2013年11月09日

「お客さん」という視点(その2)

テーマ:個人的な考え
 
「お客さん」という視点が必要なのは
経営者だけではありません。



むしろ、サラリーマンやアルバイトの方が、
このような考え方が必要になってきます。




まあ、最低限の給料さえ貰えたら良い、
別に年収が増えなくても構わない、
などと考えているのであれば、
このような視点は必要ないかもしれません。


言われた通りのことをやっていれば、
最低限の報酬は得られるでしょうから。





ただ、このような考え方では、
いまは特に問題がなかったとしても、
近い将来、会社から必要とされなくなり、
その最低限の報酬すら
厳しくなってくるかもしれませんが。






特に、サラリーマンやアルバイトの場合、
社長や上司の方ばかりを見て、
仕事をしている人が多いように感じられます。



つまり、
「お客さん」を見ていないんですよね。






あなたの給料が、
どこから来ているのか考えてみて下さい。





会社や上司ではありませんよね。


もちろん、天からお金が
降ってくる訳でもありません。(笑)




「お客さん」が払ってくれたお金が、
あなたの給料の源泉となるのです。





そのため、お客さんの数が増えたり、
お客さんが払ってくれる金額が増えるほど、
給料の源泉となるお金も増えるので、
従業員への給料が増えることにも
つながってくるのです。


もちろん、それに大きく貢献した人ほど、
それに見合った報酬が得られることでしょう。







サラリーマンやアルバイトの多くは、
お客さんと接する機会が多かったり、
お客さんの反応をリアルに実感できる立場に
いるのではないでしょうか。



そういう意味では、
お客さんが何を求めているのか、
お客さんが本当に満足しているのか、
さらに喜んでもらうためには、
何をすれば良いのか、
などを最も理解していなければならない
存在だと言えるでしょう。






会社によっては、社長や上司が
ほとんど現場に出ることがなく、
お客さんのことを理解できていない
というケースも少なくありません。



そのような会社の場合、
社長や上司からの指示が、
お客さんの要望とズレているケースも
大いにありえるでしょう。








上司からの指示とお客さんの要望、
どちらを重視するべきでしょうか?




何も考えずに仕事をしている人ならば、
ただ上司からの指示に従ってしまう
可能性が高いでしょうね。




そのような仕事の姿勢ならば、
一時的には上司からの評価も得られ、
何も問題ないと感じられるかもしれません。



しかし、長期的に見れば、
次第にお客さんが離れてゆくことになるでしょうから、
結果として、会社の利益が減ってゆくこととなり、
リストラや給与カットなどの厳しい状況に
つながることでしょう。







あなたは、会社の上司とお客さん、
どちらの方を見て仕事をしていますか?





もし、会社や上司の方ばかりを見て
仕事をしているようならば、
その姿勢を改めた方が良いですよ♪






P.S

すべてのサラリーマンやアルバイトが、
きちんとお客さんの方を見て仕事をしていれば、
会社の業績が悪化するはずがありません。

もちろん、すべての従業員が
お客さんの方を向いて仕事をするように
意識改革できなかった経営者の責任も
大きいでしょうが。





(※注:この記事は、過去のメルマガに掲載していた内容です)

  >> 最新情報はメルマガで配信しています♪





 



>>> サラリーマンが収入を増やすには

>>> ローリスクでハイリターンの投資!?

>>> 麻雀必勝法!?

>>> 成功者の考え方

>>> 飲食店を経営するなら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD







  • seo

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。