幸福実現党 こうの一郎オフィシャルブログ

幸福実現党 こうの一郎のブログです。



テーマ:

宗教政治家・幸福実現党・こうの一郎です。

 

いよいよ今月20日ワシントンにて現地時間の正午にアメリカ新大統領トランプ氏の就任式があります。日本時間では21日の午前2時ごろになります。

 

幸福実現党の予想通り、トランプ氏が当選し、アメリカが変わると確信しています。世間では「トランプショック」と言われていますが、私たちは「トランプ革命」と言っています。

 

就任式には100万人の観衆が集まると予想されています。トランプ反対デモがしきりとマスコミでも取り上げられていますが、選挙戦に勝った勝者がトランプですから、アメリカ国民の半数以上はトランプ支援者です。新しいアメリカ大統領に期待・希望を持った方々がたくさん支持した真実があります。

 

トランプ大統領の選挙戦中の公約としては、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の意思決定、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)撤退の意志、中国を為替操作国に指定、100日以内はオバマケア・医療保険制度改革廃止法案、メキシコ国境に壁を築くための法案、パリ協定からの脱退。また、プーチン大統領との会談や「一つの中国」の原則に縛られない立場など過激な政策があります。

 

トランプ新大統領の考え方ではっきりしているのがアメリカ第一主義、アメリカファーストです。あまりにも言葉がはっきりしていて過激で、更にマスコミが輪をかけて大げさに伝えるため怖い印象がありました。しかし、普通の国は自国第一主義は当たり前です。世界第二位の経済大国のお隣の国など典型的な自国第一主義です。おかしいのは日本だけです。日本に関しては政治・マスコミ・経済・教育を含めて他国(中国・韓国)が大事なように感じる時が多々あります。

 

政策で見ると、関税と貿易でアメリカファーストが明確に出ています。中国を為替操作国に指定する動きもあります。すごいと思います。日本など怖くて言えないでしょう。中国は安い商品を輸出しアメリカの富を奪っている事実があり、それをトランプ大統領は止めるつもりです。日本産の製品に対しても高い関税をかけてくる可能性もあります。同盟国といえどもトランプ新大統領のアメリカファーストにどのように日本は対処していくのでしょうか。

 

TPP脱退もアメリカが損するなら止めるという明確な理由です。日本においてはアメリカ抜きでもTPPを実行する意見もありますが、アメリカ抜きで日本主導で行えるのでしょうか。TPPは中国包囲網の役割を果たすものでしたが、世界最強国不参加の場合、その影響力はかなり弱くなるのではと危惧しています。

 

しかし、世界の警察を放棄したオバマと違い、トランプ新大統領は中国に対してもいうべきことを言い、それに伴う実行力があります。まだ大統領になっていない段階での行動を見れば、明らかに中国に対して警戒しています。台湾の蔡総統やロシアのプーチン大統領と電話会談した動きは明らかに中国を意識した動きです。中国の為替に対してもはっきりと攻撃している面は、アメリカの利益を守るだけでなく、中国の資金源を断ち中国の影響力を弱めることになります。

 

アメリカファーストを推し進めていくトランプ新大統領、流れとしては強いアメリカが復活していくと考えられます。その結果として世界の警察の役割を果たすと思われます。中国とロシアが手を結ばせない、IS掃討においてもロシアと協力していく姿勢、台湾を守り中国の覇権主義にストップをかける、混沌としていた世界に一つの希望の光がついたように感じます。

 

日本はこの「トランプ革命」についていけるでしょうか。国防においては日本に対しては「自分の国は自分で護れ、守れないならアメリカが守ってやるからお金を払え」というトランプ大統領。それは日本の自立を促していると捉えるべきです。世界第三位の国が自分の国も守れないのは情けない限りです。特に北朝鮮問題は日本独自で解決すべきです。

 

経済的にはトランプ新大統領は幸福実現党が提言していた政策をアメリカで実行します。安い税金や規制緩和で会社・企業を発展させ、雇用を生んで、給与アップさせ、アメリカを豊かにします。基本は「小さな政府」です。この流れを日本はそばで見ているだけではだめで見習うべきです。

 

トランプ新大統領の「アメリカファースト」には「アメリカを愛している」深い愛国心があることを忘れてはなりません。「トランプ革命」が日本にいい影響を与えることを切に願っています。アメリカと日本が共に発展して世界のリーダーになれば、今後300年の繁栄が約束されると幸福実現党創立者兼総裁の大川隆法先生より教えていただいています。日本も愛国心を大切にしながら、国を発展させ、強い国を作り、世界に貢献できるリーダーになるべきです。その機会が訪れたことを認識して、「トランプ革命」に遅れないように日本も新しい流れに積極的にチャレンジすべきです。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

幸福実現党 宗教政治家 こうの一郎

 

スーパー新幹線とは、リニア新幹線を含む新幹線のことです。

11年後、リニア新幹線が東京名古屋間に完成します。東京大阪間が1時間、東京名古屋はたったの40分。52年前の東京オリンピックに合わせてできた東京大阪新幹線、当時は3時間です。時速k210㎞、現在は320㎞の最高速度になりました。

 

平成27年3月に北陸新幹線ができました。 東京金沢が今までなら4時間弱かかっていたのが、今では2時間半。その結果どうなったかというと、金沢に大量の人々が訪れるようになりました。特急時代から新幹線になり、3倍の利用者増。金沢の兼六園も入場者は4割増になっています。

 

地方再生の切り札は新幹線と言えます。。新幹線が通ると「民間投資」「都市の活力アップ」「人口増加」なにより「効用を生み出す」します。新幹線が通ってからの石川県の有効求人率は1,47倍、全国平均1.21倍を大きく上回り全国トップレベルになっています。

 

同じく九州新幹線も大きな効果をもたらした。鹿児島まで開通した年は、京阪神との間のJR旅客数は、熊本で2.4倍、鹿児島は3.4倍、しかも熊本大阪間は飛行機の利用者数を超えたといわれています。時間も新大阪鹿児島が最短3時間59分、飛行機はアクセスを入れると3時間半。ほとんど差が無くなりました。

 

日本の大都市のほとんどは新幹線が通る都市圏に位置しています。仙台、埼玉、東京、横浜、静岡、浜松、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、北九州、福岡、熊本、鹿児島。

 

半世紀前に田中角栄総理が新幹線と高速道路のネットワークを構想しています。具体的には全国に新幹線と構想道路を通す予定でした。計画では新幹線9000キロ、高速道路10000キロ。現段階では高速道路は130%に対して、新幹線は30%の実現していません。その理由は高速道路は国土交通省・建設省を中心に建設、方や新幹線は国鉄が民営化して各JRが独自で建設することになりました。資金力の差は大きかったといえます。

 

世界の先進国のインフラ投資額ですが、平成8年を基準100としたとき、平成24年ではカナダ327%、イギリス292%、韓国247%、アメリカ192%、フランス165%、イタリア133%、ドイツ106%、日本は・・・・47%。先進国の中ではダントツに低い日本。現在少しは増えていますが、公共投資が圧倒的に少ない日本。民間ができない所を国が公共事業として行うことが必要です。

 

宮崎県の新幹線計画はどうなっているのでしょうか。計画段階としては東九州新幹線構想があります。北九州・大分・宮崎と鹿児島を結ぶ基本計画区間があります。しかし実際は全く話が進んでいないのが現状です。

 

ここであたらしい案として、「スーパー新幹線が日本を救う」本の著者藤井氏が唱えているのは、八代―宮崎間の新幹線計画です。これにより宮崎の孤立化を打開できるとしています。現在博多への最短は飛行機の2時間15分(アクセスを入れ宮崎駅から博多駅)。次に早く博多につく手段としては、宮崎ー新八代までをバスで移動して、新八代から新幹線で行く方法で3時間30分ほど博多につきます。

 

宮崎―新八代ルートに新幹線が通ると1時間40分ほどで博多に着きます。しかも鹿児島ルートで宮崎から博多に向かうよりも40分ほど早くなります。このルートを使うと4時間ほどで大阪にも行けます。そうなると大阪から鹿児島と宮崎が同じような距離感覚になります。

 

北九州―大分―宮崎の開通を待つよりも、宮崎―八代間に新幹線を通すことで宮崎の孤立化を早期打開できるという案です。費用も7000億円ぐらいできると試算しています。単線なら4000億円で可能です。発想を変え、宮崎―八代新幹線の実現すれば、陸の孤島宮崎を脱することができます。ぜひ実現に向けて活動できればと考えています。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




明けましておめでとうございます。

今年もよろしいお願いいたします。

2017年、伝道の年、大いなる舞台をいただき、更なる精進をしてまいります。

全ての人が真なる幸福を掴めるよう、真実を伝えて続けてまいります。

チャレンジ、オレンジ、ガンバルジー

宗教政治家 こうの一郎



Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016年もあと8時間ほどで新しい年になります。

幸福実現宮崎県本は2013年10月に開所して以来3年になりました。

毎日祈りを続けて3年間、日々大いなる光をいただき、本当にありがとうございました。

来年2017年、伝道の法の年、幸福実現党宮崎県本部、精進してまいります。

今年一年、幸福実現党をご支援くださいました皆様、本当にありがとうございました。



Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

宗教政治家・幸福実現党宮崎県本部副代表 こうの一郎です。

 

 もうすぐクリスマスです。街の風景もお店もクリスマスバージョンになっています。そしてクリスマスが終われば、お正月が来る当たり前の年末・年始です。しかし、宗教政治家として、信仰者としていつもこの時期不思議に思うことがあります。

 

 それは、クリスマスはキリスト教の行事です。日本にはクリスチャンは100万人位と言われています。本来ならその方々の行事のはずですが、日本国中がクリスマスを祝う風習になっています。信じていないのに宗教行事を行える日本人の宗教観をどう見るか?ある意味寛容なのかもしれませんが・・・不思議な国日本です。

 

クリスマスの意味

 有名ですが、イエス・キリストの降誕・誕生を祝うお祭りです。25日がイエスの誕生の日ですが、実際に24日から祝う理由は、教会歴から考えると、1日は日没からはじまり日没に終わるゆえに、12月24日の日没から25日の日没までがクリスマスイブです。

 

 クリスマスの語源は、英語のChrist(キリスト)mass(ミサ)に由来しています。イヴはeve,evening(夜・晩)の意味です。その理由で24日夜がクリスマス・イブになります。

 

世界のクリスマス

 カトリックの影響の強いイタリア・ポーランド・フランス・スペインなどは、12月25日~1月6日(公現祭)に終わり、23日に飾り付けをしたりします。フランスは12月初めからクリスマスカードを郵送しあいます。子供たちがプレゼントをもらうのは1月6日です。

 

 アメリカ・イギリスのクリスマススタイルが日本に入っています。基本は自宅で家族と過ごします。ツリーやリースを家族で共同作業します。クリスマス当日は家庭料理を味わうのが一般で、外出するのはクリスマスミサに参加するためです。

 

クリスマスツリーの意味

 実はクリスマスツリーはキリスト教とは無関係で、北欧に住んでいた古代ゲルマン民族「ユール」の冬至の祭りに使われていたものです。冬でも葉を枯らさずにいる樫の木は生命の象徴とされています。モミの木を横から見ると三角形はキリスト教の三位一体を表し、頂点が父なる神で底辺の二点が精霊と子です。モミの木の形が教会の尖塔に良く似ていることから、クリスマス・ツリーに選ばれたとも言われています。

 

(装飾の意味)

 ツリーのトップ、先端は星ですが、これはキリスト降誕を知らせたベツレヘムの星にちなんでいます。東方の三博士をイエスの下に導いた星です。リンゴはアダムとイブが食べた知恵の樹の実の象徴です。

 

サンタさんとは

 4世紀・東ローマ帝国・小アジアのミラの司教、教父聖ニコラオス(ニコラウス)の伝説が起源とされてます。「貧しくて三人の娘を身売りしなければならなくなった家族のことを知り、ニコラオスは真夜中にその家を訪れ、窓から金貨を投げ入れた。この時に暖炉に下げられていた靴下に投げられた金貨が入ったという逸話の由来から来ています。「真夜中・煙突・靴下・プレゼント」これがサンタクロースの伝承となっています。

 

 ちなみに、サンタクロースの服装が今の赤と白になったのは、コカ・コーラ社と関係があります。コカ・コーラ社が広告に今の赤と白のサンタクロースを使ったのが1931年です。それまでは緑や茶色の服の地域もあったそうですが、世界統一のイメージにしたのがコカ・コーラ社という伝説があります。

 

 公認サンタクロース、グリーンランドに住む長老のサンタクロースを補佐するために、グリーンランド国際サンタクロース協会が1957年に設立。協会が認定している公認サンタクロースは全世界に120人います。クリスマスを自宅で過ごすことができない子供のために、福祉施設や小児病棟などを訪問します。毎年7月にデンマークのコペンハーゲンで世界サンタクロース会議が開かれ、公認サンタクロースは自宅からサンタクロースの衣装で参加することが義務つけられています。

 

 日本はキリスト教を信じていなくてもクリスマスを祝い、最近はハローウィンも盛んです。本当に宗教的寛容な国です。しかし、この宗教に寛容な国だからこそ、今世界で起きている宗教的争いに介入できる国だと信じています。宗教戦争を他国としたことのない国が日本です。

 

 そのためにはより高次な教えを持つ宗教立国になる必要があります。世界を導けるだけの教えのある宗教や宗教政党が必要です。幸福実現党はその責任に応えるだけの教えと方向性と未来志向がある宗教政党です。頑張ってまいります。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

宗教政治家・幸福実現党宮崎県副代表 こうの一郎

 

 カジノ法案IRが臨時国会で自民党・日本維新の会の賛成多数で成立しました。この法案自体は15年前から検討されて、国会に提出されて5年、過去4度国会で継続審議されてきた法案です。

 

 カジノ単独ではなく、複合施設(ホテル・レジャーなど)の中で面積3%で行うなどの規制がありますが、宗教政治家としてはカジノ法案には反対です。

 

 経済面から見ると国内投資・海外投資や雇用などメリットがあるのはわかります。そしてその利益を社会保障や観光推進、教育などに回すと謳われています。

 

 しかしデメリットの部分もたくさんあります。カジノは賭博です。実際には一般の人が賭博をすると捕まります。それが公共施設や国が認めた場所なら無罪です。普通に考えれば一般の人がして悪いことなら国が認めるべきではありません。

 

 賭博行為は射幸心をあおることになり、無駄なものにお金をつぎ込んで、勤勉に働く傾向が無くなり、よくないことだと昔から言われています。

 

 たとえば、今年の4月、バトミントン男子の田児選手や桃田選手違法カジノ店に足を運び、賭博行為を行って社会問題になりました。これは賭博行為自体が悪いという日本社会の常識に基づいたもので、有名選手が賭博行為をして、若い青少年に悪影響があるとして社会的に問題になったと考えられます。

 

 日本にはすでにパチンコ・競馬・競輪などがあります。パンチコの利益は北朝鮮に流れ、その利益が核・ミサイル開発の資金になっています。

 

 カジノを日本で認めたなら、マフィアが入り、犯罪や麻薬などが増すと予想されます。暴力団の資金になる可能性もあります。

 

 今回のカジノ法案を急ぐ背景にはアベノミクスの失敗を補う経済成長策、消費促進のために急いでいるように思えます。

 

  カジノの利益を社会保障や教育に回すと謳っていますが、賭博での利益を教育に回すことには違和感があります。結果がよければ手段を選ばない国の経済政策には反対です。 基本は経済成長をさせ、国民を富まし、企業を豊かにして、消費を促すべきです。

 

 宮崎県もカジノ法案に河野知事を始め賛成派が主流です。人間性を高めるような政策でなく、人間の欲を増幅するような施設を公が認め、その利益を社会保障・観光推進・教育などに充てることには反対です。 賭博にかかわるものを広げることは慎重にすべきです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

宗教政治家・幸福実現党宮崎県本部副代表 こうの一郎です。私は政治家であり、かつ宗教家です。両方の視点を持つものとして、家庭調和の大切さをお伝えしたい。

 

不倫問題

最近のテレビドラマでは不倫が当たり前のような番組が多いように感じます。不倫は市民権を得たのでしょうか。しかし、宗教的にも政治的にも不倫を当たり前にする風潮には反対します。それは宗教的には不倫は「背信行為」です。 また、政治的にも家庭調和を推し進めなければ国家は衰退します。

 

結婚の意味

結婚は家庭を築き、子供を産み、子孫繁栄をするための大切な場です。全く別の環境で育った男女が一つの家庭を作るために何十年とお互いに協力し合い一つの家庭を作る聖なる場所が家庭です。夫婦の愛を通して、子供たちは理想の夫婦像を学びます。

政治的にも家庭は調和された家庭がたくさんある国は安定してきます。犯罪者が減り、国が安定します。調和された家庭に育った子どもはすくすく育ち、大人になります。逆に不調和な家庭や不倫のある家庭で育った子どもは、心に曇りや傷を負うため、精神的に負い目を持った大人に育つ可能性が高く、その後人間関係や社会的不適応を起こす確率が増えます。

 

あの世での約束

宗教から言えば、生まれてくる前に結婚相手を決めてきます。事故や戦争で相手が亡くなる場合もあるため、何人か候補を決めてくるのが事実です。もちろん、この世での新しい縁もありますが、基本はあの世でお互い約束してこの世に生まれてきます。「赤い糸」は事実です。しかし、それは地上の人間にはわかりません。しかし、多くの方々はあの世で約束された方と結ばれます。

 

なぜ不倫が悪か

宗教的には、不倫はあの世での約束を破る「背信行為」です。夫の浮気は、妻も心を深く傷つけます。たとえ、奥様をごまかして不倫を続けても、あの世に変えればわかります。あの世はウソが一切通用しない世界です。妻の不倫も貞操という女性の美徳を自ら失うことになります。もちろん不倫したらすべて地獄へ行くということではありませんが、カルマの法則・原因結果の法則からは逃れられず、その報い、刈取りは必ずさせられます。

 

政治的にも不倫が当たり前で家庭が崩壊する国は乱れます。離婚が多くなり、子どもの非行や自殺、ウツ病が増えていきます。それは調和された家庭で育たないために、両親の愛をもらえず、両親の愛を知らず、その裏返しとして非行・男女問題を起こしたり精神的病いになったりします。両親の純粋な愛は子供にとって不可欠な愛です。

 

家庭調和は国家安泰の柱

家庭が調和されていることは、国家としても安定し、発展します。逆に不倫が当たり前のような国家は衰退します。国家といっても最小単位は家庭です。そこで正しい家庭観を学べない人が増えると、犯罪が増え、離婚が増え、子供を産めなくなり、人口衰退や福祉面の費用が掛かります。働く人が減り、国家からの補助失くして生活できない人が増えることは国家としてはマイナスです。

 

家庭調和している家庭が多い国ほど国家は安定します。国のする仕事が減っていきます。それこそ、幸福実現党が目指している「小さな政府」への道です。各家庭いろいろな事情があり、家庭も魂修行の場で、家庭調和も難しい時期もあるかもしれませんが、全体でみるなら家庭調和こそ国家安泰の道です。不倫は「背信行為」であることを知る必要があります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)