幸福実現党 こうの一郎のブログ

幸福実現党 こうの一郎のブログです。



テーマ:

商船三井の貨物船の支払い

商船三井が損害賠償40億円を支払たニュースが飛び込んできました。これにより、本格的に中国での訴訟問題が始まりです。


日本の風潮として、正論で戦うより、お金で解決する安易な方法をとります。しかし、これが中国の狙いです。


第二の商船三井問題発生

今朝の産経新聞の記事に、「天津でも戦争賠償訴訟 反日団体準備 最高400億円か」


 この記事を見て、これからが本番だと感じました。中国国内では政府の許可がない限り、このような訴訟問題はできません。当然中国政府が指示していることを知るべきです。国家対国家の戦いです。


中国政府の怖さを知るべき

 別の記事では、中国は日本の排他的経済水域(EZZ)で中国の海洋調査船が12日間連続で調査活動をしています。



 日本政府が再三中止するように勧告しているが、中国側は無視し続けています。相変わらず、日本政府は最終兵器の「遺憾です」を発射しているだけです。


 中国の調査船を捕まえるぐらいすべきです。中国は日本をなめて、やりたい放題です。何かあったら脅せば謝る、お金を払うパタンーができ上がっています。


一昨年の中国暴動で損害賠償を請求できない日本

中国で反日暴動があった時、日本企業や日本政府は一切賠償金請求をしていません。国際常識では考えられません。


 また、中国政府からのお詫びなども全くありません。本当に日本は独立国なのか疑わしいです。ある意味、日本には主権が無く、中国の属国のように感じます。


中国の言いなりか

 中国は日本に対して、尖閣諸島でもやりたい放題、中国国内での日本企業いじめもこれからどんどん始まるでしょう。韓国と組んで世界で反日運動をしている中国です。


 日本は現段階ではすべて後手後手です。事なかれ主義、平和主義などが通じない中国共産党、習近平氏の実態を知るべきです。


 


 日本とアメリカの関係を壊し、アジアでの米軍の力を無くしたい中国。オバマ大統領の来日で盛り上がっている日本ですが、それを揺さぶっている中国の心理作戦、外交上の戦争を仕掛けられています。まさに「超限戦」です。

いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:

 本日(4月22日火曜日)「ハッピーカフェ」の5回目、6回目の収録が無事終了しました。


 今回もなかなかハード内容のハッピードライブ、運転が下手で、時間オーバーになり、取り直しもありました。ありがとうムンクの叫び



いつも、明るいサッチャンです。イケてる

イチローさん、助けていただいています。お願いクマ


 

 5回目のゲストは高畑本部長です。初めての女性のゲストでスタジオは盛り上げっています。ハッピーHAPPYHAPPY


パワフルな高畑本部長の秘密にも迫ります!


 トークのメインテーマは、「ウツの対処法」です。

5月連休前後の「ウツ」の方が増えるといわれています。

処方箋について語っていただきました。おー!!




 

陰のディレクターの村井さんの登場です。

 OKが出ないときもありますーaya


無事終了、4時間かかりましたーぺこり

少しずつレベルアップしていると自負している二人です。


毎週土曜日、朝9:00からは「ハッピーカフェ」ラジオ。でお会いしましょう!


☆スマートフォンなら、無料アプリでリアルタイムで聴けます。HAPPY

「FM++」検索、ダウンロード


☆PCなら「サイマルラジオ」か「サンシャインFM」検索で視聴できます。クラッカー**




いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

習近平による日本への圧力

 いよいよ習近平による、反日もエスカレートしている感じがします。


 中国で差し押さえられた貨物船「バオスティール・エモーション」は三井商船と上海の宝山製鉄との間で鉄鉱石の輸入専用の船です。


 鉄鉱石をオーストラリアから運んで、上海の離島、馬跡島の港で鉄鉱石を下ろし始めた19日に差し押さえられました。


 1936年、日本と中国との海運会社間での船舶賃貸契約が発端とされています。戦前のことを現代に持ってきて強制執行です。


 習近平の反日が言論だけでなく、日本企業の資産没収という実力行使に入ったと見るべきです。前々から警告はしていましたが、いよいよ来たかという感じです。


国際的に非常識な中国

 1972年の日中共同声明で、中国政府は戦時倍賠償の放棄を明記しています。今回の問題は個人の訴訟であり、中国政府とは関係ないという解釈です。あきれるばかりです。


 日本の菅官房長官は「きわめて遺憾だ。日中国交正常化の精神を根底から揺るがしかねない」と表明しています。

 

日中関係

 日本もいいかげん、中国がどういう国かしっかり国民に知らす時期が来ています。


 中国政府は「日中共同声明を断固守る立場に変化はない。外国企業の合法的な権益を法に基づいて守る」と平気でいう神経は常識では考えられません。


なら、現在只今の問題、商船三井を守るべきです。


 中国共産党という国が、中国国内や近隣の外国でどうようなことをやってきたか、全てを日本国民に知らせるべきです。それを知ってからどう中国と付き合うか考えるべきです。


今後の日本の対応

 中国の仮想敵国は「日本」です。この意味をもっと真剣に考える時期に来ています。


 「ウソも100回言えば真実に生る」そんなお国柄の中国です。商船三井の件は始まりです。これからどんどん中国国内で訴訟問題が起きてきます。日本企業が差し押さえされるでしょう。


 中国をまともな国として付き合うこと事態、私はナンセンスだと思います。日中国交正常化とは、中国側からすれば日本から賠償金を取るぐらいの意味です。


 国と国との条約・約束を守れない三流国家中国がお金と軍事力だけがどんどん増えています。恐ろしいことです。これを止めるはずのアメリカは衰退し、世界の警察を辞めました。


 中国が日本のことをはっきり「仮想敵国」として扱ってくださっているなら、日本も同様に考えて行動すべきです。日本に対しても戦争や侵略まで考えている国です。


そうならないように智慧を使い、色々な国と協力体制を作り、中国の覇権主義をやめさせる包囲網を作るべきです。


謝罪外交や平和外交が通じる相手ではないことを早く認識すべきです。


 


















いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

第5回目のドライブは

「皇宮屋」「皇宮神社」です。


 神武天皇の宮崎の宮の皇居跡です。


 神武天皇は諸県の高原郷の狭野原、今の高原町狭野で生まれました。

 そして15歳にして皇太子に即(つ)かれ、宮崎に移られました。

大和地方に出る45歳まで、この皇宮屋に居されたといわれています。


 宮崎神宮元宮です。

 「皇軍」発祥の地ともいわれています。

当時、神武天皇をお守りする人々が存在し、東征の祭お供したのが、皇軍発祥の地のこの場所です。


 神武天皇がそぞろ歩いたとされる「皇道の坂」も近くにあります。

 神社はじゃりの参道があり、とても静かな場所です。ゴミもひとつもなく、霊域・パワースポットでした。


 早朝、雨の中での参拝でしたが、心が洗われました。初代の天皇、神武天皇が45歳までここで過ごされていたと思うと、宮崎県の重みや当時の様子、日本の歴史を感じました。


今日は皇軍発祥の地のお話をしましたが、今話題になっているのことに『集団的自衛権』があります。


この『集団的自衛権』とは、一体どういうものでしょうか。




これは正当防衛が集団(日本とアメリカ)の時どこまでできるかということです。


たとえば、友達といっしょにいて、友達が凶悪犯に襲われたとき、あなたはどうするのですかという問題です。




幾つかの選択があります。

①友達を護るためにいっしょに凶悪犯と戦う

②言葉だけで止めに入る、

③誰かに助けを求める、

④知らない顔をする、

⑤自分も危ないから逃げる




これが日米安全保障条約を結んでいるアメリカとの関係で実際に他国と領土問題などで紛争が発生したとき、日本はどうするのかということを真剣に考える時期きています。




同盟国なら①のはずです。しかし、今の日本だと②~⑤の可能性があります。




現実にそのような事態がおこる可能性が極めて高くなりました。




今は、有事の際は日本は後方支援という形になっていますが、現実に紛争なったとき、「集団的自衛権」が必要ではないかという議論です。




もしアメリカ軍が攻撃されても、日本軍は何もできません。日本のためにいっしょに紛争解決をしているアメリカ軍の船が沈められても、アメリカ兵が殺されても助けることができません。




逆に、アメリカは日本を本当に助けるのかという問題もあります。今度来日しますオバマ大統領ですが、「アメリカは世界の警察を辞める」と明言しています。世界の紛争にはアメリカは関係しないと明言しています。




今まで、世界の警察アメリカが怖くて、おとなしくしていた国にもたくさんありました。




これからは世界の紛争は当事者同士で解決することになります。国連が無力であることはここ数年の国際紛争で証明済みです。力の強いほうが正義になる可能性が強くなりました。




集団自衛権があると戦争に巻き込まれるという議論もあります。




イチローをしては、凶悪犯が日本を狙っているのは明らかです。そのときにまだ、日本は平和を愛している国ですからと言って『集団的自衛権』すら行使できない国なら、アメリカから見捨てられます。




集団的自衛権行使できないなら、独自で国を護れなければならない時代に入ります。




今日は『集団的自衛権』の問題を考えました。個人の幸福というより、国家の幸福を考えました。




ただ、今ある幸福・平和は決して何もしなくて天から与えられたものではないということです。多くの先人達の命を懸けて日本を護ってくださった上に成り立っている幸福だと思います。



これから来る世界の情勢は非常に厳しいものがあります。私たちは冷静に世界の情勢を見ながら、次の世代の青年や子供達に幸福を渡す責任があります。




イチローは戦争は反対です。しかし、平和を訴えていれば平和が来るという安易な考えは持っていません。それ以上に他国の侵略を許してはならないと考えています。




皆様は、どのように思われるでしょうか。まずは考える材料にしていただければと思います。













































いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:

 毎日、毎日、私たちの仲間「まつざわ力(いさお)が鹿児島の地で頑張っています。


 弱冠32歳の薩摩隼人、元気、体力、気力、そして政策を備えたホープです。



若い力こそ鹿児島に必要ではないでしょうか。


鹿児島2区の皆さま、まつざわ力(いさお)に一票をどうそよろしくお願いします。






いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

ハッピードライブ4回目 「平和台公園」です。



 「八紘一宇」で有名な平和台公園です。平和の塔といわれています。

(写真は2月の釈党首 IN 宮崎の写真ですパー


 

塔を上る前の参道の目印の石の上で手をたたくと、「パン、パン」と塔と共鳴します。




 1964年の東京オリンピックの聖火リレーの第二スタート地点も平和台公園でした。



この塔を作っている石は、世界各地から集められて1789個(たて45cm、横60㎝)を使っています。


塔の高さ「36.4メートル」

四隅には四魂像(時計回りで 正面東―「奇御魂くしみたま」、南―荒御魂あらみたま、西―和御魂にぎみたま、北―幸御魂さちみたま)



内部には、天孫降臨、神武天皇即位、葦原中国平定、明治維新、世界地図、紀元2600年が書かれたレリーフがあります。


1942年発行の切手や明治時代のお金にも「八紘一宇」の塔が使われていました。

 

『八紘一宇』の意味

「掩八紘而爲宇」(=八紘(あめのした)を掩(おお)ひて宇(いえ)と爲(なさ)む))が語源となっています。(「日本書紀」巻第三神武天皇の条)


「八紘」 四方八方 

「一宇 」屋根で一つの家のようにする

「世界を一つの家のようにする」という意味になります。


 日本中心として世界に屋根をつくり、一つで家族のように和を持って暮らすイメージです。


ところが、このイメージが悪く取られたのが、先の大東亜戦争での東京裁判です。『日本は、八紘一宇の精神により、大東亜戦争で世界征服する』という認識です。



先の戦争、侵略か自衛か覇権などいろいろな解釈があります。イチローとしては、大東亜戦争はアジア・アフリカから欧米の民族差別をなくすという大義名分もあった戦争だと信じています。



大東亜戦争後、どれだけ多くのアジア・アフリカの国々が独立をなしとげたか。

ここで当時のアジアの国々(中国・韓国・北朝鮮を除きます)の人々が日本に対してどのように思っていたかお伝えします。



タ イ
ククリット・プラモード 元首相
「日本のおかげで、アジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジア諸国民が、アメリカやイギリスと対等に話ができるのは、一体だれのおかげであるのか。それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあったためである。


マレーシア

ガザリー・シャフィー 元外務大臣
「日本はどんな悪いことをしたと言うのか。大東亜戦争で、マレー半島を南下した時の日本軍は凄かった。わずか3カ月でシンガポールを陥落させ、我々にはとてもかなわないと思っていたイギリスを屈服させたのだ。私はまだ若かったが、あの時は神の軍隊がやってきたと思っていた。日本は敗れたが、英軍は再び取り返すことができず、マレーシアは独立したのだ。」


ンドネシア
モハメッド・ナチール 元首相
「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。大東亜戦争は、私たちアジア人の戦争を日本が代表して敢行したものです。」


ミャンマー
バー・モウ 元首相
「歴史的に見るならば、日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに貢献した国はない。しかしまたその解放を助けたり、あるいは多くの事柄に対して範を示してやったりした諸国民そのものから、日本ほど誤解を受けている国はない。」 


最後に

パラオに、ペリリュー島という島があります。
その島に慰霊碑があります。慰霊碑には、こう書かれています。


「諸国から訪れる旅人よ

この島を守るために日本軍人が

いかに勇敢な愛国心を持って戦い

玉砕したかを伝えられよ」






この詩を作ったのは戦ったアメリカ大平洋艦隊司令長官のニミッツ提督です。


親日国や親日の外国人もたくさんいまます。日本、日本人はもっと誇りを持ちましょう。

 
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

一昨日(4月18日)矢内筆勝総務会長兼出版局長が宮崎県本部に来られ、中国から「超限戦」を仕掛けられていることを教えていただきました。


419日分)では、

今何が起きているのか

アンネの日記事件 

歴史修正者

田中上奏文

「超限戦」とは

を紹介させていただきました。


今日は、後半部分の「中国(韓国)が仕掛ける「超限戦」に勝つためには」を紹介いたします。

情報戦は『世界観』で戦うべき

情報は『世界に向けて』発信すべき

情報は『英語を中心に』その国の母国語で発進すべき

日本のすばらしさを発進せよ

「JAPAN+」の活動!


情報戦は『世界観』で戦うべき

 まずは、国際社会で認められている価値観に照らして、その国の世界観が「善」か「悪」かということを発進すべきです。


 たとえば、南京大虐殺があったかどうかを議論することも必要ですが、戦略的にみると低い次元です。それより、今中国が行っていることが正しいかどうか。過去中国がどのようなことをしてきたかを日本から発信すべきです。


 中国は日本の世界観を攻撃しています。要するに日本は過去も世界の秩序を乱してきた国で、これからも乱す「悪い国」という世界観で攻撃しています。


情報は『世界に向けて』発信すべき

次に大切なことは、正しい世界観を日本から全世界で発信すべきです。たとえば、中国の習近平氏はドイツで日本を非難しています。実に効果的なやり方です。その意味では、いつも日本は後手後手です。たまには安倍首相も中国がどれほど人権侵害・虐殺をやってきたことを欧米で発表したらどうでしょうか。


情報は『英語を中心に』対象国の母国語で発進すべき

 そして、発信するときはまずは「英語」です。英語圏に発表すべきです。日本人は英語でディベートできる人が少ないため、ウソでも言い続けている国が勝っている状態です。これからは英語でどんどん日本から発信をする必要があります。


 どちらかというと、日本は中国や韓国に理解してもらおうと発信しています。しかし、その方向ではなく、全世界に向けて「中国・韓国」がどのような国であったかを発信すべきです。


日本のすばらしさを発進せよ

もう一つやらないといけないのが、日本のすばらしさをどんどん英語圏や対象国の母国語で発信すべきです。


今、世界では日本に対する「悪」の情報が中・韓から発信されています。これに打ち勝つためには、日本の「善」の部分をどんどん日本から発信すべきです。日本には正しい歴史や証拠がたくさん残っています。また、海外でも日本の「善」を記しているものも残っています。


「JAPAN+」の活動!

 矢内総務会長より、一つの提案がありました。


「日本のすばらしさをどんどん世界に英語などで発進していく」運動です。それは私たちでもできるということでした。


 要は、わが町、我が県の発信したい内容や動画、資料を送ると、それを翻訳して世界に発信してくれるということです。


それが「JAPAN+」(ジャパンプラス)の活動です。

From Japan, Peace and Liberty for Universe(世界の平和と自由に貢献する)


 使うメディアは、フェイスブック、ユーチューブ、などです。


 宮崎県本部も早速立ち上げ、戦争体験者や神話、神社などをどんどん紹介しようと思います。ぜひ、皆さんもチャレンジしてまいりましょう。


 じっとしていてはいけません。私たちの未来は私たちが創っていくのです。希望の未来を創るために、努力しなければなりません。共に力を合わせてまいりましょう。全世界の人々の平和と繁栄ため!

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 矢内総務会長兼出版局長が宮崎政党本部に来られ、「超限戦」のお話を聞かせていただきました。


今何が起きているのか

 先日、習近平国家主席中国がドイツドイツ70年余り前の大東亜戦争で、日本日本30万人の南京大虐殺をして、中国大陸で3500万人の人を殺したと訴えました。


事実無根で中国のプロパガンダですが、中国のトップは日本を仮想敵国として見ています。将来の敵ということです。


また、日米同盟を結んでいるアメリカアメリカでさえ、安倍政権を右翼化と批判します。中国の軍事拡張や尖閣諸島問題、防空識別圏問題を知っていてこの発言です。中国の方が明らかに右翼化しています。

そして韓国の徹底的な反日運動にはあきれるばかりです。


それのみならず、世界での日本に対しての認識が変わろうとしています。いや変えようとしている勢力があるのが事実です。その元になっているのが、中国・韓国などが世界に発信している反日情報です。


アンネの日記事件

 今年の2月に、図書館で「アンネの日記」本が破られた事件が報道されました。犯人は捕まりましたが、事件が全国報道された割には、犯人逮捕の後の情報はあまり流されていません。

 実は、この事件は海外メディアでも日本以上に流れています。「衝撃と深い懸念」「日本への右翼化への懸念」という見出しです。

 

 欧米にておいは「アンネの日記」はナチのホロコースト証明の象徴のような著書です。その「アンネの日記」を破ることはナチを支持しているとされます。 


 この事件の犯人は、公表されていません。なぜでしょう?それは日本人以外のグループが関わっているからです。しかもかなり組織的にです。それが国際問題になる可能性があるから、犯人の名前や顔が一切公表されていないということです。


歴史修正主義

「アンネの日記」を破ることは、いかなる意味があるのでしょうか。日本人にはわかりにくいですが、『歴史修正主義』という言葉で考えるとわかります。


  従来の歴史観と違う歴史観を主張する者に対して「客観的な歴史学の成果を無視し、自らに都合の良い過去は誇張や捏造したり、都合の悪い過去は過小評価や抹消したりして、自らのイデオロギーに従うように過去に関する記述を修正するものである」として批判する場合に用いられる言葉です。


 つまり、「アンネの日記」を破ることは、日本はドイツのユダヤ人虐殺を支持し、そして日本自体は中国がいうように南京大虐殺や中国で3500万人の虐殺をしている悪い国家となります。


 欧米では安倍首相を「歴史修正主義」というレッテルを貼ろうとしています。日本はドイツと同じく中国人をホロコーストした国家で、しかも今は軍事大国へ向かっているというイメージになりつつあります。


田中上奏文

1927年に、天皇陛下に上奏したという「田中上奏文」という怪文書が漢文と英語で全世界に流布されています。日本では誰も読んだことがないものです。


 「八紘一宇」の精神の元、全世界を征服して、植民地にするということが書かれています。当時の日本では誰一人として知られていませんでした。


 しかし、この「田中上奏文」がアメリカ政府に取り上げられ、日本との戦争開始、日本を潰す覚悟を決めさせた理由になりました。またこの奏文がアメリカ国内での反日のPRの元になっていました。


 このようなことが情報戦です。情報戦は中国が得意とする戦い型です。しかし、その威力は計り知れないものがあります。


 次回は、中国の「超限戦(情報戦を含む)」に対し、日本は何ができるかをお伝えします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

明日19日(土)9:00-9:30は「ハッピーカフェ」の時間です。


どうぞよろしくお願いします。


「ハッピードライブ」は神武天皇で有名な「宮崎神宮」です。


「ハッピートーク」は江夏政調会長による「消費税増税対策」です。



また、本日は5月分の「ハッピーカフェ」の収録がありました。



 今回のゲストは、矢内筆勝総務会長兼出版局長をお招きして、中国の脅威についてのトークを頂きました。


サッチャン・イチローさんコンビ、頑張っています。






 

明日の『ハッピーカフェ」』放送日はスマートホン、パソコンで全国どこでもリアルタイムで聞けます。


スマートフォンなら「FM++」から無料アプリ


PCなら「サンシャインFM」検索から視聴できます。


土曜の朝は、『ハッピーカフェ』でお会いしましょう!

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード