口に出しいきましょう。

 

 

「ごはんを食べたね~!!」

 

 

 

ご飯が、終わっていなくたって、

 

「ご飯を食べているね~!!」

 

 

 

 

上差し1つの事で3度、褒めよう

 

 

①お片づけ始めたね!!

 

②お片づけ、しているね!!

 

③お片づけ終わったね~!

最後まで気持ちが乗ります

 

結果に関わらず、

「あなたの事を見ているよ!」

のサインが、承認されたい欲求を満たしてくれます。

 

今日の川柳

「素晴らしい

その一言で どこまでも」

 

只今、

無料子育て相談(カウンセリング)キャンペーン中です!!

子育ての躓きをそのままにせず、お話下さい(*^▽^*)

 

ほんの少しの事で、子育てが楽になるかもしれません。

誰かに聞いてもらう!そんな所から始めてみませんか

 

お申し込み詳細はこちらから

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

子育て心理学

インストラクター&カウンセラーラブラブ

鈴森あかりです

 

 

テレビ見すぎ

注意報!

 

北海道は、冬休みも夏休みと同じ位あるので、

まだ、まだ冬休みの子ども達です。

で、1日中家にいると、

子ども達、やる事がなくなってしまうのです。

 

 

 

「テレビ見ていい?」

「ユーチューブは、駄目?」

 

 

見るためのお約束は、普段仕様、

冬休み対応にしていなかったなぁ~。

 

 

「テレビは、4時からね!!」

根拠なし(・・;)

 

日の照っている内は、何かしよう!!と、ただそれだけ

 

 

とは、いえ

外に行くにも、私も一緒。

 

 

テレビやユーチューブって、親にとっても楽なんですよね(;^_^A

誘惑に負けそう・・・

 

 

 

 

それにしても、

子ども達、テレビやら、ユーチューブやら、ゲームとか、

 

 

お気軽に、楽しい事が、

あり過ぎ~!!

 

 

 

 

30年前は、見れるものも限られていたから、

「テレビを見過ぎ!!」と、

怒られる事もなかったな。

 

健康的な時代だった・・・。

 

 

 

時代は、逆行しないので、

そんな、無意味な事を考えながら、

 

 

 

 

 

テレビを長時間見せない為に、どうしようか・・・。

辿り着いたのは、

 

 

スケートに、

 

 

雪遊びに、

 

 

スキーに、

 

 

プールに、

 

 

外に出る事・・・・、

 

 

そして、

疲れ果てた私です。

 

( ̄_ ̄ i)

 

 

結局、家にいるなら、これしか方法が、ないんですよね。

困るものから遠ざけるのが一番!

今日の川柳

「見すぎだな! 

怒る前に 外にいこう」

 

「母さんの

気力 体力  尽きそうだ」

 

 

 

只今、

無料子育て相談(カウンセリング)キャンペーン中です!!

子育ての躓きをそのままにせず、お話下さい(*^▽^*)

 

ほんの少しの事で、子育てが楽になるかもしれません。

誰かに聞いてもらう!そんな所から始めてみませんか

 

お申し込み詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

子育て心理学

インストラクター&カウンセラーラブラブ

鈴森あかりです

 

 

テレビ見すぎ

注意報!

 

北海道は、冬休みも夏休みと同じ位あるので、

まだ、まだ冬休みの子ども達です。

で、1日中家にいると、

子ども達、やる事がなくなってしまうのです。

 

 

 

「テレビ見ていい?」

「ユーチューブは、駄目?」

 

 

見るためのお約束は、普段仕様、

冬休み対応にしていなかったなぁ~。

 

 

「テレビは、4時からね!!」

根拠なし(・・;)

 

日の照っている内は、何かしよう!!と、ただそれだけ

 

 

とは、いえ

外に行くにも、私も一緒。

 

 

テレビやユーチューブって、親にとっても楽なんですよね(;^_^A

誘惑に負けそう・・・

 

 

 

 

それにしても、

子ども達、テレビやら、ユーチューブやら、ゲームとか、

 

 

お気軽に、楽しい事が、

あり過ぎ~!!

 

 

 

 

30年前は、見れるものも限られていたから、

「テレビを見過ぎ!!」と、

怒られる事もなかったな。

 

健康的な時代だった・・・。

 

 

 

時代は、逆行しないので、

そんな、無意味な事を考えながら、

 

 

 

 

 

テレビを長時間見せない為に、どうしようか・・・。

辿り着いたのは、

 

 

スケートに、

 

 

雪遊びに、

 

 

スキーに、

 

 

プールに、

 

 

外に出る事・・・・、

 

 

そして、

疲れ果てた私です。

 

( ̄_ ̄ i)

 

 

結局、家にいるなら、これしか方法が、ないんですよね。

困るものから遠ざけるのが一番!

今日の川柳

「見すぎだな! 

怒る前に 外にいこう」

 

「母さんの

気力 体力  尽きそうだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます

子育て心理学

インストラクター&カウンセラーラブラブ

鈴森あかりです

 

子どもには、

「怒っていいタイプ」と

「駄目なタイプ」

があります

 

 

とは、いえ、

ガミガミ クドクド ネチネチ

は、避けたい所ですけどね(;^_^A

怒りが大きかったり、怒りの回数が多いと、自分の感情に支配されてしまうので、相手を叩きのめしたくなってしまいますから、要注意です!

 

 

子育てにおいて私達を悩ませるのが、この怒りとのお付き合い。

 

子育て中は、自分の体力、気力、時間、

全てを削って、子どもにお付き合いするので、

 

 

 

大人と付き合うよりも、

怒りが、メラメラっと湧いてしまうのです。 

 

 

そこで、ちょっと、こんな話!

 

 

同じ、「怒る!」でも

 

子どもによって、

「怒っても、いいタイプ」と

 

「怒っては、駄目なタイプ」

 

とがあります。

 

これね、内緒の話なのですが・・・・、

学校でもね、

 

怒りやすいタイプのお子さんと、

 

怒る事を躊躇するタイプのお子さんと、

 

怒られている所を、他の子に見せてはいけないタイプのお子さん

 

 

が、いました。

 

 

 

イメージとしては、

 

 

「コラーっ(`Д´)ノ!!」

と、怒った時に

 

 

テヘペロってなれるかどうかです。

(わかりにくい?)

 

このタイプのお子さんは、

 

上差しココロ貯金が溜まっていて、よい感じに回っているお子さん

 

上差し初めから、ココロ貯金が溜まりやすいお子さん

 

 

が、多いのですか、

多少怒られても、

 

「テヘペロ」で、さほどココロ貯金を漏らさずに終わります。

 

 

 

 

必要以上に感じるお子さんは、

上差しココロ貯金が、少なく、

負のスパイラルにいる可能性のあるお子さん

 

上差しココロ貯金が溜まりにくく、漏れやすい

可能性のあるお子さん

 

怒った内容以上の、落ち込みを見せます。

 

 

 

 

一番、気をつけてあげなくては、いけないタイプは、

敏感タイプのお子さんです

 

このタイプは、ココロ貯金もさる事ながら、

 

とても、感受性か強いので、

怒りを必要以上に心に留めていまします。

 

 

これは、お子さんの持っているタイプです。

怒られ慣れていないとか、弱いという事とは、違います。

 

自分が怒られていなくても、その場にいるだけで、辛く苦しくなるお子さんです。

 

 

 

 

 

 

怒られている所を

他の子に見せてはいけないタイプのお子さんもいます。

 

 

ちょっと不器用な面を持っていたりするお子さんは、集団の中、又は兄弟の中で、「バカ」にされやすい傾向にあります。

 

 

 

そういうお子さんは、例え、兄弟の中でも、

怒っている姿を見せない方が良い事が多いです。

 

 

 

指導者が大切にしている子

お母さんが大切にしている子

と、伝われば、

同じように大切に扱ってくれるのです。

 

怒られている姿ばかり見せていると、兄弟の中でも、バカにする気持ちが芽生えてしまいます。

 

 

 

 

怒り方を変えるなんて不平等!!と思うかもしれませんが、

 

伝える内容が、、平等であれば

伝え方が、個別に違っても、いいのだと思います。

 

 

 

骨太の子は、人前でも、

 

感受性の強い子は、こっそり耳打ちで、

 

バカにされやすい子は、誰もいない時に、

 

怒ってしまう時も、お子さんのタイプを考えて、上手に怒りたいものですね!

 

只今、

無料子育て相談(カウンセリング)キャンペーン中です!!

子育ての躓きをそのままにせず、お話下さい(*^▽^*)

 

ほんの少しの事で、子育てが楽になるかもしれません。

誰かに聞いてもらう!そんな所から始めてみませんか

 

お申し込み詳細はこちらから

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます

子育て心理学

インストラクター&カウンセラーラブラブ

鈴森あかりです。

 

義実家で

ようやく理解された

「子育ての軸」

後編

 

前編は、こちらです(*^▽^*)

 

 

 

なっこ姉さんが、小さい時から、

「甘いあかりさん」

を、ヒシヒシと感じては、おりました。

 

 

ですが、子育てを学んだ結果なので、

特に何も変える事は、ありませんでした。

 

 

 

 

それでも、なっこ姉さんの自己主張は、小さく、

子育てについて、さほど問題になる事は、なかったのです。

 

 

 

しかし、

 

次に生まれた、じろう君!!

 

この子がまぁ・・・(_ _。)・。

 

 

さ~ぱり、言う事を聞きません。

小さい時は、よく聞いていたのに、

成長すると聞かなくなった・・・・・のではなく、

 

小さい時から、聞きません!

だから、育て方が、問題ではない(笑)

 

 

赤ちゃんの時は、眠くなると

 

「オッパイ!オッパイ!」

「抱っこ!抱っこ!」

 

と、大騒ぎ

 

 

 

 

道路では、繋ぐ手を振り払い、

 

 

 

食べたいお菓子は、棚によじ登ってでも、勝手にGET

 

 

食べた後のゴミは、そこらへんにポイポイ。

 

お姉ちゃんと一つずつ頂いたお菓子でさえ、

お姉ちゃんの分も、すかさず口に、放り込む。(´д`lll)

 

 

た、たしかに

ちょ、どんな「しつけ」

しているの?

 

な、状況ではあります(;^_^A。

 

 

 

これでも、いけない行為は、「いけない。」と、伝えますし、

甘やかしは、していないつもりです。

 

 

生まれた時から、

本能で生きるパワフル野生児!

 

 

 

じろう君のようなタイプ、実は、そう珍しい事でもありません。

 

 

特に、男の子に多いのです。

 

 

男の子は、情緒をコントロールする力が、女の子より弱く、

指示に従ったり、我慢したり、感情を調整する事が、そもそも苦手です。

彼の行動を見ていると、狂犬そのもの。

 

 

 

 

 

 

問題は、その事よりも・・・・

 

じろう君のタイプが、我が家の親戚の中に、いないという事。

 

 

よその子ならば、「子どもらしい。」と、笑ってもらえても、

身内となると、穏やかでないのが本音。

 

 

「きちんとしつけないと、本人が困る!」

「本人が、可哀想」

 

それとなく、何度も言われてきました。

 

 

 

 

私は、じろう君が、小さい時に、

子育て心理学を学んで、ある意味ラッキーでした。

 

 

 

情緒学級でも、コントロールが難しいお子さんを見てきました。

しかし、それは、特別な事ではなく、

情緒をコントロールするのに時間を要するという事です。

 

 

 

その経験と子育て心理学の知識で、

方向さえ間違っていなければ、

「大丈夫!」と、思えました。

 

 

 

そうでなければ、

 

 

「しつけ」をする事にやっきになって、

じろう君を受け入れる事は、できなかったと、思うのです。

 

1日中、怒ってばかりいる自分の姿が、目に浮かびます。

 

 

 

 

 

それでも・・・・、今回の帰省で私の頭を悩ませたのは、

 

最近、

叩く、噛み付く、唾を吐く、が見られるようになってきた事でした。

 

 

世の中の色々がわかってきた5歳児は、

ある意味辛い時期でもあります。

 

 

してはいけない事

しなくては、いけない事、

 

を、

自分の意思に関係なく

 

行ったり、

我慢したりしなくては、いけないのです。

 

 

情緒が安定していると、「行う力」「我慢する力」を発揮できますが、

そうでなければ、自分をコントロールする事が難しくなります。

 

 

間が悪い事に、

帰省3日前から、スキースクールに通ったじろう君。

 

 

朝早くから、夕方までのスキーは、じろう君を相当疲れさせました。

クリスマス時期に行う幼稚園の発表会から、

家でのクリスマスパーティ、

 

そして、続くスキー学習

 

そのままの帰省・・・。

 

疲れがピークに達してきた辺りから

叩く 噛む 唾を吐くが頻発していました。

 

この調子なら、お正月のじろう君の状態が、目に見えます。

 

 

 

本人は、疲れも溜まり、家に居たがりましたが、家族の行事、そういう訳にもいきません。

 

 

長時間の移動、

更に、おおみそかでの寝不足がプラスされ・・・・・・、

 

 

完全にコントロールを失ったじろう君、

 

 

 

叩く、蹴る、唾を吐く

を、大々的に何度もやってのけました!!

攻撃は、最大の防衛(ノ_-。)

 

 

 

 

ちょっとした事を注意される、

 

自分の話を聞いてくれない、

 

楽しい遊びを止めなくてはいけない、

 

我慢を強いられる場面で、

大暴れ・・・。

 

じろう君の心は、もう、ぐちゃぐちゃです。

 

 

 

でもね、じろう君のこの姿を見て、

ここまで来て、初めてね、

皆が、「しつけ」のまずさだけではない物を、感じたようです。

 

 

何かを言えば言うほど、叱れば、叱る程、

酷さを増すじろう君。

 

 

 

こんな時に、

厳しくする事も、

説得する事も、

 

全てが、彼には、逆効果なのです。

 

 

「叩いてもいいんだよ。」

「叩くには、理由があるんだよね。」

「でもね、叩いても何も変わらないんだよ。」

「お母さんも痛いけど、叩く手はもっと痛いね。」

 

 

何度も同じ事を呟きます。

 

 

じろう君は、「叩いてもいい。」と、言われて、

気持ちが、収束していきます。

 

 

 

収まった後で、

どうしたいのか聞きます。

 

「今は、ご飯を、食べたくない。」

「わかったよ。」

 

「口で言ってくれたら、すぐわかるね。」

 

 

 

いくら小さい子でも、

顔面を殴られれば、痛いです。

 

爪を立てられれば、血だって滲みます。

 

そして、自分の心もちょっぴり痛いです。

 

 

ですが、ぐちゅぐちゃになってしまった子どもの心は、

もっと痛いのです。

 

 

 

普段無関心のパパさんですら、間に入って力を貸してくれました。

 

 

 

必然的に、

子ども達が寝た後に、

私が、大事にしている「子育ての軸」を、話す事ができました。

 

 

なぜ、甘えを受け入れるのか。

怒りつけないのは、どうしてか。

 

 

今までも、何度か伝えてきたのですが、

どこかで、きっと、そんな子育てでは・・・・と思っていたと思います。

 

 

今回の事をきっかけに、

 

 

 

色々な思いを、

ようやく、納得してもらえた感じがしました。

 

 

 

「子育ての軸」

子どもの心に「ココロ貯金」を貯める事です。

 

 

子どもの甘え欲求は、受け入れます。

しかし、甘やかしは、しません。

 

 

 

叩く事を受け入れますが、

叩いた事によって、じろう君の思い通りには、なりません。

 

 

叩いても、何もかわらない。

でも、叩く子どもの気持ちを受け入れるのです。

 

 

 

 

我侭に見える事も、

世の中の常識から外れている事も、

 

少しずつを繰り返して、時間をかけて身につけていきます。

 

 

それまでの間、

 

 

周りが、じろう君のありのままを受け入れて、好意的に見てくれるという事が、こんなにも気持ちが穏やかになるのかと、私ですら感じました。

 

 

 

きっと、本人も同じじゃないのかな・・・と、思うのです。

 

 

子育ての方法は、色々あります。

例え、わたしの考えを話したとしても、

 

これからも、今までとなんら変わりなく、

 

 

私は私の考えで、

 

他の人は、他の人の考えで子どもに接していく事でしょう。

 

 

ただ、理解して、受け入れてもらう事が増えたのなら、

子どもは、幸せなのです。

 

 

パパさんも

お母さんも

おじいちゃんも

おばあちゃんも、

み~んな、

どんなじろう君も大好きだよ!

が、伝わる事が一番です。

 

 

このお正月は、私の中で貴重な時間となりました。

私も、理解してもらえて、自信が持てました。

 

よ~し、今年も、子育て、がんばるぞ!

 

只今、

無料子育て相談(カウンセリング)キャンペーン中です!!

子育ての躓きをそのままにせず、お話下さい(*^▽^*)

 

ほんの少しの事で、子育てが楽になるかもしれません。

誰かに聞いてもらう!そんな所から始めてみませんか

 

お申し込み詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年もよろしくお願いします

子育て心理学

インストラクター&カウンセラーラブラブ

鈴森あかりです。

 

義実家で

ようやく理解された

「子育ての軸」

 

お正月は、家族との時間を優先して、

パソコンもスマホすら、ほぼ眺めずに過ごしました。

 

すっかり更新が滞ってしまった、今日から、仕事始めです。

今年もよろしくお願いします。

 

改めまして、新年は、我が家のご紹介から

ふんわり風船星教員歴20年、退職後、子育て心理学一筋(*^▽^*)で、我が子を育てる

高齢ママのあかり母さん。

 

ふんわり風船星多忙過ぎて、子育てにはほぼ関われない、と、いうか、子育ては、むしろ逃げたい、突っ込み所満載のパパさん。

 

ふんわり風船星小学校1年生、のんびり&敏感「独自の世界観」を持つ、

なっこ姉さん

 

 

ふんわり風船星「狂犬?」と、間違えそうな程、パワフル、全く思い通りに動かないじろう君。年中5歳。

 

こんな我が家の話題から、

私の子育て法「子育てレシピ」

「子育て心理学」の考え方を

 

今年も、がんばって綴らせてもらいます(*^▽^*)

 

お読み頂けましたら、幸いです。

 

 

では、さっそく、

お正月の出来事から、

 

 

今年のお正月は、

自分の「子育ての軸」が、ようやく、周りに理解されたような、

そんな嬉しいお正月となりました。

 

 

 

 

私の実母も義母、子育てに関しては、

70代の年代らしい考えを持っています。

 

 

 

子どもは、きっちり、かっちり「しつけ」たい。

「親が絶対」

世代の二人です。

 

 

 

 

ですから、わたし、

 

よく、こんな事を言われました。

「もっと、怒りなさい!!」

 

さすがに、義母は、そうは、言いませんが、

 

「あかりさんは、子どもに甘過ぎる。」

そう思っている感じが、

ヒシヒシと伝わって来ていました。

 

 

 

 

 

例えばね、

 

帰省して、みんなで遊びに出るとします。

 

 

遊びに行って、喉が渇いた所に自動販売機をみつけたら、

「ジュース買って!」と、なるのは幼い子なら当たり前です。

 

特に疲れると、甘いものが飲みたくなるものです。

 

 

ですから、

私は、遊びに行った先で、「ジュース買って」と、言われたら、

 

欲求通りにジュースを買います。

 

その代り、喉が渇ききる前に、水分補給できるよう、水筒を持ち歩き、自動販売機で買わなくてもいいように、小さなパックジュースを用意します。

 

 

そうすると、やたらめったら、「買ってくれ」と、言われなくていいからです。

 

 

 

 

子ども達は、おみやげを買うのも、楽しみの一つ、

ですから、「一つだけ買ってあげる。」と、決めたのなら、

 

 

 

欲しいものが、「ガチャガチャ」でも、本人が選んだものを買います。

それが、すぐにゴミになるようなものでもね。

 

 

 

しかし、

「子どもの欲求を聞く」

と、言う行為が、傍から見ると、

 

 

 

「子どもの言うなりになっている」

「子どもに甘過ぎる」

 

 

と、見えるのです。

 

 

普段から、「自動販売機でジュースは買わない!!」と、

しつけていれば、そもそも、「買ってくれ」とは、言わないはず。

 

子どもの言うなりにするから、

「何でも、欲しがる。」

 

「我侭な子」に、育ってしまったら子どもが可哀想。

 

これが、義母の考えだったと思います。

 

 

 

 

子どもの欲求は、きっぱりと聞かない!

場合によっては、怒りつける!

 

すると、子どもは、「あきらめ」ますし、

「買ってもらえる」とは、思わないので、「買ってくれ」とも言わなくなるでしょう。

 

 

 

きっちりとした基準は、わかりやすく、良い面があるのかもしれません。

 

 

ただ、私の

子育ての軸は、

 

「甘えは」受け止める

「甘やかし」は、しない。

 

 

「欲求」をきちんと満たしてあげていると、年齢と共に自主的な我慢も身に付くものです。

 

 

「あきらめ」

「自主的な我慢」

 

 

本人の気持ちが、

全く違いますね。

 

 

怒られなれていないから、打たれ弱い。

厳しくないから、我侭だ。

 

そう見る人もいますし、本当の正解が、どちらかは、わかりません。

何故なら、厳しさに絶えられる子もいれば、

自信をなくしてしまう子もいる。

 

子どもによって、違うからです。

 

 

 

自分を調整する力は、年齢と共に付きますが、

なくした自信を取り戻すには、時間がかかります。

 

 

ですから、

 

 

一番に考えるのは、

 

「ココロ貯金」

それが、私の子育ての軸です。

 

小さい時は、「ジュース買って!」「あれ買って!」「これ買って!」が多かった、なっこ姉さん、

 

1年生になった、なっこ姉さんは、

 

身体の事を考えて飲む量を調節したり、我慢したり、

自分の考えで飲む事を判断できるようになりました。

 

 

 

年齢と共に、自主的な我慢の力が付くのです。

 

 

おみやげも、欲しいものがある時は、買いますが、

欲しくないものまで、買う事は、しません。

 

 

もう少し大きくなれば、お小遣でやりくりする事でしょう。

 

 

子どもの「要求」を叶えてあげたからといって、

決して、我侭には、ならないのです。

 

 

 

もし、我侭になってしまったと思うのなら、それは、どこかで、

「甘やかし」ているのかもしれません。

 

 

「甘やかし」は、

 

グズグズとうるさいので、物で機嫌をとるような行為です。

 

グズグズ(悪い行為)から

→ジュースがあたる(良い事)

 

 

間違えた学習をさせてしまいます。

 

 

 

 

 

私は、教員の経験(特別支援学級)で、感じていた、子育てについての考えが、

「子育て心理学」を学んで、やはりそうだ!と、確信を得ました。

 

これが、私の「子育ての軸」になり、

ぶれないように子育てをしてきました。

 

 

 

しかし、義実家において、そこを、何度話してみても、いまいち理解をされないまま、

 

何年も過ぎたように思います。

 

「そんな甘い事では・・・・。」言葉の端々からそう感じられました。

 

 

 

義母とも母とも、何でも良く話せる仲です。

 

 

それでも、子育ての考え方は、それぞれ

昔ながらの人にとって、

疑問だらけなのかもしれません。

 

 

私は、私の考えで

おばあちゃんは、おばあちゃんの考えで接してくれたらそれで良いと思っていました。

 

 

さぁ、で、このお正月にどうなったのか(*^▽^*)

後半に続きます。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます

子育て心理学

インストラクター&カウンセラーラブラブ

鈴森あかりです。

 

 

自分の対応に

自信が持てました

 

 

これ、

カウンセリングを受けて下さいました、

お母さんから頂いた言葉です

 

 

「自信が持てました!」

 

講座の受講生さんやクライアントさんから

度々聞かれます。

 

 

 

私が、

お子さんが、良く育っているな~と、思ったり、

素敵な対応をされているな~と、思っても

 

 

お母さん自体は、

「これでいいの?」と、子育てに自信が持てない気持ち、

私もわかります。

 

 

私だって、我が子に、これで良かったかな?と、思う事、あります。

 

 

子育ては、すぐに結果がでるものでは、ないですからね。

 

 

 

子どもが100人いれば、100通りの育て方があります。

一人ひとり、持っているものが違うので、

 

家の子には、この方法が

better!

 

を探すしかないのですよね。

 

 

しかし、100人のお子さんがいても変わらないもの

 

それは、

 

子どもの土台を作る事です。

(子育て心理学は、土台作りに「ココロ貯金」を使っています)

 

 

子育て相談から感想を頂きました!!

 

 

恐らく、多くのお母さんが、同じように感じるところが、あるのではないでしょうか。

 

自分の対応に

少し自信が持てました。



毎日、試行錯誤しながら過ごしてますが、これでいいのかな?と、不安に思うことはたくさんあります。


まだ、小さいから無理だよなぁとわかってはいても、じゃあ、いつまでこうなのか?とか、考えてしまいますからね。


6歳ぐらいまでは、約束を守るのは難しいと、専門家からお話いただければ、諦めがつきます(^_^;)



睡眠時間のことも、イライラしながら早く寝かせるのと、ゆったりしながら、少し遅くなるのと、きっとゆったりしてる方がいいと思いつつも、やっぱり早く寝かせたくなりますし(^_^;)



本で読むよりも、直接お話できた方が、

やっぱりそうだよねと、私が納得しやすかったです。



ようは、私がこだわってること、

(動画は、あんまり良くないとか、9時までね寝かせたいとか)は、

 

大きな視点からみれば、それほど重要じゃないんだと、改めて実感しました。



全ては、私の心の余裕なんですよね(^_^;)

ここが、一番難しいですが・・。

 

2歳のお子さんを持つお母さんです。

 

お話を伺うと、お子さんに寄り添って、お子さんと、よく気持ちを共有されていらっしゃいました。

 

 

しかし、どこまで?

これでいい?と、不安に思う事もあったようです。

 

育児書だけでは、さじ加減は、わからないですものね。

 

 

動画はあまり良くない!

9時までに寝かせた方がいい!

 

確かに、その通りなのです。

 

 

「動画は好き放題に見よう!」

「遅く寝ても、大丈夫!!」

 

とは、言いませんが、

 

 

☆働いているお母さん、動画で助けられる事もあるはずです。

 

 

☆子ども達の将来は、動画やスマホ、インターネットとは、切り離せない世界です。

 

 

☆親が、忙しい、子どもも忙しい時代、ゆったり9時に寝る事が不可能な事もあるはずです。

 

 

この中で、親子がより良い方法、

イライラ、ガミガミせずに済む方法、

 

心の土台を作れる関係を考えていく必要がありますよね。

 

 

 

 

 

さじ加減に迷っている方も、

自分の育児法に自信を持ちたい方も、

 


土台の作り方の、

お手伝いさせて頂きます。

 

今なら、無料キャンペーン中ですよ^^

1回でスッキリされる方もいますよ!

 

 

只今、

無料子育て相談(カウンセリング)キャンペーン中です!!

子育ての躓きをそのままにせず、お話下さい(*^▽^*)

 

ほんの少しの事で、子育てが楽になるかもしれません。

誰かに聞いてもらう!そんな所から始めてみませんか

 

お申し込み詳細はこちらから

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お母さんの思いに寄り添い、

お子さんの現状を

一緒に見させて頂きます

 

こんにちは、子育て心理学カウンセラーの鈴森あかりです。

 

ご自分の子育てや我が子の現状に不安はありませんか?

 

【お母さん】

点最近怒ってばかりいる

点子どもに注意しかしていない      

点子どもとの関係がギクシャクしている

点どうも上手くいかない
点とにかくイライラしてしまう
点やるべき事はわかっているのにできない


【お子さん】
☆幼児期
点かんしゃくが止まらない

点言う事を聞かない

点友達に乱暴をする
点興奮すると物を投げる

点おもちゃが貸せない

点友達の中に入れない

点お片づけができない

点落ち着きがない
点先生から注意を受ける
点発達が気になる
☆学童期
点兄弟喧嘩が絶えない
点マイペース過ぎる
点勉強をしない
点自信がなさすぎる
点忘れ物が多い
点言いたい事が言えない
点乱暴
点じっとできない
点話を聞かない
点自分から何もしない
点友達関係が気になる
点学校に行き渋る

 

      
 

我が子と、どう向き合えば良いのか

 

あなたがよかれと思って強く怒鳴ると、子どもは、やる気と自信のおおもとである自己肯定感が低くなります。

 

そうなると子どもはさらにやる気も自信もない状態になってしまい、悪循環に陥ります。

 

 

そんな時は、子育てのプロに相談しませんか?

 

子どもは、全員タイプが違います。

 

じつは、子育ては自分が育てられた方法が、必ずしも、我が子にあっているとは限りません。

 

そのため、わが子の子育て法に迷った時には、別の方法を取り入れた方が早く結果が出たりするのです。

 

 

お子さんに合った、子育ての考え方、接し方、声のかけ方、子育ての工夫や配慮の仕方を知りたくありませんか。

 

お子さんにあわせたテーラーメイドの子育て法は、子どもとママが笑顔で過ごせる。幸せな時間を作ってくれる事でしょう。

 

お子さんのやる気溢れる姿、自信のある姿は、「子育て」が楽しくなる一歩になるはずです。

 

 

子育て心理学カウンセラー鈴森あかりは、子どもの自己肯定感を高め、やる気を引き出し、自信がある子に育てることの専門家です。

 

 

<体験ママの声①>

■5才男の子、1才女の子ママより

 

この度は、相談を聞いて頂きましてありがとうございました。

前回の相談で頂いたアドバイスを基に、まずは出来る事や続けれそうな事を実戦してみました。
 

1番感じたのは、

あれ?なんか変わった?」「落ち着いた?」「素直になった?」というところです。
 

劇的に変わった!というのではありませんが、日々の生活の中で確実に変化がありました。


教員をされていただけあって、経験などを交えてのアドバイスはとてもためになり、子どもの接し方など勉強になる事ばかりです。

いつも、こんな時はどうしたらいいの?
とか、子どもの気になる事や悩みなど、育児書や支援センターでは、明確な答を得られませんでしたが、

 

あかりさんのアドバイスは「そっか~」「なるほど!」と納得でき、心の中にあったモヤモヤをクリアにする事ができました


そして、無理なく続けていけそうな「ココロ貯金」は、すごいなぁと思いました。
 

これからも、出来る事を続け、「自信を持った自立した子」を育てていければと思います。

今回は二度に渡って相談を聞いて頂き、本当にありがとうございました

 

 

 

<体験ママの声②>

10才女の子、6才男の子ママより

 

我が家はゆっくりでマイペースな姉と行動的な弟が、いつも動きが対照的なのでついお姉ちゃんを急かしたり叱ったりの毎日でした。

 

お姉ちゃんを叱りすぎて良くないなと漠然と思っていたところ、弟を(お姉ちゃんの前で)褒めることも、お姉ちゃんの貯金を減らすことになっていると、ご指摘いただき、かなりドキッとしました。

 

 

わたしはお姉ちゃんのココロ貯金をダブルでジャブジャブ減らしてしまっていたんだなぁと思うと、今まで申し訳ないことをしたと思うと同時に、今後は褒めるときも、注意するときも個別に、を意識したいと思います。


 

ゆっくりしていることについても具体的に対処法を教えていただきましたが、

「その前に、まずスキンシップやねぎらいの声かけをしてからにしてくださいね。」というアドバイスも、とても大事なことを教えていただいたと思います。


 

ウチの子は将来これで大丈夫かしら?という母心にとても共感してくださりつつ、

「この子はこういうタイプ(この子はこれで良し!)とママが心からストンと落ちると、周りからの評価や雑音は気にならなくなりますよ。」

 

と、大切な子育ての心の軸についてお話しくださったことで、今後細かいことに迷ったり悩んだりしても、ここに立ち返ればいいと思えるようになり、とても心強いです。


 

とても貴重な時間でした。

もっと早くにお話が聞きたかったです…

 

でも、このアドバイスをもとに、今後ますます成長する子供達が幸せに過ごせるように接していきたいと思いました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

<体験ママの声③>

■7才女の子、4才女の子ママより

 

2回お話しさせて頂いた感想ですが、とても気さくでお話ししやすかったです。

 

人見知りの私でも沢山話せました。

 

まず、聞いてもらえる安心感、そしてアドバイスするところはきっちりとアドバイスしてもらえて信頼できました。

 

 

私は抽象的なアドバイスよりも脳の構造や、発達心理に基づいたアドバイスが好きなのでその点でもとても納得できたアドバイスでした。

 

私たち親は子供たちの目線ではなく、いつも大人の都合、自分たちの都合で子供を枠にはめてこんでいたのだと反省しました。

 

まだ姉妹でケンカもありますし、下の子はお片づけもなかなかしませんが、下の子には鈴森さんの仰るように、なんでも一緒にやるようにしたら満足しているようで、今日は一緒に少しお片づけをしました!

 

上の子もやはりスキンシップを待っていたようで、寝る前のスキンシップを楽しみにしていました。

 

的確なアドバイスを頂けたおかげで、こどもたちにどう接したらいいのかわからなくて、途方に暮れていたのですが、サーッと目の前がクリアになった気分です!

 

ありがとうございました。

 

 

 

鈴森あかりの子育て心理学カウンセリングリピーター率は97%です。

 

 

子育て心理学カウンセリングの内容

 

電話(料金を抑えたIP電話)または、スカイプ(インターネット電話)で行います。

 

 

カウンセリング料

只今、無料お試しキャンペーン(初めての方限定)

初回45分を無料にさせて頂きます!

2回目3000円(45分)


ドキドキ相談回数は、2週間後を目処に、2回をお勧めしています。

1回目の相談内容から、できる事をして頂き、変化をみながら更なる方向性を考えていきます。それが、お母さんのお悩みを、よりスッキリさせると、評判を頂いております。

ドキドキカウンセリングには、カウンセラーとの相性がございます。無料でお試しされてから、ご判断頂けましたらと思います。初回で終わられても、勿論!大丈夫です!


ドキドキ鈴森あかり担当で、子育て心理学協会のモニターカウンセリング(協会ホームページ又は、鈴森あかりブログからモニター)を受けられた方は、継続3回目として3000円(45分)にてカウンセリング致します。

 

【通常料金】

1回目 5000円(45分)

2回目 4000円(45分)

 


3回目以降

    3000円(45分)

 

【セット割でお得コース!】

相談2回セット 7000円(1回45分)音譜お勧め!

相談3回セット 10000円(1回45分)

 

【とことん向き合う集中コース!】

1ヶ月集中コース 13000円(電話相談4回+メール相談無制限)

3ヶ月集中コース 35000円(電話相談10回+メール相談無制限)


お願い

 

・カウンセリング料は、事前振込みをお願いしています。

・過去及び現在において精神科に通院され、治療されたことのある方はご遠慮いただいています。

 

 

対象

 

乳幼児から中学生までのお子さんをお持ちの保護者

 

お約束

 

・守秘義務に基づいて相談業務を行っております。

 

 

子育ては、ママにとって宝物のような時間です。

ママが子育てに悩んでいる間に、子どもは、どんどん成長してしまいます。子どもの成長は、とても早いのです。

 

だから、あなたには一日も早く子育ての迷いを解消させていただきたいです。

 

それは、間違いなく、全部子どものためになります。

 

ママがハッピーならば、

子どもはもっとハッピーです。

 

どうか、子どもと幸せな時間を過ごして下さい。

 

子育て心理学カウンセリング

 

お申込みはこちらです

 

 

 

≪プロフィール≫

 

鈴森あかり

居住地:北海道十勝地方

 

子育て心理学の「ココロ貯金」の考えを元にカウンセリング致します。

お母さんのお話を、じっくりお伺いした上で、

 

お子さんの自己肯定感を高める方法を一緒に考えていきましょう。

 

私も現役の子育てママです。

子育ての大変さ、わかっていてもできない事、よくわかります。

お母さんの気持ちを置き去りにする事なく一緒に考えて参ります。

 

 

元教員としての知識、特別支援学級での経験、

「お子さんの困ったに工夫と配慮を!」の考えから生み出される「子育てレシピ」を参考に、お子さんに合った問題解決の方法をご提案します。

 

子どもには、発達があります。

タイプがあります。

持っている感覚の優位性があります。

 

何百人の子どもと接してきた豊富な知識で、お母さんと一緒に、お子さんを伸ばす手助けをさせて下さい。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。