金平糖のホームページはこちら


日々の活動も、ホームページをご覧ください。

このブログは、事務局が金平糖のことの他、自分の事やいろんな事を書いています<(_ _)>
  • 01 Mar
    • よりよく生きるを考える~てぃーてらす☆金平糖

      「てぃーてらす☆金平糖」は、よりよく生きるための”きっかけ”を見つける場です。 キーワードは、「一次予防」と「ケア」 一次予防をキーワードに、こころとからだのメンテナンスを学び合う場 ケアしたり・されたりで、ちょっぴり苦しくなった時には、お茶を片手に、ほっと一息つける場です。 来た時よりも穏やかな表情になって帰ってほしい・・・それが私たちの思いの一つ。 目指すは、マギーズセンターのように洗練されたケアする仕組み・・・大きく出すぎたか(@_@) なにはともあれ、まずは、一歩👟・・・のその前に 2月22日、てぃーてらす、プレオープン(^-^)でした。 場所は、JR鎌取駅近くの「みんなの広場」 毎水曜日に開かれている”すいようカフェ”の一画をお借りしてのプレオープンでした。 すいようカフェに集う方々とおしゃべりしたり、ケアグッズを作ったり アロマ班のボランティアさんたちによる、アロマトリートメント体験があったり 楽しいひと時でした。 月一回の開催という、超カメさんの歩みではありますが、継続は力なり! 自分たちなりのマギーズセンターを目指して・・4月21日(金)、午前10時半オープンです。 参加費は、100円。おいしいお茶をご用意しています。 気軽に、ちょこっと・・・覗きに来てください。 場所:JR鎌取駅近く、「みんなの広場」 みんなの広場 あったかい「みんなの居場所」づくりを目指して、「みんなの広場」店長となりました福谷章子が、これから様々な挑戦をしていきます。つながろう!学び合おう!楽しもう!福谷章子プレゼンツ・コミュニティサイトオープン!! マックハウスおゆみ野店・駐車場の裏あたりです。   via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd  

      NEW!

      テーマ:
  • 15 Feb
    • 南房総、プチ女子旅で夢を語る

      花の谷クリニックへ食事用エプロンを届けた・・・・ついでに( ^ω^)・・・プチ女子旅 雲一つない青空の下 快適に飛ばす。道路交通法順守は、言うに及ばず 快適に飛ばす。しゃべりの滑らかなること、言うまでもなく 話題は、医療・福祉・教育・政治・経済・・・と多岐にわたる もちろん、「おばさんトーク」?も、忘れない 温泉で温まり、海の幸に舌鼓、花を愛で、大海原を眺めと、大忙し 金平糖はかくありたい・・・と夢も広がる帰り道。 改めて、金平糖に集う人たちの暖かな心に感謝しつつ、女子旅は終わったのでした  

      2
      テーマ:
    • 南房総・花の谷クリニックへプロンをお届け

      2月14日(火)検見川高校生が作った「食事用エプロン」20枚を、南房総・花の谷クリニックへお届けしました。 ↑このヒモは、こうして・ああして・こうやって・・・使ってください。と説明する私。 一枚・一枚のエプロンを手に取って「いいねぇ。高校生が作ってくれたのね」と伊藤院長。 そして「これなら、頻回に洗濯もできるし、軽いからつけやすい」と、評価いただきました。 実は、昨年の5月、お届けした食事用エプロンの試作品。布地が厚かったことや、厚めの布テープを使ったので、全体的に重くなってしまったことが、洗濯や使用時の難点、となっていたのです。 「重い」という難点は、ひとまずクリア。 でも、まだまだ改良点があるはず!! 使ってみての感想をぜひお願いします!!! と、花の谷を後にしました(^^♪ 検見川高校の校長先生や家庭科の先生、そして、受験勉強に忙しいなか作ってくれた高校生のみなさん、本当にありがとうございました。   via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 13 Feb
    • 2016年度の活動記録 ケアグッズ

      梅の花が咲き、そろそろ2016年度の振り返りをする季節。 船橋市市民活動サポートセンターの登録更新のため、活動記録を作成。年度末の整理もかねて、お届けしたケアグッズの総計を出してみました。   (@_@)・・すごい・・・ことになっていました。 お届けしたケアグッズは、 会員のケアグッズボランティアの方々が、ケアグッズ作りの会に参加して作り方を確認し、それぞれお家で作ってくださったもの。 会員ではないけれど、タオル帽子講習会に参加した方やそのご家族の方が、お家でコツコツ作りためて、金平糖へ送ってくださったもの。 高校生たちが作ったタオル帽子。上の表には出ていませんが、「食事用エプロン 20枚」も、作ってくれました。 一人ひとりの小さな力が、こんなに大きな力になりました(^-^)    via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 11 Feb
    • 「思う」感情と「考える」理性

      「ヒトラー暗殺、13分の誤算」という映画をご存知でしょうか。 たった一人で時限爆弾を作りヒトラーを爆殺しようとした指物職人のお話です。 私は、「ヒトラーに抵抗した人々 反ナチ市民の勇気とは何か」という本でこの人の事を知りました。 なぜ、この本を読んだのか・・・ それは、朝日新聞の(日曜に想う)「考える人」から「思う人」へ という記事を読んだコアスタッフが、「金平糖でも、考える、を大切にしたいね」・・・と紹介してくれたからです この記事には「ポスト真実(トゥルース)」という言葉が紹介されています。 ポスト真実は、事実や真実よりも、感情的な言辞や虚言、あるいはうその情報に民意が誘導されていく状況のことを言うとのこと。 今の世の中、まさしく、その通り が、元来、「人間は理性的動物である」のであります。 現代人、しっかりせい・・・なのです。 金平糖は、「考える」ことを、みなさんと共に学び・考え・語り合いたいと思います 2017年10月・11月・2018年2月、「食」を考える連続講座、開催します。 以上、つまるところ・・・金平糖の宣伝でした  

      テーマ:
    • インフルエンザと施設でのボランティア

      悩ましい"(-""-)"・・・ インフルエンザが流行し、千葉県でも警報が発令されている。インフルエンザの流行状況を調べてみると・・・ 2017年第5週の定点当たり報告数は38.14(患者報告数189,231)となり、前週の定点当たり報告数39.41よりも減少した。 都道府県別では福岡県(55.03)、宮崎県(54.02)、愛知県(51.44)、高知県(50.60)、大分県(49.62)、山口県(49.22)、埼玉県(47.06)、千葉県(45.27)、・・・ インフルエンザ流行レベルマップ 第5週(2/10更新) 国立感染症研究所

      テーマ:
  • 06 Feb
    • 過去の活動 まとめ

      2012年度の活動から、”ケアグッズを作る・届ける”をまとめました。 「非日常・ゆったりとながれる時間」を大切にしていた事を思い出します。 同時に、ケアグッズ活動が広がった今、当時の思いが薄れていることにも気づかされました。 2017年度から定点となる「てぃーてらす☆金平糖」でのケアグッズ作りは、初心に戻り、開催できればと思っています。    via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 05 Feb
    • 「食」を考える

      2017年度「食」の3回連続講座の準備のため、NPO医療・福祉ネットワーク千葉に伺いました。医療・福祉ネットワーク千葉は、フランス料理のシェフとともに”ハレの日”のためフルコースのケアフードを作ったり、お家で作るためのレシピなどを作っています。   10月から始まる「食の3回連続講座」は、調理実習や試食や、体験談や専門家の話などを通して、自分にとって良い食事とは何か、を考えるためのきっかけづくりを目指しています。 その3回目は、人生の終盤の食事を考えます。 命の終わりが近づいた時、だれもが経験するであろう「ケアフード」について、考えます。 「家族のために、自分のために、どのような食事をつくればいいのか」 味・栄養・好み・・・3つのバランスをとる難しさや、調理する手間や難しさ。 一方で、食を囲んでの思い出は、遺された者の大切な思い出となるかもしれません。 そこで、ケアフードを作り、それを広めるために尽力されている医療・福祉ネットワーク千葉の今までの取り組みや、エピソードなどをお話していただこうと思っています。   医療・福祉ネットワーク千葉では、「フレケアフード」「フレケア食」「フレンチケア食」を商標登録されたとのこと。 これらの名前の「フレ」には、食が持つ「ふれあい」「フレンド」という意味合いを込めているとのことです。   そこには、私達の考える「みんなで一緒に食べることができるケアフード」と共通の思いがありました。 一杯のスープ、一匙のソース・・・ほんの少しでも、一緒に食べて「おいしいね」と笑顔になれれば、その場にいるみんなの素敵な人生の一コマになるのではないでしょうか。 http://www.medicalwel.com/ via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 04 Feb
    • 千葉県がんセンターふれあい広場で…

      2月2日 がんセンターにタオル帽子を、お届けしました。ボランティア室に行く前に、金平糖シールを貼っていない帽子があったので、ふれあい広場のテーブルでゴソゴソ作業をしていたスタッフ二人に・・・ 「あなたたちが作っているの?」と、声をかけてくださいました。   入院中、帽子を使っていたことなど、金平糖のシールがはってあったこと、病のことなど、ほんの少しの間ですが、いろいろお話くださいました。 タオル帽子をきっかけとなった一言。お話している間に、スタッフが同じ病院の患者家族であったことなどから、心を開いてくださったのだと思います。 後ろ姿を見送りながら、立ち上げ当時から考えていた病院内でケアグッズ作りを・・・との思いがつのるのでした。 いつかかならず・・・夢がかなうその日まで、諦めず・粘り強く(*^^)v    via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 03 Feb
    • タオル帽子の寄付・千葉県がんセンター

      2月2日、タオル帽子をがんセンターにお届けしました。 タオル帽子 17枚、検見川高校生が作ったタオル帽子 10枚 使い捨て用のタオル帽子 14枚 がんセンターからは、みなさまからご寄付いただいたタオルを20枚、預かりました。 ボランティアのみなさんと帽子をつくって届けて、患者さんから寄付いただいたタオルを持ち帰り、また帽子をつくる( ^ω^)・・・誰かのためにという優しい気持ちの循環です♡  via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      2
      テーマ:
  • 30 Jan
    • 親子でボクササイズ

      1月29日、たんぽぽの会とのコラボ企画「リズムでボクサ」を開催しました。参加 たんぽぽの会 13名金平糖スタッフ 2名講師:鎌田美紀先生たんぽぽの会は、千葉市のダウン症児の親の会です。金平糖の会員さんが、今年度の役員をされているそうで、親子で楽しめる企画について相談がありました。親子で参加できて、幅広い年齢層が楽しめるもの・・とのことでした。そこで、金平糖のヨガ講習会でお世話になっている鎌田先生のボクササイズは、どうだろうかと提案。鎌田先生からも「子どもも大人も年齢も経験も関係なく、ボーダーレスのレッスンがモットー。 身体や心の変化に気づいたり、自分のことや家族が愛おしく大切に思えるそんな気持ちになる時間にしたいと思います。構えずに ありのままで楽しんでください♡」と、二つ返事で引き受けて下さり、今回のコラボ企画となりました。 20170129ボクササイズ 20170129ボクササイズ 参加した親御さんの感想は「とても楽しかった」とのこと・・・「ケアする人をケアする」ことを活動の二本柱の一つに掲げている私たちにとっては、とてもうれしい感想でした。少しずつでも続けていければ、もっともっと楽しめる時間になりそうな予感です(⋈◍>◡<◍)。✧♡。鎌田先生、そして、参加してくださった皆様、ありがとうございました。 via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 28 Jan
    • ケアグッズの会in子ども病院

      1月26日(木)ケアグッズの会in子ども病院を開催しました。 参加者 5名 新年早々、嬉しいお知らせです。子ども病院でのケアグッズ活動を耳にして「(活動を)見学させてください」とのお申し出がありました。 もちろん、ウェルカムです。 そして、こうした日にこそ相応しいコアスタッフ・自称”営業・広報担当”のこきまさん。さっそく、金平糖の活動や子ども病院でのケアグッズ作りについての説明をしていました(^-^) その甲斐あってか、さっそく一緒にクッションカバーの修理を手伝ってくださいました。 というわけで、1月26日の参加者 6名です。 見学のつもりが、一緒に作業もしてもらい、がめつくも「宿題」まで・・・「掴んだら離さない」金平糖でした( ^^) _U~~ ここからは”一人反省会” 子ども病院では、病棟からのリクエストや修理など、いろいろあります。それだけ、お役に立っていると嬉しく思う一方で、みなさんに無理をさせていないだろうかという思いもチラホラ。 参加して下さっている方は、「誰かの役に立つなら」「おしゃべりしながら作って楽しい」とおっしゃってくださるのですが・・・。 次回からは、もう少し、ゆったりとできるような工夫も必要かな、と考え中( ^^) _U~~ 今日のケアグッズ:授乳用クッションカバー 今日のケアグッズ:アイスパックカバー・点滴棒カバー その他:アイスパックカバー…画像摂るのを忘れました"(-""-)" そうなんです。もう一つ、大反省中なのが、ケアグッズの記録。 特に・・・画像で記録(;´・ω・)・・・これからしっかりと記録します。      via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 25 Jan
    • わたしの2017年のおみくじ!

      で始まった2017年 初詣に行けなかったので、おみくじを わたしの2017年のおみくじ結果は・・・    おみくじをひきにいく 早目に病院へ行くと・・・ なんの縁か明後日、人間ドックだ  

      テーマ:
    • 高校生とのケアグッズ作り・最終日

      昨年11月から始まった高校でのケアグッズ作り。 家庭科選択授業8コマを使って、タオル帽子練習用1枚・寄付用1枚、食事用エプロン2枚をそれぞれの生徒さんが作ってくれました。 タオル帽子練習用を作っている時は、大丈夫かな~とちょっぴり不安でしたが、練習のかいあってか寄付用は、どれも素敵な帽子に仕上がりました。 帽子が終わったら、エプロン制作へと、駆け足での作業。受験を控えた生徒さんたちに、無理をさせていないかな~とちょっと心配になりました。 金平糖のケアグッズ作りは、あくまでも「病や障害を考えるきっかけ」であり、「無理せず」が合い言葉♡もう少しゆったりとした時間配分で、とも思いますが、あくまでも「家庭科授業」なので( ^^) _U~~ 生徒さんたちが作ったタオル帽子は、千葉県がんセンターへ。 食事用エプロンは、南房総の鼻の谷クリニックへ。 それぞれ、お届けします。   via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 24 Jan
    • 高校生とのタオル帽子作り 1月23日

      高校生と一緒にタオル帽子作り、完成まであと一歩!(^^)! 練習用のタオル帽子で、ちょっぴり残念だったところも、全員がクリア。 素敵な帽子が出来上がりました。 「かわいい模様を活かしたい」といった生徒さんに、ボランティアさんが、そこをアップリケにすることを提案。仕上げあた帽子に縫い付けて、うれしそうに「ほら」と報告してくれました。 残り時間あとわずかですが、2つ目のケアグッズ”食事用エプロン”作りに取り掛かりました。 型紙通りに裁断し、バイヤステープでぐるりとパイピング。 初めてのパイピング・・・カーブの部分に四苦八苦。おぼつかない手つきにどうなることやら、ちょっと心配ですが( ^^) _U~~ 今日で最後の授業です。できるところまで、がんばりましょう。      via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 21 Jan
    • 見ぃ~つけた、梅酢と〇〇ー〇。相性ピッタリ( ^ω^)・・・

      市販のサラダドレッシングちょっと前までは、冷蔵庫の常備品だった。時には、2~3種類入っていた。それが姿を消して・・・もう随分たつ。 代わって姿を現したのが、亜麻仁油又は荏胡麻油。バージンオリーブオイルも常備するようになった。 いつの間にか、生野菜にこうしたオイルと塩麹や梅酢をかけて食べるようになった。 こうして、市販のドレッシングが冷蔵庫から消えた。 最近、はまっているのが「梅酢+」なんでしょう-か 答えは、粉チーズ 美味でございます この話を姉にしたところ、姉も同じだという。サラダには、もっぱら「バージンオリーブオイル+岩塩」だとか。 齢を重ねると、自然の味を好むようになるのかよりシンプルな味を美味しいと思うようになるのか姉妹だからの共通点なのか ま、そんだけ、健康に気づかう年齢になったってことね   

      テーマ:
    • 冬でも熱中症

      ヨミドクター 2017年1月20日『冬でも熱中症!? 入浴中に夫婦死亡…夏と同様に警戒を』空気が乾きやすい冬は、暖房の使用で乾燥が進むうえ、汗をかいても気づきにくく、皮膚から多くの水分や塩分を失う。水分補給も怠りがちで、脱水症に近づく。 この状態で熱い湯に長時間入ると、脳内の血流が悪くなって血液がドロドロになり、失神を起こしたり、体温の上昇で意識障害を招いたりする熱中症となって、湯船で溺れる危険性が高まるという(記事より抜粋) 冬でも熱中症 ・・・ふと、その危険を感じることがある 乾燥・暖房、そして、こたつ。パソコンをしたり、裁縫をしたり…ちょっと喉が渇いたな~とが夢中になっている+こたつから離れたくない=もうちょっと・もうちょっと あの夏と同じだもうちょっと、もうちょっと・・・と思ううちに気持ち悪くなって、吐きそうになって、頭も痛くなって、心臓がバクバクしてきたしばらくしたら、なんとか落ち着いてきたので病院にいったら「熱中症ですね」と軽く言われ、点滴・・・ 気をつけねば・・・と思いつつ、こたつに根がはえつつある。お茶のみに行きま~す    

      テーマ:
  • 19 Jan
    • 1月19日 高校生とのタオル帽子作り

      今年3回目の高校生とのタオル帽子作り。いよいよ最難関の頭頂部に突入。タオルという布地の扱いにくさも手伝ってか、生徒さんたちの縫い目の引きが弱い・・・そのために、せっかく丁寧に縫っていても、なんかしっくりしない((+_+))そこで私「親の仇だと思って、糸の引き加減、きつめにね」生徒さんたちの笑いをとるつもりの言葉がけでしたが、受けたのは先生だけ"(-""-)"う~ん「親の仇」は、あまりに古すぎたかと反省しきり・・・どーでもいい話でした<(_ _)>今日の授業、頭頂部に四苦八苦しながらも、頭頂部を縫い進めています。予定より少し遅れ気味ではありますが、次の授業で、全員完成をめざします(^^♪ via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
    • 1月17日 高校生とタオル帽子作り

      16日に続いてのタオル帽子作り。生徒さんたちは、昨年末”授業の評価用+練習用”として、それぞれ一枚ずつ縫い上げていたこともあり、手順よく縫い進めています。が、私たちが教えたつもりでも、生徒さんたちにきちんと伝わっていないこともあります。そんな時、なぜそのように縫うのか、を説明します。その「なぜ」が分かった時、「あっ」と大きな瞳を輝かせた生徒さんや、「なるほど」と納得してくれる生徒さんたち。その時、私は心の中で、こういうのです。「現象には必ず理由がある」(⋈◍>◡<◍)。✧♡次回は、タオル帽子の最難関、頭頂部です。 via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 17 Jan
    • 1月16日 高校生と一緒にタオル帽子作り

      千葉県内の高校生と一緒にタオル帽子作り。学校や先生のご協力のもと、昨年度に引き続き今年度も開催することができました。家庭科の選択授業10名の生徒さんたちと、金平糖から2名のボランティアが参加しています。昨年の11月には、練習用のタオル帽子をつくりました。昨日から、いよいよ寄付用のタオル帽子作りです。昨日の報告では、一度作っているので、少し声かけをしてあげると作ることができました・・・という報告の一方で、自分たちが「教えた」と思っていることと、生徒さんたちがきちんと「理解」していることの違いに戸惑う声もありました。「針と糸があれば、誰でも簡単にできる」といううたい文句のタオル帽子ではありますが、それなりに難しいところや面倒なところもあります。まず、タオル地の扱いにくさ、です。モロモロ・ボロボロと切りくずがでるし、柔らかすぎて扱いにくい"(-""-)"そして、作るうえでの最難関「頭頂部」((+_+))どうやらその「頭頂部」、生徒さんたちもてこずっているもようです。昨日に引き続き今日も、授業があります。さてさて、どうなることやら・・・受験勉強も佳境に入った3年生。ゆったりとタオル帽子を楽しんで、ちょこっとほっと、そしてちょっぴりやさしい気持ちになってもらえれば・・そんな時間が一緒に過ごせるといいな(^^♪ via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
AD

プロフィール

murasakisumire

性別:
女性
お住まいの地域:
千葉県
自己紹介:
2009年に乳がんと診断され、温存手術。 がんになってから聞いた一番好きな言葉は「キャンサー・ギフ...

続きを見る >

読者になる

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。