∵ 食べる物に困るだろう

テーマ:

 

 今日のお客さんは、オーストラリアの旅行会社から送ってきた初めてのお客さん。

 

オーストラリア人専門のツアー会社なのだが、スタッフは日本人。

 

六十代後半のご夫婦と思われるが、日本人ガイド付きで二十二日間かけて、北海道から日本を南下しながら旅行をしていて、丁度半分過ぎたところだと言う。

 

奥さんが、食べられない物が多く、食べられる物も一切味付けした物を食べないと言うので、オコギのおひたしも茹でただけ、ニジマスはただ焼いただけ。

煮物の代わりにジャガイモやニンジンなど、野菜を茹でただけで出し、ドレッシングも何もかけない野菜サラダとあとはオレンジ。

 

品数が少なくて申し訳ないと思っていたら「こんなに沢山!」と驚いているので、今まで泊まった宿では何を出していたのか・・。

どこの宿でも苦労していたのでは・・。

 

「ご自分で塩をかけますので、塩を少し下さい」とガイドさんが言う。

「分りました。手塩ですね!」

 

「明日の朝も、塩を出してくれれば味付けなしで好いです」

 

旦那さんとガイドは普通の食事で、美味しいと言って喜んでくれていたが、《家では旦那さんの食事を、奥さんは味見もしないで出すのかな・・》等と余計な心配をしてしまう。

 

いつもの通り、食後に木曽節を唄ったら、ガイドさんが「以前、私の知り合いのガイドがここに泊まったことがあって、親切な好い宿だったと感激してましたよ!」「でも民謡のことは教えてくれなかったので、知りませんでした」

 

知らないで来てくれた方が、聞いた時の感激が大きい気がするので、私はその方が好い。

 

 

 田んぼの近くに咲いていた花。

私は植物には疎いので、見ていても名前を知らない。

誰か教えて!

 

 

 

 

AD