2007-10-30 00:36:37

塞翁が馬?

テーマ:ブログ

お久しぶりのしろいぬですこんばんは。


今、手が荒れてボロボロです。


手の角質が薄いので、あらゆる外的刺激にむちゃくちゃ弱いんです。
特に乾燥は大敵!!!
お盆を過ぎたころから手がの皮が突っ張るようになってきます。
歩く湿度計。
手の皮に小さい秋を見つけます。(T-T)


さて、、
今、特に手が荒れているのは、代理主婦もしているから。
主婦湿疹ならぬ代理主婦湿疹発症。(T-T)


その小さな水泡が割れてつながり、ぱっくりと大きなあかぎれ。
グランドキャニオンかアフリカの大地溝帯かっ!!
わたしの手から人類が誕生するのかっ!!
ε≡Ξ≡Ξヽ@(o・ェ・)@ノ ウッキ~♪


さて、
なんで上げ膳据え膳女がおさんどん女になったか・・・


実は母が入院しているんです。
手術もしたんです。
おかげさまで無事に回復しています。


さてその母。
手術後、数日経って言うことに、
手術が終わって直ぐ、麻酔で朦朧とする中、自分の手を触るのが


「○○子の手じゃって分ったわ。」





「タワシみたいじゃから。」



さすが容赦ないしろいぬの母。(笑)


兄がワタシのタワシにちょっと嫉妬シタワ。




「塞翁が馬」についてはこちら


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007-10-15 01:42:35

土日のおやつ

テーマ:ブログ

中年太りを体感中のしろいぬです、こんばんは。




栗きんとん

栗きんとん



ごま大福

ごま大福



きんつば

きんつば



美味しかった。


この他にも食べたんですがね。。
(無印良品のお煎餅とバームクーヘンとメープルクッキーと、、それからそれから・・・)


腹部の充実、および後ろ乳の巨乳化は「中年」とか・・・それ以前の問題だと思われます。



( ̄(エ) ̄):「ダンナ、、ものには程度というものが・・・」


∪・ω・∪:「久しぶりに出てきてなにさ」


∪・ω・∪:「あ、そーいえばさ、、、最近発見したことがあるの」


( ̄(エ) ̄):「?」


∪・ω・∪:「『印象』と『印度象』と『象印賞』って似てるよねぇ。。」


( ̄(エ) ̄):「その『象印賞』って、なんすか?」


∪・ω・∪:「ヒント『玉置宏』」


( ̄(エ) ̄):「『玉木宏』の間違いじゃないんすか?」


∪・ω・∪:「ちがうの『たまき』 『お』がついてるの」


( ̄(エ) ̄):「エー!! 人間じゃないんすかぁ!!!」


Uー'`ー;U:「・・・」




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-10-14 02:22:37

雨過天青雲破処

テーマ:ブログ

左右非対称の美は日本を代表する美意識だと思うし、大好き♪


けれども、この頃限りなく左右対称で端正な白磁や青磁に惹かれます。


以前は野趣溢れるもの、ゆがんだものが好きだったのになぁ。。


やっぱり歳のせい??


先週のNHK美の壺 は「青磁」。


その中で興味深い言葉を学びました。


おお!! この言葉気に入った!! 


と思って憶えたつもりだったのに。。。


忘れてしまったのでHP で調べることに。


そうそう


「雨過天青雲破処(うかてんせいくもやぶれるところ)」


それそれ!!!


青磁の理想の「青」について


十世紀、中国の皇帝・柴栄(さいえい)は言いました。


『「雨過天青雲破処」の器を持ち来たれ』


「雨過天青雲破処」とは


「雨の過ぎ去った後の雲の切れ間から見える空の青」のこと。


ほんと気持ちいい色よね~~。


わたしは子どものころ台風の目に入ったことがあります。


ついさっきまで、風雨が吹き荒れていたのに
その目に入ったとたん、
綺麗な青空が広がり、鳥がチュンチュンいわんばかりの快晴。


それ、その色なのね~。


台風でなくても、雨の後の空は本当に綺麗。
雲も真っ白。
その雲の白があってこそ、青も綺麗なのよねぇ~。



上手く言ったもんだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-10-07 23:16:46

激流中国

テーマ:ブログ

もう何度かあったNHKスペシャル「激流中国」。
この番組はいつも刺激的。
毎回、見始めると目がはなせなくなってしまう。
そして、胃が苦るというか胸が苦るというか。。。


わたしが見て、いつも嫌な人(や組織)の方へ富や権力が集まる。
悪びれていないのも不思議。
それとも、、編集でヒールが作り上げられているのかしら?
そう考えると気の毒な気もするけれど、
はなから、わたしと「悪」や「恥」の感覚が違うんだと思う。


今日は「チベット 聖地に富を求めて」。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/071007.html


豊かな日本人よ。
チベットに行っても、せめて古い仏像は買わずに帰って欲しい。


そして中国の大人(たいじん)よ。
しっかりしてくださーーーい!!!





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-10-07 20:00:34

いかんな月

テーマ:ブログ

神無月

なのかよーか

ここのかと




お誕生日おめでとうございます ケーキ



7日 某氏

8日 吉井和哉さん、大河内透(田口浩正)さん、ウエンツくん

9日 Mr.ジョン・レノン


・・・


セットで憶えてるから、忘れないじゃないか。。





                     





イーハトーブで


そんな日、友人に誘われてお茶してきました。美味しかった♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-10-03 22:07:47

火曜の夜

テーマ:ブログ

火曜の夜、毎週楽しみにしていた「サラリーマンNEO」が終わってしまい、隔週楽しみにしていた「爆笑問題のニッポンの教養」 が始まった。

サラリーマンNEOほど欠かさず見ていたわけではないけれど、というか隔週だったので見るのをたまに忘れたんだけど。


昨日は
FILE011:「生物が生物である理由(わけ)」
というタイトルで、分子生物学者・福岡伸一青山学院大学教授と(爆笑問題)の対話。


見ているうちにこの先生のお話は少し聞いたことがあるのを思い出した。
たぶん、「視点・論点」。


昔の科学者で何とか言う人がマウスの実験で、食べ物の分子が体の色々な部位の分子と入れ替わることを発見したという。。。
そのことに驚いて、憶えていたのだ。
逆に、それくらいインパクトがないと憶えていない。(というくらいのボケっぷり (  ̄_ ̄))


昨日、ちょうどドリカムの吉田美和さんのご主人の訃報に接して、「胚細胞腫瘍」が

「主に女性は卵巣、男性は精巣から発症するが、胎児期に胚細胞が組織にまぎれこむことにより、頭、胸、おなか、お尻などから発症することもあるという。」http://news.ameba.jp/2007/10/7497.php

という記事も読んでいて、全く関係ないのかもしれないけれど、妙に頭の中で繋がってしまった。


福岡先生がおっしゃるには、地球の分子の数は限られていて、それが常に循環しているという。
今日のわたしは明日のあなたかもしれない。
人間じゃないかもしれない。
漂っているかもしれない。


「諸行無常」
「万物は流転する」
昔から言われてきたことだ。


福岡先生は「『文体』の問題」だという。
科学者は結局は同じことを違う文体で表現しているだけで、
科学とは新しい文体を見つけることらしい。


なんとなく納得した。
真理は変わらないのだから。
そして、「時」があるかぎり、あらゆるものが二度とないのだから。


哲学の究極は



「しかたない」


なのかな。(笑)


・・・


やはり、科学者にこそ感性が必要なのだと思ったのでした。


なんか、支離滅裂。(わたしの中では繋がってるんだけど。笑)


どーも、わたしは科学の新しい文体どころか、普通の日本語の文体も使いこなせないらしい。。(;´д`)トホホ



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。