∵ もう寝ます

テーマ:

 

 千葉での葬儀から帰って来た。

 

妻の実家は義母が一人で住んでいて、私達の元へ来てから空き家同然。

用事で行った時など、時々行っては寝泊りしたり風を入れたりしていたが、やはり住んでいないと駄目になる。

 

義弟がガスや水道を使えるようにしたり、布団も干してくれてあって気持ちよく寝られたのだが、昨夜の暴風雨で一晩中屋根のトタン板がバタンバタン・バタバタ・バタンと音を立て、二階で寝ていた私は熟睡出来ない。

五時半頃にはもう寝ていられなくて、六時に起きていた。

7時近くには風や雨も収まり、八時過ぎにはお日様も出てきたので、屋根に上って修理をした。
 

義弟からトタン板の音がするという話は聞いていたので、直すつもりで家から笠釘や金槌など、必要と思われる物を持っていっていたので、想定どおりに間に合った。

 

問題は一階の屋根から二階の屋根に登らなければならないのだが、1,4m位二階の屋根が高いので、椅子を倒れないようにしてその上に上り、1,1mくらいの高さを何とか這い上がって、笠釘を打って直してきた。

修理前

 

浮き上がり状況

 

応急修理完了

 

 

こういう写真を撮りたがるところが、現場代理人をやってきた者の性分。

 

私の知らないうちに、妻が近くのアパートの階段から撮っていた。

 

 

一汗かいたのでシャワーを浴びて着替え、叔母の葬儀に行ったが、これは割愛させてもらう。

 

 

 長男が朝一番の電車で葬儀に来てくれて、帰りは一緒。

ガソリンを満タンにし、私の運転で五時四十分に市川を出発。

 

途中、三鷹のあたりだったか・・。

夕暮れで見えなくなりつつある富士山が見えた。

 

 

談合坂SAに着いて、夕食。

 

障害者用駐車場に入れたら、メーターが55000kmを指していて、時間は五分進んでいるので、丁度七時。

 

 

いつも妻が義母に食べさせているが、自分で食べたがる時もあり、食べさせてもらうより自分で食べた方が美味しいのか、夢中でかき込んでいる。

 

 

ここから長男が運転を交代してくれて、上松まで運転してくれたので楽が出来た。

 

南木曽駅の駐車場に車を置いてある長男を下ろし、十一時丁度に家に帰った。

 

日にちとお金が予定外に費えたが、明日からまたがんばろっと!

 

AD