モンシェリー日々徒然

ブログの説明を入力します。


テーマ:



おはようございます!



さて、引き続きの記事をUPさせていただきますね。



仁美さんのところで製作後、おしゃべりしていて夕方に

なってしまいましたので大事に抱えて帰宅する時の事です。




途中の駅から信じられないくらいの人が乗りこんで来て

朝の満員電車よりも酷い状態になってしまいました。




端に座っていたのも運悪く作品の入った紙袋を抱え直した

のですが、子供連れの女性が気になったらしく覗きこんで

いた最中に前に立っていた子供が倒れ込んできました。





その前から座りたいと言って泣き叫んでいた(どうみても小学校の高学年)

ので不安を感じていたのですが、席を譲ることもできないほど圧迫されて

いたので立ち上がれなかったのです。




とっさに紙袋を持ちあげたのですが横倒しとなってしまいました(>_<)




その後スマホで大声で待ち合わせの連絡をしたり、子供がお菓子を

食べ出すなど・・・久方ぶりに唖然としました(周りも同様でしたが)





途中駅でほぼほぼ乗客がいなくなって安堵しましたが、やはりリボンが

押しつぶされた状態になってしまいました。




手直しはここまでが精一杯でしたが、マントルピースにフィギュリン達と

並べるとお互いが素敵に引き立てあっているように思えます。





仁美さんにもピンクドレスのフィギュリンと合いますよ~と言われていて

正しくでした♪






















クリスタルの台を購入して貰うまでは、こちらのケーキドームに

飾くつもりです。





さて、マカロンタッセルは実は籠バッグにつけたかったのです。








う~ん・・・グログランリボンを巻いた上にブラックサテンのリボンを作って

つけたのですが、まったく見えないですね~???




でも折角上品なデザインで作っていただいたので、こちらはこのままで

楽しみたいと思います。





リボンケーキも新しいお家のドローイングルームに飾る予定ですので、

少し高さのあるチェストか装飾テーブルを見つけてみようと考えています。







ご訪問ありがとうございましたm(__)m

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます!



先般は新旧ブログに同じ記事をUPするというミスをして

しまいながら、訂正する時間も取れずそのままにしてしまい

ました。お目汚し失礼しました。




今日の記事も新ブログにと思ったのですが、お部屋をエレガント

に彩る素敵な物ですので、インテリア関連記事として両方同時に

更新することにしました。




さて、昨日は輸入住宅カテでのお友達でもあるAiles du diamant(エールドゥディアマン)

薔薇仁美さんのサロンでリボンケーキを作ってきました。

http://ameblo.jp/kurohanabatakeusagi/




題して【マリーアントワネット風リボンケーキ】です♪













こちらは参考画像を元に、私のイメージを仁美さんがより素敵に

提案してくださって完成した世界に一つだけのオリジナル作品です。




あまりにも素敵すぎて標章登録したいくらい(笑)





もうブッキー(不器用な人の事を言うそうです)なので、お料理以外の

お稽古事はしないつもりですが、どうしても昔ケリー様のブログで

見たリボンケーキが夢に出るほど忘れられず・・・





                     (画像は三越公式からお借りしています)





下手なりに頑張ってみました♪

辛口評価をする長女にも、非常に好評貰ってホクホクと顔が

崩れてしまいました。



それにしても美しいリボンでしょ?

(おリボンと言うのはイタイおばさんの特徴らしいです)




もう大変なことをお願いしてしまったかな~?と思ったのは、

昔カップケーキでリボン作るのが難しく上手にできなかった

からなのですが。。。




ブッキーな私でも綺麗に作れたのは、仁美さんが考え出した

作成方法のおかげです。

可愛い立体的な薔薇も、彼女オリジナルの型抜き(自作だそう)

のおかげです。





レッスンに来られる生徒様も、この薔薇での型抜きだと綺麗に

ふんわりとした薔薇ができて型を売って欲しいと言われるそうです。





ともあれ四苦八苦しながら作っている間に、彼女が素敵な作品を

作ってくれました。










余ったお花とクレイを使ってのマカロンタッセルです。




上から二番目の画像で一緒に写したペンが素敵でしたので

聞いたところ、先日クレイ本部で習ってきた作品だそう!









ラデュレのピンクリボンも付けて、まさにその世界感を現していると

思います。





こちらも近々レッスンを行うそうですので、また人気が出そうです♪





実はいただいたマカロンタッセルはリボンケーキと一緒に飾る楽しみも

あるのですが、2wayで使いたくて自宅に帰ってからDIYしてみました。





長くなりましたので、我が家での画像は②に続きます。。。






ご訪問ありがとうございましたm(__)m

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは!



思い立って8月から仕事を始めて充実した時間に満足している

日々なのですが、退社時間が蒸し暑さが残った中を帰るためか

帰宅すると暫く休まないと家事ができません。




これが年取った証拠なのでしょうね・・・気持ちと体力が反比例

することに少しショックを受けています。




また、自由時間が有り余っている時は遠出をすることも気乗りしなかった

のですが、限られてくると逆にあちらこちらに行きたくなるという天邪鬼

ぶりを発揮してしまい・・・





楽しいけれど強行軍の夏休みを過ごしていました(笑)





以前から見たかった場所に行き、古の達人たちの芸術を堪能し、

今日は久方ぶりにお洋服やバッグを購入して気分転換。。。





涼しい避暑地から高温多湿の東京に戻った瞬間から体がべとべと、

またしても体が熱中症のようになってしまいました。





留守番をしていた子供にヘルプコールをすると、「冷たいデザート

用意してあるよ~」との天使のささやき(笑)






台湾スイーツの豆花を作っていてくれました。













以前前田侯爵邸見学の後にお茶をしにいった春水堂(チュンスイタン)

の豆花を再現してくれたのです。




シロップの甘さは控えめにしてくれたので、猶更さっぱりといただけました。




韓国のパッピンスも台湾の豆花も混ぜていただくようですが、この

華やかな色彩を楽しみたくてフルーツと豆乳ゼリーを交互に味わい

ました。





親馬鹿ですが・・・お店で食べた時より美味しく感じました。





来年からは自分自身の為にフルタイムの仕事を希望していましたが、

やはり家族との時間も大切にしたいので、家事に支障がない程度の

勤務体制ということも視野にいれて模索してみようと考えてます。





それにしても暑い時期は、さっぱり系の冷たいスイーツが心身を

優しく潤してくれますね♪





次回もプルプル系スイーツを作ってくれるそうなので、今から楽しみ

でワクワクそわそわな私です(笑)






それから、夏休みの強行軍ツアーに関しては、また別記事でご報告

させていただきますね♪









ご訪問ありがとうございましたm(__)m











AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


 

おはようございます!



今日も長年の友人達とランチ会です。




念願のお仕事を始めたので、今まで彼女たちにいだいていた

羨望が薄れてきて話題も同じでランチが楽しめそうです。




ところでフィギュリンに関してはコールポートやロイヤルウースターで

お気にいりを紹介したのですが、名窯であるロイヤルドルトンでも

気になった作品が沢山ありました。





その中の一つがシンデレラ・・・






 



他にもそドレス姿の美しいフィギュリンがありましたが、どちらかと

言えば名画の貴婦人やロイヤルファミリーのフィギュリンが多かった

ように思えます。




シンデレラもディズニーのイメージではなく、少々タカビーな

感じを醸し出していますが、私・・・結構好きかも(笑)




現実世界ならきっと避けて通るでしょうが、こうして画像やフィギュリン

だと魅力的にみえます。





・・・というのも好きな肖像画の一つにフリックコレクションの名画が

あるからです。






頻出しますが、トマスゲインズバラ作の「フランシスダンカム」

こちらを約30年前に見た時は思わず足も心も釘付けになりました。




その前日にメトロポリタン美術館で見た英国貴族の少年の画像でも

薄い唇、高い鼻梁、冷たく見据えた眼差し、いかにもブルーブラッドを

体現している肖像画に見惚れ、そしてフリックコレクションではこの作品

に惹かれたのです。





先般の庭園美術館でのメディチ家の肖像画でも、純粋培養された血筋

の姫君たちの高貴な面立ちと成上がった側室の肖像画の違いに

(肉質系豊満女子や自己顕示欲が強そうな割には貧相な面立ちの女子)

吃驚したものです。





このフランシスダンカムの肖像画のドレスは光沢と質感と動きが

素晴らしくて、実物そのものの豪華さが想像できます。




他の貴婦人よりも地味な色合いなのに、一番高価なドレスだと思います。








ですのでロイヤルドルトンのフィギュリンも購入しようか悩んだのですが、

あまりにも面立ちの印象が違い過ぎて止めてしまいました。




逆に言えば実際に肖像画を間近で見ていなければ、その優しい表情が

魅力で購入していたかもしれません。









それでも歴史上のプリンセスや貴婦人たちの中でも好きな人物を

思い浮かべると、やはり知的で涼し気な面立ちの女性が多いように

思えます。





そこで特に惚れ込んでいる美女二人をご紹介いたします。




画像とヒントを出しますので、どなたなのかは答えを見つけて

みてくださいませ~!






やはりトップはこの方















現代でいえばリケジョかも・・・と想像してしまう大帝国の女帝です。




それから下は英国随一の美貌の皇后、有名なオーストリア皇后シシィが

 

唯一美貌に関して敵愾心を抱いた女性です。













どちらもエレガントで美しいのですが、他の美女と一線を画している

のは非常に頭の良い知性あふれる貴婦人だったということです。




多産であったことも同じですね。






上の美女はかなり太ってしまいましたが、英国の美女はスタイルも

美しさを保っただけでなく、王室の伝統を重んじて子育てしない嫁の

代わりに孫たちの面倒をみたというのですから、知性だけでなく

包容力のある家庭的な女性だったのでしょう。







後のロイヤルファミリーの殆どが、彼女に対しては親愛と敬意を払う

言動をしているので愛されていたことがわかります。







最近歴史上の人物では、美と知性を備え国の繁栄に寄与したロイヤルに

相応しい貴婦人に惹かれてやみません。






ご訪問ありがとうございましたm(__)m









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます!



出勤が早いので、こちらも予約投稿にしておきます。



今月から通勤しての仕事が始まったのですが、通常よりも

早い時間帯ですので家を出るのも早く、やっと体内時計が

リズムに乗ってきたようです。




それでも早起きは眠いけれど三文の得のようで、比較的涼しい

時間帯ですし乗降口の場所しだいで毎朝座って通勤できるので

思った以上に疲労はたまらないようです。




ただし、研修翌日から20時過ぎまで残業が続き、帰宅してからの

家事・炊事ですし、仕事を始めたことで家の中が汚れるのはなにより

嫌でしたので、そうすると削るのはPCと向き合う時間です。




先月末に到着していたロイヤルウースターのレディ2をご紹介

できませんでした。








向き合う形で置くとドレスもヘアスタイルも違うのですが、

作り手が同じなので雰囲気や醸し出す感じが似ています。






ピンクドレスのフィギュリンは、ふっくらとした頬と表情がまだ幼さを感じさせますが






ラベンダーカラーのドレスのフィギュリンは知性と洗練度がうかがえます。








エクセレントと表記してありましたが、実物見るまでは少々心配でした。



でもこうしてタイプの違う二人がマントルピースに向かいあってくれると

華やいだ気分になります。





フィギュリンのお迎えはこれで最後になりますが、これからも家の中で

華麗な時代に思いを馳せることができるでしょう。





家族でのtea timeが益々楽しくなりそうです♪






ご訪問ありがとうございましたm(__)m





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。