プロのためのボイストレーニング 『絶対の法則!』

一流のプロの現場で絶大な信頼と支持を集めるボイストレーナー、ボーカルディレクター
中西健太郎のblogです。プロの歌手だけが知っている、短期間で徹底的に結果を出す
ボイストレーニング方法を公開します。最新の音楽や映画、アートなどのレビューも
綴っていきます!

・たった3分の動画でわかる、驚きの変化!!

レッスンの風景を動画でお届けいたします。

講師、中西健太郎は、
こんなアプローチをさせていただきました。

1)声は、トランペットやフルートと同じ、管楽器です。
管楽器だったら、息をもっと、たっぷりと吸いますよね。

2)早く喋りながら体をゆっくり動かすのが難しいように、
自分が取っているビートと、
音楽が取っているビートが違っていると声が出ません。
 
3)自分の体が、大きくて少し重いボールだと思ってください。
そして、海に浮かんでいるイメージをしてみましょう。

ぜひ、動画で、劇的な変化をご覧ください。


テーマ:
●声が、バンドの音に埋もれてしまったときの解決法

こんばんは。
KosmosFlowerアシスタントの佐藤晴香です。

以前、受講者の方から
こんなお悩みをいただきました。

「声が小さくてバンドの音に
埋もれてしまいます。」




大きい声を出そうとすればするほど
バンドの音量には勝てず、
しまいには喉が枯れる・・・

なんてこと、よくありますよね。

私も以前バンドボーカルとして
歌っていたので、
同じ悩みを抱えていました。

でも、これって考え方一つ
変えるだけで、練習方法が
大きく変わってくるんです。

中西健太郎先生のお話をお届けします。

声は「響き」が大切です。

「音量が大きいから偉い」
というわけではありません。


たとえばフルートより、
トランペットの方が偉い
ということはありませんよね。

でも、なぜか歌い手の方は
声の音量勝負をしてしまいます。




身体が小さければ
声が小さくなる傾向があり、
身体が大きければ
声が大きくなる傾向があります。

それは当たり前のことで、
声が小さい・大きいというのは
ただの特徴でしかありません。

そして、マイクを使える時点で
音量勝負ではないのです。

音量勝負で考えてしまうと、
ボサノバよりヘビメタの方が偉い?
という話になってきますよね。

音量ではなく
「どんな音色で勝負するのか」
ということが一番大切です。


聴く人が「魅力的!!」
と思ってくれるような
自分にしか出せない
音色を作りましょう。

声は管楽器ですから、
自分の体をしっかり鳴らすことで
個性ある魅力的な音色を作れます。

だから姿勢を学び実践することが
とても大事なのです。

いかに魅力的な響きにしていくか。

いかに「また聴きたい!!」
と思われるような声にしていくか。


これが一番大切なことです。


いかがでしたでしょうか?

姿勢の実践ボイスクリニックを
受講された方は、
ほかの受講者の方の実践を見て
こんなお話をされていました。

「もともと素敵な声だなぁ
と思っていましたが、

先生が響きを意識するように
アプローチしたら、
『ずっと聴いていたい!!』
と思うような声に変わりました。

響きって本当に大切なんだと
驚いています!!」


音量勝負ではなく、
声の音色で勝負する。

たったこれだけで、
練習方法も、なりたい声も
大きく変わってきますよね!!

「楽器としての声のしくみ」を知ることで、
技術向上のお役立てましたら幸いです。


KosmosFlowerアシスタント 佐藤晴香
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●楽器としての「声のしくみ」をお届けします

こんばんは、アシスタントの佐藤晴香です。

KosmosFlowerでは、
講師、中西健太郎のお話をお届けする、
無料メールマガジンを配信しています。

歌や発声に必ず必要な
楽器としての「声の基礎・声の仕組み」
を、お伝えするメールマガジンです。



たとえば、

「歌っているときに息が続きません・・・」という方へ

→息が足りなくてフレージングができない
ということは、ほぼありません。

歌っているときに息が続かなくなるのは、
息の効率が悪いだけです。


そのような誤解を解くことで、
最短でプロレベルの歌唱力がつきます。


たとえば、

「声に個性がないんです・・・」という方へ

→KosmosFlowerのレッスンを受講された方で
声の個性でお悩みの方はいません。

楽器としての声のしくみを理解し、
楽器として声を響かせることができれば、

声に個性がないということは
100%起こりえません。


誰しもが、声の素晴らしい個性を
見出すことができます。



日本人の体に合わせたアプローチと
世界最先端のメソッド。

プロに必要な基礎とは?

楽器としての声の仕組みを知ることで、
声に対する意識や、練習方法が大きく変わる。

そんなメールマガジンを
あなたのメールボックスにお届けいたします。

読者のみなさまからは、

「いつも、メールマガジンありがとうございます!
本当に的確な内容ばかりで、ずっと愛読しております。」

「いただいたメールマガジンを大事に保存して
本番前は必ず読んでいます!!」


そんなお声をいただいております。

技術の向上に、ぜひご活用いただけましたら幸いです。


・ご登録フォームはこちらです。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=221395



KosmosFlowerアシスタント 佐藤晴香
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●「声に個性がないんです。。。」と、相談を受けます

こんにちは、KosmosFlowerアシスタント佐藤晴香です。

以前開催しましたボイスクリニックで、中西先生は以下のようにおっしゃっていました。



よく「声に個性がないんです」と相談を受けることがありますが、楽器としてしっかり声を響かせていれば、それは100%起こりえません。

ギターやピアノと同じように、人間を楽器として考えたとき、音源は声帯、ボディは頭と胸になります。

そして、ボディの特徴の一つを上げると「個性が豊かである」ということです。

例えば、ピアノの音源、ピアノ線を取り出して、無理やりギターのボディにつけてみたとしますよね。

そのままギターを弾くとギターと音になるでしょうか?ピアノの音になるでしょうか?

当然、変な音かもしれませんがギターの音がするはずですよね。

ボディよりも音源の個性が強ければピアノの音になるはずですが、ギターの音になってしまうくらいボディは個性が強いのです。

例えば、今周りを見渡して顔や体を見間違えてしまう人なんていませんよね。

ボディが頭や胸であるということは、人間は顔も体も一人ひとり違いますから、しっかりとボディを鳴らせば全員が個性的な声になるということです。

実際に、以前からうちのレッスンを受講している方で、声の個性で悩む方は一人もいません。

例外として、家族や双子は骨格が似ますから声も似てきます。

しっかりとボディの鳴らし方を身に付ければ、声の個性で悩むことは100%起こりえませんから安心してくださいね。



いかがでしたでしょうか?

このようなメソッドを無料でお届けしているメールマガジンがあります

ぜひお役に立てましたら幸いです。

KosmosFlowerアシスタント 佐藤晴香
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。