子育て絵本アドバイザー 前田ちひろのブログ

子どもと一緒に過ごす時間は短くても、
「絵本」があれば、密度の濃い時間を過ごせます。
「絵本」のある子育て、してみませんか?


テーマ:

きしべの たんぽぽが、
しろい わたげに つつまれるころに なりました。

 

いちべえぬまの かえるの うちに、
かわいい かちゃんが
どっさり うまれました。


まるまると ふとった あかちゃんが、
なんと、・・・

 

101ぴきも うまれました。

 

今日ご紹介する絵本は、こちらカエル

 

 

発行は、1973年。
作者は、かこ さとしさんです。


カエルのお母さんと一緒に、
101ぴきの赤ちゃんは、みんなで楽しく暮らしています。

 

ある日、とてもいいお天気なので、
遠足に出かけることになりましたが、

途中、道草をして、みんなとはぐれてしまった、101ちゃん。


「ぼうやー、101ちゃーん、
どこにいるのー?

 

はやく かえっておいでー」

 

101ちゃんを探しに、お母さんは、
暗い、深い、水藻の林の中へ進んでいきます。

すると、タガメに捕まってしまい・・・というお話です。


全体的に、やや長めの文章ですので、
年中、年長さんくらいのお子様でしたら、読み聞かせできるかと思います。

 

カワトンボ、アメンボ、タガメ、ザリガニ等が登場しますので、
こういった絵本をきっかけに、
実際の生き物を観に行ってもいいかもしれません。

 

あるいは、私たち母親が読むと、・・・

子どもを想う母親の深い愛情、命がけで守る姿、
お母さんを必死に助けようとする子どもたち、親子の絆・・・等、
様々な気付きがあるかもしれません。

 

親子で一緒に、おススメです☆

いいね!した人

子育て絵本アドバイザー 前田ちひろさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります