何となくネットを観ていたら、京都の甘味処「栖園(せいえん)」の琥珀流しという葛がありまして、それが美味しいというので、食べに行ってきました。

 場所は六角通です。

「丸竹夷二押御池 姉三六角蛸錦 四綾仏高松万五条」

と北から京都の通りの名前の頭を順番に唄った歌があるのですが、

私が京都の四条烏丸駅で降りて、烏丸通りを北に向かって歩いていくと、まず錦小路、次に蛸薬師通りときて、六角通に辿り着きます。

 六角通を右折すると、そこには六角堂という有名なお寺がございます。

 取りあえずお参りしました。



恋のから騒ぎ研究室



そこを東に向かって真っ直ぐ歩いていくと、甘味処「栖園」に辿り着きます。





 京町屋らしい古い建物。



恋のから騒ぎ研究室


何か敷居が高い気もしましたが、店の前には見本が並んでいます。

琥珀流しもちゃんとありました。




恋のから騒ぎ研究室



お店に入ると売店があります。

その売店の横手に食べるところがございます。

 私は琥珀流しとわらび餅のセットを頼みました。




恋のから騒ぎ研究室



 葛に掛かっている赤いシロップは何だろうと思ったんですが、

山葡萄のような気がします。色もワイン色でしたし。

 わらび餅も普通に美味しかったです。

 熱いお茶を飲みまして、京都らしい風情を味わえました。

 味云々よりも、京都らしさを味わいたい人に向いているかなぁと。



恋のから騒ぎ研究室


 
 ちなみに栖園を出て、更に六角通を真っ直ぐ東に行くと、寺町京極通りに辿り着きます。

更に寺町通を超えると六角広場という小さな公園があるのですが、

そこに「さんじ屋」という京都では有名なクレープ屋さんがあります。


恋のから騒ぎ研究室


 がっつり行きたい人はここでもどうぞ。



人気ブログランキングへ


上のやつをクリックしてください。


AD

コメント(2)