Powered by NINJA TOOLS
合格「整理収納アドバイザー2級認定講座」お申し込みはこちらクリックメモ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-19

ゆるりと暮らす生き方美人

テーマ:整理収納プチプチセミナー
朝夕は少しずつしのぎやすくなって切れいるようですが・・
まだまだ日中は目がくらむほどの日差しと暑さです。

こんな日はエアコンをつけて涼しい部屋でのんびり読書もいいですね。
暑さの中がんばってきた夏の終わりにクールダウンの一日と決め込み
ゆるりと過ごす優雅さは私にとって最高の贅沢です。

今日の読書は・・・こちら


最初は何十人か待ちで図書館で借りました。
その後、内容に惹かれたのでアマゾン古本で購入した岸本葉子さんの本です。
「そうそう・・うんうんわかるわかるその通りね!!」などと
こころのなかで何度も相槌を打ちました。

しかし、著者の岸本さんは「がんばらなくてもいい・・」と書いてあるけど
相当がんばっているなと感じます・・というかとても頭を使って考えながら暮らしていると思うのです。

私は思う・・
間違えてはいけないのは、「がんばらなくても良い」というのは、
決して自分の暮らし方を放任しあきらめるという意味ではないということです。

家の中の誰かが動かなければ毎日の快適な暮らしはたちまち崩壊していきます。
でも毎日自分だけが散らかるモノや家事と闘い我慢しながら必死でこなすのは辛いものです。

時短で家を綺麗にして快適な暮らしをするためには何が必要なのでしょうか・・
それには、自分自身を大切にするための自分なりのやりかたを見つけること
そして日々そのことに向き合うことなのです。

がんばらないとは何もしないということではありません。
毎日自分を追い込みながら必死でがんばらなくても楽しく暮らせる自分らしい暮らし方を送れる仕組みがあるかどうかなのです。

私は「こぎれい」という言葉が好きなんです。
住宅メーカーのショールームや家具の展示場のようにピッカピカの「何もだしてはいけない」と空気にいわれているようなお部屋は私には心地よくない。
自分や家族が大切にしているモノたちを飾りながら、目についた時にささっと掃除できる「私」のやり方がお気に入りです。ゆるりと暮らす生き方美人になりたいから。

インテリアエレメンツには十人十色で好みがあります。
しかし、毎日の暮らしをモノがあふれたゴミ屋敷状態で暮らしたいとは誰一人も思わないはず。

本の最後に
「自分なりに家事ができていると、自分を肯定できる」
「自分らしい家事で、自分らしくいられる家をつくる」という言葉がありました。
ほんとうその通りだと首を立てに何回も振りうなずきました。

でもね・・ひとりで解決できない場合もあります。
相談できたり習ったりすることも大事なんです。

がんばっていきまSHOW('-^*)/

お片づけの基本を学びたい人はこちら認定講座・セミナー・講演のお知らせ専用
こちら→も見てね!!
少数制ですので定員になりましたら募集を締め切らせていただきます。

ブログランキング参加中 !!

下記ボタンをポチっとお願いします(^O^)/うれしい
にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ
にほんブログ村





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-10

部屋の綺麗は元の位置と小さな決心で大きく変わる

テーマ:整理収納プチプチセミナー
8月も中旬に差し掛かってきましたね
暑い毎日が続いていますが、こんな日に片付いていない部屋にいると気分まで落ち込んでしまいそうですよね。

先日、カフェのカウンターでお片づけができないAさんと隣り合わせになりました。
その方は、「私の家は全然片付かなくて・・定期的に来てもらう掃除の人頼みなんです」と言われました。
そして続けてこうもおっしゃいました「片づかない理由はね、私も家族もモノを動かしたら〔水の入ったグラスを持ち上げちょっとずらすしぐさをしながら〕元に戻さず目の前に置く。その連続なんだから・・・」と。

うーーーん「もったいないその費用!」と私は心の中で叫んでしまいました。
たぶん定期的に来る人は、返す場所が決まっていないモノを掃除しやすいように除けて少しだけ広くなった場所のお掃除をするのでしょう。

次の日からまたその家族はモノを探し使いまたとりあえずの場所に置くそれを繰り返した末、片づかなくて散らかった部屋のお掃除を他人様にお願いするのです。しかも叫び有料!

お掃除屋さんに頼むのならモノを片づけてからにしてください。
もうひとついえば・・・片づけるシステムを作って片づけてください。

このような方がお部屋を綺麗にしたいのなら、お願いするのはお掃除屋さんではなくプロの整理収納アドバイザーなのです。
片づけやすい仕組みを作らない限り、永遠に部屋の綺麗を有料で他人任せにしなければなりません。

キーワードはAさんのこの言葉なんです
「片づかない理由はね、私も家族もモノを動かしたら〔水の入ったグラスを持ち上げちょっとずらすしぐさをしながら〕元に戻さず目の前に置く。その連続なんだから・・・」

モノの元に戻す場所さえ決められていれば解決するんです。
「戻す場所がない、戻しにくい、だから片づけが面倒くさい」
この方に限らず、みーーーんなだってそうなんです音譜
でも、なかなかひとりではできないんです。
できないことで凹まなくてもいいんですよ。

片づける仕組みづくりのお手伝いが必要な方はSOS待ってます!!



がんばっていきまSHOW('-^*)/

お片づけの基本を学びたい人はこちら認定講座・セミナー・講演のお知らせ専用
こちら→も見てね!!
少数制ですので定員になりましたら募集を締め切らせていただきます。

ブログランキング参加中 !!

下記ボタンをポチっとお願いします(^O^)/うれしい
にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ
にほんブログ村




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-19

その片づけは家族のストレス!?

テーマ:整理収納プチプチセミナー
こんにちは~
九州から東海にかけては梅雨もあけて本格的な夏がやってきますね
子どもたちも夏休みを楽しみにしている毎日ですよね・・

しかし、夏休みなど長期のお休みで子どもたちが家にいる皆様の中には
いつもと違っててんやわんやの様子の毎日のおうちも多くありませんか?
ママは子どもたちの三度の食事のお世話にも終われ、
その上片づけても片づけても賽の河原のように怒涛のようにモノを出したり入れたり・・
暑さだけでもつらいのに毎日とっても熱ーーーーい時間をお過ごしではないでしょうか爆弾

私にも子育て時代はそのような日々の経験がありました。
その頃は、決して片づけ上手ではなかった私。
綺麗に保ちたい綺麗に暮らしたいと思いながら日々モノたちと闘っておりました。
実は・・お恥ずかしい。その毎日の闘いの日々の末、敵は・・モノではなく家族へ主に子どもたちへと気持ちが向かってしまいました。

「もーーーーっ叫び
片づけないようにするためにはモノを散らかす人たちに制限を与えることで解消しようとしてしまったのです。綺麗に片づけたらもう散らかして欲しくない・・・。
なんということでしょう・・・・ドクロ

何のために片づけるのか・・その本質を見失っては本末転倒なんです。
「モノは納めてはまた出す」その繰り返しは暮らしの中で永遠に続いていくのです。
自分の「楽」のために家族に窮屈な思いをさせてストレスを与えてしまうようなお片づけはするべきではないのです。

暮らしの中で「家族全員が快適に楽しく生活するため」のお片づけが大切なのです。
それは友人や知人が訪れた時に自慢したりどこかに発表するためのものではないのです。
もちろん家族に命令したり叱咤したり辛い思いをさせてはいけない。

私も子どもたちがまだ幼い頃
「その片づけは誰のため?」と夫に問いかけられてそのことを真剣に考えました。
その思いが今現在の私の整理収納、そして住宅提案の仕事に繋がっているように思います。

「整理収納はモノと人への思いやり」


がんばっていきまSHOW('-^*)/

お片づけの基本を学びたい人はこちら認定講座・セミナー・講演のお知らせ専用
こちら→も見てね!!
少数制ですので定員になりましたら募集を締め切らせていただきます。

ブログランキング参加中 !!

下記ボタンをポチっとお願いします(^O^)/うれしい
にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ
にほんブログ村




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。