∵ お盆だから

テーマ:

 私はペタをほとんどつけない。

つけないからほとんどつける人は居ない。


十四日に、miyamaodamaki さん

ペタをつけてくれていた。


どんなブログを書く人だろうと見てみると、

「父の生家と木村岳風記念館」という記事。


岳風先生の生家の斜め向かいにある

「木村岳風記念館」敷地は父の生家跡だったとある。


記念館を建てる当時、

寄付金を出した記憶があるが、

会員の家だったということを聞いたような気がするものの、

覚えていなかった。


miyamaodamaki さんにメッセージを送り

確認させていただいたところ、

miyamaodamaki さんのお父さんは「藤森岳宇」

先生だという返事。


藤森岳宇先生は、

少年時代から木村岳風先生に師事し、

岳風先生から伊藤岳智先生と共に、

俳句吟の直接指導を受けた先生だと聞いている。


私が入会した頃には雲の上の人で、

四十年前当時、

長野岳風会の会長をされていたと思う。


併せて、総本部の理事を長く務められ、

機関紙「吟道」の編集に携わっておられた。

私は直接話をしたことは無く、

大きな大会でお顔を拝見するだけだったが、

先生が纏められた「真山民全集」を

私の先生の古根岳奏先生から頂いたことがある。


「真山民全集」のことをブログに書いていたので、

それを見られたmiyamaodamaki さんが

ペタをしてこられたのだ。


藤森先生は婿養子に行かれたが、

旧姓は私と同じ。

 こうして亡くなった先生を偲ぶ縁ができたのも

お盆だからかな・・。