幸福実現党 こうの一郎のブログ

幸福実現党 こうの一郎のブログです。


NEW !
テーマ:
11月29日の産経新聞の一面に九州電力川内原発1号、2号機が立地する鹿児島県薩摩川内市議会は28日、臨時会議を開催して、再稼動に容認する陳情を賛成多数で採決しました。これにより、岩切市長も同意を表明しました。

原発新基準に成ってから国内初めて地元の自治体が再稼動を認めたことになります。全国の原発再開の流れに勢いがつくと思われます。

岩切市長のコメントに「日本の経済発展のために、国が責任を持って再稼動させられる原発は動かしてほしい」といわれています。

今、日本経済は瀬戸際にいます。今年消費税増税のみならず、来年また消費税を上げる議論がこれから始まります。そして福島原発事故により、一気に国内全ての原発を止めたため、化石燃料によるエネルギーの需要が増え、化石燃料輸入が一気に増加し、貿易赤字を生んでいます。

電気料、ガス代など軒並み上がっています。しかし、このまま原発を止めたままであれば、更にエネルギーコストがかかり、更に電気料・ガス代などが上がることは確実です。

脱原発を宣言したドイツでさえ、いまだに数基の原発が稼動しています。日本は島国のため電気を輸入できない事情があります。エネルギー自給率4~5%の日本において現段階においては、原発が必要です。

今回の川内原発再稼動は年明けとなります。今回の川内原発再稼動は日本のエネルギー事情において、大きな希望になります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:
おはようございます。本日も素晴らしい一日になりますことを、心から祈念しています。

28日(火)無事ハッピーカフェ収録!

今回は、幸福実現党上條部長の市議時代の体験を2回に分けて収録しました。

上條部長の市議時代、韓国と台湾を視察されたときの感想です。

あらためて日本に対する韓国と台湾の対応が分かります。

放送は、11月1日と11月8日になります。



いつも裏方で頑張ってくださっているシゲさんと村井広報担当です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


本日も秋空の下、日本の誇りを取り戻す訴えをさせていただきました。

穏やかな朝の雰囲気の中での辻たちでした。

顔なじみの方も何人かできました。気持ちのいいあいさつはお互いうれしいですね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
26日日曜日 宮崎県本部にて幸福実現党本部より上條部長をお迎えしての学習会がありました。


たくさんの経験談や智慧を頂きました。上條部長本当にありがとうございました。



何もないゼロからのスタートをして、青森・八戸で市議当選された上條さん、体験談を面白おかしくお話をされましたが、ものすごい苦労をされたのがよく分かりました。

「汗は裏切らない」というお言葉を頂きました。肝に銘じて来年の市議選に向けて、宮崎県も死力を尽くしてまいります。

3人の方の発表もあり、宮崎県本部来年の市議選に向けて頑張ってまいります。






いいね!した人  |  コメント(0)


テーマ:


今日の宮崎市の旭

昨日と同じ、水平線から昇りました!

今日も素晴らしい1日となりますことを、心から祈念しています(^-^)



Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
11月8日のハッピーカフェは高鍋が生んだ偉人「石井十次」と「養子」についてです。

石井 十次(いしい じゅうじ・1865年5月5日 - 1914年1月30日)宮崎県児湯郡高鍋町馬場原(こゆぐん たかなべちょう ばばのはる)に生まれました。

明治期の慈善事業家として有名です。

岡山孤児院を創設し、その功績から、「児童福祉の父」と言われています。

彼は岡山で医師を目指して、岡山医学校(現在の岡山大学医学部)の医学生として研修中に、ある孤児を引き取ったことを経緯に、キリスト教信仰に根ざした孤児事業に専念する人生を選び、医師として働くことを断念し生涯を孤児救済に捧げました。

キリスト教信仰をベースにして岡山孤児院を創設しています。岡山孤児院はすでに存在しないが、石井記念友愛社(宮崎県)と石井記念愛染園(大阪府)が後を引き継ぎ、各種の福祉活動をおこなっています。十次自身熱心なキリスト教信者でした。

現在のような豊かな時代とは違い、「福祉」という言葉さえ定着していなかった明治20年に、22歳の若さで孤児救済の事業に着手した石井十次です。彼が我が国の児童福祉の先駆者です。

 石井十次は、施設を「教育院にして養育院にあらず」として、ただ単に食べさせるだけではなく、「社会に出て社会に貢献する活力ある人物を輩出せしむる」という、非常に積極的な教育観を持っていました。

 労働を通じて教育をすることが大切であるとの信念のもと、実に3,000人を越す孤児救済に生涯を捧げた。 

 石井十次を支えたのが、倉敷紡績の社長の大原孫三郎です。大原美術館を建てた篤志家です。運営においては、石井十次は寄付金にたよりました。たくさんの人から、援助してもらっています。

 約7000人が死んだと言われる濃尾地震や東北の大飢饉東北地方(冷害による大飢饉)のとき、多くの子どもたちが親に捨てられたり、売られたりする中、石井十次はたくさんの孤児を引き受けたのです。親がいても貧しくて育てることができない子どもも引き取りました。この石井十次の活躍のニュースはアメリカにもが伝えられました。


本日は「養子」について
現在のような年金制度、福祉がなかった戦前ですが、飢え死にをした老人は、まったくと言ってよいほどいませんでした。それは子供が親の面倒を見ることが当たり前になっていたからです。

 そして子供がなかった人は、養子をとり、自分が元気に働いているときに教育をつけて、きちんと老後の面倒を見てもらうようにしていました。

 戦前は、このように、実の子供に面倒を見てもらうか、養子に面倒を見てもらうかしていましたし、そうでない場合でも、兄弟などの親戚が助け合いをしていたのです。

 こういうかたちであれば、年金制度などがなくても本当は困らないはずなのですが、今は、「家族に面倒を見てもらう」ということを忘れた社会へと移行中です。

 アジアあたりであれば、年収が日本の百分の一しかないというような国はたくさんありますからね。 そういう人たちに教育を受けさせて、職業に就けてあげるのも一つの方法です。

 生みの親か育ての親という問題ですが、霊的人生観から「養子」を見れば、生まれ変わりの過程では、いろいろな人間関係で生まれています。たとえば今回は自分が親、次回は自分か子供、その次は親友で・・・などです。ですから、親子・養子という関係が重要というより、その後の人間関係により、魂が成長する方向になるかどうかの方が重要です。

 「養子」も考え方を変えれば、一人の方の人生をサポートするのみならず、親側も面倒を見てもらうという持ちつ持たれつのいい関係になればよいわけです。
/font>
いいね!した人  |  コメント(0)


テーマ:


おはようございます(^-^)
今日の宮崎市の旭は、水平線から昇る旭でした!

今日も素晴らしい1日となりますことを、心から祈念しています!



Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
おはようございます。本日も素晴らしい一日となりますことを、心から祈念しています。

高千穂 国見ヶ丘 


宮崎県 西臼杵郡高千穂町大字押方、雲海が見える場所っとして有名です。場所は高千穂の街から車で10分程度です。


 東には、神話伝説、史跡を豊富に有する高千穂盆地、西には阿蘇外輪山、五岳が横たわっています。北には九州山地の主峰・日本百名山の一つである祖母山(標高1756m)がそびえています。

、南には日本書記による天孫降臨の地と伝えられる二上山(ふたがみやま)に続く椎葉の山々が連なっております。

 神武天皇の御孫にあたる建盤竜命(タテイワタツミノミコト)が筑紫の国(九州)統治の命を受け、下日向県(しもひゅうががた)を経て阿蘇に向かう途中、ここで四方をのぞまれました。これにより「国見ヶ丘」と伝えられているとの事です。


 高千穂の雲海の名所としても知られております。

 標高513mの国見ヶ丘の雲海は秋9月中旬~11月下旬の早朝日の出後1時間くらいまでが見頃といわれています。

 雲海が見える条件としては、何日か晴天続き、前日に少し雨などが降り湿気があり、そして昼と夜の気温差の大きい無風の朝がベストです。

 温度差15℃以上、適度に冷え込んだ晴天、晩秋の朝はかなり冷え込みます。

 雲海を見る事の出来るのは秋ですが、 運が良くないと見ることが出来ないから「運海」といわれるのでしょうか?

冬は気温が低すぎて雲にならず、春や夏、ごくごく稀に雲海が見られる事はあります。

(雲海を見ることが出来なかった時は、現地にあるモニュメントの写真を・・ご覧ください。当方撮影です。)

国見ヶ丘の手前までは車でいけます。駐車場にはトイレあります。そこからすぐ目の前に国見ケ丘に登れます。


「東京裁判」
来年は戦後70年です。今一度、先の大東亜戦争の意味を日本人自身も考えなおす時が来たと思います。

東京裁判,正式名は「極東国際軍事裁判」といいます。(このブログは6月27日記載)

現在日本の誇りを取り戻す運動をしていますが、この「東京裁判」も避けて通れない大きな大きな問題です。

 この東京裁判により、戦前の日本と戦後の日本はまったく別の国になりました。誇り高き国から自虐史観の国へと変貌しています。

マッカーサーの役割
 日本弱体化のためにやってきたマッカーサー元帥,その名のとおり,日本を赤色(左翼)に染めてしまいました。

 当時のアメリカの日本に対する認識は、非常に低く、日本人を人間と思っていないところもあるぐらい、野蛮で遅れた国と言うイメージを持っていました。

 その日本を,実験台にして、左翼(赤色)の流れを吹き込み、日本の誇りを無くさせました。

歴史の断罪
 マッカーサー元帥は日本に着くなり、連合国最高司令官として、日本の指導者250人をA級戦犯として、投獄させました。そのうち、28人を起訴しています。

 戦争に敗れ、精神的打撃を受けている日本に、戦勝国11カ国によって、一方的に裁いたのが東京裁判です。

 この裁判により、東條英機元首相以下7人に絞首刑、16人に無期禁固刑、2人に有期禁固の判決をしました。ナチス・ドイツの戦犯処刑よりも重いものでした。

 東京裁判と併行して、上海,マニラ、シンガポール,ニューギニアなどで、軍事裁判を受け、1068人が、絞首刑・銃殺されています。B級、C級戦犯として、5500人が逮捕されています。

 戦争に協力したとして、中堅指導者層21万人を公務から追放する暴挙にも出ています。

日本弱体化政策
「神道指令」と称し、日本の精神であった神道を,保護、支持、保全することを禁止しました。

 日本軍を強くしてきたといわれる家族制度を崩壊させ、歴史や伝統を否定。
 
 戦争の名称を「大東亜戦争」から太平洋戦争に変更させました。

 素晴らしい内容の「教育勅語」を廃して、教育基本法を押し付け、日本人の愛国心を無くさせました。

左翼勢力の台頭
 戦争を反対していたとして、GHQは獄中の左翼勢力を釈放、それを利用しました。左翼勢力も、「アメリカ解放軍万歳!」と叫び、マスコミとグルになり、戦前の政府を徹底的に叩きました。

 又、日教組も,実はGHQの手で育てられ、新憲法を礼賛し、その擁護を誓い、自虐史観を教育に入れました。

 今でも「東京裁判」の悪影響が日本の根底に流れていることを知らなくてはなりません。

 最終的には,先の戦争のフェアな判断、本当に日本のみが悪で,他の連合軍は善であったかを検証すべき時がきました。




いいね!した人  |  コメント(0)


テーマ:


おはようございます(^-^)
今日も素晴らしい1日になりますことを、心から祈念しています!





Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


おはようございます(^-^)

今日も素晴らしい1日になりますことを、心から祈念しています!

本日は土曜日、ハッピーカフェの日です(^-^)/

9:00~9:30

全国どこからでも聴くことができます!

スマートフォンなら
「FM++」か無料でダウンロードできます

パソコンからは、「サンシャインFM」検索 サイマルラジオで聴くことができます




Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード