佐渡の洋食屋店長のブログ

佐渡の洋食屋店長のマニアックなブログです。 グルメネタは少なく、マニアックなネットTEC的なネタ、佐渡ネタが豊富なブログです。


テーマ:
LINEアカウント乗っ取り

■私のLINEアカウントが乗っ取られました。
私の友達の皆様、大変ご迷惑・ご心配をおかけいたしましたことを深くお詫びいたします。
誠に申し訳ございませんでした。


今回のLINE乗っ取りの件は、私がパスワード管理が甘かったのと、メールアドレスを一本化していた為に乗っ取られたようです。最初に申し上げておきますが、ネット上によく出ている「他端末ログイン許可」のチェックをオフにしても効果はありません。実際私が効果ありませんでしたから。。。
これはPCからのログインは出来なくなりますが、スマートフォンからのログインは出来ます。乗っ取りの際に犯人のスマートフォンからログインして、その後いくらでも操作可能なのです。


■効果的なアカウント乗っ取り防止対策
LINEの公式アカウントからの発表があり、PINを設定することで他端末(スマートフォン)からログインした際にPIN入力を求めるように出来るようになりました。
PINとは4桁のパスワードを設定すること。と言えばわかりやすいでしょうか。

【重要】スマートフォン版LINEのセキュリティ強化のため、「PINコード」による本人確認手順を追加しました(7/17開始)

やり方は公式サイトにも記載されていますが、一応こちらでも説明しておきます。
LINEのアプリを立ち上げて、その他→設定→アカウントをタップします。
次に下記画像のPINコードというところをタップして、PINコード(4桁の数字)を2つ同じものを入力します。確認ボタンを押せば登録が完了します。
LINE PIN入力
LINE PIN入力

以上で対策は完了です。
念のために、パスワードやメールアドレスが他のSNSやブログなどと一緒の方は、変更することをおすすめします。この登録が完了すれば、仮にメールアドレスとパスワードがわかってしまっても、以下の画面のように、PINコードを入力しないとログインが出来なくなります。
LINE乗っ取り防止


大事なところですのでもう一度書きます。

LINEのアカウント乗っ取り対策の有効手段
■PINの設定(4桁の数字のパスワード設定)
■メールアドレスとパスワードの設定変更(メールアドレスの登録をしている方は)

テレビやネットで出回っている、「他端末ログイン許可」のチェックをオフにすれば大丈夫・・・というのは間違いです。無意味です。


■今回のLINEアカウントの乗っ取り後のお金をだまし取る手口
今回私のLINE乗っ取り後のユーザーからお金をだまし取る手口ですが、「忙しいですか?手伝ってもらってもいいですか?」と聞いて、その後「iTunesカードを近くのコンビニで買ってくれ。後でお金は返す。」と言ってきます。iTunesカードを買わせたら、そのカードの裏にある番号を写真で送ってくれと言ってくるので、その写真を送ったら最後。もう取り戻せません。
LINE乗っ取り

Appleにも電話してみたのですが、Appleでは対応出来ないので、警察に相談してくださいとのこと。もちろん買ったコンビニでも対応は不可です。
他にもWebMoneyなどを買わせるケース等、他のバリエーションもあるので、まずLINEでお金やお金のかかるものを請求されたり、IDやPASS、カード番号などを聞いてきたら、乗っ取り犯人の可能性があるので、本人確認の為にその相手に電話してください。

私の今回のLINE乗っ取り事件で、数名この手口に引っかかりそうになったところを、私に確認の電話をかけてきてくれたおかげで防げた方がいます。


■私がLINEアカウントを乗っ取られた後に取った行動
これも念のため書いておきます。
まず、最初にしたことは「LINEアカウント 乗っ取り」で検索して、対処方法を調べました。それと同時にパスワードを取り返せないか、メールアドレスへパスワードを忘れたと送信してみました。→これは無反応だったので、既に犯人がメールアドレスとパスワードを変更登録していた模様。
ここで、LINEアカウントを取り戻せる可能性は無いと判断。
次に、被害拡大を抑えたいので、FacebookとTwitterとmixiで告知。というか私の場合はFacebookにアップするとTwitterとMixiは自動連動なので、Facebookに乗っ取られた旨アップ。

その間にも電話は鳴りっぱなし、Facebookのメッセージはじゃんじゃん来るわ、メールは届くわ・・・大騒動になってしまいました。本当に申し訳なく、心苦しい次第。そして・・・何よりありがたい気持ちも。

LINE側にも対処してもらいたいので、LINE側にも乗っ取られた旨報告。
LINEの問題報告フォーム

そうこうしているうちに、電話に出れる状況になってきたので、かかってきた電話に出ていると、どうやら本当にiTunesカードを購入しようとしてくれた人、購入してしまった人がいて、半べそかきながら、謝罪と他に対策方法がないか調べていました。

Facebookからのメッセージも返しつつ、電話のリダイヤルもしつつ、その他の被害を食い止めないとと思い、SNS系はすべてパスワードを変更、Google系もパスワードを変更。ショッピング系もパスワードを変更。

こんな感じで半日を費やしました。
文面を見せてもらったのですが、やっぱり中国人っぽい感じのやりとり。

コツコツ積み上げた信頼を一気に崩してしまった感じ。
本当にやるせない気持ちでいっぱいです。

さて、皆さんイメージしてみてください。


もし、自分のLINEのアカウントやGmail、Facebook、Twitter、Evernoteなどのアカウントが乗っ取られたら・・・。どんな人にどんな被害が及ぶか想像出来ますか?


私が今回のLINE乗っ取り被害で体験したことが、皆様に活かされるよう願いつつ、記事にいたしました。


この記事が参考になったらシェアしてください。
↓↓


このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓↓


ブログ読者登録はこちらです。
↓↓
読者になる
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

こさど@伊藤善行さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります