∵ 玉切り

テーマ:

 

 我が家を川向の斜面から見るとこんな感じ。

 

 

玉切りが完了。

 

 

写真だと分らないが、急斜面上から見ると恐い。

 

 今日は常連さんのTさんが、お仲間をつれて五人で来てくれている。

 

馬籠宿から歩いてきて、一石立場茶屋で休憩をした時、我が家に泊まることを聞いた省吾サから、夜、公民館妻籠分館主催の文化祭があることを聞き、「行きたい!」「詩吟が聞きたい!」と私に言う。

 

六時半の開会には間に合わなくても早く行きたかったので、早く仕度して食べ始めてもらい、

七時半過ぎに五人を乗せて四十五分頃公民館に着いた。

 

出番は八時半頃から十二分くらいかけて、六人で発表。

 

騒いで走り回る子供達がいたり、歌が上手く出なかったりで、出来は完璧ではないが楽しめた。

 

最後は恋野地区の寸劇が締めてくれた。

PPAPや恋ダンスといった流行を取り入れていて、我が家のお客さん達も大いに楽しんでくれた。

 

 

昔は大妻籠も寸劇を出していて、台本から演出、小道具の指揮までやっていた頃は本当に大変だったが、今となっては充実していたし楽しかった。

 

あの頃が懐かしいし、またやってみたい気持ちは有るものの、今は私にも地区にもそのパワーが無い。

今の自分に出来ることで、公民館活動に協力したい。

 

 

AD