金平糖のホームページはこちら


日々の活動も、ホームページをご覧ください。

このブログは、事務局が金平糖のことの他、自分の事やいろんな事を書いています<(_ _)>
  • 21 Jan
    • 見ぃ~つけた、梅酢と〇〇ー〇。相性ピッタリ( ^ω^)・・・

      市販のサラダドレッシングちょっと前までは、冷蔵庫の常備品だった。時には、2~3種類入っていた。それが姿を消して・・・もう随分たつ。 代わって姿を現したのが、亜麻仁油又は荏胡麻油。バージンオリーブオイルも常備するようになった。 いつの間にか、生野菜にこうしたオイルと塩麹や梅酢をかけて食べるようになった。 こうして、市販のドレッシングが冷蔵庫から消えた。 最近、はまっているのが「梅酢+」なんでしょう-か 答えは、粉チーズ 美味でございます この話を姉にしたところ、姉も同じだという。サラダには、もっぱら「バージンオリーブオイル+岩塩」だとか。 齢を重ねると、自然の味を好むようになるのかよりシンプルな味を美味しいと思うようになるのか姉妹だからの共通点なのか ま、そんだけ、健康に気づかう年齢になったってことね   

      テーマ:
    • 冬でも熱中症

      ヨミドクター 2017年1月20日『冬でも熱中症!? 入浴中に夫婦死亡…夏と同様に警戒を』空気が乾きやすい冬は、暖房の使用で乾燥が進むうえ、汗をかいても気づきにくく、皮膚から多くの水分や塩分を失う。水分補給も怠りがちで、脱水症に近づく。 この状態で熱い湯に長時間入ると、脳内の血流が悪くなって血液がドロドロになり、失神を起こしたり、体温の上昇で意識障害を招いたりする熱中症となって、湯船で溺れる危険性が高まるという(記事より抜粋) 冬でも熱中症 ・・・ふと、その危険を感じることがある 乾燥・暖房、そして、こたつ。パソコンをしたり、裁縫をしたり…ちょっと喉が渇いたな~とが夢中になっている+こたつから離れたくない=もうちょっと・もうちょっと あの夏と同じだもうちょっと、もうちょっと・・・と思ううちに気持ち悪くなって、吐きそうになって、頭も痛くなって、心臓がバクバクしてきたしばらくしたら、なんとか落ち着いてきたので病院にいったら「熱中症ですね」と軽く言われ、点滴・・・ 気をつけねば・・・と思いつつ、こたつに根がはえつつある。お茶のみに行きま~す    

      テーマ:
  • 19 Jan
    • 1月19日 高校生とのタオル帽子作り

      今年3回目の高校生とのタオル帽子作り。いよいよ最難関の頭頂部に突入。タオルという布地の扱いにくさも手伝ってか、生徒さんたちの縫い目の引きが弱い・・・そのために、せっかく丁寧に縫っていても、なんかしっくりしない((+_+))そこで私「親の仇だと思って、糸の引き加減、きつめにね」生徒さんたちの笑いをとるつもりの言葉がけでしたが、受けたのは先生だけ"(-""-)"う~ん「親の仇」は、あまりに古すぎたかと反省しきり・・・どーでもいい話でした<(_ _)>今日の授業、頭頂部に四苦八苦しながらも、頭頂部を縫い進めています。予定より少し遅れ気味ではありますが、次の授業で、全員完成をめざします(^^♪ via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
    • 1月17日 高校生とタオル帽子作り

      16日に続いてのタオル帽子作り。生徒さんたちは、昨年末”授業の評価用+練習用”として、それぞれ一枚ずつ縫い上げていたこともあり、手順よく縫い進めています。が、私たちが教えたつもりでも、生徒さんたちにきちんと伝わっていないこともあります。そんな時、なぜそのように縫うのか、を説明します。その「なぜ」が分かった時、「あっ」と大きな瞳を輝かせた生徒さんや、「なるほど」と納得してくれる生徒さんたち。その時、私は心の中で、こういうのです。「現象には必ず理由がある」(⋈◍>◡<◍)。✧♡次回は、タオル帽子の最難関、頭頂部です。 via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 17 Jan
    • 1月16日 高校生と一緒にタオル帽子作り

      千葉県内の高校生と一緒にタオル帽子作り。学校や先生のご協力のもと、昨年度に引き続き今年度も開催することができました。家庭科の選択授業10名の生徒さんたちと、金平糖から2名のボランティアが参加しています。昨年の11月には、練習用のタオル帽子をつくりました。昨日から、いよいよ寄付用のタオル帽子作りです。昨日の報告では、一度作っているので、少し声かけをしてあげると作ることができました・・・という報告の一方で、自分たちが「教えた」と思っていることと、生徒さんたちがきちんと「理解」していることの違いに戸惑う声もありました。「針と糸があれば、誰でも簡単にできる」といううたい文句のタオル帽子ではありますが、それなりに難しいところや面倒なところもあります。まず、タオル地の扱いにくさ、です。モロモロ・ボロボロと切りくずがでるし、柔らかすぎて扱いにくい"(-""-)"そして、作るうえでの最難関「頭頂部」((+_+))どうやらその「頭頂部」、生徒さんたちもてこずっているもようです。昨日に引き続き今日も、授業があります。さてさて、どうなることやら・・・受験勉強も佳境に入った3年生。ゆったりとタオル帽子を楽しんで、ちょこっとほっと、そしてちょっぴりやさしい気持ちになってもらえれば・・そんな時間が一緒に過ごせるといいな(^^♪ via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 16 Jan
  • 15 Jan
    • タオルのご寄付

      新年早々、タオルをご寄付いただきました。 43枚(^^♪ 金平糖では、タオルの他、キルティング・ジャージ・フリース・木綿の布などのご寄付もお願いしています。ご寄付のお問い合わせは、事務局(m-sumire@knd.biglobe.ne.jp)まで<(_ _)>     via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd  

      テーマ:
  • 14 Jan
    • オランダで広がる「農家で認知症ケア」

      DIAMOND online 2015.07.08『オランダで広がる「農家で認知症ケア」』野菜や果物の農場、牛や羊を飼う畜産農家などが認知症高齢者を受け入れ、緑豊かな自然な環境中で共に過ごし、時には肥料や餌やり、収穫、清掃などいろいろの農作業を営む。自然の中で生活することで認知症の進行を遅らせ、施設入所することなく日々の生活を送ることができる(記事より抜粋) オランダのケア農場の「視察報告」(松山市)農福連携「ケア(介護)+ファーム(農場)」について 日本でも、農園で野菜を作り、施設の食事でその野菜を提供する、といったことが行われていますが、こうした取り組みと、オランダの「農家ケア」、何かが違う・・・と、野生の本能がうずきだす・・・何が違うかそこには、大きな違いがあったのです それは、農場がデイサービスを提供しているということ。 オランダの介護保険(AWBZ)では、家族や友人、地域のが介護を行っても給付 が受けられるため、農園は、 AWBZ からの介護報酬と農産物などの販売代金を主な収入源とすることができるのです。このことは、すなわち、オランダの農家ケアはビジネスであり、そのビジネスにより、社会的課題を解決している、ということなのです。・・・てなことが、以下の記事には書いてありました「農業による認知症ケア」とP-F-I双発」 なるほど 日本でも、室蘭市で介護事業を展開するタカラサービスという会社が、同社のグループ企業の自社農園とタイアップして、オランダ式「農場ケア」を導入したとのこと。室蘭民報 2016年6月21日 室蘭で認知症高齢者向け「農場ケア」新規導入介護施設内で、土づくりやポットのタネまきをし、苗が育ったら畑(農園)に移す。それ以降は、成長の様子を動画で撮影して報告。収穫した野菜は、施設の食事でみんなでおいしくいただく・・・ということらしいのですが・・・ な~んか違うやぱり、なんか違う わたしなりに、ざっくり・簡単・ええ加減ではありますが、その違いを考えてみるに・・・ オランダの農場ケアは、外に広がるサービス・・・みんなで作った作物が、市場に出回る日本の農場ケアは、内向きなサービス・・・みんなで作った作物を、みんなでおいしく食べる この違いが、大きいのかなぁ日本のサービスには、「介護や福祉の社会」と「一般の社会」という区別があるように感じるそんな風に感じるのは、介護サービスがまもなく他人事ではなくなる私の、ひがみか繰り言か           

      テーマ:
  • 13 Jan
    • 千葉県がんセンター ボランティア交流会

      1月12日、千葉県がんセンター・ボランティア交流会に参加しました。 医療スタッフや各ボランティア団体との交流が図れる貴重な時間です。 診療の合間を縫って来てくださった院長先生。ご挨拶のなかボランティアについて「小さなこと。でも、とても大事なこと」とおっしゃいました。その時ふと思い出したのが「今日、病院いったら外来に院長先生が立ってらした」という言葉。日頃から、外来や院内に出て、患者さんやスタッフ、そしてボランティアの姿をみていらっっしゃったからこその言葉なんだ・・・と思い、とても印象に残りました。 ボランティアや医療スタッフがそれぞれ簡単に自己紹介をした後、情報交換が行われました。思っていた以上に活発な意見交換にちょっとびっくり。みなさんの真剣に取り組む姿勢を伺うことができました。 ケアグッズに関するいろいろなご意見や要望も聞くことができました。あったらいいな・・・のケアグッズの連絡シートを作って、自分たちにできることはしていきたいと思っています。また、金平糖の他も個人の方や他の団体がケアグッズを作って届けています。今後は、こうした方たちとも連携を深めていければな・・とも思いました。 ・・・と、ここまでは”ほぼ、優等生だった”私でした(*^-^*) 「最後に何か・・・」と、司会の方の言葉に手を挙げた瞬間、”言いたい放題”の私が頭をもたげた"(-""-)" 「ボランティアに、予算を」 はい、無理なことは重々承知です。が「ボランティアを受け入れる・ボランティアをする」という覚悟の代償としても、有償であることにこだわりたい、と私は思っているのです。 交流会では、自分の気持ちをまとめる前に「ボラティアに予算を」と口走ってしまったので、うまく説明ができなかったのですが・・・ 例えば、交流会では、自分の気持ちをまとめる前に「ボラティアに予算を」と口走ってしまったので、うまく説明ができなかったのですが・・・車いす介助・・・「車いす押すだけ」簡単なようで、簡単ではない、と思うのです。私自身、初めて母の車いす介助をした時、腰を痛めてしまいました。その後、車いすの構造等について学び、車いす介助のコツを知りました。また、言葉かけ一つにしても、配慮しなければいけないこともあるかと思います。 また、病棟に季節の飾りを・・・ということ。医療や福祉施設では、よく見かけますが、施設のスタッフの方が、少しでも季節を感じてもらおうと折り紙などの手作り作品。それはそれで、よいことだとは思います。スタッフの方の気持ちが伝わるし、ふと心和むものだと思います。 が、私は、思うのです。やはり、芸術性の高いものも必要なのではないか。 患者や家族、そして、医療スタッフや職員も、ほっとできる空間があればいいなと。 ・・・てなことを考えていた時に見つけた素敵なアートプログラム。病院アート先進国のスウェーデンで、日本女性のアーティストが採用されました。ワークショップで造ったスタッフたちの作品が、病院アートになりました。芸術家の他、プロデュースする方、プロたちの力によってつくられました。こうしたことが可能なのは、スウェーデンの1%ルールがあるからです。1%ルールは、公共施設にアートを取り入れる「ルール」です。1937年に導入されたとのことです。病院の場合は2%を上限としてアートを採用する旨が示されているとのことでした。 ストックホルム、救急病棟で進行中のホスピタルアート | JAPAN SHOP 病院の壁に絵を描いたり、院内に彫刻作品を置くなど、医療の現場にアートを取り入れる試みが日本でも試みられ始めている。患者の心に作用し、癒しをもたらすホスピタルアートの可能性は、今後さらに様々に探られてい... ストックホルム、救急病棟のホスピタルアートが完成 | JAPAN SHOP ストックホルム市内のセント・ゴーラン病院緊急治療部(救急病棟)の改装が4月に終了。本コラム前回(3月1日)で紹介した病棟のホスピタルアートも完成した。 セント・ゴーラン病院、緊急治療部待合室。写真:H... さてと、我が国は・・と調べてみると、NHKでも紹介された四国の病院のアートは、素敵ですね。 ストックホルム、救急病棟のホスピタルアートが完成 | JAPAN SHOP ストックホルム市内のセント・ゴーラン病院緊急治療部(救急病棟)の改装が4月に終了。本コラム前回(3月1日)で紹介した病棟のホスピタルアートも完成した。 セント・ゴーラン病院、緊急治療部待合室。写真:H... 春日部市立医療センターでも、市にゆかりのある芸術家の全面協力によるアート空間が作られているようです。 ホスピタルアート | 当センターについて | 春日部市立医療センター 春日部市の中核的医療機関「春日部市立医療センター」です。春日部駅西口より徒歩約10分。がん診療連携拠点病院。基幹型臨床研修指定病院。 以前紹介した、倉敷中央病院、ところどころに置いてある椅子、その一つひとつが素敵なものでした。座ってほっと一息つけるものでした。あれがパイプ椅子なら、休むという目的は果たせますが・・・ねっ( ^^) _U~~     via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd  

      1
      テーマ:
  • 12 Jan
    • 千葉県がんセンター主催・心と体総合支援センターシンポジウム

      2017年2月25日(土) 13:00~16:00 京葉銀行文化プラザ、にて開催のシンポジウムのお知らせです。『医療を選ぶということー自分らしい選択とはー』基調講演 『がんとともに 自分らしく生きる』(虎ノ門病院 臨床腫瘍部長 高野利実氏)と、パネルディスカッションです。詳細は、こちら(ちばがんなび)をご覧ください。  

      テーマ:
  • 09 Jan
    • 2011年度の活動をまとめました

      2011年年度 2011年年度 - 2011年7月1日 金平糖活動開始8月8日 看護学校でのタオル帽子講習会 参加者 14名10月9日 習志野市ブレーメンフェスタ 活動紹介10月12日 タオル帽子講習会 船橋 参加者 なつかしさあり、当時と変わらぬ反省あり・・・そして、微妙に若い私がいる( ^^) _U~~     via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd  

      1
      テーマ:
    • 自分で決める

      ネットでみつけた素敵なスーパーのご紹介です。 イギリスにそのスーパー、取り扱っているのは廃棄されるはずの食品。貧しい人だけではなく、誰でも利用できる。支払は「Pay as You Feel」・・・自分が払おうと思った金額。販売ではなく、寄付。現金ではなく、お手伝いという形でもOK。ここにある食品を食べるかどうか決めるのは、あくまでも自分。 「そもそも、食品が食べられるかどうかを、メーカーやスーパーにコントロールされてもいいの?」というメッセージがこめられています。 根底に流れるのは「自分で決める」こと。 ※詳細は、こちらのサイト(greens peole)をご覧ください。 賞味期限や消費期限、消費者の安全を考えた、人にやさしいシステムなのかはたまた、コントロールされているのか この世の中、見方を変えると、とんでもない真実がそこにある・・・かもしれないのです。 自分で調べて、自分で考えるべし・・・なのです。 2017年度、金平糖も「自分で考える」ことをテーマに、講習会を開催します「まあるくなって学び合う~こころとからだ」聞くだけ・教えてもらうではなく、自分で学ぶことを大切にする、小さな講習会です

      テーマ:
  • 07 Jan
    • 遅ればせながら…の「仕事はじめ」

      穏やかな七日正月の朝、金平糖の仕事はじめは、アロマボランティアの方たちへのメールでした。 いよいよ、金平糖も2017年が始まります。 さて、「一年の計は元旦にあり」と言いますが、金平糖の今年の目標は、何にしようかと、考えあぐねていました。が、先日、ガツンとやられ、これだ!と思ったことがあります。 ガツンとやられたのは… 『「貧困対策」と「食」』 「日本の貧困対策は、食への危機管理が欠けている」日本初フードバンク設立者が訴えるハフィントンポスト 1月4日配信記事より 日本のフードバンクの先駆けとなったN… こちらで紹介している記事の中にあった、「お願いするだけのやり方は、社会にどんな問題があり、どんな課題があるのかを見えにくくしてしまう」という一文。 私も、こんな活動をしているからご協力ください・・・だったと、ガツンとやられたのです。 そうではなく、こんな活動の根本を説明すべきなのだと、思ったのです。 私たちが感じている「問題と課題」や「目指す社会」。そしてその社会が、「一人ひとりにもたらすもの」といったことを明確に提示すること、が欠けていたのではないかと思ったのです。 難しいけれど、「せねばならぬ」「なさねばならぬ」事なのです。                 via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd  

      1
      テーマ:
  • 05 Jan
    • 「貧困対策」と「食」

      「日本の貧困対策は、食への危機管理が欠けている」日本初フードバンク設立者が訴えるハフィントンポスト 1月4日配信記事より 日本のフードバンクの先駆けとなったNPO法人「セカンドハーベスト・ジャパン(2HJ)」創設者のマクジルトン・チャールズ(Charles McJilton)さんへの取材記事です。 2015年4月から生活困窮者自立支援法に基づきできた自治体の貧困相談窓口。そこに、食べ物を届けるインフラがない、との事。また、まだまだ数は少ないが、日本においてフードバンクが、図書館や交番のような公共サービスになったら良いなと思う、とも言っています。 確かに、アメリカの映画やニュース映像で、生活に困っている方たちが、食料を受け取っている姿は、よく見かけます。が、日本においては・・・年越し村??くらいですね。ここ何年かで、ようやく「フードバンク」の取り組みが注目されるようにはなっていますが…問題は、山積みのようです 例えば、行政や社会福祉協議会との間では自分たちの存在を貧困当事者に伝えてもらうだけでいいのに・・・朝食を提供するプログラムを提案したら「年10回といわれた」…月1~2回の開催では意味がない。貧困対策やってますというポーズ?といったことがあるとの事 がってん・がってん・がってん こうした行政への歯がゆさのほか、日本のNPO団体へのクレームも書いてありました。それは、「ビジネス視点が欠けていること」例としてあげたのが、様々な社会援助団体が集まったあるイベント会場での一コマ国連や赤十字などプロフェッショナルな団体が活動を紹介していたが、小さな援助法人やNPOはというと・・・『買って応援してください!お願いします!』という声ばかり。お願いするだけのやり方は、社会にどんな問題があり、どんな課題があるのかを見えにくくしてしまう。 新年早々、ガツンときました   

      テーマ:
  • 03 Jan
    • あけましておめでとうございます

      2017年もあけて3日目。いかがお過ごしでしょうか。 30日にお餅をついて、あんこを作り、あんこ餅を食べて・・・その後、ダウン お正月準備も、そこまでで 正真正銘 寝大晦日に、寝正月 健康のありがたさいつもどおりのありがたさひしひしと感じた還暦の春 今年もよろしくお願いします    

      3
      テーマ:
  • 30 Dec
    • 「帰省」とは縁のないお正月

      今年は、私達も親元へ帰省もしないし子ども達も我が家へ帰省はしないお正月 お正月に親に顔を見せないのは、ちょっぴり申し訳ない気がする子ども達が帰ってこないのも、やはりちょっぴり寂しいとは思う が、それぞれのお正月。子ども達は忙しい。それぞれの地で、それなりに過ごしていれば、それでいい。 などと考えていた時に見つけた、記事「帰省は義務ではありません」 Twitterのフォロワーが8万人以上というミゾイキクコさん(82)の、親との付き合い方についての記事です。 親子の絆・・・それに縛られていては、だれも幸せにはなれない・・・のです。

      テーマ:
    • お餅のいい匂い・・・

      12月に入ってから、ぼちぼちしていた大掃除。予定通りに終わらぬところは、暖かくなったら・・・ということにしてお餅つき「糖質」に気を配り、タンパク質と脂質も程よく摂りいれて、というなんちゃって糖質制限の生活ながら、お正月にお餅を食べないのは、お正月という気がしないお正月のお餅といえば、つきたてをあんこ餅にして食べる、というのが我が家流が、あんこといえば糖質の塊のようなものどうしようか・・ま、お正月だし・・・なるべく砂糖を少な目にしてというわけで、今、お餅が付きあがったようです 大掃除と一緒に、心のちりも払い終え出来立てお餅で、鏡餅を神棚に一年無事に終わること感謝の気持ちで、パンパンと感謝しながらつきたてお餅で昼ごはん大根おろしに海苔、きな粉やあんこのお餅も外せない今日から、しばらくなんちゃって糖質制限もしばらくお正月… この、なんということのない年末年始に、ありがとうです。 

      テーマ:
  • 28 Dec
    • 2016ふゆ号 テーマ特集

      2016年度の金平糖ニュースでは、毎号「テーマ特集」を組んでいます。今回は「ケアすること」をテーマにしました。 マギーズセンターは、がん患者やご家族・お友達のサポートの場です。がんを中心となったこのような取り組みが、他の病にも広がればいいなと思います。病院でもない、お家でもない場。必要な人や情報とつながることができる場。誰もが・・・といっても、がんという共通点があるから、安心して集まることができる場。2017年度から始める「てぃーてらす☆金平糖」は、どんな場にしようか・・・”ケア”という大きな共通点のもと、時々は、もうちょっと小さな共通点も作ったり、いろいろできるといいな~そんなことを、コアスタッフ二人でちょこっと話した年末。年が明けたら、しっかりと煮詰めていかねば・・・です。 via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
    • ネット通販と宅配便

      佐川急便の従業員が、荷物を投げている動画が配信され、ニュースになった。なんだかなぁ①・・・大切な荷物を投げるのは悪いが、年末の繁忙期、再配達が度重なったのだろうな・・・と思っていたら、ネットでも、従業員に同情的な意見があった。なんだかなぁ②・・・動画とる方も、おかしいな。本人に直接注意するとか、会社に連絡するとか、まずはそれからやろ・・・と思っていたら、ネットでは、動画を撮ったのは、まさかの狙い撃ち・・・という話もちらほら再配達を頼み、わざと留守にして撮影いやぁ、これが本当だったとすれば、「なんだかなぁ~×∞」やな品位もなにもない時代になったなぁ しかし、私も反省せねばならぬついつい、手軽にネット通販を頼んでしまう。お届け時間には必ず在宅する・・・という最低限のマナーは、守ってはいるが私自身、反省することが多い宅配便のあれこれそんな時、みつけたこの記事。みなさまも、ぜひ読んでみてください「アマゾン多過ぎ」ヤマトドライバーから悲鳴続出、「利便性」が生んだ過酷な実態」 宅配便だけでなく、消費者の「もっと・もっと、安く・便利に」が、従業員の首を絞めている。適正な対価を支払わない・・・そのことが、結局、まわりまわって自分の首も絞めている。 「もっと・もっと」は、幸せをうまない 

      テーマ:
  • 27 Dec
    • 今年最後の活動でした~金平糖ニュース

      12月27日、金平糖ニュースふゆ号 印刷・発送しました。 スタッフ3名+お手伝い1名、合計4名のにぎやかな発送作業でした(^-^)  今年もいろいろありました。 発送作業をしながら、そんなこと・あんなこと、おしゃべりするのも楽しいひと時です。来年も、ああでもない・こうでもないと語り合いながら、楽しく活動できることを願いつつ、発送作業を終えました。みなさま、良いお年をお迎えください<(_ _)> via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
AD

プロフィール

murasakisumire

性別:
女性
お住まいの地域:
千葉県
自己紹介:
2009年に乳がんと診断され、温存手術。 がんになってから聞いた一番好きな言葉は「キャンサー・ギフ...

続きを見る >

読者になる

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。