「川越style」

webマガジン川越styleは、「小江戸川越」のお店や人、イベント、行事、風景、文化、
川越の熱い動きを伝える川越で最も有名な情報サイトです。
過去記事もぜひどうぞ。川越の一大叙事詩、川越を深く伝え尽くす。


テーマ:


春になり今年もまた、川越に雑貨市の季節がやって来ました。

2016年4月16日、17日、小江戸蔵里をメイン会場として開催されたのが、

「川越ハンドメイドの雑貨市」です。

主催者である「しろつめ雑貨店」さんは作家物を扱うセレクトショップを所沢に構え、

アクセサリー、大人服、子供服、服飾雑貨、陶器、

フラワーアレンジ、アンティーク等を扱っているお店。

「しろつめ雑貨店

http://shirotsumezakka.jp/

現在のお店は所沢ですが、かつては川越にお店を構えていたことがあって、川越との縁は深いお店。

ハンドメイドの雑貨市のイベントは新座、所沢で多数開催してきて、

川越では2014年から春と秋に開催しています。

しろつめ雑貨店のそらいろ絵本さんが川越の街が好きということもあって、

川越開催にこだわっている現在。

また雑貨市とは別に、規模を小さくしたまったりとした雰囲気のイベント「ユルイチ」を、

偶数月の最終日曜日にしろつめ雑貨店で開催しています。

雑貨やワークショップが楽しめる内容となっています。




(2016年2月しろつめ雑貨店ユルイチより)

そして、川越ハンドメイドの雑貨市は、

川越ではたくさんの雑貨イベントが開催されていますが、

川越ハンドメイドの雑貨市は100ブースという出店数が一番多いというだけでなく、

毎回恒例となっている川越のお店を巡るスタンプラリーを含め、

川越最大の雑貨のイベントになっています。

今、物作り作家がこれだけいるのかと肌で感じることができ、その質の高さに驚き、

また、作家さんもこのイベントに出店するのを楽しみにしていて、

来場者と出店者が作る雰囲気が温かい。

(「川越ハンドメイドの雑貨市Vol.4」2015年9月19日、20日初の二日間開催

http://ameblo.jp/korokoro0105/entry-12076427529.html

昨年の9月と同じく今回も二日間に亘って開催され、
1日目は物作りを楽しんでもらうワークショップメイン+物販、
2日目は作家さんの作品の買い物を楽しむ1日、とそれぞれ違った楽しみがある二日間でした。

各地から集まった作家さんは、川越のみならず、

埼玉だけでもさいたま、川口、朝霞、所沢、ふじみ野、入間、狭山、鶴ヶ島、

桶川、熊谷、富士見、志木、鴻巣、越谷、坂戸などなど、それに都内などから駆け付け、

多彩な顔触れが出店していました。これだけ各地から川越に集まる雑貨イベントは他にありません。

なにより、店頭で物だけを購入するのと違い、ここでは作り手が自ら出店・販売するので、

その物に込めた思いやこだわりを作家さんの口から直接聴くことができるというのが楽しい。

作る物のジャンルも様々で、

言ってみればここに来れば生活の全てが賄え、彩ってくれるものたちと出会える。

初日、4月16日は特に蔵里の広場にたくさんのワークショップブースが並び、

子どもから大人まで、気になるブースに入っていき物作りを楽しむ光景が広がります。

他では体験できないものが多いのはさすがは雑貨市。

ユルイチで行っていたワークショップが蔵里でも展開されていたり、ストーリーが続いている。

コポトッコ・バングラデシュ 雑貨、洋服 http://www.kopotokko.com
AM.Jack キャンドルワークショップと販売 http://am-jack.jimdo.com
けしごむはんこ ルーエ けしごむはんこワークショップ http://ameblo.jp/qbqmn500
革工房 くわやま 皮革
茶龍路 日本茶ワークショップ http://blog.goo.ne.jp/sa-ryuro
miu.labo 創作こけし(木工)、ニット帽 http://www.facebook.com/miulabo55
NARROWGATE leather products 革小物
wood work toto 木工アクセサリー・幼児玩具 http://www.facebook.com/woodworktoto
ジュエリー工房sinfonie アクセサリー http://jewelrysinfonie.blog15.fc2.com
kokoko アクセサリー・大人服・編み物小物
http://ameblo.jp/kokoko-works

design &crafts POTS 陶器鉢と多肉植物
http://www.pots.jp
みみたぶ堂 布小物
pochette アクセサリー http://pochette2.jugem.jp
TSUI 屋外 Z 市内 革製品(靴・小物) http://tsuishoes.blog.fc2.com/






















蔵里入口にはイベントボランティアスタッフブース。
tagu. 、 lelion、 AterierMUSUBI、y3m&i*、 Flora ra.pi.、 je pleis、 Marble Arch Cafe、brise cafe


蔵里の広場から裏手に回ってある室内ギャラリーも会場になっていて、

こちらにも多数作家さんの出店がありました。

各地のイベントに出店している人気作家さんが多く、川越で直接会える貴重な機会になっていました。









あきのかなこ 色鉛筆イラストのシールや紙雑貨 http://yaplog.jp/cafe0707/
じぇむぼっくす。 天然石アクセサリー
MICHINOKUSHA 革小物と紙もの http://michinoku.exblog.jp/
いずみゆきの 天然石アクセサリー http://yukino3ryo.exblog.jp/
EMA アクセサリー、雑貨 http://www.emamake.com
ケレシュ雑貨部 海外のビンテージ食器&材料 http://keres.shop-pro.jp/
petites sucreries スイーツデコ レジン雑貨 あみぐるみ
http://petitessucreries.blog.fc2.com/
Crystal Rabbit アクセサリー http://ameblo.jp/crystalrabbit-beads
オカピ 羊毛フェルト http://okapi3.jimdo.com
chu-chu ヘアーアクセサリー 布小物 バッグ http://ameblo.jp/chu-chu2754
BABY HATI デコパージュ、メダイアクセサリー http://babyhati.com/


また、今回初の試みとして、「ママサポーター」3人が、

16日は交流会、17日は託児を請け負って親子の来場をサポートしていました。

親子の来場が多いイベントなので、こういうサービスは欠かせないものになりそう。




雑貨市でもう一つのお楽しみといえば、食。

ハンドメイド雑貨を見て回り、一休みして食事を楽しむ、

ハンドメイド雑貨と同じように、食も人を感じさせる手作りのお店にこだわり、

16日の屋外飲食出店していたのが、「Terroir(テロワール)」さん。






そうそう、テロワールブースでは、お店で販売しているLily meiさんのアクセサリーも展示販売。

食+雑貨市的な参加の仕方をしていることが今回ならでは。


ちなみに、テロワールさんが川越ハンドメイドの雑貨市に食出店するのは今回が初めてで、

しろつめ雑貨店とどうして繋がったのか遡ると、きっと、

2016年1月31日の「小江戸川越農産物と食のまつり」があるのかも。


前編 第一回「小江戸川越農産物と食のまつり」2016年1月31日ウェスタ川越

http://ameblo.jp/korokoro0105/entry-12124147126.html

あのイベントでは、二つのお店は隣同士の出店だったのです。

あの場で意気投合したのもあるのかもしれませんね。

そして17日の屋外飲食には、ブーランジェリュネットさんの出店、と川越の人気店が出店していました。


16日は、最初から最後まで蔵里は人で賑わい、体験をして回る人たちの姿が絶えませんでした。







こうして初日の川越ハンドメイドの雑貨市は盛況のうちに幕を閉じ、

二日目へと入っていきました。

二日目は川越のお店を巡るスタンプラリーも行われ、多くの人が参加したよう。


川越ハンドメイドの雑貨市、次回開催は2016年9月10日、11日です。

どうぞ、お楽しみに。

「しろつめ雑貨店」

http://shirotsumezakka.jp/


いいね!した人  |  リブログ(0)

「川越style」編集部 SHINさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります