モンシェリー日々徒然

ブログの説明を入力します。


テーマ:

おはようございます♪

 

 

イタリア紀行を書き綴りながら、久方ぶりに海外画像サイトを検索♪

 

 

 

 

たまたま見つけてしまったこの画像

♥に矢を撃ち抜かれて、またしてもアンティーク陶磁器熱再燃です。

 

 

*画像は全てお借りしています*

 

 

 

 

 

やはり、冬の海外旅行はドイツでお宝さがしをしたいです。

 

 

最近は新しいお家造りよりも海外旅行とお稽古事と友達との遊びに気が向いて

しまってますね。

 

 

今回の欲しい物は理子先生のレッスンでデザートカップとして出された物と

同じカテゴリーみたいで、先生に品名言ったら吃驚されていました。

 

 

今まで出版された本に載ってなかったので、まだ今は手に入れるチャンスかな♥

 

 

憧れのセーブルだけでなく、マイセンの魅力に気づかせてくれたのもこのカップ達

オークションサイトでは数が少ないので(珍しく)海外のアンティークショップに問い合わせ

しなければ難しいかもしれません。

 

 

 

 

ミュージアムコレクションにも沢山ありそうですので、これを見に行く楽しみも

増えました。

 

 

いにしえの王侯貴族は身にまとい権力を示す貴金属だけでなく、使用するもの

全てに限りない美を求めて陶酔するような芸術品を求められたのですね~!

 

 

先般のフィレンツェ彫りのリングも職人が糸鋸で手彫りしていくハンドメイドですが、

こうして何十年と修行を積んだプロの職人が何か月・数年かけて作り上げてくれる

物は心震わせる芸術品となり・・・ただただ魅了されます。

 

 

短い時間で作ったり、作られるものが悪いというわけではないけれど、こういった

感動は与えられないので、やはりまだまだアンティークの世界からは卒業することが

できそうにありません。

 

 

 

そうそう・・・マイブランド(笑)であるコウルドンでも素敵な品々あって、これも魅惑で

たらしこまれそうです

 

 

 

でも他人様のものだと理解しつつも一番魅了させているのは、お師匠様①の初コウルドン

コレクションですね。

 

 

 

「思い続ければ必ず巡り合う時は来たる」が信条ですが、こればかりは疑問符ばかりで

苦笑いの日々です。

 

 

 

ご訪問ありがとうございます(*^▽^*)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

おはようございます!

 

 

やっとPCに触れられる環境になりましたので、まずは身近な話題から・・・

 

 

先週半ばから今週初めにかけて、身内の緊急入院が発生し自宅と

叔母宅と病院を廻る日々が続いていました。

 

 

 

そんな状態でしたのでレッスンを諦めようかと思いましたが子供達の

手助けもあって何とか受講してきました。

 

 

いつものような清々しいサロンは心和ませてくれます。

 

IMG_20170214_161522244.jpg

 

今日は「和」の設え・・・生徒全員の溜息が零れます。

 

南部鉄瓶の逆輸入バージョンが魅力でこれもお迎えの候補にあがります。

 

 

IMG_20170214_161524662.jpg

 

 

今回は歴史・・・ティーロードと文化史です。

 

受験時の専攻をそれぞれ述べながら、西洋史に関しての理解度やアレルギーを

聞かれました。

 

歴史・・・大好物です(笑)

 

文化史よりも政治がらみの方に興味をもっていたのですが、やはり様々な事件と

その背景やその後の大きな構造変化を考えながら拝聴すると、より理解が深まります。

 

 

 

IMG_20170214_161523264.jpg

 

IMG_20170214_161527273.jpg

IMG_20170214_161528228.jpgIMG_20170214_161530384.jpg

 

紅茶や陶磁器好きなら知って居るウィローパターンですが、初めてその謂れを

知りました。

 

 

シノワズリーが高貴な方々の間で広まる様や理由もわかったのですが、私自身が

興味がないわけも、又特に有名な窯の代表作品を手に入れたくない理由もはっきり

しました。

 

 

ブルー&ホワイトが苦手ではないのです。

ロイヤルコペンハーゲンも愛用してますが、ウィローパターンもスポードの

ブルーイタリアンも欲しくないし、後輩始めファンの多いヘレンドのヴィクトリアや

ジノリのイタリアンフルーツが苦手なのも同じ理由でした。

 

 

シノワズリーというか淵の波波というか鱗を連想させるデザインが駄目なのです。

今まで「なんでだろう~?」と思っていた理由が明確になって、少しすっきりしました。

 

 

 

IMG_20170214_161529373.jpgIMG_20170214_161525526.jpg

 

 

レッスンでは理子先生お手製の「ガレットデロワ」をいただいたのですが、食べるのに

夢中で画像が一枚もないという不始末・・・ああ~残念。

 

 

フェーブコレクションも見せていただき、これも収集したくなりました。

 

 

ベーシックⅠも後1回ですが、元々興味あって学びたい講座がベーシックⅡですから

何とか時間を作って通いたいと思います。

 

 

その後はいつものメンバーに一緒にレッスンした方と5人でティータイム。

いくつものお稽古ことしていらっしゃるので教えていただけることが多くて

楽しみな時間です。

 

 

海外旅行好きということもあり、そこから穴場情報の交換会もできるのが嬉しいです。

私の仕事の関係で決まった曜日が確定できないのですが、大体合わせていただけるので

楽しいお付き合いをさせていただけて感謝しています。

 

 

帰りがけに昔の会社の同僚に声をかけられ吃驚・・・ほとんどのメンバーが昔の会社の

近隣の仕事先にいると教えて貰って、またいずれ旧交を温めたいと思いました。

 

 

IMG_20170214_204314554.jpg

IMG_20170214_204315776.jpgIMG_20170214_204316782.jpg

 

 

ヴァレンタインデーはチョコレートのほかにハート型のチョコレートムースに

フランボワーズのゼリーで覆われたケーキを買ってティータイムを。。。

 

 

それぞれお気に入りのC&Sが違いますので、息子はウェッジウッドのコロンビア

セージグリーンで次女はジノリのペルージャ、私は今一番嵌っているヴィンテージ

のコウルドンで楽しみました。

 

 

イタリア紀行に関しては、昔リスペクトしていた私の御三家書き手の一人である

友人の本と一緒にご紹介したいので、少々お時間いただきたいと思います。

 

 

 

ご訪問ありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

真夜中ですが(笑)

 

 

 

明日から仕事でかなりハードな日々となりますので、気分が高揚している内に

記事を綴りたいと思います。

 

 

 

いつも訪問くださる皆様、いいね!やコメントをくださる皆様、

今週末までには少しづつブログ訪問させていただきますので、もう少々

お目こぼしくださいませm(__)m

 

 

さて、念願のフィレンツェ彫のリングは最初から必ず見つけるつもりでイタリアに

行ったのですが、ヴェニスやローマで思いがけなく欲しい物に巡り合いました。

 

 

英国旅行かテーブルフェスタで見つけようと思っていたブレッドホルダーです。

 

IMG_20170205_162620642.jpg

 

ヴェネチアンレースとコットンの物で、英国製よりも少し柔らかい印象です。

 

 

ハンドタオルばかりを愛用していましたが、蜂の巣のようなレースに惹かれ

テーブルセンターを購入しようとしたお店で見つけました。

 

 

セールということもあり1000円もしなかったのには吃驚しましたが、やはり品数は

少なく純白レースはこちらだけでした。

 

 

ツアーのお仲間も添乗員さんも知らなかった様子で、作ってみせたところ(スナップ留め)

吃驚して欲しいと言われお店を紹介しましたが、実はホテルまでの帰り道にもっと

ゴージャスレースでリボン結びの物を見つけたのでそちらも紹介しました。

 

 

 

そして後日さらにゴージャスタイプをローマで見つけて、こちらは添乗員の方へのお礼と

したら大変喜んでいただけて嬉しかったです。

 

 

イタリアでは革製品が素敵でカラフルなグローブにも心惹かれたのですが、茶系の

色の豊富さに目を奪われ濃いめのグレージュ(トープカラー)が欲しくて、やはり何軒も

梯子してお気にいりを見つけました。

 

 

IMG_20170205_162622806.jpg

 

黒の手袋は牛革ですので、やはりイタリア製とはマテリアルが違います。

サイズも細かく分かれ、お店のマダムが指の長さを確かめながら竹ばさみの

ようなもので調整して手にピッタリの物を探しだしてくれます。

 

 

IMG_20170205_162623857.jpg

 

 

フィレンツェでは欲しい物だらけで(笑)

こちらは添乗員さんに教えていただきましたが、キャビンアテンダントの方が

行きつけのショップの石鹸です。

 

 

12~13種類あるのですが、全て香りが違って楽しめます。

 

 

アロマに関してはサンタマリアノヴェッラ薬局が有名ですが、そちらに飽きた?

方がこちらを愛用しているらしいです。

 

 

IMG_20170205_162625326.jpg

 

IMG_20170205_162626952.jpg

 

 

夫婦二人して美術館巡りが好きですので、必ずガイドブックは買って帰ります。

 

 

6年前のパリでは、これが原因で重量オーバーとなってしまったので、今回は

薄い物を選びましたがウフィツィ美術館だけはどうしてもこれを諦められず(笑)

 

 

一日かけても見飽きない程の作品ばかりでしたので、フィレンツェ再訪は必ず

致します。

 

 

IMG_20170205_162628231.jpg

IMG_20170205_162629494.jpg

IMG_20170205_162630752.jpg

 

 

 

その他は食材とお菓子ばかりです。

バルサミコ酢はモデナ産が良いと聞いていましたので、液体とクリームタイプを

 

 

後はトリュフ入りのオリーブオイルとペックのエキストラバージンを購入

 

 

セガフレードザネッティのコーヒーは、どういうわけかヴェネチアにしかありませんでした。

 

 

 

IMG_20170205_162631887.jpg

 

カラフルパスタとイカ墨入りパスタは食材店にて購入できましたが、カラスミの瓶詰めは

特定のお店しかなかったようで手に入れられなかったのが残念です。

 

 

 

IMG_20170205_204010445.jpg

 

 

寒い寒いと言われていたのに、実際に寒かったのはミラノだけで1~2℃

ローマなどお天気で16~17℃くらいでワンピース一枚で充分でした。

 

 

 

ともあれ安くて美味しそうな食材を見つけながら、重量オーバーを恐れて一種類

づつしか購入できなかったのが残念です。

 

 

次回は夫婦二人で機内にキャスター持ち込みして、買いこんでくる予定にしますので

今からドイツ&スペインの美味しい物検索を始めようと思っています。

 

 

フィレンツェとローマではブランドストリートを始め、お洒落なファッションのショップを

撮ってきたので、こちらも来週までには画像探してUPさせていただきます。

 

 

 

ご訪問ありがとうございます(*^▽^*)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

真夜中です。

 

 

時差ぼけではないのですが、イタリア旅行から続くハイテンションが

収まらなくて眠れそうにありません。

 

 

フランス大好きですが、付け加えてイタリアのローマ&フィレンツェに

魅せられました。

 

 

実質6日の滞在ですが、その世界遺産の素晴らしさに溜息と興奮で

主人が撮った画像は2000枚近くに及びます。

 

 

ローマは特にまだ回っていないところもあるので、次回はこの二都市に

特化して訪問したいと思います。

 

 

今回の旅行ではブランド品は欲しいとも思えず、30年間思い続けたジュエリー

だけを手に入れようと決心していました。

 

 

ジュエリーを蒐集しだしたのも元はといえば25ansのローマ特集の

マリオブチェラッティのブルーサファイアのリングに衝撃を受けたからです。

 

 

残念ながら当時は場所もわからず、特にブルーサファイアは手出ししかねる

価格でした。

 

 

ブチェラッティは三人のご子息がそれぞれの名を冠したブランドを展開して、

日本では和光でジャンマリアブチェラッティのジュエリーを扱っています。

 

 

 

 

今回何とか時間を作って下見をし、又ネットの画像から検索した中で

比較的馴染むデザインを見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

一番右上かその左下のハーフエタニティ―のようにダイアモンドをセッティング

してあるリングです。

 

 

 

その他、こちらも大人目のデザインだと思いますが・・・

 

 

*画像お借りしています

 

 

洗練されているとは思うのですが、既にというか似ているリングを持っています。

 

 

私はご子息のジャンマリアよりもご尊父のマリオの職人気質のデザインの方が

好みなので、検討した中では5種類のリングの画像の中の一番上を第一候補に

していました。

 

 

ダイアモンドのカラット数も大事ですが、何しろハンドメイドで大きさを手直しできない

ので自分の指に合うサイズと巡りえるかもわかりません。

 

 

 

ポンテヴェキオ橋だけではなく周辺のお店も一つ一つチェックしながら、約10店舗

のショップを訪問し価格交渉をしてきました。

 

 

そしてポンテヴェキオで2店舗構える【Vaggi jewelers 】で第一候補そのままの

リングと巡り合ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンマリアのデザインよりも幅広になってしまいましたが、ダイアモンドのカラット数が

大きいために仕方ないそうです。

 

 

 

 

 

こちらが多分一番似通ったリングですが、やはりクオリティーが違っていたのと

ダイアモンドが仰々しく見えない大きさやカラーを比較しながら選んだので

満足しています。

 

 

他店でも同じタイプを見つけて試着させていただきました。

 

 

 

ブチェラッティでのバンドリングのタイプはお直しが一切できないので、必ず試着

しなければなりません。

 

 

タックスフリーですので12%の値引きは受けられるのですが、やはり少しでも

リーズナブルな価格でと思い必ず交渉をしました。

 

 

ショップによっては4~5割引きで価格を提示してきますが、あまりに綺麗な透かし

ですので機械彫りというのがわかります。

 

 

どこも良くて10%程度でしたし、日本人とわかって交渉に応じないお店もあったり

もっと高額な商品ならば値引きするそぶりのお店もありました。

 

 

こればかりはじっくりと交渉するしかないようです。

 

 

 

あまり良い言い方ではないのですが、中国人観光客も大挙して押しかけていて。。。

グループや家族で購入しているお店は避けた方が良いかもしれません。

 

 

電卓片手にどうも半額近くから交渉していますが、品質に自信があるショップは対応

しませんし顧客と見なさず追い返していました。

 

 

私が購入したお店はリングの画像や切り抜きを持ち込んで希望の商品を出してきて

いただいたのですが、購入姿勢を強く打ち出したことと日程的に本日しかないことを

話していたので20%お安くしていただけました。

 

 

タックスフリー分と合わせて3割強安い価格でしたし、空港で免税額を返してもらう形

ではなく、その分を差し引いた支払というサービスで大変ありがたかったです。

 

 

 

ヨーロッパでは必ず現地ガイドをつけなければならないので、翌日フィレンツェを

出発する際にその方に買いものの話をしたところ大変驚かれました。

 

 

こちらにはもうひとつ大好きなカッツァニーガを代表するパヒュームボトルデザイン

のネックレスもあったのですが、エメラルドやルビーを使った素晴らしいものは

お手上げの価格でした。

 

 

 

次回の再訪の際には、こちらご縁があることを祈っています。

 

 

 

思い続ければ必ず巡り合う時は来たる・・・というのは何度も経験して

おりますので、楽しみながら思いを寄せながらその日の感動を楽しみに

仕事に励みたいと思います。

 

 

それから思いがけなくもう一つ欲しい物との出会いがありましたので、旅行記と

共に次回ご紹介させていただきたいと思っています。

 

 

ご訪問ありがとうございます(*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こちらもご無沙汰しております。


本当に月に数度しか更新できなくなりつつあります。
そんなブログにご訪問ありがとうございます。


こちらの記事を書くために保存してある旧ブログに行って、そのアクセス数に
吃驚して分析してもっともらしいことを書いてきたのですが。。。



こちらも昨日のアクセスが898となっていて吃驚!
いつもは100前後で落ち着いているのに。。。




先に謝罪させていただきますが。。。
すみません!いいね!の返信は当分できそうにもありませんので
どうぞお許しくださいませ。




明後日からの旅行で昨日添乗員からお電話で諸注意事項を教えていただいたの
ですが、明日も仕事が忙しいし夜も外せない用事があるしで真夜中荷造りして
土曜日早朝から出かけます。




スマホみている余裕さえなさそうですし、出勤後に処理件数が二倍になる可能性
高く12月中旬から考えると6倍の分量になることが確定的でしょうね。



それでも仕事が面白いし、ギリギリで終わらせると達成感とやりがいとスリリング感
満載で(笑)、毎日楽しさと遣り甲斐で充実して元気に過ごしてます。



ネットオークション止めて、ダイエットに励むとお金使わないので貯蓄と投資に励める
のプラス思考に拍車をかけてますね。



お稽古事は紅茶教室と東京會舘のクッキングスクールだけを続けていくつもりです
ので先行きのライフプランも明確です。



唯一の予定外は、地方で遊ぶ場所も遊ぶ相手のいない長女のストレス解消にふりまわ
されること・・・TDLで散々な目にあったので、外食ならば付き合うという逃げ口上を盾に
されてしまいました。


・・・ということで行ってまいりました。


溜池山王インターコンチ【カスケイドカフェ】のバフェ














北海道フェアをしていたので、蟹や札幌ラーメンや魚介を中心としたお料理で
美味しかったのですが。。。




前菜がてらのオリジナルシェフサラダを食べたところでアウト~という体調に
なりました。



意地でも食べたかった蟹はこれだけ。
水ダコのしゃぶしゃぶは良い食感でしたが、その他のお料理は全て食べて
貰いました。



ベガスではこの二倍の厚みあるものが出されましたが、これも一口切って
貰って味見しただけ。





ケーキ・・・苺ショートのクリームとスポンジがバフェのレベル以上で美味~。
ストロベリームースは普通、夕張メロンのムースは美味しい。
どれも一口だから、正確な評価にはならないけれど。





ラウンジでは宿泊者や近隣のビジネスマンが寛いでお酒を楽しんで
いらっしゃるし、モダンでシックなインテリアはやはり魅力的だなと
思いました。

IMG_20170119_075853277.jpgIMG_20170119_075855826.jpgIMG_20170119_075856635.jpg 


丸の内のシャンパンゴールドも大好きなのですが、プラチナっぽく感じる
イルミネーションも真冬の寒空の中で煌き放ち気分が高揚しますので、
胃腸をなだめつつまた再訪したいと思います。



「デブは三日後に来る」とは真言ですが、帰宅途中から始まった胃痛のおかげか
その後二日間は野菜スープ中心の生活を余儀なくされたので、おかげさまで
体重減少は進んでいます。




一日のメニューに胃腸が慣れてくると同時に、オーバー気味は不調という形で
示してくれるのでダイエットと意識しない食生活になりつつあります。



やせるおかずシリーズの本を参考にしているのですが、確かに-26Kgも
納得できる食生活です。



そこまで激やせメニューにはしなくても、体を馴染ませればできますし、
何より今回は自分を(精神面というより内臓的にですが)信じられますので
頑張って?というより淡々と進めていけると思います。



取りあえずのイタリア・・・何とか体調不良を起こさずに楽しんできたいと考えて
います。


 

°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°ご訪問ありがとうございます°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°


 
いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。