BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 "BFLY" 京セラの2日目のMCです。
ネタバレ注意、曲名も含まれてます。
覚えてる範囲なのでニュアンスが少し違います。
雰囲気が分かってもらえれば。
1日目と似たとこは省略してます。



























チャマ
エアーハグ
チェリーボーイの流れ
(チェリボーイからの童貞発言も。)

ウェーブの件→初めに着席させる
「皆さん着席!(アリーナも座ってしまう。)
あーアリーナも‥まあいいや、いい、一回休憩しよう。スタンド皆さんやります。下段と上段は見えないのでここ(心臓ドンドン)で。自分の出番が来たら「わー!」って声出してね。(おー!だったっけ?)せーの!

アリーナ!君たちもやりますよ。やらないと思ったでしょう。スタンドの皆さんは楽しみましょう。こっち(下手)からやりますよ。(チャマがお手本のウェーブすると、藤くんヒロさんも続けてやってくれた。)僕もこっちからこっちに(下手から上手)カメラもって移動するから。あ‥‥デジカメ止めるの忘れてたwww行きますよ~

僕たち幼馴染でバスケ部だったんですよ。部員数が結構多くて、スラムダンク全盛期だったんです。体育館にも入れなくて、補欠の補欠の補欠だったwだから外で何してたかっていうと、ダム掘ってたの。藤くんが肩くらいまで掘って、中学生の俺「すごーい!」って、そしたらヒロが「カエルいるよ(高い声)」って。秀ちゃんは「だれか見てるよ」って言うわけ。中学生だから「おじさん見んなよ」とか言っちゃうじゃん。そしたらその人新任の先生で、新しいバスケ部の顧問だったのwwwレギュラーなんてなれないよね。ずーっと走らされてた。でもそのおかげで学年で(学校でだったかもしれません)3位取ったよ。


藤くん「皆に聞いてほしかった曲やります」→宝石になった日


恥ずかし島恒例チャマのメンバー紹介
チャマ→ベース担当、金髪、賑やかし、物販、ブタに似てるブーブー!!
藤くん→ボーカル、作詞作曲、かっこいい、中学の卒業式でボタン全部なくなった。
ヒロ→ギター、その辺の柿をシュッと取ってた、中学生の時まだね、僕ね、ヒロ君ね!って自分のことヒロ君ねって呼んでた。
秀ちゃん→真打登場、ポケモンでいうとピカチュウ、妖怪ウォッチでいうとジバニャン、サンリオでいうとキティちゃん、可愛い担当、ドラム

チャマ「チャマインタビュー!藤原さん好きな食べ物は?」
藤くん「え?ここで?ト、トマト。」
チャマ「増川さんどうですか」
ヒロさん「ヒロ君です(声変わり前再現)(他に言ってたこと忘れた‥)」
チャマ「秀ちゃんライブの残念ながら喋らないです。なので藤くんに代弁してもらいます」
(秀ちゃんコール)
藤くん「『びっくりした』って。それでいいの?ってもう一回聞いたら、『びっくりして忘れちゃった』ってww」

アンコール
(藤くん以外トマトTシャツ)
チャマ「皆祝いたい気持ちはわかる。ちゃんと歌う場は設けてあるので、一旦おいといて‥藤くん。後ろのビジョンを見てください。」
ヒロさん「眼鏡いいの?」
(藤くん眼鏡を持ってこようとする)
チャマ「今まで見たこともない速さでマネージャーが楽屋に取りに行ったw」

(ニコルとorbital periodのブックレットにいた王様クラッカー、パーン!のアニメーション。)
(ケーキ運ばれてくる。スタッフさんもトマトT)

チャマ「ヒロお願いします。」
(歌詞がモニターに映ってる。)
「HAPPY BIRTH DAY HUJIKUN~~♪」
チャマ「藤くん一言どうぞ!」
藤くん「あ、どうもあり‥‥」
「HAPPY BIRHDAY TO YOU~~♪」
(食い気味で歌再開w)

藤くん「ありがとうございます。え、スタッフも(トマトTシャツ)着てんの?いつの間に?」
チャマ「皆着てるよ。ほら、お客さんも見て、ずっと最初からだよ」
藤くん「え、あ、最初から?俺が目が悪いのをいいことに?だってアンコール前着替えるとき、今日俺Tシャツ何色って言ってたじゃん。」
チャマ「スタイリストさん名演技だったでしょう??wTシャツいっぱい刷った。」

チャマ「藤君ギター早く持って、曲やるよ!」
藤くん「ああ、‥」(慌てて用意)
ヒロさん「眼鏡いいの?」
藤くん「うん。今日初めて眼鏡かけて演奏します。1日何回も付けたり外したりしてるから歌ってる途中にずれるかもしれないけど、気にしないでね。僕の視力、小2くらいから0.2しかなくて、今はもう0.1もなくて、0.05とかそんなんだと思います。今まで、ライブでみんな見えてるぞー!とか言ってきたけど、規模がどんどん大きくなるにつれて、あー心の目だよな‥って思って言ってきて、でもそれも最近言わなくしてたんだけど(そうだっけ?w)今日はほんとに見える。」
チャマ「ヒロからひと言」
ヒロ「誕生日おめでとう」
藤くん「ありがとう」
チャマ「秀ちゃん」
秀ちゃん「36歳最後の曲、大事にやろう」
チャマ「君がいなかったら、僕たちもお客さんもここにいません。ずっと感謝しています。これからもずっと君のそばにいたいと思います。」

アンコール

(藤くん以外はけ、拍手が鳴りやまない‥)
藤くん「まじか‥何も考えてない‥じゃあ僕一人から感謝の気持ちを込めて(ギターを取るとき、ちらっと下手を見て笑う、他メンバー楽しそうに眺めてる??)僕だけで歌います、」

弾き語り

藤くん「少し話しても大丈夫だよね?時間、大丈夫?36歳最後の曲を聞いてくれてありがとうございます。僕はこのバンドにいてよかったと、20年続けてきて、これだけの人たちに求めてもらえる音楽ができていて本当によかったです。自分たちの看板と音楽と皆さんに本当に感謝しています。僕と一緒に、僕らの音楽に一緒に拍手をください。
僕のキャリアは20年ですけど、僕曲書くの遅いんですよ。でも遅いなりに100曲近く書いてきてんですよ。そこはおお!とかあっていんだよ?(みんな真剣w)20年で100曲って多いとか少ないとかわかんないですけど、古い曲だとDANNYとか、ガラスのブルースとかあるんですけど、僕は1曲1曲とても大事で、作ったときは俺一人の物語で、俺一人が思ったこととかいいと思ったことを曲にしたものが今ではこんなにたくさんの人に聞いてもらえてます。その曲が存在することを許してもらって、皆が受け止めてくれたから、誕生することができたと心から思ってます。僕の曲に、僕らの音楽に命を与えてくれて本当にありがとうございます。
クサいこと言ってるかな、もう手遅れかな‥
今日のライブ、楽しみにしてたんだけど、皆どうだった?楽しかった?4月だけどまだ冷えるから汗かいた人は拭いて着替えて風邪ひかないでね。
自分の誕生日にたくさんの人に祝ってもらって幸せです。女の子のおっぱいに自分の名前が書いてあるの初めて見ました。これは俺のってことでいいのかな?見繕っていいてことかな?wじゃあ僕も帰って寝ます。君たちの人生の大切な数時間が僕たちにとっては本当に大切な時間です。今日その時間を僕たちにくれてありがとう。ライブまたやるから来てね、約束だよ。忘れてもいいからときどき思い出してね、ずっと歌い続けるから。ばいばいまたね。」






AD