子育て絵本アドバイザー 前田ちひろのブログ

子どもと一緒に過ごす時間は短くても、
「絵本」があれば、密度の濃い時間を過ごせます。
「絵本」のある子育て、してみませんか?


テーマ:
2/15(水)小学校6年生へ読み聞かせに行ってきました。
読んだ絵本の一部を、ご紹介します。

本
からすたろう からすたろう
 
Amazon
 
 

発行は1979年。
作者は、八島 太郎さんです。

学校に居場所がなかった、主人公の少年。

その少年を見守り、導き、
彼の生活をクラスの子どもたちに伝え、気付かせた、いそべ先生。

卒業する6年の学芸会で、
彼の特技を披露する機会を与えて、・・・というお話です。


学芸会で、少年が披露した「カラスの鳴き声」を聴き、
子どもや大人たちは、

これまでに自分たちが少年にしてきたことを振り返り、涙します。

一昔前の小学校が舞台となっていますが、
実在した2人の先生をモデルに作られたとのことで、
作者が伝えたいメッセージは、現代にも通じる部分があると感じます。

みかけや噂には惑わされず、
人としての真の姿を見抜いた、先生の姿や指導にも、

共感できるかもしれません。

人との出逢い、「師」の大切さ、教育のあり方・・・等、
私たち大人を含め、気付いたこと、感じたことを、大切にしていきたいですね。

オススメの1冊です☆

いいね!した人

子育て絵本アドバイザー 前田ちひろさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります