メルマガ購読・解除
ふあーむ月報「小柴物語」
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年08月22日(月) 17時06分34秒

超絶!ウケるっ!! その怒り「Sis,Anger」

テーマ:ブログ
「農業は 人生を賭ける 価値がある」


きらいだー
自分のことしか考えないやつ
かっこわりー ちょーかっこわりーから
近づいてくんな

きらいだー
無理とか無駄とか限界ですとか
かっこわりー ちょーかっこわりーから
聞きたくねー

お前のその根性 たたき直すぞ
燃やせよ 燃やせよ 胸の中に秘めた怒りを

「ざっけんじゃねーぞー おい!おら!」
勝ったか、負けたか、かんけーねぇ!
「ざっけんじゃねーぞー おい!おら!」
大事なことは 本気かどうかだけぇ!

きらいだ!きらいだ!きらいだ!きらいだ!
気合だ!気合だ!気合だ!気合だ!
ばかやろー!

きらいだー
本気じゃねーのに言い訳ばっかり
ふざけんな ちょーイライラするから
そのツラ向けんな

きらいだー
できもしねーのに強がってるやつ
ふざけんな マジイライラするから
消えてくれー

お前のその根性 たたき直すぞ
怒りの 炎で 全て焼き尽くしてやるから

「ざっけんじゃねーぞー おい!おら!」
うまいか、ヘタかは、かんけーねぇ!
「ざっけんじゃねーぞー おい!おら!」
反省してもいい 後悔してはダメー!

戦え!戦え!忍び寄る誘惑と!
戦え!戦え!お雨らの怒りを叫べよ!

「ざっけんじゃねーぞー おい!おら!」
ごめんねぇ?ゆるして?どーしよっかなー?
「ざっけんじゃねーぞー おい!おら!」
嘘です?ゴマスリ?上等だぁ!かかってこいやー!










みなさん、日々ご苦労さまです。

頑張ってますか?

頑張ってますよねw


日々、色々なことが

おありかと存じます。


嫌いなこと、怒れること

色々とありますね。


嫌悪とか 怒りとか

表面的な感情だけでなく

内面に浸透してきて

自分の嫌な部分を掘り返されると

怒り係数が激増して

超新星爆発のように

白色矮星化してしまいますw






世の中、理不尽もありますし

正義が勝つとも限らないし

まっとうに生きようとすれば

それなりの覚悟と強さは

必要かもしれませんね。


悲劇のヒロインだったり

聞く耳を持たなかったり

アンタが大将だったり


自分からの一方的視点や

独善的な我欲強欲を剥き出しに

損得と本能と感情に支配された

原始的なかかわりも

避けて通れないのが

世の中です。








怒っていいと思います。

怒りましょう。


ひとしきり怒ってみて

その後で考えましょう。


怒りの矛先は何だったのかと。


そして近づかないようにしましょう。

遠ざかるのが一番の防衛策です。


「君子、危うきに近寄らず」

「三十六計、逃げるが勝ち」


兵法に学びましょう。








それでも

お仕事のこととなれば

逃げるわけにはいきません。


ならばどうするか?


果敢に立ち向かいましょう。

身を捨てる覚悟で

抗いましょう。


なにも喧嘩をするのでなくて

自分に出来ることを見抜いて

覚悟を決めて取り組みましょう。


自分の力でどうにもならぬこと

それに汲々としてみても

詮無いことです。


前を向いて

果敢に取り組み

果報を手繰り寄せましょう。


世の中の仕組みを理解し

自分の気持優先で許されることと

周りの都合優先で配慮することを

整理して取り組みましょう。


しからば

時間とともに頭は整理され

道はおのずと浮かびあがってきます。


いかなる時も

主観や感情に目を曇らせては

いけません。








自分に足りないことは何なのか?

自分に出来ることは何なのか?

自分がすべきことは何なのか


そして

自分の成すことで

世の中の誰が笑顔になれるのか?


大きな輪の中で

自分とつながる人たちの笑顔を

考え直しましょう。


道を見失ってはいけません。







理不尽、我がまま、強欲、利権

たくさんの不整合があります。


必要以上にかかわっては

こちらの人生が無駄に使われます。


理解すべきことと

流すことを分けて

事実とか 現実で

感情の雲をぬぐい去りましょう。


ひょっとしたら

理不尽との関係が

スッキリするかもしれませんよ。







朝は来ます。

雲は切れます。


朝に起きていなければ

窓を開けて空を見上げなければ

それらに気付きません。



怒りは空に解き放ち

きょうもまた大地に一歩を

しるしましょう!






















フェイスブック
「小柴 孝志」




フェイスブックページ
「~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ」







「小柴物語」
12年間の足取りが
このページに凝縮されています!




<北海道 小柴ふあーむ 公式ホームページ>
~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ
 「農業は 人生を賭ける 価値がある」
   Nisekoから世界へ! 季節を耕す物語















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月22日(月) 07時45分52秒

雨とともに、夏メロン御礼!

テーマ:メロン
「農業は 人生を賭ける 価値がある」



御盆が明けて1週間

台風が三連発で襲来中です。


観測史上初という

8月中の複数上陸

複数と言わず

三連発となってます。










皆さまに御贔屓いただきました

「完熟 夏メロン」


この台風の雨とともに

終了となりました。


日本全国から

たくさんのお引き合いをいただき

誠にありがとうございました。


今年の完熟度合いはいかがでしたか?









我が家のメロン

玉の肥大を促すのに

肥料への依存度を抑えてるため

収穫後から腐るまでの追熟速度が

少し遅いように思います。


肥料をタップリと余るほど施せば

それはそれはスイカの様な

立派なモリモリの

ボディビルダーの様なメロンが

出来上がります。


栽培者の少々の優劣に関わらず

大きなメロンが仕上がる確率が

高いでしょう。


ただし、その分

体内の繊維は強張り

残留する窒素も増えるため

食感はもとより

後味なども悪化する傾向に

あるようです。


また残留窒素の影響で

日持ちが悪い方向に働き

追熟速度も速めになります。


早めに食べごろに至るのは

お客様としては嬉しいことですが

ゴリゴリで筋っぽい果肉で

食べた後に水が欲しくなるような

喉に残るエグイ後味があり

それがメロン人気を翳らせた主犯とも

言われています。


市場的にウケの良いモノであっても

それがお客様に喜ばれるかどうか

長い目で見て強いファンを育めるかどうか

別なカテゴリーの視点が

必要だと思われます。










我が家のメロン

肥料は生育前半に集中させています。


化成肥料で 前半の身体つくり

有機肥料と堆肥で 後半の玉つくり


そういう戦略です。


ただしリスクもあり

後半の有機系を頼りとした玉つくりでは

瞬発力に対応しづらいので

肝心なタイミングで肥料欠乏し

肥大時期を逸することがあります。


今年はまさに それが起きまして

他の生産者より2割ほど

収量が少ないと思われます。


樹が玉肥大の為に要求した

瞬間最大風速の吸肥力を

侮ってしまいました。









それでも 我が家の

メロンの育て方の特徴は

「手間をかける」こと。


根気強く水を打ち

温度をかけ続ける。




肥料と水で膨らまし

一気に水を切る・・・

のではなく










樹の成長速度にすり寄り

ゆっくりと無理させず

ほどほどの温度で

適量の水を与え続け

最後も乱暴な環境変化は与えず

樹の様子を見ながら 徐々に温度を下げ

玉の様子を見ながら 徐々に水を絞る。

だけど決して 玉締めや水切りはしない。

最後の最後まで 生きる力を

持続的に発揮させてやる。



こうすれば

玉はまん丸になり

ネットは緻密に入り込み

色はアイボリーのクリーム色になり

まろやかな食感と コクのある甘み

そして日持ち良好、つまり賞味期間が長い

そんなメロンが出来上がります。








我が家独自の技術?

いえ、誰でもできる 一般技術です。

ただ、実施するか否か、だけ。

収量減少のリスクと付き合いながら

温度と水分を地道に調整し続けるか。


それだけの差です。


それをやってること、その状況が

「我が家の技術」なのかもしれません。










「完熟 夏メロン」

御贔屓いただき誠にありがとうございました。


季節を耕す物語 は

「完熟 秋メロン」へと続きます。

宜しければ是非 お試しくださいませ。




























フェイスブック
「小柴 孝志」




フェイスブックページ
「~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ」







「小柴物語」
12年間の足取りが
このページに凝縮されています!




<北海道 小柴ふあーむ 公式ホームページ>
~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ
 「農業は 人生を賭ける 価値がある」
   Nisekoから世界へ! 季節を耕す物語












AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月20日(土) 14時49分00秒

400mリレー、日米戦略は昔ながら

テーマ:圃場にて
「農業は 人生を賭ける 価値がある」



リオ オリンピック での

日本人選手の活躍


素晴らしい感動と勇気を

毎日もらってます。


畑での現場仕事にも

元気が出ますね!







「覇気」


物事を何かする時

これが無いとどうにもなりません。


別に五輪だけの話ではありませんが

やはり桧舞台でトップをむしり取る時

その覇気たるや半端なものではありません。


普段の自分が如何に腑抜けで

惰性で生きているかを思い知ります。


もっと毎日を大切にせねば

お客様の期待に応えられないなと

反省のきっかけを与えてくれてます。


漲る「覇気」は

外に出る出ないは別として

つねに自分自身に向けて

発露すべきと思います

仕事人としては。







挙げていたらキリがありませんが

たくさんの教訓や示唆をもらえる

真剣勝負です。


なかでも

陸上男子400mリレー


素晴らしいレースをこなしましたね。


おめでとうございます!


対するUSAチーム

個体能力にシフトした編成で臨みながら

女子は金メダル

男子は失格という

分かりやすい結果でした。







日本チームの戦略は

「バトン技術で距離を稼ぐ」。


個人戦の場合

タイムを出さねば

勝てませんが


団体戦の場合

相対比較なので

1cmでも前なら

勝ちとなります。


日本チームは

バトンの度に50cmの距離を稼ぎ

走者4人で1.5mのマージンを

捻出するというもの。


タイムにして 0.15秒。


それを実現するための

バトン技術であり 練習であり。


本番レースでは

着実に実行に移すことに

集中する。


戦略と作戦と練習を信じ

いまの自分が出来ることを

120%発揮すれば

勝てる!


それがレースの全体像だったようです。







陸上女子400mリレー の後の

USAチームに対する解説者の弁が

本質を物語っています。


「あれだけバトンミスを重ねていながら

 個人の能力ですべてを取り返しましたね。」


これ、まさに

表層深層で続く

日米の闘いを表す

象徴的解説だと

私は思いました。


女子レスリングでも

反則も戦術として使いながら

優勝する気質の USA。


目的へのアプローチが非常にシンプル

かつ パワフル。


それはまるで

先の大戦での日米戦略の対比と

非常に酷似しています。


精度を重ねて絞り出す日本の兵器に対し

大らかな設計を数と馬力で補う米国の兵器。


ルールの中で戦おうとする日本と

自分に合わせてルールを変える米国。


それが通用する場合もあれば

ボロが出る場合もある。




北海道 小柴ふあーむ


持てる力は微小ですが

日本チームの戦略が如く

小さな論理的技術を

フェアに積上げ続けて

強引な大国に囲まれながらも生き残るよう

ぶれない戦略で邁進します。


小型軽量のゼロ戦でも

大型重厚なグラマンに勝てるよう

お客さまに選んでいただける在り方を

追究し続けてまいります。


今後ともどうぞよろしくお願いします。
































フェイスブック
「小柴 孝志」





フェイスブックページ
「~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ」







「小柴物語」
12年間の足取りが
このページに凝縮されています!




<北海道 小柴ふあーむ 公式ホームページ>
~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ
 「農業は 人生を賭ける 価値がある」
   Nisekoから世界へ! 季節を耕す物語























AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月16日(火) 21時44分23秒

迎え火 と 送り火

テーマ:地域にて
「農業は 人生を賭ける 価値がある」



13日夕方に焚く 迎え火

16日早朝に焚く 送り火


皆さんの地域でも

ご近所さんは焚いてますか?







こちら北海道

少なくとも

これまでの私の生活圏では

この風習を見た記憶がありません。


不思議なものです。


お寺さんに出入りしてるお家は

むしろ多いと思うのですが

火を焚く光景には

まだ出くわしておりません。







我が家も

初盆でした。


キレイにして

お供えして

お迎えの支度をしました。


がっ!


火を焚くセットが

手に入りませんです。


ホームセンターに行っても

見つかりませんです。



しかたないなぁ。


代わりと言ってはなんですが

去年まで毎年送っていた

夏メロンをお供えしましたよ。


今際の際の末期の会話が

なんと我が家のメロンの話題。


「おーい、聞こえるか?」

 今年のメロン、食べたかぁー?」


耳元の問い掛けに対し

目を開けて こちらを見て

もうしゃべれない状態ながら

酸素マスクの中で 大きく

頷きましたっけ。





そういえば

こんな話もしてもらったっけ。


いつももらう注文に

一玉よけいに入れて

送ってたんですが

それについて聞いたところ


「あんたのメロンは大人気だから

 みんなで奪い合いだから、あははは」


なんて言ってたっけ。





「いつまでも初心者ツラしてないで

 早く経営者らしく安定させろ」


これは亡くなる1年前に言われたっけね。

とにかく「人に迷惑はかけるな」と

始終うるさく言ってて

「迷惑かけるようになったら、たため。」

と厳命されました。



私も親父とは反目していた

意地があります。


その厳命に背くことは

自分の存在を否定することになります。


自分で尻を拭えないことが生じたら

自決しますよ。








迎え火も 送り火も

焚いてはやれなかった。


道に迷っただろうな。


いや、今は自宅に

居っぱなしかもね。


すぐそこに佇んでるかも。



最期の会話らしい会話が

メロンだったなんて

農業を始めて良かったのか

悪かったのか・・・。


初盆のお供えをしながら

昨年秋のことを始め

これまでのいろいろを思い出し

仰せつかった遺言を噛み締めていた

八月御盆の 中日でした。

































フェイスブック
「小柴 孝志」





フェイスブックページ
「~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ」







「小柴物語」
12年間の足取りが
このページに凝縮されています!




<北海道 小柴ふあーむ 公式ホームページ>
~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ
 「農業は 人生を賭ける 価値がある」
   Nisekoから世界へ! 季節を耕す物語





















いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月13日(土) 08時50分03秒

役目を果たせて ほっと一息

テーマ:メロン
「農業は 人生を賭ける 価値がある」



8月13日

お盆の入り


皆さま、いかがお過ごしですか?


お掃除して

草刈りして

お風呂入って

着替えて


そして・・・

迎え火焚いてますか?







毎度ありがとうございます。


早くはお正月から

ご注文いただいていた

「完熟 夏メロン」


無事に発送を完了し

皆さまのお手元に

続々と届いております。








肥大に苦しんだ今年のメロンは

標準より4日ほど余計にぶら下げて

念入りに膨らまして

充実の旨みを充填いたしました。


きっと、気に入っていただけると

自身を持ってお送りいたしました。








お盆に向けて

なんとか間に合わせねば!


6月の曇雨天で

生育が10日ほど遅れてしまい

本来なら8月1日頃に仕上がる予定が

ギリギリのタイミングとなってしまいました。


最後までハラハラと不安を与えてしまい

申し訳ありませんでした。


来年以降の技術課題として

研究を積み重ねてまいります。








ただ、とても有り難かったのは

遅延の御案内に対して

お客様からの声が届いたこと。



「気にしないでください。」

「小柴さんのメロンは日時の問題ではない。」

「真剣に完熟させてるのが分かりむしろ安心です。」

「思う存分、完熟させてください。」



代表ともども

涙を滲ませて感謝いたしました。


ありがとうございました。



これからも

私たち二人の仕事を

どうぞよろしくお願いいたします。




お盆の入り

どうか御先祖様、御家族と

和やかな時間を過ごせますように。

































フェイスブック
「小柴 孝志」





フェイスブックページ
「~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ」







「小柴物語」
12年間の足取りが
このページに凝縮されています!




<北海道 小柴ふあーむ 公式ホームページ>
~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ
 「農業は 人生を賭ける 価値がある」
   Nisekoから世界へ! 季節を耕す物語





















いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月07日(日) 06時12分50秒

いらっしゃいませ いらっしゃいませぇ~!

テーマ:メロン
「農業は 人生を賭ける 価値がある」



おいしいですよ

おいしいですよぉ~!


いらっしゃい

いらっしゃいぃ~!


おいしいですよ

おいしいですよぉ~!


おいしいメロンはいかがですかぁ~?

おいしいよ おいしいよぉ~!












こんな呼び声が連想される

今朝のメロンハウスです。












息子らが幼稚園のころ

お店屋さんごっこで

よく遊んでましたっけ。


もし、いまの状況で

もし、当時の息子らがいたら

ひょっとしたら

こんなお店屋さんごっこで

遊んでくれたかもしれませんね。







いらっしゃいませ

いらっしゃいませぇ~!


おいしいメロンが

たくさんありますよぉ~!








そんな息子らも

一人片付き 二人片付き

三人目も間もなく片付く。


メロンに例えたら

私たちはもう

用済み?ですね(笑


玉を切り離して

樹が蘇るか?

あるいはもう余力無く

朽ち果てるか?


メロンの一生を見ながら

自分達の道程を重ね映します。








「完熟 夏メロン」

あす 8月8日 から

収穫を始めます!


本格化するのは10日ころ。


6月の天候不順を乗り越えて

お盆までにお届けします。


なんとか、間に合いました。











いまからの御注文も

ドシドシ受け付けています!


ぜひお試しください。


発送準備など ゆとりを持たせていますので

追加や 飛び込みの御注文にも

十分に対応出来ますから

だいじょうぶです!











ことしの 「完熟 夏メロン」


ガタイは少し小さめにずれてるかも。

でも重さ基準で選別しますから

ロットの中の上澄みだけを

皆さんにお届けしますね!


そして

少しでもガタイを膨らまそうと

例年より数日よけいに

樹にぶら下げています。


つまり

その分だけ中身は

充実しているということ。


御贔屓の方にはお馴染の

あの 深いコクと旨みが

詰まっているということ。


ガタイと中身のバランスを

いま図っているところです。










いらっしゃいませ

いらっしゃいませぇ~!


おいしいメロンが

たくさんありますよぉ~!









ズラリ並ぶ 夏メロンたちと

皆さまへの発送伝票を 見比べながら

息子たちが20年前に遊んでいた

お店屋さんごっこの気持ちを思い出した

猛暑のハウスでの

おはなしでした。





フェイスブック
「小柴 孝志」





フェイスブックページ
「~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ」







「小柴物語」
12年間の足取りが
このページに凝縮されています!




<北海道 小柴ふあーむ 公式ホームページ>
~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ
 「農業は 人生を賭ける 価値がある」
   Nisekoから世界へ! 季節を耕す物語




















いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月06日(土) 06時00分20秒

ナイジェリア、ハンパねぇ! 雑草の強さだ

テーマ:自宅にて
「農業は 人生を賭ける 価値がある」



まさか!

と言うべきか

やっぱり!

と言うべきか


リオ五輪の男子サッカー予選

ナイジェリアがやってくれましたね。







つおい!

いろいろな意味で

つおい!








私が憧れる強さは

ああいう感じです。


これまで色々なフィールドで

たくさんの方たちと関わりましたが

強い人は どんな状況でも

強いんです。









簡単に例えるなら

「温室育ち」と「雑草」

みたいなものかな。


「タフネス」とも言えますね。


環境をものともせず

ガシガシ出てくる強さ

本当に憧れます。








人育て

メロン育て


どちらも良く似ています。


良い環境を整えるのは大事。

まだなんのクセも付いてないうちに

素直に根を伸ばさせてあげること。


しかし

それだけでは

イカンのです。








良い環境を整えるのは大事ですが

欲しがるものを与えては

イカンのです。


ワガママになります。


成長期に与えてもらい

一度ワガママになると

それは一生ついて回る

致命傷になります。


自分で探す

自分で手に入れる

我慢し耐える

耐久性と瞬発力


生きていくために必要な素質が

身に付きません。


威張るだけ威張って

勝手に力尽きて

あっという間に

萎れて枯れます。


もちろん、実は為りません



メロンは本当に

人の育ちを見るが如くです。








ナイジェリア

男子サッカーチーム


あっぱれ! ですね。

見事です。


たぶん、たぶんですよ

サッカーをやってる基本的な気持ちが

ちょっと違うのかもしれません。


ボールを触っていられること

ピッチに立てること

観衆の前で走り回れること


子供のころに誰もが持った

素直な気持ちがそのまま

プロになった今も保たれてるのかな。


だから

アフリカ的には

多少のトラブルは付き物で

人生でごく当たり前のことだから

それがサッカーの邪魔をする理由には

ならないのかもしれませんね。


そこに来て それが出来る。


単純にして最大の目的が

達せられてる歓びが勝ってる。


そんな見方をしてしまいました。










どんな仕事でも

一緒じゃないでしょうか?


最初はみんな

嬉々とした眼で

現場に臨んだことでしょう。


毎朝、出勤するのが

楽しくて仕方のない時期って

ありますよね。


ただし、色々なものを背負い始め

呑み込んだり 被ったり

目的のために選択を選ぶことが増えるに従い

純粋に楽しめていた気持ちが

少しずつ何かにカモフラージュされていきます。


でもみんな 最初は

仕事が楽しかった時期って

必ずあるんじゃないでしょうか?










私たちは毎日のように

雑草との格闘をしています。


本当に厄介で労力を殺がれる存在です。

経済的損失は計りしれません。


しかし、たまに思うんです。


根を残すために 頭を斬らせるとか

光争奪戦に勝つために のし上がるとか

体力を温存するために 自分では立とうとしないとか

肥料が無いので 自分が枯れて肥料にするとか

地表は寒いから 地中で暖かくなるのを待つとか


生き残るためのアレコレは

人間も見習うことが多々あるなと。


使い古された言葉ですが

「雑草魂」

これを時々思い出して

「なにくそっ!」

「負けてたまるか!」

と自分を叱咤激励するのも

必要ですね。








しかし、「雑草魂」を

自己都合よろしく

勝手に我田引水したり

自己赦免の方便に使うのは

間違いです。


あくまで自分自身の在り方に向けて

意識したいものです。




私たちは、人間。

仁義を欠いちゃ

生きる価値はありません。。






フェイスブック
「小柴 孝志」





フェイスブックページ
「~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ」







「小柴物語」
12年間の足取りが
このページに凝縮されています!




<北海道 小柴ふあーむ 公式ホームページ>
~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ
 「農業は 人生を賭ける 価値がある」
   Nisekoから世界へ! 季節を耕す物語















いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月04日(木) 06時11分31秒

「孤独のグルメ」松重豊さん、待ってますよ!

テーマ:どう思う?
「農業は 人生を賭ける 価値がある」



失敗を許さず

最初から正解を求め

何かに委ねていると


孤立します。







孤立しますよ。








世間的な孤立というより

社会的な孤立


人間としての孤立

かな?


つまり自分が思ってるほど

周囲とコミュニケーションは

取れなくなります。








政治情勢

選挙報道


いやもっと身近では

日々の食糧品

生活資材

省エネ技術

健康知識



どれも当てはまります。



失敗を許さず

最初から正解を求め

何かに委ねていると


孤立します。









本当の情報って

自分で手を汚さないと

見つかりません。


「孤独のグルメ」のコンセプトもそうですが

「孤独」という表現で

一見むむっ?と思わせてますが

その実は

非常に綿密なコミュニケーションを

食べ物を通じて行ってます。



あれは

ぜんぜん「孤独」では

ありません。








あるモノを

出来上がったモノを

どこかから だれかに

持ってきてもらい

無学で勝手な解釈を

オリジナリティと勘違いしたまま

モノの本質に気付かぬまま

浪費していく。


モノを理解しようと

自力で探し、感じた人に比べたら

同じモノに接していても

事後の差は歴然です。



ゆえに

周りは距離を置き

本人はそれにも気付かず

とり憑かれたように

手元から目を離そうと

いたしません。








「孤独のグルメ」

楽しい番組です。



知らない街を

自分で歩き

知らない店を目利きし

思い切って入ってみる。

もちろん自腹で。


会社の経費で落とす社内接待と違い

自腹で探索するというのが

ミソです。











道に迷いながら

足に豆を作りながら

じっとり汗をかきながら

知らない街を歩きます。


路地裏、横町、場末


これほど好奇心を刺激される場所は

ありません。


表通りで大きく派手な看板を揚げてるより

裏通りで暖簾と提灯のみで勝負してる

小さな店。


もちろん

当たり外れがあります。


でも

外れがあるから

楽しいんです。


世間の情報になんか惑わされず

とくにネット情報など一切ガン無視して

あくまでも自分の嗅覚勝負で

えいやっ! と

暖簾をくぐるんです。


そうやって飛び込んだお店の事は

何十年経っても憶えていて

それは必ずしも

当たりだけじゃなくて

むしろ、外れの方が

長く強く記憶に残ります。










自分で探し、試し、感じる人


そういう方は

良いモノを知ってます。


良い心を持ってます。


話していると

まったく飽きません。


楽しいですよ!


その本質を考えてみると

探して感じている時の心境が

最大の情報と勉強に

なってるんですね。


だから

楽しさが尽きることは無いし

いつまでも話していられるし

なにより

話題に事欠きません。









あなたは

自分で探し、試し、感じて

人生を楽しんでらっしゃいますか?



私たちは

それがやりたくて

農業の道に飛び込みました。


だから、ぜひ

私たちと

感性のキャッチボールで

季節を耕す物語について

楽しんでみませんか?


私たちのお客様は

ほとんどそういう方達です。


あなたもぜひ

こんな仲間に加わってみてください。



きっと

長い年月を通して

あなたご自身の物語として

昇華していくと思います。







フェイスブック
「小柴 孝志」





フェイスブックページ
「~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ」







「小柴物語」
12年間の足取りが
このページに凝縮されています!




<北海道 小柴ふあーむ 公式ホームページ>
~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ
 「農業は 人生を賭ける 価値がある」
   Nisekoから世界へ! 季節を耕す物語















いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月03日(水) 05時54分26秒

ポマード臭くないですか?

テーマ:どう思う?
「農業は 人生を賭ける 価値がある」











ここんところ

選挙が続きましたね。


皆さんは大切な一票を

投じてきましたか?


私たちは

投票所が隣なので

なんの気負いもなく

散歩がてらに投票できます。


いや、もちろん

投票先は熟慮を重ねて

決めていますがね。







守旧派と革新派


社会の成熟度として

もはやそんなイージーなカテゴライズは

通用しなくなってきましたね。


なんとか系だからダメ!とか

なにやら系だからイイ!とか


まったくナンセンスな時代と

なっています。








どのような志向であるにしても

共通する一大事があると思ってます。


年齢や性別、職業に関わらず

人が生きて行く上で

共通する一大事が。


上手くいかないとか

人に迷惑を掛けるとか

そういう方々に欠けてる点でも

この一大事は共通してると

私は思っています。








事実を見る。

現実を認める。



この点、出来そうで出来てません

ほとんどの人間が。

もちろん私も含めて。


人に迷惑を掛ける時は

例外無く、現実を直視できていません。









守ることが優先されると

現実と思惑の乖離に

気がつかなくなりますね。



言い方を変えれば

棄てることが出来ないと

ゴミ屋敷の様な人生を歩み

ゴミに埋もれ 悪臭を放ち

しかも悪臭慣れしてしまうので

不快感による周囲のしかめっ面に

まったく気がつかなくなります。








過度に「自分を許す」こと


それすなわち

人の自由を奪って成り立つ

醜悪の原点であります。


農業もつねに

ナイフリッジの上で

微妙なバランスを取り続ける

ハイリスクな職業ですが

お互いの迷惑は

お互いの収量で数値化されますので

自分の独りよがりは分かりやすいかもしれませんね。











ポマード臭いオヤジたち


守旧派のイメージですかね。

いえ、革新派といえども

ポマード臭いオヤジたちは

胡散臭いようです。



ポマード臭いオヤジたち

悪巧みのイメージで

マスコミが喜びそうな

人物像ですね。











悪巧みに

守旧も革新も

関係ありません。


醜悪に 悪臭に

右も左も

関係ありません。




自分のポマード臭が

周囲に眉をひそめさせていることを

自分で気付かねば

どうして人にサービス出来ましょう?


棄てることが出来ず

しがみ付くことが目的になり

醜態をさらし 異臭を放つ前に

鏡の前でポマード臭を

チェックしてみませんか?


いまの自分が

人に不快ではないかどうかを。









事実を見る。

現実を認める。



その第一対象は

鏡の前の自分自身であると

思います。








フェイスブック
「小柴 孝志」





フェイスブックページ
「~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ」







「小柴物語」
12年間の足取りが
このページに凝縮されています!




<北海道 小柴ふあーむ 公式ホームページ>
~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ
 「農業は 人生を賭ける 価値がある」
   Nisekoから世界へ! 季節を耕す物語















いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月29日(金) 18時51分19秒

「お客様の権利」を守ります。

テーマ:ぜひ知ってほしい
「農業は 人生を賭ける 価値がある」



我が家は

「一括前払い」で

御注文をお願いしています。


一年分の御注文を春にいただく時も

秋までの代金を一括で

お願いしています。







我が家は

「赤い箱」でお届けしています。


もの凄く手間のかかる打合せと

かなりのコストを掛けて仕上げた箱で

お届けしています。








我が家は

「黄色いエンブレム」を付けています。


もの凄く熱い思いと 練ったアイディアで

「こども達」と「赤い箱」に印として

付けています。







「門外不出」と致します。


「一括前払い」いただいた

「お客様の権利」を守るため

「赤い箱」と「黄色いエンブレム」を

「門外不出」と致します。









お届けするのは

農産物だけじゃない。


「こども達」の命であり

お客様との「季節を耕す物語」であり

私たちの「勇気ある生き様」であり

なにより

そんな私たちに信頼を寄せて

代金を預けてくださったお客様の

「権利」の証しをお届けするのです。










単品では成立しない。


すべてが一緒になって浮かび上がる

トータルパッケージであり

時間を、季節の共有です。


単価だけで 単品を欲しがる方は

お客様ではありません。










我が家の「お客様」は

「消費者」ではありませんから。







フェイスブック
「小柴 孝志」





フェイスブックページ
「~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ」







「小柴物語」
12年間の足取りが
このページに凝縮されています!




<北海道 小柴ふあーむ 公式ホームページ>
~勇気ある生き様~ 北海道 小柴ふあーむ
 「農業は 人生を賭ける 価値がある」
   Nisekoから世界へ! 季節を耕す物語














いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。