「川越style」

webマガジン川越styleは、「小江戸川越」のお店や人、イベント、行事、風景、文化、川越の熱い動きを伝える情報発信サイトです。過去記事もぜひどうぞ。


テーマ:


川越の連雀町にある蓮馨寺(れんけいじ)。


蓮馨寺から真っ直ぐ伸びる立門前通りは、

昔の川越の雰囲気を感じさせるお店に、

最近できた新しいお店もあり、最近話題に上がる事が多い場所です。


川越style




川越style


立門前通りは、蓮馨寺から大正浪漫夢通りを交差して、

さらに真っ直ぐ進んで行く通りです。


昔ながらのお蕎麦屋さんに中華料理のお店、

観光地ではないけれど、

ディープな川越を感じられる通りでもありますね。


そして、

この通りにあるのが・・・

旧鶴川座。



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*



旧鶴川座。

旧鶴川座は、明治三十一年に蓮馨寺内に建てられた芝居小屋です。


明治時代の始めに松蓮座(しょうれんざ)という芝居小屋がありましたが、

明治二十六年の焼失したため、

鶴川座を名を改めて再建されました。


再建後は、芝居興行を中心に、講演会場としても使用され、

大正時代になると浅草で人気のあった

活動写真の上映も始まりました。


大正十一年までに、外観がタイル張りの洋風に改築されますが、

内部の席は升席のままで、回り舞台もそのまま使われていたようです。


その後、映画館や貸しスタジオ、店舗にも転用され、

増築・改築が繰り返されてきた建物です。



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*



明治三十一年に建てられ、

増改築を繰り返しながらも、

当時のままの姿で残る貴重な木造建築。


今でも年に数回は、イベントなどで使われる事がありますが、

建物の老朽化がかなり進み、損傷が激しい建物です。

天井が抜け、床に穴が開き、雨漏り、雨どいの詰まり、便所が利用できないなど、

通常の利用が困難になっているのが現実。


このまま時に任せていると、

いずれは取り壊され、

駐車場、宅地といった姿に転用されてしまう流れになるそう。


そんな中、

115年建っている大事な川越の文化遺産、旧鶴川座を保存し、

再び本来の芝居小屋として復活させて行こうというプロジェクトが、

少しずつ始動しています。


本格的な保存再生の工事はまだまだ先のようですが、

イベントとして利用可能なように

最低限の応急修理を行うことになったそうです。


そしてその前段階として、

鶴川座内を綺麗に掃除しようという、

「旧鶴川座お掃除会」が22日に行われました。


集まったのは、

川越 蔵の会を始め、ラジオぽてと、かわごえ環境ネット、などなど

市民の手で鶴川座を掃除して綺麗にしよう!と

30人の有志が集まりました。!
(ここでも、募集すればよかったですね。。。(;^_^A)


川越style




川越style




川越style

外観は洋風のタイル張り。

(地面から見た、建物のてっぺん。

このてっぺんの写真を絡ませつつ、記事の一本の軸にします♪)




川越style

天井が今にも落ちそう。。。




川越style




川越style
天井の穴。




川越style

この原色は、ライブハウス時代のものでしょうか。。。



各自、雑巾、マスク、軍手など

お掃除セットを持参して、
ガラクタ整理、楽屋、トイレ、屋根、など

何人かでゾーン分けして掃除していきます。!



川越style

近くにある旧川越織物市場は、

今まで掃除した事はあっても、

ここ旧鶴川座で、今回のようなお掃除会をするのは初めてだそう。


一体、どんな事になるでしょうか。。。



古い建物を壊す事は簡単、

でも、川越の古い建物は簡単には壊して欲しくない。



蓮馨寺は、昔から庶民に親しまれてきたお寺ですよね。

格としては喜多院の方が上かもしれない、

でも、芝居小屋があったり、おびんづるさまがいたり、

庶民に近い所にあったのが蓮馨寺。


多くの人を楽しませてきた芝居小屋、旧鶴川座の復活、

生まれ変わるまでの序章をここに。!


そのドキュメンタリーをお送りします。♪



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*



まずは一階の様子。


川越style

入ってみると鶴川座内は、結構広いんです。

舞台も広くて、二階席もある造り。

明治の建物としては、かなりモダンな建築だったんではないでしょうか。(-^□^-)


ここを、展示だけの使用ではなく、

あの舞台を使って芝居を見せたい、

長い長い道のりの始まりです。


ホールは、ガランとして何もないですが、

奥にガラクタなどが山のように散在している。

まずはそれをホールに全部出していきます。



時代に合わせて

いろんな使われ方をしてきた鶴川座。

川越の歴史遺産とも呼べる埃まみれのガラクタが、

出るわ出るわ。。。


川越style




川越style

なぜか自転車が出てきた。。。(*^.^*)




川越style

映画館時代の座席でしょうか。




川越style
映画館時代の看板が出てきました。




川越style
床下は、役者の抜け道として使われていた。



柱を見ると、この建物の変遷を垣間見る事ができます。


川越style
芝居小屋時代、映画館時代、

それぞれの用途で、柱に手を加えられているのが分かりますね。

歴史の堆積が、この柱を見れば一目で分かります。


商業建築だからこそ、

時代の波をもろにかぶり、変化して行った、

というか変化させられてきた。。。

それでもしぶとく残っている、残そうとしてきた人たちがいる。


これからも残していくために、

今自分たちでできるお手伝いをする、

みんなそういう気持ちです。(-^□^-)



川越style
天井が抜け、むき出しの配線。



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*



階段を上がって二階の様子。

個人的に担当したのが、屋根の掃除です。(*^.^*)


川越style




川越style
二階のトイレ。

鶴川座、一階二階両方にトイレがあったんですね。




川越style



窓から外に出て、

雨どいの掃除を3人で担当しました。

屋根の掃除は、ぐるっと一周掃除するのですが、

まずは正面の屋根から。



川越style




川越style
(この下が、さきほどのお掃除会、集合写真の場所です)


屋根、相当な古さです。。。

デコボコしていて歩くのが怖い。。。

釘が打っている場所とサッシを踏むようにと、注意を受けながら

屋根の上に下りました。


釘がない所を踏むと、抜けて落ちるかもよ、と

脅かされて足がすくみますよ。。。(笑)


雨どいに土が詰まっていて水が流れないので、

全部かき出して綺麗にします。

土は、舞って来た土埃もあるし、

落ちた葉っぱがここで腐葉土になったものが多い。


雨どいの土をかき出すと、

もともとはこういう色だったんだなと、青い色が現れました。!


川越style



他のゴミを掃除し、木のクズを片付けて、ここの掃除は終わり。♪


バドミントンの羽が落ちてたんですが、

きっと、通りでバドミントンやって

ここに上がっちゃったんでしょうね。(笑)



川越style
(ここから見える建物のてっぺん)



この正面屋根の所に、

明らかに後から付け足したような部分があったんですね。


川越style



聞いてみたら、

「ここは映画館時代の映写室だったんだよ」

との事です。
付け足し付け足しで、混沌とした雰囲気です。(;^_^A

中を見てみると、

映写室って広いスペースが必要なんですね。

ここから映像をスクリーンに投影していた。



川越style




川越style



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*



次の屋根の掃除ポイントに移動、

次は正面左側の屋根です。

ここが特にハードだった。。。



川越style




川越style




川越style

踏む場所を気をつけながら、進みます。

錆びているから、かえって滑らないという状態。



ここの雨どいに詰まった土は、

凄い堆積していました。


川越style




川越style

もともとは葉っぱなんだろうけれど、

何十年と時間が経って腐葉土になり、

栄養満点の土なので生物がたくさんいて。

実はミミズがたくさんいました。・°・(ノД`)・°・


もう一つ実は、ここに木が生えていて、

引っこ抜くと結構な長さの根だったんですよね。

どれだけ前から生えてるんだろう。。。


土があり生物がいて木が生え葉っぱをつけていて、

「屋根の上」に小さな生態系ができている事にびっくり。

そして、ちょっと感動。。。(*^.^*)


ここの土だけで、土嚢袋10袋以上出ました。



休憩後、

今度は、正面右側の屋根を掃除。


川越style

屋根上、慣れていると力抜けるんだと思うけど、

慣れないのでずっと足に力入れてる状態でした。

あと腰が痛い~。(ノ◇≦。)


ここの土には、クワガタの幼虫がいましたよ。

あと、蟻もたくさんです。


屋根の上にいると、

まことやさんの太麺焼きそばのソースの香りや、

どこからか焼鳥の香りが漂って来て、

なんだかシュールだったなあ。(笑)



という、旧鶴川座、屋根掃除の模様でした。!



屋根に乗っていた土、

土嚢袋で全部で40袋以上は出たと思います。

ほとんどが土です。

これだけの量の物が、よく乗っかっていたと思いますよ。(;^_^A



川越style




川越style
(これが屋根の上に生えていた木!)



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*



一階に下りると、

こちらもほとんど掃除が終わっていましたね。♪


川越style

ホールに運び出されたガラクタたち。



そしてその奥は・・・


川越style

もともとの状態、綺麗な姿に戻りました。!




川越style

トイレもピカピカです。

意外にもトイレが近代的で、ちょっとギャップありますね。(*^.^*)




川越style
楽屋も綺麗な状態に。




川越style
足の踏み場もなかった階段も

ご覧の通り♪



朝から始めて、夕方までがっつり掃除して、

旧鶴川座を綺麗にしました!
こんなにもゴミが出てくるなんて、本当にびっくり。


大勢による人海戦術だったので、1日で終わりましたが、

もっと人がいるとよかったかも。。。

こういう機会があったら、ぜひ参加してください。。。m(_ _ )m

よろしくお願いします。


地元の遺産を自分達の手で綺麗にする、

大変ではあるけれど、楽しかったですよ。♪


旧鶴川座が、再び芝居小屋として復活する日、

今日の事を思い出して涙するかもです。(*^.^*)

その日をみんなで心待ちにしています。!



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*




最後に、

途中途中、建物のてっぺんを載せていた伏線を

ここで結びます。♪


屋根の正面、左側、右側と綺麗に掃除して、

てっぺんにまたがって座ってみました。


川越style




川越style




そして、

てっぺんから川越の街を見下ろしてみます。

これが、旧鶴川座から見える川越。

頑張ったご褒美に、素敵過ぎるプレゼントでした。。。



下を見ると・・・


川越style
立門前通りが見えます。




右を見れば・・・


川越style
大正浪漫夢通り。




後ろを振り返れば・・・


川越style
熊野神社。




左を見れば・・・


川越style
蓮馨寺。




屋根の端っこまで移動して、

一番街の方を眺めます。

ぎりぎり埼玉りそな銀行が見えますね。


川越style



記念にもう一枚。(*^o^*)



川越style


3人でてっぺんにまたがりながら、

「この景色見ながら、飲みたいね~」

なんて話しをしていましたが・・・

いや、怖すぎます。(笑)


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*



運び出したガラクタをトラックに乗せて、

今回のお掃除会、これにて終了。!


川越style




川越style



これで、

目に見える所での目立つガラクタは撤去され、

少しだけ芝居小屋に近づいたかな。

旧鶴川座、

よくよく見てみると、意匠が凝っていて凄く素敵な建物です。



川越style




川越style



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*



お掃除会の後は、

みんなでささやかな打ち上げを♪

と、ささやかなつもりが、

これまたがっつりと。。。(*^o^*)



川越style




川越style




川越style



この場所にかつての活気が戻り、人が集まり、

多くの人を楽しませてくれる日が来る事を願っています。!



川越style

(この貼り紙が、再び使われるその日まで。。。)




川越style

いいね!した人  |  リブログ(0)