越木岩神社ブログ

兵庫県西宮市にある「越木岩神社」の日々をブログでお伝えします。

隣地開発事業の署名活動については下記の記事をご覧下さい。
↓↓↓↓↓↓
署名活動「越木岩神社の社叢林と隣地開発地の磐座の保護・保全」について
http://ameblo.jp/koshikiiwa-negi/entry-12022809803.html

テーマ:

{4E2CA9C6-71B2-4D92-B081-E5DB4CAD9982}
今日は神職たちで6月30日夏越大祓の「茅の輪神事」で潜る茅の輪を作成しました。


大祓とは、毎年6・12月の末日に行われる神事です。日々の暮らしの中で知らず知らずのうちに身についた罪・穢れをお祓いし清い身体に立ち返り、大難を小難に小難を無難にとご祈願すると共に、無病息災や家内安全を祈願するものです。
夏越大祓は6月に斎行する大祓神事で、夏を無事に越せるようにという意味があります。


何故、茅の輪をくぐるのか?と疑問にもつ方は多いのではないでしょうか。


茅の輪の起源については、善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が武塔神(スサノオ)から「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、そのとおりにしたところ、疫病から免れることができたという故事に基づきます。 


茅萱はなかなかありませんので葦の場合もあります。当社も葦を使っています。葦は川辺に背丈が高く群生しているものですが、最近はなかなか生えているところがなく、当社も夙川の上流?、六甲山の内緒の場所で刈り取っています。
{2646409E-E275-41D5-AEF8-2F75CB34AA10}

見ていただいて分かるように、葦は川辺に群生しています。川が増水して倒されても、また元に戻り上へと伸びます。動物の棲家や隠れ家として利用されたり、水質浄化の効果があったり、また茅萱と同様に有用な植物です。その生命力や浄化作用、有用性から使われているのです。
{98AA15B3-5E13-4575-9885-AA502399F967}

写真は何をしているかは分かりにくいですが、刈り取ってきた葦を芯に巻きつけて、大きな輪を作っていきます。


そして、完成したのが拝殿前に設置しました。
{0A0C5E0B-0BB8-49A2-92DE-0045776CC80B}

茅の輪を潜っていただけるのは、6月30日の神事からとなりますので、是非皆さまもご参列下さい。

6月30日  14時~/19時~  (2回斎行)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「日々日記」 の記事

テーマ:
平成28年の「越木岩泣き相撲」は、9月18日(日)開催に決定致しました。
ホームページでも申し込みが出来るようになりましたので、お申し込みをお待ちしております。
 
『越木岩泣き相撲』とは・・・
泣き相撲は、毎年秋季例大祭行事として開催され、お子様を授かったことに感謝すると共に、健康に育つよう祈願する行事です。神聖な土俵に素足をつけることにより災いや悪霊を払いのけると伝えられています。
当社では古くから奉納神事として相撲が行われており、現存する約200年前(天保2年)の絵馬にも描かれており、現在に至るまで当社伝統行事として行われております。

開催日時:平成28年9月18日(日)午前8時~

参加資格:首がすわった頃から3才になるまでの男女

奉納参加料:8,000円。当日受付にてお納めください。

申込締切:平成28年8月18日(木)まで

申込方法:①当社HP「本年度分のお申込みはこちら」から

        お申込み下さい。

       ②インターネット以外からのお申込み方法

         FAX、郵送でもお申込みを受付けておりお申し込み

         用紙を印刷の上、必要事項を楷書でご記入頂き、

         下記までお送り下さい。

         ■FAX:0798-72-9006

         ■ご郵送:〒662-0092兵庫県西宮市甑岩町5-4 

             泣き相撲実行委員会(越木岩神社社務所内)

お願いとご注意

・交通について

 当日は駐車場がありませんので、電車・バスなどをご利用ください。

 なお、阪急夙川駅から無料バスを運行いたします。

・お申込み後のご案内について

 お申込み締切後、当日案内と参加券を郵送致します。

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日は西宮市内の神社の総代さんと宮司が集まる「西宮市神社総代会・定例総会」でした。
{3F99E353-A0C9-4C74-A1B7-1E9ADA30D3EB}

総代とは神社を支えて頂く氏子さんの代表で、各社共に数名の総代がいらっしゃいます。


近年は若い方がなかなかお宮のお手伝いが叶わないため、総代さんも高齢化が進み、後継者育成も難しくなっています。


各社総代さんは皆さん大変お元気ですが、人口が約49万人の西宮市でも同様の問題を抱えています。

伊勢の神宮の御遷宮を機に、全国の神社への参拝者は増えているようですが、神社の護持・運営に関わって頂ける方は減少しています。地域のコミュニティの場であった神社が、政教分離や様々な思想が社会に浸透する中で、地域と神社も分けられるようになったことが要因でしょう。


ここにいらっしゃる方々がいつか亡くなられていく時を考えると、将来の神社護持が継続出来るのか不安に思っている神社は多いでしょう。


新しい方々があとを継いでくれることを皆さん切望していることでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。