幸福実現党 こうの一郎オフィシャルブログ

幸福実現党 こうの一郎のブログです。


NEW !
テーマ:
お昼、長岡副代表と細島の食堂で、評判のマグロ丼を頂きました。美味しかったです(^_^)v

9月29日(木)は日向後援会にて支援者回りをさせていただきました!

朝は、Y建設へ表敬訪問、T所長が笑顔で迎えてくださいました。いつもご支援をいただき、感謝しています。いつかお役に立てるよう頑張ってまいります。

K自動車のY社長も20分位時間を取っていただき、いろいろな話を伺えました。北御門さん、長岡副代表との同級生の方で、快く迎えていただいてます!ありがとうございます。

午後からは塩見、神門方面まで足を伸ばしました。いつもご支援くださっている方々からはたくさんの激励をいただきました。

台風で床上浸水、裏の土地が削られたり、被害があったことを知りました。もっと早く伺えばいろいろお手伝いできたと後悔の思いが出ました。

床上浸水宅には地元の中学生、高校生のボランティアが来てくれたそうです。たいへん助かったと言われていました。素晴らしい相互扶助の精神があり、感動しました。

たくさんの支援者と会え、良かったです。変わらず御支援いただけることに、日向後援会の皆様の地道な活動の賜物です(^_^)v

長岡副代表はじめ日向後援会の皆様、そして支援者の皆様に心から感動しております。

次に向けてチャレンジしてまいりますd=(^o^)=b





Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「活動」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

樹木は長寿
 この地上の生物にはすべて寿命があります。その中で一番の長寿が樹木です。人間は長く生きた人でも100歳、最長で120歳ぐらいです。長寿といわれる亀でも150年ぐらいの記録があります。しかし樹木は短命のものもありますが、ナブ150年、カラマツ300年、ナラ2000年、セコイヤ4000年。屋久島の縄文杉は樹齢推定6000年。気の遠くなるような時間を生きている樹木があります。

高さもアメリカのセンベルセコイヤ(レッドウッド)は樹高124メートル、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート高さ154.3m/地上43階よりひと回り低いぐらいです。

 
日本の樹木の種類
 世界には訳8000種類の樹木があるといわていますが、そのうち日本には2200種類以上の木本植物(草類は草本種類)が生息しています。その中には外国産樹や外来樹種も含まれています。たとえばイチョウ、モモ、キンモクセイなどは中国、ハナミズキは北米などの外来の樹木です。。全体の約3割の樹木が日本に生息しています。日本固有のものは1700種以上あります。

 この豊富な樹木が生息できる理由は、日本列島は南北3000キロに渡って亜寒帯、冷温帯、暖温帯、亜熱帯という広範囲の植物帯を持っているのと、列島全体に高い山を持っている垂直分布にも恵まれているためです。

森林大国日本
 日本は先進国の中でも、有数の森林大国です。国土面積〈約3.776万ha〉に占める森林面積(2512万ha)にすると、日本は森林率が67%、国土の三分の二が森林となります。これは世界の中でもトップクラスです。同時に木材消費大国でもあります。しかし豊富な森林資源がありながら、日本産の木材は2割で、あと8割が外材を利用しています。コスト面で外来の材木に勝てません。最近は日本木材も活性かれつつあり、その価値も見直されています。

 逆に量は少ないですが、日本から輸出している木材もあります。日本は世界でも有名な良質の広葉樹の輸出国です。北海道産のミズナラは北欧でビールや
ウィスキー、ブランデーの樽や家具の原材料になっています。二世代にわたって使用できるということで評判です。

 日本の木造技術
 世界最大の木造建築は日本の独壇場といわれています。現在する世界最大の木造建築は奈良の東大寺の大仏殿だといわれています。聖武天皇の時代(749年)建築、その後2度の火災で現在の東大寺大仏殿は1708年江戸時代のものです。しかしそれよりも古く大きなものが出雲大社であることが判明しています。現在の出雲大社は江戸中期に再建されていますが、実際は当時72メートル以上、一説によると100メートルを超えていたのではと言われています。現在その痕跡となる柱の跡が発掘されました。 

また、木組みの伝統手法も優れています。釘や金具、接着剤を一本も使わずにかなりの強度があります。伊勢神宮の式年遷宮はその技術を守るために20年に一度行われます。ただ現在は井パン住宅の木造建築の技術を持った大工さんの技術の継承ができていなく、このままでは日本の木造住宅の建築技術がすたれていくのではと心配しています。 

木は二度生きる
 樹木は伐採されてからどれぐらい生きる(使用目的としての耐久)のかというと、一般には伐採時の樹木の年齢と同じぐらいと言われています。樹齢1000年の大木であれば、木材として使われる場合は1000年耐久できることになります。有名な法隆寺の正倉院の校倉(あぜくら)つくりは749年建造ですから、1200年以上も風雪に耐えています。使われているのがヒノキです。条件さえよければ1000年以上持つことが証明されています。

 素晴らしい伝統を持った日本の木造建築技術を絶やしてはいけないと考えています。また日本は先進国ではまれにみる森林大国です。そして森林は時間がかかりますが、再生できる資源です。いろいろな問題はありますが、日本の大切な伝統技術を守りながら、日本の林業が活性、復活することを切に願っています。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 夢を描く力
夢を描くことは実際に実体としての力があります。「夢を描けば実現化してくる」とそういう力が働いてきます。 

成功こそ夢に見よ
大川隆法総裁の『人生に勝利する詩』の中の一説には「敗者は敗者の夢を見る 勝者は勝者の夢を見る 同じく夢を見るならば 勝者の夢をなぜ見ぬか 勝利の夢をなぜ見ぬか 常によき夢見続けて 初めて勝利の時至る」とあります。負け犬根性がついている人は実は自分自身がその道を選んでいることに気づかなくてなりません。勝利の夢を描くことが常の人は、すでに自分が人生において勝利していることを知っていると説かれています。

 

夢を持続させること・ビジョンを持ち続ける・それは未来の開拓「意志の領域における夢の持続が大切」と「成功への確信」は必然的に成功への意欲の持続を生み出します。成功するには常によき夢を見続けること、持続させること、実現した時のビジョンをありありと描き続けることです。そして夢を見ることによって実は未来開拓が始まってきつつあるのです。

単なるドリーマであってはいけない。その夢を実現するために、具体的にどれだけの努力・精進をすることが大切です。
夢の実現に向けては自分なりの目標を明確に持つべきです。まず大きな目標を立てることが大事。そしてそれを達成するまでの途中における小目標や中目標などの中間目標をある程度決めておく必要があります。

 人生の設計
夢をいだくことは人生設計をすることになります。ゆえにできるだけ素晴らしい人生設計をすること。設計図と言っても、そう難しく考えることはないのです。要は夢を抱くか、夢を描くかどうかです。夢を抱く人は他の人を元気にします。 

大川隆法霊言全集36巻天御中主神の中に心のなかに描いた夢を、その想いを、持続せよ。把持せよ。断じて投げ捨てるな。そうして、夢がすぐさま実現しないといって、それをあれこれと気を病むな。汝が心のなかに描いたる夢は、地上を去りたる霊天上界において、数多くの高級霊によって確かに見届けられているのだということを知れ。彼らの力を信頼せよ。夢を抱くのは、自らの努力である。しかし、夢を実現する力は、汝らだけの小さな力ではないということを知れ。夢を描いたとき、その夢の実現をたすけるべく、高級諸霊が、日々、動いていることを知れ。されば、夢を描くことに努力せよ。次に抱いた夢を持続せよ。

 
神秘的な作用
汝らが祈りは、すでに聞き届けられているということを知れ。」夢は必ず、あの世、すなわち、実在界の守護霊・指導霊たちに通じます。しっかりと夢を抱いている人ならば、その人の夢がどうやったら実現できるかを、守護・指導霊は考えていればよいし、それに沿ったインスピレーションを与えればよいのです。

 

現実主義となるなかれその時期を限るな
「やがてあたえられるであろう。与えられるものを、大いなる感謝の気持ちで受け取って行け。」結果主義となってはならない。また結果を恐れてはならない。大切なことは結果を求めてはならない。結果は与えられる、いや与えられるときに黙って受け取ればいいのです。それより大切なのはその時の心の状態です。無垢な自分、引っ掛かりのない自分、囚われのない自分であること。

 夢を見ることは神の一部
夢は自由です。夢の中では想像は自由自在、どのような夢を抱くこともできます。夢には限界がありません。神は創造する力がありますが、人間も同じ創造の力を夢を通して得ることができます。ゆえに自分の神の一部です。神の一部だと知っていることは人生を生きるときの勇気につながります。

 夢なき人間は老いた人
夢なきとき、人は老いたのと同じです。夢を持つ人は永遠の若者です。人生の敗北者の多くは「自らが、自らの夢を捨て去った」ということに気づいていません。永遠の若さを保つ力とは、夢を抱く力、想う力です。

 「夢」を持つことの大切さ、多くの方が夢を持ち、それに向かって努力・精進する社会は素晴らしい世界を作ると確信しています。私も夢を抱いています。それは宮崎初の宗教政治家になることです。宗教の大切さを説きながら政治を行い、政策を実行し、日本を宗教立国とし、平和で自由で発展した国にします。そして日本を世界のリーダーとして世界の平和や発展に貢献できる誇り高き国にすることが夢です。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
宗教政治家 幸福実現党 こうの一郎です。

 皆さまの一日が素晴らしいものになることを心から祈念しています。

ご先祖に感謝する日が秋の彼岸です。彼岸の考え方は、日本独自で、浄土思想と結びついたものです。 浄土思想では、極楽浄土は西の方に彼方(かなた)にあるとされています。これを西方浄土ともいいます。

 ちょうど春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むために、この日が彼岸の日となっています。 西に沈む太陽に拝礼して、西方にある浄土、極楽浄土に思いをはせたことが彼岸の始まりといわれています。

 806年、時の崇道天皇の詔によって彼岸会が始まりました。護国の国分寺の僧侶に命じて「七日金剛般若経」と読誦させたとされています。 これが先祖供養と結びついて現代まで続いています。

 先祖に供養の心を手向けることは、大切な事です。生きている子孫から供養の心や感謝の心が先祖に届きます。先祖の方々は霊としてあの世で生きているということです。

 「死は永遠の別れではない」死は悲しいものです。一般の人は死ねばすべてがなくなり、無になると信じています。しかし、本当でしょうか。2500年前お釈迦様が説かれた天国・地獄の教えはウソだったのでしょうか。どうして世界中に宗教があり、先祖を祭るでしょうか。それはあの世があるからです。

 真実は一つです。人間は霊的存在です。今生きている人間も魂という霊的エネルギーを体に宿して生きているのが真実です。そして死を通して肉体から魂は離れ、あの世へと旅立ちます。

 「彼岸」「お盆」など地上の多くの人があの世への思いを発していくと地上とあの世が通じやすくなり、あの世の御先祖様に地上の人の感謝や供養の心を届けることができます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リオデジャネイルオリンピックも終わり、現在はパラリンピックが開催され、連日放送されています。

オリンピックでシンクロナイズスイミングの結果をニュースで見ていた時に、コーチの「井村雅子さん」が気になりました。あれ、またコーチとして復活されたのかなと思いながら、実際にはここ数年メダルから遠ざかっていた日本のシンクロナイズスイミングに今回のオリンピックにおいてデュエットとチームともに銅メダル獲得。当然選手の頑張りがありますが、井村コーチの指導力に興味を持ちました。

先日市内の書店に行ったとき、この本「シンクロの鬼と呼ばれて」井村ヘッドコーチの本に遭遇し、早速購入、一気に読ませていただきました。

感想ですが、井村コートの指導力・人間観察力・指導力に感動でした。実際井村コーチが携わった大会・オリンピックは日本のみならず中国でもメダルを獲得しています。この題では「鬼」となっていますが、「信念の人」でした。

北京・ロンドンのオリンピックにおいては中国を指導され、実際に北京ではチームで銅、ロンドンではチームで銀とデュエットで銅とメダル獲得しています。

井村ヘッドコーチが中国を指導してメダルを捕ったオリンピックでは、日本は逆にメダルを取れずにいました。それが今回のリオでは、再び井村ヘッドコーチが指導すると、デュエットとチームで銅メダル獲得です。井村コーチの指導力はすごいものを感じました。

勝負に対する確固たる考え方、指導方針において絶対ゆずないときは中国の高官とも渡り合い、意見を押し通す胆力、そして「強い者が勝ち、弱いものが負ける」「練習は嘘はつかない」などスポーツ哲学をもっている井村コーチでした。

厳しい練習・非情なまでの選手選び(チーム)、メダルへ執念と思えは、一人一人の個性を大切にしながら、能力を引き延ばそうとする姿勢、選手を信頼し、選手のために心身を注ぐ姿勢など理想の指導の姿が随所にちりばめられている本でした。

「心を育てる」から
「「シンクロの鬼」なんて呼ばれて、私の厳しいところばかりが言われますけど、スポーツの魅力って、自分の壁を打ち破ることにあると思うの。スポーツは体力や能力を育てるためでなく、心を育てるためのものでもあるんです。
 子供たちに、自分の作った壁を突破する快感を得させてやれるなら、それも私の役目だとおもっているの。」
『シンクロの鬼と呼ばれて』井村雅代より




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日四国今治市に一泊をしたとき、目の前が「しまなみ海道」でした。朝、「しまなみ海道」を散歩する機会があり、いくつか発見したことがありました。



「しまなみ海道」の正式名は西瀬戸自動車道で尾道・今治を結ぶ道路です。利用することのない九州人にとっては実際橋をまじかに見てその凄さや感動があります。

「しまなみ海道」
総事業費は7,464億円、当初の5850億円より大きくなりましが、これは神戸~鳴門ルートの半額以下で出来ています。

1973年起工式、最終的に完成するのが2006年12月です。「しまなみ海道」の特徴は向島、因島、生口島、大三島、伯方島、大島など
沢山の島を結んでいることです。延長59.4㎞あります。

「しまなみ海道」の建設に向けては、瀬戸内海独特の理由があります。島が多く海道が狭い場所や流れの早い場所もあり、2度の大きいな船舶の沈没事故があり、500名近くの方が無くなられました。

「しまなみ海道」の特徴
は歩行者・自転車・原付自転車も渡れる橋です。実際今回止まったホテルがサンライズ糸山も「しまなみ海道」をサイクリングする人たちのためのホテルでした。


「しまなみ海道」では歩行者は無料で橋を渡れます。自転車は500円ですが、現在は無料期間となっています。実際ホテルから朝のウォーキングで「しまなみ海道」に入ってみた景色は絶景でした。朝6時過ぎでしたが、ウォーキングの方々やサイクリングの方が何人も出会いました。

橋の上を歩行やサイクリングできることはすごい爽快で気持ちがいいと思います。自分もいつか「しまなみ海道」を自転車でわたってみたいなを素直に思いえました。

止まったホテルにはレンタル自転車がたくさんありました。土日・休日はすごいいっぱいとのことです。あの自民党の前幹事長のT氏も来られていました。

「しまなみ海道」人や自転車・原付自転車も渡れるオープンな橋に感動、県外からもたくさん来られていました。サイクリングの世界大会も開催されるようになった「しまなみ海道」は魅力的な大橋でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)