幸福実現党 こうの一郎オフィシャルブログ

幸福実現党 こうの一郎のブログです。



テーマ:
幸福実現党の「こうの一郎」です。
本日も素晴らしい一日になりますことを、心から祈念しています。

先日2/5延岡後援会にて活動をさせていただきました。

M地区代表といっしょに経営者を中心に訪問をさせていただきました。

H会長はM代表地区長と付き合いも長く、政治・時事問題にも詳しい方で、業界の内容をいろいろと教えてくださりました。専門用語も多く、M代表がいないとわからないことがたくさんありました。まだまだ勉強不足です。頑張ります。

S木工の社長ともゆっくりお話しできました。国防・経済において同じ考えの方で、イチローの話をよく聞いてくださりました。今度朝礼でお話をさせていただける許可をいただきました。ありがとうございます。

夜は延岡後援会での集いです。

次期参院選に向けての会議でした。私もお話を少しさせていただきました。



大川原幹事長をはじめ、発展マインドの延岡後援会です。

男性陣がたくさんいて力強いです。


大川原支部長はじめ、いつも絶大なるご支援に心から感謝申し上げます。

チャレン・オレンジ・ガンバルジー  こうの一郎

いいね!した人  |  コメント(0)
同じテーマ 「活動」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
幸福実現党の「こうの一郎」です。
本日も素晴らしい一日になりますことを、心から祈念しています。

先日北朝鮮のミサイル発射問題があり、国会において北朝鮮に断固たる処置を取る国会決議を衆参両院で可決する方向で動いています。その流れの中にあって「安保関連法廃止法案」を野党共同提出する意向があるとのことです。

民主党の枝野幹事長と維新の党を中心に共産党、社民党、生活の党の5党です。

これらの5党は北朝鮮のミサイル問題をどのように考えているのでしょうか。日本の危機と認識していないのではないかと思われます。

核保有国に囲まれ、反日教育をしている国に囲まれ、嘘・でっち上げの「南京大虐殺」「従軍慰安婦」により日本悪玉説を世界に広げようとしている国に囲まれています。

中国共産党は、沖縄・九州をはじめ日本の植民地化・自治区化を国家戦略として持っています。着々とその魔の手は日本に伸びています。

北朝鮮はこれからいつでも日本に核ミサイルを打てるのみならず、アメリカ本土にも届く体制を作り上げてしまいました。

このような状況で日本を守っているのが「日米同盟」であり、米軍基地です。更に日米同盟を強化しないといけない時に、それと逆行する流れの「安保関連法廃止法案」です。

日米同盟に亀裂が入ったとき、日本は独自で日本を守る体制を作らなければならなくなります。北朝鮮と中国も微妙な関係です。本当に中国が北朝鮮に制裁を加えるかはわかりません。

逆に日本は北朝鮮の核に脅かされる可能性があります。国連はあてになりません。その時に頼みになるのが「日米同盟」しかありません。

日米同盟が破棄された状態か無効に等しい事態が起きた時、予想される未来は中国の属国化、中国の核の傘下に入ることになります。それは自由と豊かさのない状態です。日本という国が亡くなり「チベット」「モンゴル」「ウィグル」と同じ扱いです。

日本を守るためにも現段階においては、米軍との「集団的自衛権」を絶対に守らなければいけません。「安保関連法廃止法案」を推し進めることは、日本という国が亡くなる可能性があることを知らなければなりません。


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
幸福実現党の「こうの一郎」です。
本日も素晴らしい一日になりますことを、心から祈念しています。

北朝鮮のミサイル発射の時事を知ったのが昨日のお昼頃でした。情報を持ってきた方へすぐに「ミサイルは撃破したのですか?」とお聞きしたら、「沖縄県の上空を通過して、海に落ち、撃ち落とさなかった」・・・

どうして撃ち落とさなかったのかという思いとやっぱり事なかれ主義の日本かなと同時に感じました。実際問題として本当に撃ち落せるのだろうかという技術的問題もありますが。

北朝鮮の思惑
今アメリカは民主党のオバマ大統領です。北朝鮮の金正恩指導者はオバマ大統領をなめているように感じます。世界の警察を降りるといったオバマ大統領です。ノーベル平和賞を受賞してもいます。北朝鮮はアメリカが何もしないと予想しているのではないかと思います。

中国の態度
常任理事国の態度が注目されます。北朝鮮の制裁に対しては反対の立場の中国、ロシア。特に中国は北朝鮮を支援してきた背景があります。今回も中国は北朝鮮への制裁においては実質は反対し、結局国連は北朝鮮に対して強力な行動はできないと思われます。

日本国内の反応
2009年の北朝鮮のミサイルの時は「飛翔体」といっていましたが、今回マスコミの多くは「ミサイル」と断言している記事が多くありました。左翼政党などは表向きは非難しながらも「北朝鮮を挑発してはならない」などの相変わらず北朝鮮擁護をしています。北朝鮮があること自体が日本の脅威です。北朝鮮はこれからも核兵器や弾道ミサイル開発を行います。

隣国に国際社会を無視して暴走する国にありながら、民主党はじめ共産党、社民党などは「安保法制」「集団的自衛権」を阻止するつもりでしょうか。国民の生命・安全を守ることより、自民党安倍政権を打倒することが重要なら、政治家として失格ではないでしょうか。

日・米中心にしっかりとした防衛体制を築くこと、そして有事に即対応できる体制を整えることです。もし、予告なくミサイル発射や予告と違うコースで発射されても十分対応できる体制にすべきです。日本の弾道ミサイル防衛能力は世界屈指ですが、実際に多数のミサイルを撃ち込まれたらどうなるのか。命中率は100%ではないのなら危険はあります。

危機をなくすのは北朝鮮という危険な国家を解体して、自由主義の国家にすることが理想です。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


6日は日向後援会にて活動

支援者周りを中心に懐かしい方々にお会いいたしました。

夕方Kさんが一緒に回っていただきました!2時間半あまりでしたが、たくさんの方々とあいさつできました(*^^*)

多くの方が覚えていてくださり、本当にありがたかったです。




長岡支部長、Kさん、日向後援会の皆様、いつも熱いご支援、ありがとうございます(*^^*)

チャレンジ、オレンジ、ガンバルジー♪


Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
一郎通信
第一号


春田広報担当が作成してくださいました(*^^*)

各後援会での活動状況の一部です。

ありがとうございます(*^^*)



Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

幸福実現党の「こうの一郎」です。
本日も素晴らしい一日になりますことを、心から祈念しています。

北朝鮮のミサイル予告、北朝鮮は地球観測衛星の打ち上げと通告していますが、騙されることなく、日本は日米と組んで、断固たる姿勢と行動が必要です。

思い起こせば、2009年北朝鮮のミサイル問題がありました。日本列島を飛び越したミサイル実験でしたが、当時は「飛翔体」などとごまかしてマスコミや政府要人は逃げ腰でした。

今回も事実上の長距離ミサイル発射予告です。明らかに日本をはじめアジア諸国、米国への挑発です。

日本は米軍と連携し、海上自衛隊のイージス艦3隻を日本海と東シナ海に展開しています。イージス艦「きりしま」などは射程距離1200キロの迎撃ミサイル(SM3)を搭載しています。

また、PAC3(パトリオット)ミサイルも配備しています。東京、埼玉、千葉、沖縄本島、宮古島、石垣島にも配置・追加配置します。

事前に迎撃ミサイル、地対空誘導弾を配備することが「抑止力」になります。この体制を整備することで北朝鮮がミサイル発射をすることをやめる可能性もあります。

もし北朝鮮がミサイルを発射したら、絶対に撃ち落とすべきです。そして毅然たる態度を示すべきです。ここにきて中国が北朝鮮へ擁護する姿勢を示していますが、断行すべきです。

自分の国は自分で守る、当たり前です。国の正義とは何か。「国民の生命、安全、財産を守ること」です。正義に日本にあります。


>
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
創刊号


仮称「チャ・オ・ジー」

私の活動状況をタイムリーに報告します。

春田広報担当が作成してくださいました。

名称は次号から「一郎通信」になります(*^^*)

「チャ・オ・ジー」はチャレンジ、オレンジ、ガンバルジーの意味です。



Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
幸福実現党の「こうの一郎」です。
本日も素晴らしい一日となりますことを、心から祈念しています。

本日の産経新聞の一面の左下に、「北ミサイル 破壊措置命令」と題し、副題に 「防衛相 自衛隊、迎撃態勢」と記載がありました。

北朝鮮はミサイルを発射する兆候があるため、中谷防衛相は北朝鮮の長距離弾道弾ミサイルを発射に対して、自衛隊に破壊措置命令を出しました。

具体的には海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を搭載するイージス艦などを展開するとしています。これに加え、パトリオットPAC3による迎撃が基本となります。

ただ、実際にはいつ、どこに打つかわからない場合、本当に北朝鮮のミサイルを撃ち落とせるかはわかりません。

問題は、北朝鮮の指導者金日恩が本当に核を使うかどうかです。ただ前回でも指摘したように、過小評価をしてはいけません。日本人の多くは、いくらなんでも核兵器を使うはずがないと考えています。

しかし、北朝鮮という国は、日本人の多くを拉致している犯罪国家です。普通の国の常識では考えてはいけません。

また、『水爆実験』も日本のマスコミは過小評価をして、実際には爆発力が小さいので失敗であったのではといわれていますが、ポイントは水爆実験においては核を起爆装置として使い、水爆の起爆装置と核融合反応の実験と行ったと考えるべきと言われています。

これにより、核の小型化が成功し、北朝鮮が核ミサイル保有国になったことを意味します。いつでも核ミサイルを打てる国家になりました。

常識が通じない北朝鮮です、最悪の事態を考えることが政治家の仕事です。北朝鮮から「核ミサイルを打つこむぞ!撃ち込まれたくなかったら10兆円差し出せ!」と脅される未来が来ないようにすべきです。

日本が取るべき選択肢は、近隣国・同盟国とタッグを組みながら北朝鮮の暴走をさせないようにすることと、自分の国は自分で守る当たり前の国家になることです。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:






おはようございます。

本日は土曜日、ハッピーカフェの日です。

9:00~9:30

全国どこからでも聴くことができます!

スマートフォンなら
「FM++」か無料でダウンロードできます

パソコンからは、「サンシャインFM」検索 サイマルラジオで聴くことができます

























いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:
幸福実現党の「こうの一郎」です。
本日も素晴らしく1日になりますことを心から祈念しています。

本日、高浜原発3号機が再稼働します。川内原発に続いて2ヶ所目です。

日本のエネルギー自給率4~5%しかありません。

現在は火力発電所に頼っています。その燃料をほとんど海外から輸入しています。

もし化石燃料が戦争や海上封鎖などで日本に入らなくなった場合、日本経済は電力不足で一気に衰退します。

過去何度か経験したオイルショックを二度と経験すべきではありません。

エネルギー自給率を上げるには、現段階では原発再稼働しかありません。

安定電力供給あっての日本経済です。





Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(1)