佐渡の洋食屋店長のブログ

佐渡の洋食屋店長のマニアックなブログです。 グルメネタは少なく、マニアックなネットTEC的なネタ、佐渡ネタが豊富なブログです。


テーマ:
SAL70400G2

久しぶりのブログ更新となってしまいました。
いろいろと写真や動画に関するお仕事もいただき、もう少し良いレンズを買い揃えたいなぁ・・・などと欲が出てきたわけでして。。。

音楽や映像方面はこだわり過ぎると、お金がいくらあっても足りない深い沼地である。
それはわかってはいるのですが、次のステップを踏みだそうとすると、投資が必要だったりするわけですね。

もちろん、腕を磨けばもっと良い写真が撮れるとは思います。
カメラやレンズに頼りきって、技術が追いついていない写真を見ると・・・本当に残念な気持ちになってきます。しかしながら、カールツァイスの55mmレンズを購入して撮影してみて、これは腕だけでは補えない、絶対的画質向上が感じられました。

空気まで撮れてしまう。

何気ないワンショットでも、明るくメリハリのある画。
拡大してみても細かな光を逃さず画にしてくれる。
人物写真を撮ってみても、髪の毛一本一本の動きまで、綺麗に写してくれる。
そんなレンズに出会ってしまったわけです。

おっと・・・ツァイスレンズの話題じゃなく・・・こんな良いレンズに出逢ったが故に、望遠レンズもクオリティの高いものが欲しい。ということで、悩んで悩んで悩んで・・・決心したのがこのレンズ。

SONY αマウントのGレンズSAL70400G2

朱鷺を撮影するにも、ある程度の距離を置かないとマナー違反ですし、車から降りてはいけない。今まで300mmの望遠で撮影していましたが、トリミングすると荒い感じに映ってしまい、イマイチ納得行くような画にならない。

レンズ価格としては、カメラ本体以上の価格になってしまうのですが、今まで持っていたEマウントレンズや、αマウントのレンズを半分以上売却し(このレンズを購入すれば使わなくなるであろう、望遠レンズたち)、思い切って購入。

ドキドキわくわくしつつ・・・いざレンズ着用。

私のファーストインプレッション・・・重てぇ!
レンズ重量が1.5kgというα7R(465g)の約3倍。。。
こんな重量のレンズを果たして扱いきれるのか。いささか不安ではありますが、もう後には引けない。

鏡筒を伸ばすとこんな感じ。
SAL70400G2

長ッ!
私のカメラの先輩である、佐渡の四季+αの方もこの1つ前の型を購入した際に、同じようなご意見だったようですね。
彼はもう5年も前にこの沼地へと足を踏み入れたわけです。
素晴らしい先輩。

さて、このレンズを使いこなせるよう練習あるのみですね。


SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II※Aマウント用レンズ(フルサイズ対応.../ソニー



この記事が参考になったらシェアしてください。
↓↓


このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓↓


ブログ読者登録はこちらです。
↓↓
読者になる
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)