2017年05月28日

「営業」を誤解していませんか?

テーマ:個人的な考え

 

優れた商品、サービスを用意すること。

 

商品、サービスを必要としている人に

必要な情報を伝えること。

 

大雑把に言ってしまえば、

ビジネスで成功するのに必要なことは

この2つだけです。

 

 

商売がうまく行っていない場合、

どちらか一方だけしか

頭にないケースが多いですね。

 

「良い物を作れば売れる」

と自己満足的なこだわりのある

職人タイプのケースもあれば、

「売れない商品を売るのが営業だ」

と根性営業を強制するような

ケースもあります。

 

どちらも問題はあるのですが、

個人的には、後者のタイプのほうが

より悪質な印象を持っています。

 

 

 

そもそも、「営業」というものを

勘違いしている人が多いです。

 

「足で売る」とか、

「100回断られても、

根性で通い続けろ」とか、

「断られてからがスタートだ」とか、

迷惑な飛び込み営業とか、

電話セールスとか、

頭を下げてお願いするとか、

相手を持ち上げて接待するとか、

「イエスと言わせるトーク技術」とか、

「応酬話法」とか、

 

こんなものはマトモな営業ではありません。

 

何より、大多数の相手にとって

ただ迷惑なだけでしょう。

 

正直、私自身は、

このような営業をする会社とは

お付き合いしたくありません。

 

 

 

最初に書いていたように、

「営業」の本来の目的は、

商品、サービスを必要としている人に

必要な情報を伝えることです。

 

その商品を必要としていない人を

無理矢理説得して売りつけるのは

営業とは言えません。

 

ただの迷惑行為です。

 

何度も何度も足を運んで

根性を認めてもらうことも、

商品やサービスとは

何の関係もないことです。

 

エスキモーに氷を売るような営業を

自慢する人もいますが、

氷を売るならば、常夏の国の方が、

喜ぶ人も多いですよね。(笑)

 

そして、応酬話法などの

強引に説得する技術がなくとも、

簡単に売れてゆくのです。

 

そう、営業というのは、

相手を説得するものではなく、

頭を下げてお願いするものでもなく、

ましてや屈服させたりとか、

根性を示すものでもなく、

相手が必要としているものを

提供するだけなのです。

 

それを勘違いしているから、

営業にストレスを感じたり、

取引先の言いなりになって

不当な扱いを受けたり

することになってしまうのです。

 

 

 

自社の商品やサービスを

必要としている人はどこにいるのか、

自社の商品やサービスによって、

どれだけ相手に貢献できるのか、

どれだけ満足してもらえるのか、

 

このような考えをしていれば、

先ほど書いていたような

おかしな営業活動をするなど

考えられないでしょう。

 

そう、当たり前のことを

当たり前にするだけなのです。

 

そして、相手に喜んでもらうことが

営業の基本なのですから、

そのスタイルで営業活動していれば、

余計なストレスも軽減でき、

自信を持って仕事に打ち込むことが

出来るのと思いますよ。

 

 

 

P.S

 

「相手に喜んでもらうこと」

これこそがビジネスの基本であり、

人間関係の基本でもありますね。

 

営業に限った話ではないので、

営業職以外の人も、

この姿勢が大切ですね。

 

 

 

 

(※注:この記事は、過去のメルマガに掲載していた内容です)

 

  >> CMBトレード塾講師陣による無料メール講座はこちら♪

 

 

 

 

 

>>> サラリーマンが収入を増やすには

 

>>> 真面目に株式投資

 

>>> ローリスクでハイリターンの投資!?

 

>>> 麻雀必勝法!?

 

>>> 成功者の考え方

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ミスターF(株式投資)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD







  • seo

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。