薄給リーマン一家の豊かな毎日・・・子連れホームレスからの再起

人生何が起きるかわからない、身内に翻弄されて子連れホームレスになった薄給リーマン一家の自力再生と今。


テーマ:
 
いつぞやのミニストップで食べたやつ~。
 
{414E260D-BE14-461B-A509-7F2A0E21E3BC}
 
ちゃんといちごで驚いた。
 
たいていこういうのっていちごジャムみたいなね、
写真はイメージです。。。ってなもんが多いけど、
ミニストップのはちゃんと写真通りなのね。
 
でもさ、数年前にソフトクリームがリニューアルして
あんまり美味しくなくなっちゃったのが残念。
 
 
さて、先週から夫実家の騒動で、ストレスなのか、
しつこい頭痛に悩まされている。
 
鎮痛剤を飲まないと何もできない状態。
 
ストレス状態に変わりはなくとも、
三十数年分の思いのほんの一部だけど、
初めて吐き出すことも出来た。
 
私たちが突然生活の場を奪われ、
ホームレス生活を強いられたことを、
義父は自分の身に降りかかったことではないので、
なんとも思ってなかったのよね。
 
小さな息子を連れて、
昼間は海で一日を過ごし、夜は車で寝泊まりをして、
財布の中に50円しかなく、スナック菓子を一袋買い息子に与え、
私たちは空腹のまま、海水浴場の水道水で喉を潤して過ごしていたこと、
 
どん底の生活の中で歯を食いしばって耐えてきたこと、
 
涙することなく、怒ることもなく、冷静に、
「私たちがどれだけ、情けない惨めな思いをして
苦労したと思ってるんですか?」と、
 
 
今まで何事もなかったように、恨み節のひとつも言ったことのなかった私がキッパリと言ったので夫はとても驚いていた。
 
 
私たちをどん底に突き落とすことで、
自らの保身に回った義父母、
 
今、そのツケが来ているのだけれど、
そのことにさえ気づいていない。
 
夫も「甘いね、その認識が甘い」
 
 
 
 
結婚して15年くらいは、
男は自分の母親の肩を持つものだと思う。
 
どんなに嫁いびりされようと嫁の味方はしてくれない。
 
 
結婚って敵地に丸腰で乗り込むようなもん。
 
今時は、右も左もマスオさん化で敵地に丸腰の嫁は少なくなったんだろうけれど。
 
男って、まさか自分の母親が嫁いびりをするなんて思いもしないから、
 
結婚間もない頃から、姑の愚痴を夫に言えば反対に我がままなこらえ性のない嫁だと思われるだけなのだ。
 
どんなにいびられようと、愚痴らず、
我慢は1年、2年じゃない、10年単位のつもりで、
 
そうすると、自然に
いびられていても愚痴も言わなかった嫁に信頼を寄せるようになる。
 
ただ、我が家の場合、
その頃になると嫁には夫の存在はもうどうでも良くなるんだけどね(笑)
 
最初から夫は聞く耳を持たないと思って居たから、
聞けない夫に聞かせようとしてイライラするだけ無駄だと思ってた。
 
 
今、ようやく夫は私の味方になろうとしているけれど、
 
私の本心は、
 
今さらかよ?って感じは否めない。
 
さて、今夜も鎮痛剤を飲んで就寝。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。