「川越style」

webマガジン川越styleは、「小江戸川越」のお店や人、イベント、行事、風景、文化、川越の熱い動きを伝える川越で最も有名な情報サイトです。丁寧な取材に基づく記事、川越の一大叙事詩、川越を深く伝え尽くす。過去記事もぜひどうぞ。


テーマ:


この場所は、きっと人が集まる場所になる。



川越style


居るとだんだん、まどろんで来るような安心感。

量り知れない安心感があり。。。(*^o^*)



一貫して料理一筋、接客一筋、

そんな二人が寄り添って始めたお店。

川越style



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*



連雀町にある蓮馨寺に続く立門前通りが、

今賑わっています。♪


川越style


もともとこの辺りは、

古くから続けているお店があちこちにある地域。

松山だんご店、

まことや、

轟屋、

zakka39saku、

cefeスピカ、

おびつ玩具店、

東屋精肉店、

にび堂、

富久屋、

シマノコーヒー大正館、

あさひ堂菓子店、

真南風、


一番街とはまた違った雰囲気で、

地元の人の地元の商店が集まっています。♪

アースデイin立門前



川越style

横断歩道を渡って、真っ直ぐ伸びる立門前通り。

入口に今年の春にできた「Agosto 」があって、

すぐ横にも新しくできたラーメン「ひな多」がある。

いろいろイベントが行われるようになった鶴川座を過ぎて進むと、

この前

アートクラフト手づくり市 」の織物市場にも出会える。


最近なにかと話題になる事が多い通りで、

以前と比べて明らかに人の流れも変わってきましたね。♪

変わったというか、人の流れが戻ってきた感じ。。。


そしてまた、この通りを明るくするように、

蓮馨寺の目の前に新しいお店が3店オープンしました。

あのお店は、

たくさんの人を呼んで、きっと通りに活気を与えてくれるお店です。

立門前通り、今日から3店続けて紹介していきます。♪



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*



1グラム、静かでのんびり、ささやかな場所でありたい。



「オークラと同じ物は提供できなくても、

エッセンスは提供したい。

特に自分がずっと作っていたフレンチトーストとビースストロガノフ、

これは川越で広めたいですね」


カフェであり、料理もしっかり頂ける。

キャリア30年になる店主の方は、

料理に対する熱い想いをそう語ります。


虎ノ門から川越へ。

地元川越で始めたお店です。


川越style


立門前通りの入口にAgostoと対になるように。

おしゃれな外観に、

気になって思わず立ち止まる人が多い。

特に角の丸みを帯びた曲線が可愛らしいと、通る度に思います。。。(*^o^*)

曲線もそうだし、建物自体が可愛いです。



この建物にあるのが、

2013年9月14日にオープンした、


「1g(アンジー)」です。♪


お昼から夕方までの営業ですが、

既にランチは大盛況のお店です。♪



今の時期は閉まる事が多いですが、

暖かい時期にはドアが開かれ、開放的な雰囲気になる。


川越style


広い開口が、そのまま額縁のようになって

お店の中の様子を切り取っている。

だから

通りを歩いていて前に来ると、急に巨大な絵画が現れたような、

そんなギャップがいつもいいんです。(-^□^-)

そして自然と中に入っている。。。

もう何度もそれで中にいざなわれています。(笑)



一歩入ると、外と内の境界線を感じさせず、

中に居ながらオープンテラスにいるような気分です。(-^□^-)


川越style




川越style




川越style

優しい店内の内装。この風合いのミシン台はもしかして・・・!と

聞いてみると、蓮馨寺すぐ裏にある

shabby farm 」で購入したミシン台をテーブルにしたりしていました。

蓮馨寺周辺も、こうして素敵なお店が

続々と増えてきましたね。♪


一番街に遊びに来たら、少し歩けば蓮馨寺です。

一番街のすぐ近くのこの辺りが今、

川越の新しい魅力を発信しています。(*^o^*)

という場所でありながら、

1g、お客さんの実に9割が地元の方だそう。


接客担当の奥様によると・・・


「何曜日の何時に来るというのが決まっているお客様も

いらっしゃいます」


ここは、地元の方にとって居心地の良い場所になっていて、

そういう場所こそ本当の川越かもしれませんね。♪


基本、ここで紹介しているのは、

地元の方が通うお店ばかりです。

川越の人が気兼ねなく入れるお店、通うお店。


それにしても、物腰が柔らかくて気配りの利いた接客です。

ホテルで磨いた接客のプロ。

こういう接客って、今までの川越にはなかったかも。。。

しかも1g、カフェで、です。

奥様の接客の姿を通奏低音にして進めていきます。。。(*^o^*)



1gの一階は、カウンターと少しのテーブル席。


「一階はふらっと気軽に入れるように、カウンター中心にしたんです。

日常使いできるように。カフェをやりたいと思った」


椅子を引いてもらってカウンター席に座ると、

カフェでありバーのような雰囲気もあり、

一階は開放的です。



川越style
(今度は、内側の額から外の川越を切り取ってみました(*^o^*))


ちゃんと目を見て接客すること、


「接客が凄い好きなんです。お客様の好みを覚えるのが好きです」


もともと夫婦二人でカフェをやりたいと思っていたので、

内装は奥様の意見を取り入れて、優しい感じに。

この内装の居心地が、

川越の新しい素敵スポットになる予感。。。


川越style




川越style




川越style




川越style




川越style




川越style

古い物と新しい物を混在させるセンス。



食事は、

ランチのセットメニューがA、B、C毎日3種類あり、

アラカルトが10種類ほど用意されていて、スイーツと

数量限定のフレンチトーストがあります。♪


A、B、Cのセットメニューは、

一ヶ月ごとにそれぞれ変わっていくそうです。


川越style




川越style

ここでのんびりしたカフェをやりたいと思っていたそうですが、

想像以上にここは食事の需要が多いとのこと。

だから、カフェというより

洋食屋さんと言いたくなるようなお店でもある。(-^□^-)


なぜこの場所は、食事が求められるのか??

地元の方が、気軽にふらっと入りやすい雰囲気があるし、

なにより料理の美味しさですね。


1gの店主の方は、ホテルオークラで

18歳から30年間、フレンチ担当でずっと働いていた方。

オークラ一筋、料理一筋、30年です。


地元が川越なので、

川越で「気軽に入れるカフェ」を、と

お店を始めたのが1g。


そして奥様も、オークラで接客の仕事をされていました。

まさに本当の、接客のプロですね。

柔らかくてしなやかで、さりげなくて、明るさもあって。


「お客様の好みを覚えて、コーヒーはブラックでしたよね、とか話して、

覚えてくれてたんだと言ってもらえる事が嬉しいです」


お客さんに、その雰囲気の違いから、

「ホテル出身ですか?」と聞かれる事もあるそう。



食事は、ある日には

ランチセットのナンのピザプレートを頂きました。♪


川越style




川越style




川越style




別の日にはパスタを頂き、
川越style




アラカルトから、チキンオムライスがあって、
川越style

と、既に何度も通っている1gです。(*^o^*)

カフェと言うだけではもったいないお店ですね。

煮込みハンバーグも人気です。



料理を提供する丁寧な接客、

お客さんに常に気を配っている様子がいい居心地に繋がり。

この場所で、プロの接客を受けられるギャップの気持ち良さ。(-^□^-)


そして、店主の方の冒頭の言葉です。

ホテル時代からずっと作ってきて、川越で広めたい料理。

その料理は、ゆっくりと2階で頂きたい方も多いでしょうね。♪

いよいよ2階へ移動してみます。


この料理と二階の雰囲気、


冒頭からの伏線をここで二つ結びます。

これが1gで感じた一番のエッセンスのように感じました。


1g、通りからお店の中を見ると、

カウンター席しか見えないので、

それだけのお店に見えるかもしれません。。。

いや、実は1gには2階席があるんです。


そこの場が凄く素敵で

川越の人が居心地良く過ごしている場所。

きっと、この2階の空間は、人気スポットになっていくでしょうね。(-^□^-)

知っている方は最初から2階に行くし、

2階のあの席を予約、という指定もされるそう。



階段を上がります。。。



川越style




川越style




川越style




川越style




川越style




川越style




川越style

「オークラと同じ物は提供できなくても、

今使える材料でできもの、エッセンスは提供したい。


そして、もう一つ大事な事を言っていましたね。。。


「特に自分がずっと作っていたフレンチトーストとビースストロガノフ、

これは川越で広めたいですね」


この空間で、

オークラでずっと作っていたという

ビーフストロガノフを頂きました。♪


川越style

さすがの美味しさです。!

深みのある味で、やはりそれだけのバックボーンを感じさせる味。



フレンチトーストは、たぶん

みなさんが想像する姿とは違うと思いますよ。。。(-^□^-)

カラフルで可愛いフレンチトーストです。♪

川越style



ここが、蓮馨寺の目の前だという事を忘れてしまう二階の雰囲気。

隠れ家的のような場所で、

ここで静かに過ごす自分の時間が貴重。

時間に浸って、眠りを覚ますように、

午後3時の蓮馨寺の鐘の音に

現実に戻される感じもまたいいんです。(*^o^*)



川越style
(階段を下りる時に見つけた♪)



1g、1階のカウンター席を気軽にカフェと使ってもいいし、

2階を自分の隠れ家のように過ごしてもいい。



蓮馨寺から伸びる立門前通り。

人を流れが変わって活気が戻りつつあります。♪

そのきっかけになっているお店、1g。

また一つ、川越に大事なお店ができました。。。


「地元の方に気軽に使ってもらえるお店を、

夫婦二人でここでずっと続けていきたいです」


最後の最後まで、気配りの利いた接客でした。


1g、この名前の由来は何ですか・・・??と聞いたら、

気軽に使って欲しいという意味を込めて、

1グラム。

そしてお互いのニックネームから、読み方をアンジーにしたそう。


量り知れない想いを胸に。


二人寄り添って、これからもずっと。


1グラム、静かでのんびり、ささやかな場所でありたい。


「1g(アンジー)」

川越市連雀町10-1

10:00~18:00(夜は予約があれば可)


川越style




川越style




川越style




川越style


読者登録してね

いいね!した人  |  リブログ(0)

「川越style」編集部 SHINさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります