はいどーも
こっぺーです。



またサボっちまいましたw

これは札幌の寒さのせいだということにしておきましょう




はい、
ということでタイトルにも書いてあるように今回は、


宮川大輔について
です






ウソです。真面目に書きます。




なんていうか、別におもろい話できれば対人関係オールオッケーって訳では全くないんですが、

ナンパ関係だったり、合コンだったり、上司との飲み会だったりといった、全ての対人関係において




手っ取り早く人の感情を動かす
場の空気感を、グッと自分の方へ引っ張る


という意味で、おもろい話ができるということはプラスにはなるものの、マイナスになることはありません。


そして、そのおもろい話を聞き手に余すことなく120パーセント伝えるためには、まず聞き手に話にのめり込んでもらわなきゃいけない。
ここが一番大事です。





で、個人的にそれがめちゃくちゃうまいなーと思うのが宮川大輔さんなんですよね。

{3B226A27-B15F-401F-B047-A31433088420}

顔がすでにおもろいという説もありますがw


それはさておき、
彼のすべらない話がめちゃくちゃ大好きでYouTubeで観まくってるんですが、
聞いてると、とにかく話に入り込んでしまうんですよね。



ほんで、彼の全ての話に共通して言えることは
他の出演者と比べて

話にめちゃめちゃ臨場感がある

ということ。


つまり、話の内容を聞き手がイメージしやすいってことです。
もっと言うとその場にいるような気になってしまうくらいのイメージのしやすさです。




具体的なポイントで言うと、

・身振り手振りをつける
・擬音を使う
・登場人物の特徴や人となりを説明する
・各場面によって声のトーンを変える
・その時々の自分の感情を言語化する


かつ、これらを若干大げさにする

これが彼の話に引き込まれ、面白いと感じることにつながってきてるのではないかと。



他にも細かいところはたくさんありますが、この辺を意識し、徹底することによって聞き手に与える情報や印象はだいぶ違ってくるはずです。



そもそも、おもろい話なんてのは自分の体験談がほとんどで、
話し手がよっぽど変わった笑いのツボを持ってない限り、誰だって面白いと感じると思うんです。


だから、聞き手に自分がその場にいるような気にさせられたらそりゃ面白いよねっていう。




「この話その場にいないと面白さ伝わんねーんだよなー」

なんて台詞は、恐らく誰でも聞いたことや使ったことがあるかと思いますが、

いや、その場に連れてってあげよーや!
っていうことですね。


今回はオレの趣味でおもろい話を主題に持ってきてますが、これは他の話でも応用可能だし、商品の説明なんかにも使えます。



別に難しいことするわけじゃないし、ホントに汎用性高いので割とすぐに実践できると思います!








ということで、ここまでクドクドと分析チックな文章を書いてきましたが、
今回オレが一番伝えたかったことは、




宮川大輔がめっちゃ好きなのである

ということ。









以上です
ばーい!
























AD