2015年01月08日

すべてをフルオープンに

テーマ:会社組織を強くする仕組み

私の提案している評価制度には、
ひとつの特徴があります。


それは、「フルオープン」です。


そう、社内の出来事のほとんどを、
全社員が共有することになるのです。


会社の売り上げや利益はもちろん、
個別の経費や、全従業員それぞれの
ボーナス支給額や評価まで、
すべてフルオープンなのです。





社長や特定の人間だけが、
個人的な目的で会社の経費を
使うことは出来ません。


経費に関しては、
毎日、誰が何に使ったのか、
すべて記録に残り、
その情報は社内の全従業員が
自由にアクセスできるのです。


怪しげな経費の記録があれば、
社内の誰かから、
すぐに指摘が入ることでしょう。


このような仕組みは
従業員の不正を防ぐためにも
大いに有効です。


一部の経理スタッフや社長が、
毎日厳しくチェックする労力からも
開放されるので一石二鳥ですね。





オーナー社長の場合は、
会社の経費をまるで自分の財布のように
好き勝手に使う人もいますが、
そのような会社では、
会社が大きく発展することが
難しいんですよね。


まあ、自分の会社だから、
自分の好きなようにやりたい、
と考える気持ちも理解できますが、
そんな社長の姿勢は、
どうしても他の従業員に
影響してしまいます。


もちろん、大きく成長することだけが
会社経営のすべてではないので、
自分のやりたいようにやることを
何よりも優先するという姿勢は、
必ずしも間違いとは言い切れません。


ただ、そのような会社では、
従業員の満足度も上がりにくく、
結果として、非効率な経営となり、
無駄な労力ばかりが増えて、
ストレスも溜まりやすくなります。


その点、すべてをフルオープンにすれば、
自分の好き勝手に経費を使うのは
難しくなりますが、
それを大きく上回るメリットが
あるのです。





なにしろ、毎日全社員が経費の状況を
チェックし続けているので、
不正が起こりにくくなるだけでなく、
管理の手間やコストも減らせます。


ボーナス支給額の評価に関しても
そうです。


これまでメルマガで説明した仕組みにより、
ほぼ自動的に全社員の評価がきまりますので、
社長や管理職にとっては、
部下を評価するストレスから
開放されることになります。


この効果は大きいですよ。





会社の財務状況や全社員の給料など
すべてフルオープンにすることで、
会社の業績への関心を高めたり、
チェック体制を強化する効果があるのです。


また、すべての従業員を信頼し、
不正やごまかしは一切しないという
メッセージにもなります。


こうしたフルオープンの姿勢は、
評価制度以外にも、
大きな影響をおよぼすことでしょう。


オーナー社長にとっては、
自由に経費が使えないという
デメリットがあったとしても、
社内環境を良くして、
全従業員のモチベーションや
モラルを高めることで、
会社が大きく成長すれば、
自然と社長が受け取る役員報酬も
増えてくるので、長い目で見れば、
そちらの方がメリットが大きいのです。




P.S

なんとなく、お気づきかもしれませんが、
この評価制度は、フルオープンが大前提です。

社内の財務状況などを非公開のままでは、
この評価制度を運用できません。

逆に言えば、フルオープンにすることで、
かなり大きな効果が出てくるのです。





(※注:この記事は、過去のメルマガに掲載していた内容です)

  >> 最新情報はメルマガで配信しています♪




 
>>> サラリーマンが収入を増やすには

>>> 真面目に株式投資

>>> ローリスクでハイリターンの投資!?

>>> 麻雀必勝法!?

>>> 成功者の考え方

>>> 飲食店を経営するなら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ミスターF(株式投資)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD







  • seo

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。