2014年11月13日

労使の対立を無くすために

テーマ:会社組織を強くする仕組み

どうして、労使の対立なんて起こるのか?


そして、
それを防ぐのはどうすれば良いのか?


私の考えはシンプルです。


以下の2つを徹底するだけで、
これらの問題はほぼ解決するでしょう。





経営者と従業員との意思疎通を
しっかりとすること。

業績に連動した報酬体系で、
明確な評価制度にすること。



この2つです。






経営者と従業員と間で、
大きく考えが異なってしまうのは、
両者のコミュニケーション不足が、
大きな原因でしょう。


相互理解が不十分なのです。


私は、かつて何度も転職を繰り返し、
いくつもの会社で働いたことがありますが、
サラリーマン時代に社長と直接
話をしたことは、ほとんどありませんでした。


せいぜい、挨拶程度です。


大手企業に勤めていた時など、
社長に会ったことすら、
一度もありませんでしたから。(笑)





おそらく、大きな会社に勤めている人ほど、
社長と直接会って話をしたことが
ほとんどない人が多いと思います。


社長に一度も合うこともなく
退職する人も多いでしょうね。


こんな状況で、
お互いのことを理解できると思えますか?


相手が何を考えているのか
よく理解できていないから
お互いに疑心暗鬼になったり、
対立したりするのです。






また、相手の立場のことや
いま現在、何に取り組んでいて、
どのような状況なのかを
きちんと把握できていないから、
相手の望んでいることや
求めているものが分からず、
お互いに不信感が出てしまったりします。


相手の話を積極的に聞く姿勢で
きちんと会って話をするだけでも、
かなりの問題が解決するはずです。


社長と従業員との間に
大きな距離があることが問題ですね。


社員が数十人程度の規模ならば、
社員一人ひとりと、
直接あって話をすることは
十分可能なはずです。


さすがに、毎日は厳しいでしょうが、
月に1回、もしくは3ヶ月に1回くらいは、
社長と社員が直接話し合える機会を
持つべきでしょう。


1対1で話ができるのが理想ですが、
それが難しかったとしても、
3~4人くらいで社長を囲んで
食事をする機会とか欲しいですね。





ただ、さすがに社員数が100人以上だと、
全社員を対象に1対1で話し合える場を
定期的に設けるのは難しいかもしれません。


特に、社員数が1000人を超えるような
大企業の場合は、不可能に近いでしょう。


しかし、そのような場合でも、
社長が全社員とコミュニケーションを取る方法が
いくらでも考えられます。



少々長くなりましたので、
それに関しては、また次回のメルマガで。





P.S

これは労使の関係だけでなく、
人間関係や外交関係などでも
同様のことが言えるでしょうね。

相手のことをよく知らなかったり、
お互いの理解が不十分だから
対立したり敵対したりするのです。

相手の考えや立場を理解し、
自分と相手がWin-Winになれる方法を
お互いに考えられるようになれば、
余計な争いは無くなるでしょう。




(※注:この記事は、過去のメルマガに掲載していた内容です)

  >> 最新情報はメルマガで配信しています♪




 
>>> サラリーマンが収入を増やすには

>>> 真面目に株式投資

>>> ローリスクでハイリターンの投資!?

>>> 麻雀必勝法!?

>>> 成功者の考え方

>>> 飲食店を経営するなら





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ミスターF(株式投資)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD







  • seo

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。