GOOD GLIDER TOUR IN広島 BLUE LIVE

テーマ:

MC
長いですよー。
話前後してます。
曖昧なんで間違いあると思います。






















チャマ 「BUMP OF CHICKENです。今日は成人式ですね。成人式の人!」
客 「はーい!」
チャマ 「せーの」
客 「おめでとう」(ばらばら)
チャマ 「もう1回。せーの。」
客 「おめでとう!」

チャマ 「広島ー!(小さい声で)広島!って言ったらイエーイって言って!かっこいいから!広島ー!」
客 「イエーイ」
チャマ 「優しい!広島ー!」
藤くん・客 「イエーイ」
チャマ 「藤くん優しい!笑」

チャマ 「広島いっつもちょっとあれだからね。倒れちゃうから気を付けてね。」

チャマ 「今回チケットとれにくかったらしくて、手紙やメールをたくさん頂きました。取れなくてここのいない人たちにも届くように演奏するから。もちろんここにいるみんなにも。」


チャマ 「3年半ぶりなんだけどずっとレコーディングしてました。ライブの2週間前までしてて、できたてです。聞いてください。グッドラック。」


藤くん 「へっへっへっへっ。前の方しんどくない?1歩‥じゃなくて半歩でいいから下がろうか。いっせいのでホイね。いっせーので」
藤くん・客 「ホイ!」
(何回かホイやりました)

藤くん 「楽しい」
客 「楽しいー」
藤くん 「楽しいね。楽しい時間はなんとやらですね。」


藤くん 「もう半分終わったよ。」
客 「えー。明日もやって。」
藤くん 「俺もやりたいけどいろんな人に謝らなくちゃいけないから。職無くす人もいるかもしれない。終わりは来るんだよ。今、半分終わって経験したろ。あっという間だよ。全部出していって。毒でもなんでも笑」

(秀ちゃんコール)
チャマ 「ありがとうだって。」
客 「しゃべってー。」
藤くん 「なんか今回は喋らないって決めてんだって。俺らもなんでかわかんねえ。笑それが面白いと思ってるっぽい。」
チャマか藤くん 「俺らもなに言ってんのかわかんないときあるからね。笑」
(ありがとうが最後らへんのときマイクを通さずに聞こえました。)

ヒロ 「ありがとう以外なに話したらいいんだろ。」
客 「何食べたー?」
ヒロ 「あー!かき食べました。焼いたんじゃなくて、なんだろ?」
藤くん 「なんかよくわかんないやつ笑」
ヒロ 「どて‥どてみそ?」
客 「土手鍋!」
藤くん 「そう土手鍋!」
ヒロ 「そうだ!4文字なのにね。」
客 「お好み焼きは?」
ヒロ 「お好み焼きは食べてない。なんかこの歳になるとお好み焼きよりかきが嬉しいです。かき食べれたのもみなさんのお陰です。」


チャマ 「来てくれてありがとうって何回も言って嘘ぽっいんだけどほんとに思ってるんだよ。」

客 「ヒロ誕生日おめでとう。」
ヒロ 「去年だけど、ありがとう。」
客 「あけおめー」
チャマ 「あけましておめでとうございます。今年もねよろしくね。」

藤くん 「喋りたいんだけど同じことしか言ってないなー。ほんと待っててくれてありがとう。次いつ来るかわかんないけど、」
客 「5月ー!」
藤くん 「そうだ。5月来るんだった。‥そうだった。」
(チャマ爆笑)
藤くん 「5月来るとかまだわかんねえな。」


藤くん 「いい顔してんなー。明日からもその顔でいくんだろ?」
客 「うん」
(後半は歌終わる度にいい顔してんなー。って言ってくれた。)


(チャマがカメラ持ってきて、会場に向かって撮る。)
「1000人の人がこっち見たね。」
チャマ 「グッズはもうみんなTシャツ着てるし、リストバンドしてるし、タオル持ってるので宣伝の必要はありません。」

チャマ 「お前らテッカテカだよ。」
客 「チャマもー。」
チャマ 「俺は卵だからね。みんなは真珠。心があらわれてるよ。」

チャマ 「広島は血の気多いのかな。ライブ終わって車で移動してると頭にタオル巻いてTシャツ着て帰ってる人見るんですよ。
(藤くんのマイクまで移動して)
湯気でるよね。笑風邪引くからね。気を付けてください。」

ヒロ 「お客さん来るのかずっと不安で、たかちゅうにほんとにくるの?ってずっと聞いてました。チケット6枚くらいしか売れないんじゃないかって。手売りするんじゃないかとか考えてました。」

チャマ 「秀ちゃんがなんかするらしいよ。」
(秀ちゃんスティック投げる!)
チャマ 「けんかしないでねー。」


藤くん 「じーんっときちゃった。」
客 「泣いても良いよ。」
藤くん 「そういうこと言われると下がっちゃうよ。」
客 「タオル貸そうか」
藤くん 「いやっ。」
客 「胸貸すよ。」
藤くん 「胸‥‥‥‥胸か、いや下ネタはだめだ。歌います。」



書かなかったけど何度も「ありがとう」と言ってました。
「ここ本当は話すところじゃなかったのにな」と言いながらも藤くん喋ってくれた。
こんなしゃべる人だっけ。
すっごく楽しそうにしてるのが伝わってきました。
AD