2011-11-09 06:21:59

米軍装備に中国の偽部品

テーマ:情報漏えい対策

昨日、こんなニュースが報道されました。


-----------------------------------------------------------------------------


さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-米軍装備に中国の偽部品


米上院軍事委員会のレビン委員長(民主)、マケイン筆頭理事(共和)は7日、連邦議会で記者会見し、米軍が導入した装備から少なくとも100万個の偽の電子部品が見つかり、その大半が中国製だったとする同委の調査結果を発表した。

偽部品が発見されたのは、ミサイル防衛(MD)システムの一つである戦域高高度地域防衛(THAAD)ミサイルや対潜ヘリコプター、輸送機に搭載されたコンピューター機器などで計1800件。

レビン氏によると、これらの偽電子部品の流通経路をたどったところ、7割の製造元が中国企業だった。一部は、廃棄物から取り出した部品を新品に見せかけ販売したとみられるという。

同氏は判明したケースについて「氷山の一角にすぎない」と指摘。さらに多くの偽部品が使用された可能性に言及した。 


-----------------------------------------------------------------------------


中国が模造品製造大国であることはよく知られていますが、今回のように、


廃棄物から取り出した部品を新品に見せかけ販売


しているケースが多く、このことは情報漏えいリスクを抱えています。



「知らないうちに海外で模造品の材料に使われていた」


数年前、弊社へお越しくださったあるゲーム機メーカーの担当者様から伺った言葉です。


日本では商品管理が厳しく、製品としての機能は果たしても、例えば外装に少し傷が入ったものは不良品として処分する傾向があります。つまり、「中身としては問題ない状態のものを廃棄せざるを得ない」というケースが、製造メーカーにはあるのです。


このゲーム機メーカーは、これら不良品を信頼のおける産廃業者へ廃棄を依頼していたにも関わらず、結果としてこれらが中国へ流れ、あろうことか内部の基板を取り出されてそのまま模造品に使われていた、ということです。


つまり外見は偽者ですが、機能は本物ということです。


これが本物よりもはるかに安い価格で売られるのですから、メーカーとしては相当な販売機会の損失です。


「廃棄したはずの試作品が出回ったことがある」


これも数年前、携帯電話製造メーカーの担当者様から伺った言葉です。


試作品は企業ノウハウの結集体であり、存在そのものが機密情報です。


これが発売前に漏えいするということは、企業として致命的です。



今、都市鉱山リサイクルが盛んになっています。

この流れで、少しでも高く売れる場所へ、ということで、中国へ輸出されるケースが増加しています。

中国できちんとリサイクル(金、銀、銅などの回収)されれば良いのですが、実態は残念なことに上記のとおり「模倣」や「偽造」に流用されているのがほとんどです。


この廃棄からリサイクルの複雑な工程を一企業の努力で根絶することは困難です。


そのため、万が一中国へ流れたとしても、模倣や偽造による被害を受けないようにするために、


廃棄前に必ず原形をとどめない状態に物理破壊する


ことが大切です。


ある大手電気メーカーでは、情報セキュリティ基準には、廃棄手順のルールについて以下のように記されています。


デザイン情報等が化体している物は破壊して、情報がわからないようにしてください。


しかしながら、言うは簡単ですが、例えばゲーム機や携帯電話などを、「情報(原形)が分からないように破壊する」ことは、事実上困難です。今だに多くの企業が、手作業で労力と時間をかけて破壊されていると聞きます。


紙をシュレッダーにかけるような感覚で、簡単に破壊ができれば良いのですが・・・。



さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)


さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-マイティセキュリティ

そうなんです。


当社のマルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティシリーズ は、このような試作品や不良品の物理破壊に多く使用されています。


例えば、家庭用電源仕様(単相100V)のコンパクト機種「MS-Z5」 では、メディアシュレッダーの類として国内史上はじめてハードディスクや携帯電話の物理破壊を可能にしました。



さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)


さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)



試作品や不良品の物理破壊は、ぜひ当社へご相談ください。



-----------------------------------------------------------------------------


【本件に関するお問い合わせは】



粉砕機実績50年超 常識外れの粉砕機メーカー


さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-晃立工業ロゴ
〒708-1117 岡山県津山市草加部1147


■お電話:0868-29-7057(代表)

(受付時間:8:30~17:15 ※土・日・祝日を除く平日)


■FAX:0868-29-7055


■メール:office@koritsu.com


■URL:www.koritsu.com




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-10-05 22:30:32

iPhone5発売開始

テーマ:情報漏えい対策

米アップルが「iPhone4S」を発表しました。


「iPhone『5』」の発表が期待されてた分、少しがっかり感があったかもしれません。


ところが、なんと「iPhone『5』」が発売されている国があったそうです。



さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-iPhone5


ですが・・・


以下、記事引用です。


-------------------------------------------------------------------------


中国国営通信の新華社は4日までに、福建省福州市の地元工商当局がこのほど、市内の携帯電話販売店を捜索し、米アップルが販売を予定しているとされるスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)5」の偽物61台を押収したと伝えた。偽物は背面にアップルのロゴが入り、300元(約3600円)で販売されていた。


摘発された販売業者によると、偽物は「最新の高度模造品」で、広東省深セン市内で生産。外側の材料や操作システムなどアップルの製品をまね、新華社は「類似度90%」としている。


-------------------------------------------------------------------------


米アップルから「iPhone『5』」が発表されていない以上、この「偽iPhone5」がどれだけ本物に類似しているのかは分かりませんが、そもそも発表前の「iPhone5」の製品情報が流出しているとしたら大問題です。


iPhoneだけでなく、メーカーにとって新製品の試作品や開発技術が発売前に流出することは、企業生命にかかわりかねません。


新製品の試作品は、ユーザーの手に渡る前なので、その内部に個人情報などを保存しているわけではありません。

しかし、製造メーカー(もしくは製造を依頼したキャリア)にとっては、様々な技術ノウハウやデザインノウハウの結集体あり、つまり「技術ノウハウやデザインノウハウという機密情報」が化体された機密情報媒体なのです。


「機密情報が化体されている」ということは、そのもの自体が外部の目に触れた時点で、即情報漏えいとなることを意味しています。特に開発途上の試作品は、本来まだ市場に出回っていないものなので、それらが情報漏えい(流出)することは致命的です。

よって社内管理ルールを徹底して情報漏えいを防止することになるのですが、どうしても外部の目に触れさせなければならないタイミングが発生します。


それが、「廃棄」です。


そのため、廃棄手順のルールは明確に規定し、確実に徹底されなくてはなりません。

【参考:大手電気メーカーの取引先向け情報セキュリティ基準(抜粋)】
機密情報および機密情報が化体された物(試作品等)の廃棄手順を決めてください。
a.)デザイン情報等が化体している物は破壊して、情報がわからないようにしてください。
b.)産業廃棄物の業者とは機密保持契約を行ってください。


上記、大手電気メーカーの情報セキュリティ基準にあるように、機密情報が化体された物の情報漏えい対策は、


廃棄前に物理破壊するしかない


のです。


例えば、こんなふうに。



さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-都市鉱山である携帯電話



試作品、不良品の廃棄前処理(物理破壊)は、「マルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティ」 にお任せください。



さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-マルチメディアクラッシャー


-----------------------------------------------------------------------------


【本件に関するお問い合わせは】


粉砕機実績50年超 常識外れの粉砕機メーカー

粉砕機実績50年 晃立工業株式会社

〒708-1117 岡山県津山市草加部1147


■お電話:0868-29-7057(代表)

(受付時間:8:30~17:15 ※土・日・祝日を除く平日)


■FAX:0868-29-7055


■メール:office@koritsu.com


■URL:www.koritsu.com


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-09-29 09:03:51

HDDのデータ消去(物理破壊)なら、お任せください

テーマ:情報漏えい対策

先日このブログにてもご紹介しましたが、当社は、岡山県内のお客様を対象に、外務省、金融庁、警視庁、防衛省、海上自衛隊など、国内でも最高機密レベルの情報を取り扱っている現場でご利用頂いている国内史上初の情報媒体用粉砕機「マルチメディアクラッシャー」 を使った、機密メディア破壊サービスのご提供を開始いたしました。



さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-機密メディア破壊サービス



早速、昨日は某金融機関様からのご依頼で、HDD(500個!)の処理をお受けいたしました。



さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-3.5inHDDのデータ消去(物理破壊)


こちらのお客様はセキュリティ意識が高く、これまで「原形が分からないほど粉々に物理破壊する」以外のデータ消去方法は確実とは言えない、とのことで、社内に保管されたままの状態であったとのことです。


それがこの度、当社マルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティシリーズ のことをお知りになり、デモご見学を経て、今回正式なご発注となりました。


結果としてご満足頂けたようで、早速次回分のご予約も頂きました!



マルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティシリーズ は「原形を判別できない状態にまでメディアを粉々に粉砕する」ことができ、記録メディア類のデータ消去だけでなく、基板やICチップなどの電子部品、また小型電子機器類などの試作品や不良品の廃棄前処理としてもご利用いただいております。


メディア1個からの処理もお受けします。

また当社(岡山県津山市草加部1147)への持込はもちろん、出張作業も対応いたします。


機密メディアの処理にお困りの場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。


-----------------------------------------------------------------------------


【本件に関するお問い合わせは】



粉砕機実績50年超 常識外れの粉砕機メーカー

粉砕機実績50年 晃立工業株式会社

〒708-1117 岡山県津山市草加部1147


■お電話:0868-29-7057(代表)

(受付時間:8:30~17:15 ※土・日・祝日を除く平日)


■FAX:0868-29-7055


■メール:office@koritsu.com


■URL:www.koritsu.com



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-09-16 18:40:54

携帯電話の粉砕(物理破壊)なら晃立工業にお任せ!

テーマ:情報漏えい対策

本日は、マルチメディアクラッシャー・MS-Z5 のメンテナンスで、あるお客様を訪問してきました。


さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-MS-Z5
↑マルチメディアクラッシャー・MS-Z5



このお客様がMS-Z5を導入してくださったのが、約2年前。

粉砕対象は、携帯電話。

この2年間で粉砕した携帯電話は、○万台・・・DASH!


ここまでノーメンテナンスで大きな問題はないのですが、2年という区切りだったので清掃を兼ねてメンテナンスさせて頂きました。


ちなみに、このお客様、別部署にて今月もう1台ご発注頂きましたラブラブ

ありがとうございます!!



はたまた、夕方には海外のお客様から、やはり携帯電話の粉砕用に、とお問い合わせがありました。



一昨日、携帯電話に関するイベント を実施したばかりですが、「携帯電話の粉砕」というキーワードが当社の中で多くなってきています。



さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-携帯電話の粉砕(物理破壊)

用途も、


・データ消去


・リサイクル(貴金属類の抽出前工程)


・物理破壊(試作機や不良品の物理破壊)


など、多岐にわたっています。



当社のマルチメディアクラッシャー なら、携帯もこんな感じに!



さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-都市鉱山である携帯電話



大相撲の八百長事件の際には、警察の捜査が携帯電話のメール内容に及んだことで、相撲部屋から問い合わせが殺到!!するかと思いましたが・・・(笑)


とにもかくにも、携帯電話の粉砕なら、晃立工業へご相談くださいアップ



さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)


さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)



-----------------------------------------------------------------------------

【本件に関するお問い合わせは】


晃立工業株式会社


■お電話:0868-29-7057(代表)

(受付時間:8:30~17:15 ※土・日・祝日を除く平日)


■FAX:0868-29-7055


■メール:office@koritsu.com


■URL:www.koritsu.com





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-09-09 22:14:15

岡山県内の皆様へ:機密メディア破壊(データ消去)サービス料金について

テーマ:情報漏えい対策

さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-機密メディア破壊サービス



先日のブログ記事 にてもご紹介しましたが、岡山県内のお客様を対象に、外務省、金融庁、警視庁、防衛省、海上自衛隊など、国内でも最高機密レベルの情報を取り扱っている現場でご利用頂いている国内史上初の情報媒体用粉砕機「マルチメディアクラッシャー」 を使った、機密メディア破壊サービス(受託/出張)のご提供を開始いたします。

マイティセキュリティシリーズは「原形を判別できない状態にまでメディアを粉々に粉砕する」ことができ、記録メディア類のデータ消去だけでなく、基板やICチップなどの電子部品、また小型電子機器類などの試作品や不良品の廃棄前処理としてもご利用いただいております。


メディア1個からの処理もお受けします。

また当社(岡山県津山市草加部1147)への持込はもちろん、出張作業も対応いたします。

機密メディアの処理にお困りの場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。



<サービス料金のご案内(金額はすべて税込)>


(1)データ消去費用

・ハードディスク(HDD):1,260円/台

・SSD:1,260円/台

・カートリッジ型磁気テープ(CMT・DLT・LTO):158円/巻

・FD、MO、CD、DVD:26円/枚

・USBメモリ:26円/個

・携帯電話:525円/個


(2)基本料金


・持込みサービス(立会い可能):5,250円/回

※データ消去費用は、基本料金分を超えた場合に超過分を申し受けます。


・宅配便サービス:5,250円/回(往復の送料はお客様ご負担となります)

※データ消去費用は、基本料金分を超えた場合に超過分を申し受けます。


・出張サービス:15,750円/回+データ消去費用


・引取・返却サービス:5,250円/片道×2(往復分)+データ消去料金



上記以外の記録メディアのデータ消去(物理破壊)や、基板やICチップなどの電子部品、また小型電子機器類などの試作品や不良品の廃棄前処理(物理破壊)も対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。


-----------------------------------------------------------------------------


【本件に関するお問い合わせは】


晃立工業株式会社 マイティセキュリティ事業部宛


■お電話:0868-29-7057(代表)

(受付時間:8:30~17:15 ※土・日・祝日を除く平日)


■FAX:0868-29-7055


■メール:office@koritsu.com


■URL:http://www.koritsu.com/



-----------------------------------------------------------------------------


アップ期末の機密処理応援キャンペーンアップ


来る9月14日に、コンベックス岡山で開催される「第7回しんきん合同ビジネス交流会」 において、当社ブースにて本サービス開始の案内ちらしを配布いたします。


そのちらしを受け取られた方に限り、9月末までに本サービスをご利用のお客様は、割引価格を適用させて頂きますチョキ


期末のこの時期に、ぜひお得なサービスをご利用ください音譜


展示会に関する詳細は、下記の<最新展示会情報>をご参照ください。



-----------------------------------------------------------------------------


<最新展示会情報>


さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-携帯電話回収効率アップまつり


来る9月14日(水)にコンベックス岡山で開催される「第7回しんきん合同ビジネス交流会」 において、


「埋もれた都市鉱山を救え!携帯電話回収"KORITSU(効率) UP”まつり」


と題した、都市鉱山である使用済み携帯電話の効率回収イベントを開催します。


展示会場に前述メディアシュレッダー実機を持ち込み、展示会主催の信用金庫様からセキュリティのために処分できずにたまったままになっていた携帯電話をご提供頂き、皆様の目の前で原形が判別できない粉々の状態に粉砕するデモを実施いたします。


なお、本イベントで粉砕した携帯電話の粉砕くずは、貴金属類の効率回収に関する共同研究を行っている「大阪大学大学院人間科学部」へ試験試料として提供し、将来的にわが国にとって有益な技術の開発に協力することとします。


大阪大学大学院人間科学部では、試験試料として、


携帯電話の粉砕くず1,000台分


を必要とされています。


つきましては、本イベントにご賛同頂ける方で、お手元に処分に困った携帯電話がある場合には、ぜひ会場へ携帯電話をお持ちください。

また会場へのご来場が難しい方は、弊社まで送付頂けましたら幸いです。

※送料は当社が負担いたします。また粉砕前後の写真を添付した証明書を発行いたします。


<送付先>

〒708-1117 岡山県津山市草加部1147

晃立工業株式会社 しんきん合同ビジネス交流会担当宛

Tel:0868-29-7057 Fax:0868-29-7055


天然資源に乏しいとされる日本において、貴重な都市鉱山資源を還元したく、ぜひご協力をお願いいたします。


<展示会詳細>


■展示会名:「第7回しんきん合同ビジネス交流会」

「しんきん合同ビジネス交流会」は、岡山県内の8信用金庫と中小企業支援団体などが連携し、県内企業にビジネスマッチングの場を提供する会です。


■会期:2011年9月14日(水)


■開場時間:13:00~16:00


■会場:コンベックス岡山

岡山市北区大内田675


■弊社ブース:I-20(中展示場)


さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)