サックス、フルート奏者 KOSE の極楽音楽生活

サックス、フルート奏者、ジャズサックス、フルートの教室を経営する菊地康正のブログ。音楽ファンに貴重な情報を発信、人生について考えたことも色々書いています。

バナー

テーマ:

★当ブログはブログ人気ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいな。(^_?)?☆ KOSE
音楽(洋楽)ランキングへ 音楽(ジャズ) ブログランキングへ

 

クチナシの花が一面に咲いています。一人暮らしの我が家も花が咲くと華やかです。

僕は、最初はサックス奏者として出発し、ジャズ、スタジオ系の音楽家の例に漏れず、仕事の必要上、フルートクラリネットも持ち替え楽器として練習し始めました。学生時代は吹奏楽でやっていたけどね?

クラシック奏者からは、よく、そんなに違う楽器ができますね?と驚かれるが、持ち替えができると、録音業務や、歌伴では重宝されます。技術はそこそこでも、数人の楽師を雇うより、必要に応じて一人の人が持ち替えでやってくれたほうが、ギャラは少なくて済むし、持ち替えがたくさんできると仕事は来るという目論見で、いろいろな楽器をやるサックス吹きは多いです。

サックスは、松本英彦にたどり着く前に、渡辺洌さんという、戦前から活躍している素晴らしい方に手ほどきを受け、習っていたのだが、20代で始めたフルートは、やはり我流ではちっとも上達せず、三木敏悟のインナーギャラクシーオーケストラで、芸大フルート講師だった西澤幸彦さんと出会えたのは幸運だった。

さて、サックスと並べて、フルートを練習し始めると、まず全く違う楽器であることに気がつきます。呼吸法は共通点がありますが、息のほとんどを捨てるフルートと、全てが楽器に入っていくサックスでは、吹いている時の抵抗感が全く違います。

指も似ているけど、支えるために右手小指をほぼずっと押さえているところも大きな違いです。違いは多いのですが、サックスは、フラジオ音域は、泣き叫ぶような、アンサンブルでは使えないような音になるのに引き換え、フルートでは、中音域、低音域、高音域と、音色の連続性があり、自由度が高いのに気がつきます。3オクターブの分散和音や、音階もとても魅力があります。

アンサンブルでも、サックスセクションのアンサンブルにフルートやクラリネットを混ぜたり、色彩の変化があり、編曲をする立場からも楽しさがあります。

長年サックスで学んだジャズのフレージングを、可能な限りフルートに移植する作業を30年以上続けています。

ジャズフレージングとともに、クラシックのエチュードや、バッハ、モーツァルト、イベール、現代曲などを練習し続けることによって、テクニックと自在性が上がり、ジャズフレーズとそれらが、ブレンドされて、よりフルートらしい独自な表現が可能になって来ました。

さて、今月は、先月のサックスに続いてフルートの新教材発売に向けて、新作のソロを創作し、脳みそをしぼり続けています。
超濃縮味噌になりそうです。

今までの音楽人生の経験+クラシック作品をさらい続けた成果か、面白いフレージングが、自分の脳みそから、どんどんあふれ出て来て自分でも驚いています。

今まで世の中に無かったものを生み出す楽しさは格別で、幸運を、幸福を実感しています。ああ、これを実現するために生まれてきたのかな?と。

青い鳥を求めて、世界中を旅してきたけど、青い鳥は自分の家にあった。

音楽以外にもっと手軽に儲かる仕事は無いだろうか?とネット上や現実世界を探しても、どんな仕事でも10万時間の法則に行き当たるのだそうです。

これは、喜んで人がお金を払ってくれる状態になるには、最低でもその仕事を10万時間以上やる必要があるという事。

自分の場合は、それが音楽の創作的な世界であるので、回り道をしてきたけど、改めて気が付いて、そこに戻る覚悟を決めた時、無限の源泉は、実は自分の頭の中にあったという事に気がつきました。

実は、脳は、受信機、テレビのようなものであるので、如何に未来のビジョンに周波数を合わせられるかにかかっている。それには、想像力が必要だ。

この世界にまだ無いけど、実現できたらいいもの、それを想像し、信じ、実現する行動力が必要になる。

10年前にスマホがこれだけ普及し、辞書や百科事典、翻訳ソフトは、全てグーグルになってしまいました。マイクロソフトのビルゲイツが、世界一のお金持ちなのは分かるが、グーグルがこれだけの企業になるのは、20年前には誰も予測できなかった。

マッキンゼーは、世界一のコンサル会社だったけど、グーグルを予測できなかったそのノウハウはすでに古いという話もあります。

音楽の世界も、昔稼げていたスタイルはどんどん通用しなくなり、キャバレーやクラブが、カラオケに置き換わり、コンピューターミュージックに置き換わりつつあります。エイベックスが出てきて、昔の芸能人は退場し、顔ぶれが入れ替わりました。どうりで歌伴の仕事が来なくなったわけだ(^^)。

すでに音楽をやるということは、コンピューターを操ることができるのと同義になりつつあるようです。

だけど、フルートやサックスを、さらにカッコよく吹くやり方、ノウハウで、まだこの世に存在しなかった新しいものは絶対に存在する。・・・・はずである^_^。

想像力が創造の鍵である。


良い一日をお過ごしください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。