テーマ:koromi in Boston
January 15, 2005

初のプチ留学in Boston⑦

←これは学校のくつろぎの部屋の一角です。広いリビングルームそのもので、快適!! そう、電話もあります。koromi好みでございます。雑誌なども置いてあり、コーヒー飲みながらゆったり。。。

水族館好きのkoromi、もちろんwaterfrontにあるNew England Aquariumにも行きました。そんな大きくないけど、なかなか良かったです。となりにアイマックスシアターみたいなのがって、興味津々だったんけど、時間が合わなくて寄れなかったです。残念。

いちばんのお気に入りスポットは、ダウンタウンにあるFilene'sというデパートの地下にある、Filene's Basement。ここは、Filene'sのアウトレット。koromi、ここでお土産から衣類までいろいろお買い物しました。cKのルームパンツとか、下着とか絶対にしたと思う。大満足。
あとは、koromiいつも外国に行くとコスメを買って帰ります。安いものたくさんあるからね。ちょっとしたお土産に便利なんだな、これが。それから、4つ年下の妹にはお菓子も。気持ち悪い色をしたグミとか、喜ぶの!(笑)いつまでも、お子様な妹でよかった。。。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:koromi in Boston
January 14, 2005

初のプチ留学in Boston⑥

←こんなかんじのclassroomがならんでます。ちょっと大きめのもあります。おしゃれでしょ?なんか、仕事で忙しい日々をぬって、無理やり入れたプチ留学だったけど、ゆったりとした気分になったなぁ。
宿題も重すぎない感じのものばかりで、みんな、homeworkならぬ、trainwork又はbusworkになってた(笑)ははは。
午後も早めに授業が終わるので、自分より先にこのコースに参加してるクラスメートにお勧めの場所を聞いたりして、ガンガンお出かけしました。少人数の授業だから、午後のBoston探索のために、先生と相談して、お昼休みを普通の休み時間の長さにして早く授業を終わらせたりもできたの。

koromiがBostonに着いた日ぐらい(2月はじめ)から寒さが少しずつ緩んで、積もっていた雪も解けて、道路が見えるようになったので本当にラッキーだったと思う。BostonにはFreedom Trailというものがあります。要するにkoromiが訳しますとお散歩ロードなのであります。道路に赤い線がひいてあって、観光ポイントが4㌔にわたって結んであるの!徒歩で約3時間でまわれるらしいです。お散歩大好きkoromiとしては、チャレンジしたかったのですが、寒かったから断念。。。暖かな季節にBostonをお尋ねの祭は、是非チャレンジしてみてくださいな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:koromi in Boston
January 13, 2005

初のプチ留学in Boston⑤

ここがEFという、koromiが通った学校です。新しい建物。学校はずっと前からあったみたいですけど。EFは、世界各国に学校があります。今回、koromiが選んだのはクラブランゲージというコースで、一週間以上から申し込める、25歳以上限定のもの。

授業は、時期にもよるけど、とにかく少人数で、grammarやreadingなどのクラス別にレベル分けされたメンバーになる。koromiはだいたい3人のクラスだった。生徒もチリ、フランス、トルコなど、各国で実際に社会人として働いている大人ばかりで、koromiが一番年下でした。
grammarの授業は簡単だったけど、L.L.っぽい授業は面白かった。先生もそれぞれの分野によって変わるから新鮮で楽しめました。

ここ、EFボストン校のクラブランゲージの魅力は、ずばり設備かな。
エグゼクティブ向けなので、他の一般の生徒とは異なる、広々とした快適なスペースを利用できるの。パソコンも10台ぐらいはあったけど、生徒が少ないから使いたいときにいつでも使えるし、コーヒーは自由に飲めるし、各教室も、えっ?コレが教室ってぐらいオシャレなのだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:koromi in Boston
January 12, 2005

初のプチ留学in Boston④

そう、自分が乗ったバス停の名前なんて覚えているわけがないっ!日本でもきっとそうだよ。koromiがおバカなんじゃないっ。バス停ったって、バスマークがあるだけで、バス停の名前がかいてあるわけでもないもの。
そんなわけで、koromi必死の形相でバスの窓から外の景色をチェック。。。だけど、行きに乗ったバスと微妙に通ってる道も違うし、道路の混み具合も違うから手がかりなし。。。ここだ。きっと。と思ったところで降りてみたけど、やっぱり違った。はぁ。。。前途多難。

まぁ、誰かに聞けばいいか。と思って、ちかくのコンビニ?でホストファミリーの住所を見せてみた。。。が、「この辺に住んでないから分からないな。」って。冷たいじゃない。諦めて、道端のチャリを転がしてるお兄さんに聞いてみた。「ここは、違うとおりだよ。間違ってるんじゃない?もっとずっと先だよ。」と言われた。「歩いて行ける?」って聞いてみたら、首を横にブンブン振られて、バスに乗って行きなさいと言われた。
だから、しょうがないからもう一回バスに乗って。。。ここ、見覚えある。ってところで降りました。
無事たどり着けました。家に戻った頃には、真っ暗で、住宅街を歩く人は一人もいなかった気がする。そんな遅い時間じゃなかったんだけどね。
一日目にして、koromiすごい疲れちゃいました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:koromi in Boston
January 11, 2005

初のプチ留学in Boston③

←これ、ショッピングモールの横の公園?の噴水。もちろん水は凍ってる。寒さがお分かり頂けるかしら?ここの木にリスを見つけました。けっこう普通なコトみたいです。





遠くで掃除機の音。。。koromiのお家じゃない。休日の朝から掃除機をかけるパワーがある人はkoromiのお家にはいないはず。。。まぁ、いいか。もうちょっと寝よう。疲れてるし。。。

そんな感じでゆっくり寝坊してBostonでのはじめての朝は…昼だった。そう、たしか、ママは仕事だと言ってたし、パパはビリヤードのゲームをしにちょっとだけ出かけるのが土曜日の日課だと。それから、夜は長男の仕事の関係の舞台かなんかを家族そろって見に行くから、今夜の夜ご飯は外で何か買って食べなさいと言ってたっけ。

まだまだ眠い(笑)目をこすりながら、シャワーを浴びるために下に行くと、パパがいた。「koromi、よく眠れた?旅の疲れはとれたかな?」という様なことを言われたので、シャワーを浴びて、一週間通うことになる学校へ試しに行ってみようと思っている事を話すと、「今日はびっくりするほど寒いから、靴下も手袋も…とにかく暖かい格好をしていくんだよ。」と言って、パパは出かけて行った。

学校への行き方は、バス停まで3分、バスで20分、徒歩5分。
どんなに寒いのかと、いろいろ着込んで家を出て、バス停はすぐ分かった。
けど、乗っていいバスがどうやら行ったばかりのようで、ちょっと待ち時間があったの。実は、寒波の影響か何かですごーく、すごーく寒かった。この日。凍えました。寒くて顔の感覚がなくなって、鼻水出てるの気づかないくらい(笑)
笑い事じゃぁないっっ!次の日からどうなることかと思ったね。

で、バスの終点まで無事着いて、地図見たけどどっちに歩けば学校があるのか、さっぱり分からなかった。だからkoromi、好きな方に歩くことにした。どっか、お茶できるとこでなんかつまみながらお茶したかったし。
そしたら、素敵なショッピングモールを発見!!結構いろいろなお店が入ってるし、フードコートもあった!そこで、満足して、先に学校の場所を確かめることにした。地図見せて、10メートルごとぐらいに、人に聞いて、見つけました。
ショッピングモールを見つけてなかったら、学校の中にも入ってみただろうけど、もう、場所が分かっただけで満足して、ショッピングモールを探検。

念願のお茶もして、おなかも満足して、外も暗くなり始めたので帰ろう。と思った。けど、バス、どこから乗るの?
koromiは駅にあるバスの終点で降りたのだが、バスの始発点は見当たらない。。。ちょっとバスを降りたところで待ってみた。ら、バスが来た。お客さんがみんな降りて、バスの扉が閉まる。。。そう、ここからは乗れない。
困った顔をしていたら、運転手さんが駅の反対側に回れと、手で合図してバスを走らせて行った。そうよね。なんだ、簡単じゃない(笑)
帰りのバスも、ちゃんとママが作ってくれたプリントにどのバスが乗れるか書いてあるから、そのバスに乗ってkoromi一安心。。。も、つかの間。降りるバス停の名前がどこにも書いてない。どうしようっっ!!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:koromi in Boston
January 10, 2005

初のプチ留学in Boston②

←コレ、koromiがステイさせていただいたお部屋。
かぁわいいでしょ?!お家の中も白が基調となっていて、とにかく素敵な感じだったな。。。実家でもこんなかわいいお部屋で生活したことありませぇん。
家族はママとパパの二人だけ。子供のいる家庭を希望したのですが、長女と長男は結婚し、二男は遠くの大学の寮にいるとかで、静かなお家でした。パパはエンジニアでママは不動産やさんで働いているそうです。

そう、夜の9時ぐらいに予定より大幅に遅れてついたkoromiは暖かく迎えていただき、すぐに家の中を案内されました。地上3階、地下1階。
koromiの部屋はママ&パパの寝室と同じ2階で、トイレとバスは2階と地下にあるけれど、koromiがシャワーを使うときは地下のを使えば、いつでも他の人の予定を気にしないで使える。
とか、夫婦とも働いているから朝ごはんはそれぞれ自分自身で、シリアルが何種類も入った棚から好きなものを選んで食べるか、冷蔵庫の中のパンを食べるか、して欲しい。
とか、夜ごはんは毎日用意してくれるけど、いつでも食べられるようにしておくから、一週間の滞在はとても短いから、夜ごはんの時間を気にして無理に帰ってこなくても、何時間でもお友達と過ごしてよい。
とか、いろいろ一通り説明をしてくれて、そういった注意事項?をタイプしてある紙と、学校までの行き方を書いた紙をもらいました。

「夜はだいたい地下にいるから、よかったらkoromiも降りて来てもいいし、長旅で疲れてるだろうから、部屋でゆっくりしてもいいし。。。」と言いながら、温かい紅茶を入れてくれたので、日本から用意してきたお土産を渡して部屋に戻って、とりあえず荷物を片付けて…またkoromi寝ました。

お土産を渡した時、ママ、超ー喜んでくれたの。
とても印象的だった。持って行ったのは、緑茶のtea bag、小さなお煎餅(←ざらめのと、ごまの。)日本っぽい柄のエプロン。「誕生日みたいだわ。パパに見せてこなくっちゃ!」って、はしゃいだママはかわいかったです。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:koromi in Boston
January 09, 2005

初のプチ留学in Boston①

そんな負けず嫌いのkoromi、忙しく働く毎日の合間に、念願のプチ留学を2004年2月に実現させました!

すごいハードスケジュールだったぁ。
出発の土曜日も仕事だったので、スーツケースはあらかじめ成田に送っておき午後1時まで働き、そのまま成田へ直行!夕方5時過ぎのフライトでけっこうギリギリだったのよ。でも、飛行機に乗ったらすんごい疲れてたから、すぐに
爆睡!(笑)だって、離陸したの知らなかったもん。ははは。

ノースウエストだったから、ニューアークで初の乗り継ぎを体験し、ちょっと迷いながら無事ボストン行きの飛行機に乗り込めました。でも、乗り継ぎしているときにとっても美味しそうなpizzaが売ってるお店を横目で見ながら、よし!!帰りに絶対ここで食べる!!と変な決心しながら、けっこう余裕だったかな。(笑)機内での映画鑑賞を楽しみにしてたのに、長い飛行中ずーと、ただひたすら眠り続けてしまって、知らない間にニューヨークだったの。
超ー、koromiらしいんだな。これ。

Bostonには2時間近く遅れて到着!ホストファミリーに飛行機が送れたことを電話しようと思ったけど、何て言っていいのか分からないし、とにかくタクシー乗り場に行って、スーツケースを乗せてもらって、運転手さんにホストファミリーの住所が書いてある紙を渡して、一安心。これで到着だ。。。とほっとしてひたすら窓の外の夜の風景を観察。

なんだかよくわからん感傷にひたってたら、それまでまったく会話とかなかったんだけど、運転手さんがいきなり「この家の電話番号は分かるか?」と聞いてきた。え?もしかして、迷ってる??koromiあせりだしました。
とりあえず電話番号の書いてある紙を渡すと、運転手さんは電話して場所を聞いて、また走り出した。。。けど、また電話してる。。。しかも、今度は道にいる人になんか尋ねてる。。。大丈夫なのか?この運転手。。。

ずいぶん時間がかかったけど、運転手さん、やっと車を止めました。
着いたみたいで、お金を払って、スーツケースを降ろしてもらって、彼は一軒の家を指差した。「きっとあそこの家だよ。」みたいなことを言ってんだと思う。とりあえず「Thank you.」と言ったら、すぐに去って行ったよ、そのタクシー。
外は、超ー寒かった。雪積もってるし、凍ってるし。ひゃーー。ツルツル滑りながら、重すぎるスーツケースを運び、玄関前の階段を上がって、表札みたいなのを確かめてから呼び鈴を鳴らしてみた。
ん?誰か出てきたら何て言えばいいんだろう。。。Hi,I am Koromi.か?コレ、文法大丈夫か?なんか違うよなー。Good evening!!とか言うのもおかしいしなー。って、すごい勢いで頭の中で考えてた。(笑)
結局、何て言ったと思う?答えは。。。何にも言わないで済んだ。です。
だって、中からママが出てきて、「Koromiやっとたどり着けたのね!疲れたでしょう。心配してたのよ。日本からは何時間ぐらいかかったの?」と、英語でベラベラすごい勢いでしゃべりはじめたから(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。