2015年11月02日

国境が無くなる?!

テーマ:個人的な考え
 
「あと数十年くらいで国境は無くなると思う」
 
オフ会とかで、このような話をすると、
たいてい「何言ってんだこいつ?」
のような反応をされます。(笑)


このような話は、
何年も前からしていたのですが、
最近になってますます
現実味が出てきたように思えます。


以前は「私が生きているうちには」
のような言い方をしていたのですが、
数十年どころか、もしかしたら、
10年以内に大きな変化が
起こる可能性すら感じられます。




「そんな事ありえない!!」

と反論する人が、
おそらく大多数でしょう。

しかし、よく考えてみてください。


わずか100年くらい前、
江戸時代の頃は、
今のような統治体制ではなく、
藩という単位で、
政治が行われていたのです。


この「藩」というのは、
今の都道府県のようなものではなく、
もはや国と言えるでしょう。


国境とも言える関所が
各地に設けられていて、
通行証がなければ、
藩の外へ出ることすら
出来ませんでした。


その時代の人間の大多数は、
一度も藩の外に出ること無く、
一生を終えていたわけです。


おそらく、藩の外の世界を
知っている人間さえも
ほとんどいなかったでしょう。





それが明治維新をきっかけに、
関所が無くなり、
好きな時に好きな場所に
移動できるようになり、
習慣や生活環境や文化などが
大きく異なる人達が
交流するようになりました。


そう、つまり、国境が無くなり、
いくつもの国が一つになったと
同様のことが、100年ほど前の日本で
実際に起こっているのです。


正直言って、当時の出来事よりも、
今の国境が無くなることの方が
ハードルが低いと思えませんか?




おそらく、当時の人達も、
藩が無くなるとか、
関所が無くなるなど
絶対にあり得ない
と考えていたことでしょう。


しかも、今の国というのは、
当時の藩よりも、
はるかにユルいのです。


ごく普通の人でも、
自由に外国に行き来していますし、
海外からも数多くの外国人が
普通に日本を訪れています。


むしろ、外国人を目にしたことが
全くない人なんて、
ほとんどいないでしょう。


海外に一度も行ったことがない人でも、
テレビや写真などから、
ある程度、外国の事は知っていますし、
それぞれの国の文化や習慣なども
多少は理解しています。


こんなことは、江戸時代の藩では、
到底考えられなかったはずです。


おそらく、隣の藩のことすら、
まったく想像できなかでしょう。





また、距離やつながりの面でも、
当時の藩よりも、
今の国のほうがはるかに近いです。


当時の「江戸~京都」よりも、
今の「日本~アメリカ」の方が
はるかに近いのですから。


なにしろ、当時の「江戸~京都」は、
徒歩しか移動手段がなかったので、
片道で数日はかかりました。


今の「日本~アメリカ」は、
飛行機に乗れば10時間くらいで
到着しますよね。


しかも、インターネットや電話を使って、
日本にいながらアメリカの人と、
リアルタイムで話し合いをすることすら
普通に行われています。





つまり、今の国同士の関係よりも、
はるかに困難なハードルを
100年も前に乗り越えているのですから、
国境が無くなることなど、
それに比べれば、
はるかに簡単だと思えませんか?


そして、国境など無くなったほうが、
多くの人にとって、
より豊かに、より便利に、
より快適な世界となるでしょう。


もはや、国という体制自体が、
限界に近づいているようにも思えます。


このように時代の流れが大きく変わるのを
目の当たりにできるが楽しみです。




P.S

時代が劇的に変わったとしても、
決して変わらないこともあります。

「人のために貢献すること」

これさえ心がけていれば、
どのような時代であっても、
活躍できることでしょう。




(※注:この記事は、過去のメルマガに掲載していた内容です)

  >> 最新情報はメルマガで配信しています♪




 
>>> サラリーマンが収入を増やすには

>>> 会社組織を強くする仕組み

>>> 真面目に株式投資

>>> ローリスクでハイリターンの投資!?

>>> 麻雀必勝法!?

>>> 成功者の考え方


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ミスターF(株式投資)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD







  • seo

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。