子育て支援基地アリエル~こどもは社会で育てよう~

愛知県西尾市のボランティア団体「子育て支援基地アリエル」の活動ブログです。
不定期での親子向けイベントや、女性の社会復帰支援、
保育をとりまく環境について広く情報発信していきます。

*********************************

Youtube 子育て支援基地アリエルチャンネル


「子育て支援基地アリエル」は

西尾市内にある地域子育て支援センターの紹介動画を

作成しております。


※子育て支援基地アリエルのYouTubeチャンネル登録をぜひお願いします

*********************************



テーマ:





子育て支援基地アリエルでは

「西尾市子育て支援センター」紹介動画

作成を行っています。


この動画作成に関しては取材・編集~

ナレーション入れ+YouTubeへのUPまで

全てワカ隊長がボランティア活動として

行っているため、仕事が忙しかったり

他の用事が優先となってしまい、

なかなか作成の余裕がありません。


そんなワケで、動画作成に

資金協力していただける

スポンサー様を募集することに

しました。(1枠3000円)


基本的には

1枠で動画作成のラストに

「制作協力○○様」のクレジットを

入れます。


イベント主催の場合、

親御さんに配るチラシに協賛枠を

設けたり、事業主様のチラシを

子育て世帯の方へお配りします。


「子育て支援アリエル」の活動に

ご協力いただける方は

下記のメールアドレスへ。

QRコードには

※迷惑メール防止のため、画像になっています。




【郵便振替口座】

00850-4-153775

子育て支援基地アリエル


よろしくお願いいたします。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「子育て支援基地アリエル」


今年は西尾市内の子育て支援センター動画、

残り10箇所を全て取材する予定です。


2017年もよろしくお願いいたします。





゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

アメブロ アメブロ :子育て支援基地アリエルブログ

アメブロ アメブロ :アリエル代表ワカ隊長(若松泰恵)ブログ
Youtube YouTube:子育て支援基地アリエルチャンネル

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



西尾市には子育て支援センターが13ヶ所あり
その全てを紹介する予定です。

センターの場所、外観、駐車場、
入口、センター内、園庭等々。

西尾市の子育て支援センターは
そのほとんどが「保育園」併設型。
(※一部違うところもあり)

第3回の「よねづ」は、

ゆくゆくは「米津保育園」に通う

お子さんの利用が多いとのこと。
要するに「地元密着」です。


それでも安城市に程近いことから

安城・知立・刈谷・碧南市などから

車で来所される方も少なからず

いらっしゃるそうです。


西尾市の子育て支援センターは

今のところ、市外在住の方でも

ご利用いただけることになっており

遠方からいらっしゃる方には

「子育て支援センターよねづ」の

場所はどうやら分かりにくいよう。


グーグルマップだと保育園を

「支援センター」と案内しますし。


私自身、保育園までたどり着いて

おきながら、隣の支援センターの

入口が分からなかったこともあり

今回は他のセンターにはなかった

主要幹線道路からの道順も

動画紹介の中に入れてみました。

毎回駅からの徒歩の時間を掲載

してはいますが、この移動時間は

子どもをベビーカーで連れた場合

かかる時間ではないので、

実際に子連れで駅から歩いたら

もっと時間かかってしまうでしょうね。
駅から歩いて移動してくるのは

あまり現実的じゃないかな、と思い

ここはさらっと流しています。


ちょうど取材にお邪魔した日が

月に一度の「保健師のミニ講話」の日

でした。


「咳の病気と咳が出た時のケア」

ついてお話いただきました。

お子さんの気管支の細さや長さなど

実際に模型やイラストを使って

分かりやすく説明して下さり、

熱心に保護者の方が耳を傾けて

いたのが印象的でした。


保育士の先生方も気さくで

保護者の方たちと信頼関係が

出来ているのを感じましたよ。

よねづのセンターは今までの2つと

大きく違うのは「保育園の1室ではない」こと。

独立したセンターになっており、

お部屋や設備も綺麗です。


ただ、保育園の園庭は使えるし、

園児たちとの交流の時間もあるそうです。


未就園児を抱える保護者の方々。

「子育て支援センターよねづ」も

お気軽にご利用ください。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

10/15にボランティア連絡協議会の

定例会がありました。


前回はまるや八丁味噌さんのミニ講演

だったのですが、今回のミニ講演は


「防災・減災の基礎知識」


西尾市の危機管理課の方に来てもらいました。


南海トラフ地震が起きた時、海に面している

西尾市は津波も来るエリアです。


私が防災に関心を持つようになったのは、

東日本大震災後、ニュースで偶然流れていた

西尾市のハザードマップが、浸水エリアとして

真っ赤だったからです。

西尾市は海側に面した旧幡豆郡エリアの

一色町・吉良町・幡豆町の3町が浸水し

その面積は実に5,173ヘクタール。

名古屋市に次いで2番目の広さ。


さらに西尾市の死者想定は1,800人で、

なんと愛知県ワースト1位なんです。

名古屋市でも1,500人なのに、

名古屋よりも死者想定が多いんです。


地震からわずか10分前後で7~10mの津波が

到達する豊橋市や田原市よりも多い。


それなのに。

西尾市の危機管理課の職員は・・・

13名しかいないって。


しかも危機管理課って自然災害だけでなく

交通などの危機管理も含めた部署だし

市役所全体の職員数でも1200名くらい??

西尾市民じゃない職員も多い。


西尾市の人口は17万人です。


市役所職員に何かをやってもらおうなんて

土台無理な話なんです。


本当に地震や、台風・大雨などの自然災害が

起きて、それが夜中だった場合。


避難勧告を出す人間も、対応する人間も

市役所にたどり着いてないかもしれない。


だから、備蓄もそう。

防災・減災は自分たちでやるしかないんです。


私は今年も愛知県の防災・減災カレッジに

通っていますが、「防災」を学べば学ぶほど、

一番大事なことは

「自分の身は自分で守る」


これしかないです。



実際に過去の大震災では家族や近所同士、地域で

助けあってなんとか初動を乗り切ったというのが

98%くらいです。

公的なモノに助けてもらったのは1.8%ほどしかない。


私もまず足腰丈夫で、母親をおんぶして

逃げられるくらいではいたい、と日々思ってます。

タイミングによっては自分の命も守れないかもしれないけど

やれることはやる。




地震で生き残れたら関連死を少しでも

減らすくらいのつもりで

被災生活を乗り切るために何が出来るのか、

準備しておくしかないですね。



11/5の西尾市の防災訓練は

ボランティア連絡協議会の役員として

参加致します。



11月か12月にまた

「ワカ隊長の知っ得防災教室vol.2」やろうかな。



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。