子育て絵本アドバイザー 前田ちひろのブログ

子どもと一緒に過ごす時間は短くても、
「絵本」があれば、密度の濃い時間を過ごせます。
「絵本」のある子育て、してみませんか?


テーマ:

5/10(水)小学校5年生へ読み聞かせに行ってきました。

 

読んだ絵本を、ご紹介します。

 

 

 

発行は、 2017年04月。

 

くすのき しげのりさんが文章を、
吉田 尚令さんが絵を描いています。

 

 

きょうも せんせいに おこられた。

 

もうっ!

あの けんかは、ぼくだけが
わるいのと ちがうのに。

 

学校の帰り道、
ぼくは、どろだらけのボールをひろって、・・・
交番へむかった。


おまわりさんとのやり取りを通して、

 

「ぼくも けいさつかんに なりたい」

 

と思った、ぼく。

揺れ動く少年の、心の成長を描いた、物語です。

 

年長さんから小学生くらいのお子様でしたら、
読み聞かせできるかと思います。

 

 

後書きにあります、くすのきさんのメッセージを一部、ご紹介します。

 

---
読者のみなさんへ

 

「お父さんのような人になりたい」

「お母さんのような人になりたい」

「先生のような人になりたい」 

 

みなさんは、「~のような人になりたい」と思ったことはありますか。

 

「~のような人になりたい」と思うこと、それは、生き方への共感であり憧れです。

 

自分のまわりに、そう思える人がいることは、
子どもたちにとっても、そしてもちろん大人にとっても、すてきなことですね。

---

 

 

「~のような人になりたい」

 

こういった絵本をとおして、
親子で一緒に、話してみてもいいかもしれません。オススメの一冊です☆

いいね!した人

子育て絵本アドバイザー 前田ちひろさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります