2015年10月17日

これだけでお店の売上アップ!?

テーマ:個人的な考え


コンビニの雑誌コーナーでは、
立ち読みが可能な店舗と
そうでない店舗がありますよね。


セブンイレブンやローソン、ファミリーマート、
どの系列店であっても、
立ち読みできるお店とできないお店があるので、
これは会社の統一方針ではなく、
各店舗のオーナーの判断なのでしょう。


もし、私がコンビニのオーナーだったら、
立ち読み不可というのは考えられません。


どうして、立ち読み不可にしているお店が
こんなに多いのでしょうか?


確かに、立ち読み可能ならば、
多くの人が立ち読みすることにより、
雑誌が汚くなってしまったり、
雑誌が売れにくくなるかもしれません。


ただ、雑誌コーナーの存在は、
ただ雑誌を販売するだけではなく、
集客という意味も大きいのでは
ないでしょうか。




ちなみに、私はよくコンビニで
漫画雑誌の立ち読みをします。(笑)


なにしろ、漫画雑誌には、
1つか2つくらいしか
読みたいマンガがないので、
それだけのために毎週買う気が
おこらないんですよね。


せいぜい5分くらい立ち読みすれば
読み終えてしまいますので。


ただ、毎回立ち読みだけだと、
お店にも申し訳ないので、
立ち読みを終えた後には、
かならず飲み物とか弁当とか、
何かしら買い物をして帰ります。

こういう人は多くないですか?


すなわち、雑誌は売れなくとも、
店の売り上げにはつながっている訳です。




まあ、繁華街のコンビニだったら、
立ち読み不可にしていても、
多くの来店があるでしょうが、
そうでない地域の場合は、
雑誌コーナーの立ち読みが
できるかどうかで、
客数に大きな差が出るはずです。


少なくとも、
自宅の近所のコンビニを見る限り、
雑誌の立ち読みが出来ない店舗には、
常にお客さんが少ない印象があります。


私自身も、
雑誌の立ち読みができないコンビニには
ほとんど足を運ばないですし。





また、立ち読みが出来る店舗では
雑誌が売れないという意見にも
あまり賛同できません。


確かに多くの人が立ち読みした雑誌は、
汚くなって嫌がられるでしょうが、
立ち読み用の雑誌と、
販売用の雑誌に分ければ、
問題解決ですよね。


つまり、それぞれ雑誌ごとに、
1~2冊ずつだけを立ち読み用にして、
それ以外の雑誌はすべて、
袋に入れるなりしておけば、
誰も立ち読みしていない新品を
買うことができる訳です。


むしろ、このような形のほうが、
雑誌が売れやすいと思いませんか?


最初は立ち読みのつもりでも、
「この読み切りは面白い」
「友達にも読ませたい」
「家でじっくり読みたい」
「グラビア良かったので保存用に」
などの理由から、
購入につながる可能性もあるでしょう。


むしろ、これまですべて立ち読み可能
としていたコンビニでも
一部だけを立ち読み可能にした方が、
雑誌も売れやすくなるので
メリットがあると思えます。





それにしても、ほとんどのコンビニでは、
すべての雑誌が立ち読み可能か、
すべての雑誌が立ち読み不可能と、
両極端になっているのが不思議です。


どうして、一部だけを立ち読み可能にする
店舗が出てこないのでしょうか。


これだけで、コンビニの来店数が
大きく変わると思うのですが。


そして、来客数が増えてくれば、
立ち読み目的の人の中にも、
何かしら買い物をする人達が
一定数は存在するはずですから、
売上アップにつながることでしょう。




P.S

今回はコンビニのケースでしたが、
日頃から「もっとこうすれば良いのに」
と思うことがいろいろあります。

このように考える習慣を持つことは、
ビジネス感覚を磨くのにも役立ちますよ♪





(※注:この記事は、過去のメルマガに掲載していた内容です)

  >> 最新情報はメルマガで配信しています♪




 
>>> サラリーマンが収入を増やすには

>>> 会社組織を強くする仕組み

>>> 真面目に株式投資

>>> ローリスクでハイリターンの投資!?

>>> 麻雀必勝法!?

>>> 成功者の考え方



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ミスターF(株式投資)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD







  • seo

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。