2011-11-10 09:12:16

【いよいよ明日!】「機密メディアのセキュリティ対策とリサイクルの両立」プレゼン開催

テーマ:展示会

さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-B-net2011


この度当社は、来る2011年11月11日(金)にメルパルクOKAYAMA で開催される「中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2011」 に出展し、「機密メディアのセキュリティ対策とリサイクルの両立」と題したプレゼンテーションを実施することとなりました。


「中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2011」は、岡山県と財団法人岡山県産業振興財団が主催し、中国四国地域を中心とする広域の関係者が集まり、循環資源を有効活用するための新技術・製品等の展示、情報発信を行うことを目的としています。


(1)3R関連の新技術の事業化をお考えの企業及び研究者(研究機関)、(2)新技術を活用して広域的な環境ビジネスの展開を目指している企業、が出展対象です。

※原則として中国地方・四国地方に事業所を有する企業・団体、及び同地域内の各大学研究者等。


当日は、当社マルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティシリーズ による「機密メディアのセキュリティ対策とリサイクルの両立」と題したプレゼンテーションも行います。


入場は無料ですので、ぜひご来場ください。



<展示会詳細>


■展示会名:「中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2011」

岡山県と財団法人岡山県産業振興財団が主催し、中国四国地域を中心とする広域の関係者が集まり、循環資源を有効活用するための新技術・製品等の展示、情報発信を行うことを目的としています。


■会期:2011年11月11日(金)


■開場時間:13:00~17:30(ただし展示商談会は15:30~17:30)


■会場:メルパルクOKAYAMA (1階 泰平)

〒700-0984 岡山市北区桑田町1-13


■入場料:無料


■主催:岡山県、財団法人岡山県産業振興財団


■共催:中国地域産学官連携コンソーシアム(さんさんコンソ)


■同時開催:さんさんコンソ第8回経営戦略講演会


■当社出展内容:マルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティシリーズ「MS-Z5」

当日は、「機密メディアのセキュリティ対策とリサイクルの両立」と題したプレゼンテーションも行います。



さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-セキュリティとリサイクルの両立


-----------------------------------------------------------------------------


【本件に関するお問い合わせは】



粉砕機実績50年超 常識外れの粉砕機メーカー

粉砕機実績50年 晃立工業株式会社

〒708-1117 岡山県津山市草加部1147


■お電話:0868-29-7057(代表)

(受付時間:8:30~17:15 ※土・日・祝日を除く平日)


■FAX:0868-29-7055


■メール:office@koritsu.com


■URL:www.koritsu.com


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-09 06:21:59

米軍装備に中国の偽部品

テーマ:情報漏えい対策

昨日、こんなニュースが報道されました。


-----------------------------------------------------------------------------


さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-米軍装備に中国の偽部品


米上院軍事委員会のレビン委員長(民主)、マケイン筆頭理事(共和)は7日、連邦議会で記者会見し、米軍が導入した装備から少なくとも100万個の偽の電子部品が見つかり、その大半が中国製だったとする同委の調査結果を発表した。

偽部品が発見されたのは、ミサイル防衛(MD)システムの一つである戦域高高度地域防衛(THAAD)ミサイルや対潜ヘリコプター、輸送機に搭載されたコンピューター機器などで計1800件。

レビン氏によると、これらの偽電子部品の流通経路をたどったところ、7割の製造元が中国企業だった。一部は、廃棄物から取り出した部品を新品に見せかけ販売したとみられるという。

同氏は判明したケースについて「氷山の一角にすぎない」と指摘。さらに多くの偽部品が使用された可能性に言及した。 


-----------------------------------------------------------------------------


中国が模造品製造大国であることはよく知られていますが、今回のように、


廃棄物から取り出した部品を新品に見せかけ販売


しているケースが多く、このことは情報漏えいリスクを抱えています。



「知らないうちに海外で模造品の材料に使われていた」


数年前、弊社へお越しくださったあるゲーム機メーカーの担当者様から伺った言葉です。


日本では商品管理が厳しく、製品としての機能は果たしても、例えば外装に少し傷が入ったものは不良品として処分する傾向があります。つまり、「中身としては問題ない状態のものを廃棄せざるを得ない」というケースが、製造メーカーにはあるのです。


このゲーム機メーカーは、これら不良品を信頼のおける産廃業者へ廃棄を依頼していたにも関わらず、結果としてこれらが中国へ流れ、あろうことか内部の基板を取り出されてそのまま模造品に使われていた、ということです。


つまり外見は偽者ですが、機能は本物ということです。


これが本物よりもはるかに安い価格で売られるのですから、メーカーとしては相当な販売機会の損失です。


「廃棄したはずの試作品が出回ったことがある」


これも数年前、携帯電話製造メーカーの担当者様から伺った言葉です。


試作品は企業ノウハウの結集体であり、存在そのものが機密情報です。


これが発売前に漏えいするということは、企業として致命的です。



今、都市鉱山リサイクルが盛んになっています。

この流れで、少しでも高く売れる場所へ、ということで、中国へ輸出されるケースが増加しています。

中国できちんとリサイクル(金、銀、銅などの回収)されれば良いのですが、実態は残念なことに上記のとおり「模倣」や「偽造」に流用されているのがほとんどです。


この廃棄からリサイクルの複雑な工程を一企業の努力で根絶することは困難です。


そのため、万が一中国へ流れたとしても、模倣や偽造による被害を受けないようにするために、


廃棄前に必ず原形をとどめない状態に物理破壊する


ことが大切です。


ある大手電気メーカーでは、情報セキュリティ基準には、廃棄手順のルールについて以下のように記されています。


デザイン情報等が化体している物は破壊して、情報がわからないようにしてください。


しかしながら、言うは簡単ですが、例えばゲーム機や携帯電話などを、「情報(原形)が分からないように破壊する」ことは、事実上困難です。今だに多くの企業が、手作業で労力と時間をかけて破壊されていると聞きます。


紙をシュレッダーにかけるような感覚で、簡単に破壊ができれば良いのですが・・・。



さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)


さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-マイティセキュリティ

そうなんです。


当社のマルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティシリーズ は、このような試作品や不良品の物理破壊に多く使用されています。


例えば、家庭用電源仕様(単相100V)のコンパクト機種「MS-Z5」 では、メディアシュレッダーの類として国内史上はじめてハードディスクや携帯電話の物理破壊を可能にしました。



さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)


さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)



試作品や不良品の物理破壊は、ぜひ当社へご相談ください。



-----------------------------------------------------------------------------


【本件に関するお問い合わせは】



粉砕機実績50年超 常識外れの粉砕機メーカー


さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-晃立工業ロゴ
〒708-1117 岡山県津山市草加部1147


■お電話:0868-29-7057(代表)

(受付時間:8:30~17:15 ※土・日・祝日を除く平日)


■FAX:0868-29-7055


■メール:office@koritsu.com


■URL:www.koritsu.com




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-04 17:57:40

カタログ秘話 ザンテツケン!?

テーマ:福緒廣鵡のほっとな生活

ハードディスクをも粉々に粉砕するマルチメディアクラッシャーマィティセキュリティシリーズ ですが、商売柄外国の方に商品の説明をしなければならない場合があります。



さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-マルチメディアクラッシャー


これがなかなか難しいのです。



まずは論より証拠。

破砕デモをするわけですが結果を目のあたりにして(日本の方もそうですが)、あのコンパクトな機械でどうして金属をも断ち切ることが出来るのか不思議に思われるわけです。



そこが、


シュレッダー(Shredder)裁断ではない

マルチメディア.クラッシャー(Crusher)粉々に粉砕



という所以でもあるのです。



ある時、ある外国の方に説明しておりましたが、(通訳つきですよ。もちろん)

「刃(ハンマー)はどんな材質を使っているのか。」



という質問に真正面からお答えすることは難しいのです。


マルチメディアクラッシャーには、半世紀に及ぶ破砕機造りで培った弊社の技術が込められています。


その中でハンマーが重要な役割を果たしているのは間違いありませんが、企業防衛上詳しくは語れないところがあります。

いきおい説明は抽象的にならざるを得ません。



「金属ですよね。」

念を押されたのは訳があります。弊社はセラミックハンマーも作っています。衝撃式破砕機にセラミックを取り入れたのは日本では初めてですが、これはまた別の機会にお話しします。



「金属です。金属は硬くすればもろくなり、折れてしまいます。


粘りを持たせると柔らかくなり曲がってしまいます。


折れることなく、曲がることない硬さとしなやかさをもつ、それは日本刀にも通じるものがあります。」



なんだか禅問答みたいですね、、、。



通訳さんがどのように訳したかわかりませんが、



oh!ザン、、、ンね」



「えっ。」これは通訳さん



「えっ。」これは私



そこでそばにいた弊社の若い社員私より若いという意味ですよ)が、私にそっと



「もしかしてザンテツケンと言っているのではないでしょうか。」



「何?」



「ルパン三世の石川五右衛門が持っている剣ですよ。あの斬鉄剣。」



そこでやっと理解できました。


外国語ではなく日本語だったわけです。


世界に誇る日本のアニメとは聞いておりましたが、脱帽です。



すんなりと受け入れられました。


それ以来、わが社のマィティセキュリティのカタログには侍のシルエットが描かれています。


説明には便利とディラ―にも好評です。



さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)

-----------------------------------------------------------------------------


粉砕機実績50年超 常識外れの粉砕機メーカー


さんらいとの冒険(晃立工業オフィシャルブログ)-晃立工業ロゴ
〒708-1117 岡山県津山市草加部1147

■お電話:0868-29-7057(代表)

(受付時間:8:30~17:15 ※土・日・祝日を除く平日)


■FAX:0868-29-7055


■メール:office@koritsu.com


■URL:www.koritsu.com

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)