テーマ:韓国の食べ物
January 13, 2008

バンクーバーだけど韓国?!

こっちのスーパーにはあまりない、アジアの食材。。。っていうか、日本にあるような食材が欲しい時は、だいたい韓国系のスーパーか中国系のスーパーを利用することになります。やっぱり割高になっちゃうんだけれど、季節のものがあったり。。。このあいだは里芋を見つけたので思わず買っちゃいました。こっちのスーパーでは、まず見つかりません。そんなわけで、韓国のお菓子なんかを買うことも多いし、それから、韓国料理もどきもつくるようになったkoromiなので、新しいテーマを作ってしまいましたぁ。

自分の料理の写真を撮るのは忘れがちなのと、あと、お菓子とか、そんなのを写真でとるときはあんまりきちんととらないのでキレイ写真でないので、ちょっと載せるのをためらってしまうのですが。。。今日はまず第一弾!




これは。。。中にパウダーが入ってます。日本にある、カレーやシチューのルーって、固形になっているものも多いけれど、韓国の製品には固形のルーはないように思います。
で、これは、カレーでもシチューでもなくてjjajangって英語では書いてあります。black beans ソースみたいな感じ?作り方はカレーやシチューと一緒です。お野菜とお肉を煮込んで、最後にこのルーを加える。ちなみに、この商品は裏面も韓国語表記だけで、作り方も、水の量以外はkoromiには理解できなかったので、彼にざっと英語で説明してもらいました。その時に彼は、「味は全然違うけれどカレーみたいなものだよ。」と。

そんなわけで、じゃぁ夜ご飯をこれにしよう!と決めて、一人の時にせっせと?準備をして最後にルーを溶かして、濃さがどうかな?と思いながら味見をしてみて。。。ショック!!。。。と騒ぐほどでもないけれど、けっこうスパイシーなの。koromiにはとてもカレーみたいにご飯と一緒に大量には食べられない辛さでした。
写真見ていただくとちょうどご飯の上ぐらいに赤い吹き出しがあるでしょ?後輩クンが後で教えてくれたけど、これはスパイシーって意味だよ。と。しかも、味も、今まで食べた事ない味がした。だから、完成品に自信はなかったのだけれど、ちゃんと、正解だったみたいです。

なんだよー。と思いながら、自分用にパルメザンチーズやらを加えて辛さをあまり感じないようにして彼らと一緒に食べました。パルメザンチーズ入れたら悪くなかったよ。でも辛かったから量的にはそんなに食べてません。しかし、次の日、お腹が痛くなりました。韓国人って本当に、辛いもの大丈夫だよね。そして、辛いものがないと生きていけないよね(苦笑)

でもね、最近変化がありましたよ。koromiの、日本料理の優しい味付けに慣れてしまった彼らは、最近、韓国料理店で外食をして赤いスープやら、お肉をいためた辛いものやらを食べると、異常に辛いがっています。。。やっぱり慣れみたいで、彼らもあまり辛いものを食べてないと、食べる時も刺激が強すぎると感じるし、後でお腹が痛くなったりもするみたいです。そんなわけで、うちの韓国人2人はキムチをやめました。なくて大丈夫になったみたい。

キムチは冷蔵庫でもにおいが強いので、koromiはキムチがなくて嬉しい。でも、コチュジャンの大きなおおきなタッパーはあります。コチュジャンは炒め物なんかに使うと、それだけで韓国風になる(気がする)ので、時々使うけれど。




辛いものの話しをした後は、甘いもの!これ、ロッテのカスタードパイです。日本でもなんとなく見たことがある気がする。パッケージは英語ですが、輸入元は韓国。韓国のロッテの製品だと思うけど。。。自信がない。日本かな?






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。