越木岩神社ブログ

兵庫県西宮市にある「越木岩神社」の日々をブログでお伝えします。

隣地開発事業の署名活動については下記の記事をご覧下さい。
↓↓↓↓↓↓
署名活動「越木岩神社の社叢林と隣地開発地の磐座の保護・保全」について
http://ameblo.jp/koshikiiwa-negi/entry-12022809803.html

テーマ:
今日はスッキリとした晴れ間が広がっていますね

いよいよ今週末25日(土)・26日(日)は「椿まつり」です。
天気も何とか大丈夫のようで一安心です

{AB5EAB3D-8F13-44F0-BF3B-03069EB4353B}

「椿まつり」ですので、当社には椿が多く咲いているので、「椿」まつりということですが、ここでポイントが!!


当社の椿は‘自生’、つまり植樹した椿もありますが、ほとんどが自然に生えてきた椿です。自生の椿が当社ほど咲いているのは大変珍しいようです。
ただ、残念なのは観賞用に植樹したわけではありませんので、、、


そう、「見上げてごらん!」
{E7B5B3D3-7F67-43AA-B609-38E62848177B}

{6960990C-F537-4B0C-8A82-54EF8CE74908}

自然のままの樹木は、太陽を求め、高く、そして横へと広がります。そのために椿の花も目線を上げて見つけていただくことになります


しかし、その椿の花の美しさは、逞しさも加わりとても綺麗に咲いています!


是非逞しく咲く椿を見に、25・26日は椿まつりにお越し下さいm(_ _)m

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「日々日記」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

東北「椿」店についての概要説明は『3/25・26 東北「椿」店 開店!』

 

3月25・26日の「椿まつり」では、社務所のスペースを利用して、東北「椿」店を開店します!!

椿をテーマにした関連商品を、椿の産地としても有名な三陸沿岸地域の大島・気仙沼・南三陸から取り寄せております。

 

その商品を一部ご紹介させていただきますキョロキョロ

 

『気仙椿ハンドクリーム・リップクリーム・ボディークリーム』

気仙・三陸地方に原生する気仙椿から抽出した、黄金色の貴重なオイルを配合。 気仙椿の椿油はオレイン酸を85%以上含有。お肌の自然な皮脂成分に非常に近いため浸透しやすく、酸化・変質しにくい最上級のオイルです。また、殺菌や炎症を鎮める作用があることから、三陸地方では、昔からやけどや床ずれの薬としても使われてきました。

 

地域の活性化につながる活動として、また売り上げの一部は気仙地域の椿の森づくりのための寄付金とされています。

 

 

『椿茶』

「気仙椿」と呼ばれるやぶ椿が咲き、地域の人々に愛されてきました。この椿から一枚一枚丁寧に採取した葉を乾燥させ、岩手県北部の九戸村が、日本一の生産量を誇る甘茶とブレンド。甘茶の葉は丁寧に揉捻、発酵、乾燥して、上品な甘みを引き出したもの。二つの純国産素材を用いた、白砂糖不使用、カフェインレスの椿茶は、飲んだあとに自然な甘みが広がる体にやさしいお茶です。

製造元さんは、被災地に椿を植える『レッドカーペット・プロジェクト』を行われています。

 

 

『島のやぶ椿ブローチとストラップ』

「島の人達を元気にする」「島の女性達を元気にすることで、家族が元気になる」と立ち上げたNPO『おじゃのみ工房 子葉輝(つばき)』さんが作成された手芸商品です。津波に負けず咲いた、大島の藪椿をイメージし着物の布で制作されています。

 

 

『陸前高田 未来の一本松 タオルハンカチ』

image

東日本大震災津波ですべて失ってしまわれたファッション ロペ ㈱東京屋さん。大好きな陸前高田のため、お客様からの待ち望む声に背中を押され、震災翌年の2月14日陸前高田未来商店街にて営業を再開され、現在はプレハブ仮設店舗「陸前高田未來商店街」にて営業されています。

 

 

『椿油ドレッシング』

気仙沼の㈲中沢屋商店(唐桑椿油本舗)が長い時間をかけて開発された「三陸産わかめ専用椿油ドレッシング」です!!この他にも椿油、またB級グルメの仕入れを快くお受けいただき、多大なご協力をいただいております。

 

番外編

『布サンダル』

O.B.Nさんは震災で職を無くした主婦3人が古布を使って布ぞうりを作り始め、震災での大きな傷跡を乗り越え、互いに支え合い、自立していく為、新たに新品のコットンニットを使用し「布さんだる」と商品名を決め、製作を続けておられます。当社の神職が個人的のどうしても欲しいということで、今回販売いただくことになりました苦笑

 

 

この他にも椿関連商品を取り寄せておりますので、是非お越し下さい!!

 

 

関連記事『3/25・26 東北「椿」店 東北B級グルメ編

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東北「椿」店についての概要説明は『3/25・26 東北「椿」店 開店!』

 

ここでは、東北「椿」店についてご紹介?告知?させていただきます。

 

先ずは、気になる東北B級グルメですが・・・

『気仙沼ホルモン』

気仙沼ホルモンの特徴は、豚のミックスホルモンを味噌ニンニクだれで味付けしているところ。昭和30年頃は遠洋漁業基地として栄えた気仙沼。漁船員が帰港して食べたいのが肉でしたが、当時のお肉は高級品だったため、なかなか食べられませんでした。そこで美味しくて安価で食べられる気仙沼ホルモンは、漁船員・庶民に愛されるソウルフードとなり、現在でもお花見など、人が集まる時に食べる習慣があるそうです。

今回仕入れていただいたのは、亀山精肉店のホルモン!気仙沼で78年間親しまれている精肉店。東日本大震災の津波では4代目社長を失い、店が全壊しましたが、現在は3代目佐々木社長と娘の柴田静佳さんが二人三脚で営んでおられます。

 

次は、『石巻焼きそば』

石巻焼きそばは、宮城県の石巻地方を中心に昭和25年ごろから食されている二度蒸し焼きそば麺を使ったソールフード。ソースを練りこんでいるのかと勘違いしてしまうような調理前から茶色い麺で、水分をよく吸いこむ香ばしい香りが特徴です。B-1グランプリでも人気のある話題沸騰中のご当地グルメです。

 

そして、『椿油けんちん汁』(26日(日曜)のみ)

気仙では主に広田町から気仙町、気仙川流域で食べられている精進料理であり、特に住田町では仏事膳には必ず供されるものです。広田町等では、「油しめた けんちん 食いさこぉ」と言われたほど椿の実を拾い油を絞ったときは必ず作られていたようです。

(こちらは、ボーイスカウトさんにご協力いただきますので、日曜日のみの提供となります)

 

 

商品数は少ないですが、東北B級グルメが出店しますので、是非ご賞味下さい!!

また、たい焼き・たこ焼き・ベビーカステラ等も販売されていますので、ご一緒にお召し上がり下さい!!

 

関連記事『3/25・26 東北「椿」店 椿関連商品編

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。