ウィリアムズ症候群、当事者・関係者の皆さんは、
とうにご存知のことと思いますが・・・

先日、
スマイリズム(ウィリアムズ症候群の会)さんによる、
ミュージックキャンプが東京・夢の島でありました。

興味はあったものの、
愛知県から高校1年のV3と参加するのも、
う~ん、どうなんだろう、な感じで、
そっと見守っていたのですが、

(以下、大っぴらにして良いものかどうか、
 勝手に判断できないので、ちょっとボカして書くのをお許しください)

さる筋から(別にアヤシイ筋ではありません)、

「キャンプの締めくくり『THE FINAL STAGE』は、
 見るだけOKですよ」

というお話が2日前(!)に伝わってきまして、

「な、何ですって?」

いやもう、俄然、心が揺れまして、
急遽、関係各方面(Mommy & V3だけですが)と相談したところ、

Mommy は、

「う~ん・・・急過ぎる。
 次の日、早朝パートだし・・・」

決して若いママさんたちに会うのが恐いとか、
せわしなく過ごすより昼寝してる方がいいとか、
そういう理由ではない(と思う)のですが、難しい感じ。

そうかあ、そうだよなあ、
けど Daddy 1人で行ってもなあ、
行きたいんだけどなあ。

ということで、
こりゃもう、V3次第、
彼女の反応で決めよう。

想像できる範囲の説明をし、
さて、どうしましょうか? と尋ねたところ、
翌日、普通に学校があるにも関わらず、

「行きたいです!」

V3、即答!

そんなわけで、目出度く(?)、
Daddy & V3、いざ「夢の島」へ。

にわかに東京日帰りツアーが決定しました。
(東京都公園協会:夢の島公園・公園へ行こう!
 →http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index042.html

新幹線よりも時間はかかるけど、
出費と行動の自由度を考えて、
高速道路(軽自動車使用)を選択。

道行の渋滞とかよりも、
会場の駐車場事情が分からず不安だったので、
早めに出発しました。

途中、
Mommy の厳命を守り、
サービスエリアで富士山の写真を撮ったり、
富士山

期間限定の「いちごレアチーズ鯛焼」を、
買おうか買うまいか迷ったり、
(何時になく大人モードで買わなかった)
いちごレアチーズ鯛焼

首都高速、大橋ジャンクション、
過酷なループの遠心力に、
父娘で「ヒ~~~~~ッ!!」と叫んだり、

(事前に動画を観ておいて、心底良かったと思いました。
 そうでなかったら、今頃父娘ともども壁にくっついていたでしょう。
 ちなみに、以下のページで、
 出発地(例えば用賀)・到着地(例えば新木場)を入力すると観られます。
 首都高ドライバーズサイト→http://search.shutoko.jp/

要らんことをしながらの割には、
12時位に現地到着。

駐車場もすんなりで、
あれま、STAGE は17時からなんですけど、
こりゃまた、さて、どうしましょう?

ということで、近辺をウロウロ。

とりあえず「夢の島熱帯植物館」へ。
(夢の島公園・夢の島熱帯植物館
 →http://www.yumenoshima.jp/index.html

やや棒読みな「おー」を連発するV3。
ドーム内

マリーナの対岸はるかにスカイツリー。
スカイツリー

お約束のお面ショット。
お面

てなことをして時間を潰すも、
まだ13時半。

もうこの際だ、寝てしまえ。

とばかりに、
多目的コロシアムの端っこ、
父娘で芝生にゴロン。

ものすご~く平和な公園の風景を眺めたり、
読書したりしながら、うとうとぐっすり。

ちなみに、そこで読んでいたのは、
前日、衝動的に買ってしまった、
『希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話』
希望&絶望
(飛鳥新社:希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話
 →http://www.asukashinsha.co.jp/book/b176752.html

「夢の島」に相応しいのかそうでないのか、
よく判らない。
(これ、伏線。たぶん)

さて、
ちょっと涼しい感じになってきて目覚めると、
ようやく15時。

う~ん、
そろそろ会場で待ち構えていれば、
その筋の人(だからアヤシイ意味じゃありませんよ)が現れるかも、

ということで、
やおら「BumB 東京スポーツ文化館」ロビーへ。

ここまで、
長い長い前振り。

以下、
〈ext.53 夢の島の夢の時/ようやく本編編〉
に続く(予定)。



ポチッと、ありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ ウィリアムズ症候群へ
にほんブログ村


ポチポチっと、ありがとうございます。

人気ブログランキングへ