日本平スタジアムでカメラを落としたヴェルディサポーターのブログ

2005年8月24日の日本平での清水戦で劇的勝利に興奮してカメラを落とし、
ブログを通じて味スタで戻ってきた経験を持つ男が主にヴェルディ、
時々その他スポーツについて何か書くブログ。
時々カメラでの写真(撮影はときどき自分ときどき弟)があることも。


テーマ:

最近の服部の活躍は本当に頼りになります。

今年昇格できたとしたら間違いなくMVPは

フッキになってしまうでしょうが

影のMVPは間違いなく服部になると思う。

それくらいチームに与えている貢献は大きいと思う。


まずは攻撃。

現在2試合連続アシスト中。

アシスト数も7つで

ヴェルディ内では

フッキの次に多いアシストを

つけている。

(参考Yahooスポーツ)


ヴェルディのサイドというと

突破が凄く、クロスは

それほどでも・・・という

アタッカー系の

サイドの選手が多く、

服部のようなクロスの精度が高い

サイドはあまりいなかったが

服部のような選手を見ていると

クロスの正確さの大事さを

切に感じますね。


特にJ2の場合、シュートの決定力もそうだが

クロスの質が非常に低いことが多い。

フワリとコントロールしたはずの

クロスがゴールラインをそのまま

割るなんてことも結構あるくらいですからね・・・。


服部の場合、走りながらの

アーリークロスでも

ピンポイントクロスを

あげることもざらである。

日本代表とかJ1でもそうだけど

世界に比べると日本人のクロスの質は低い。

それだけにヴェルディのサイドの選手には

服部のクロスをお手本に

クロスの質を向上させてもらいたいな。

例えば海本とか。


また今年のヴェルディは

服部、ディエゴ、フッキの

トライアングルを生かしての

左サイドからの得点チャンスが

生まれることが多い。

Jリーグの上半期分の

J-STATS Optaのデータ でも

攻撃のプレーエリアは

左サイドからが一番多い。

ディエゴ、フッキが左利きな所も大きいだろうが

ディエゴ、フッキが両者の次に

パスを送っているのが

服部だということを考えても

攻撃でも服部の貢献は

結構大きなものではないだろうか。


次に守備。

こちらは地味ではあるが

本当によくやってくれている。

福岡の田中や仙台の関口、

水戸の金澤のようにスピードに長けた

サイドの選手に走り合いを

挑まれてしまうと流石に苦しいが

それでもこれまで培った経験で

そう簡単に仕事はさせていないし、

何よりチームでは危機意識が

菅原と1,2を争うくらい素晴らしく

危ないシーンを何度未然に防いでくれたことか・・・。


つらつらと服部について書いてきたが

改めて素晴らしい選手だと思いますね。

服部も名前が年宏でトシちゃんなので
ハットゲーフラ1
というゲーフラを駄洒落半分、期待半分で

シーズン前に作りましたが

今のところゲーフラの文字通り、

そんな感じです。


ただ今後心配なのはやっぱり疲労。

スタメンの中では最年長の33歳(9月には34になる)

なのにも関わらず、

機を見てのオーバーラップとはいえ

かなりの上下動を繰り返し、

チームでも屈指の運動量を見せてはいるが

累積での1試合の出場停止を除く

チームトップの30試合2700分

出場していることを考えても

今後の勤続疲労がとても心配。


J1で唯一4回戦総当りだった

12年前の95年でも服部は

40試合(カップ戦を含めると42試合)

が最多出場試合数である。

フッキがいない試合3戦1分2敗と勝っていないが

服部がいなかった試合も1分と勝っていない。

攻撃の要がフッキなら

攻守の要、もしくはチームの要的存在が

服部なんだと思う。

服部に甘えてしまうのは良くないことだとは思うが

これからも服部にはチームの柱として

ビシッと締め続けてもらいたい。

これからも頼むぞハット!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

konさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。