幸福実現党 こうの一郎オフィシャルブログ

幸福実現党 こうの一郎のブログです。



テーマ:


おはようございます。本日も光り輝く一日になりますことを、心から祈念申し上げます。

 今回、政府が通常国会に提出する農協法改正案では、全国の農協組織を束ねるJA全中(全国農業協同組合中央会)を「廃止する」と明記されています。

 今までJA全中の持っていた地域の農家への監査・指導権を撤廃し、農家の自由度を増す意図が入っています。

 もともと農協グループは巨大企業といっていいほど、さまざまな分野に広がっています。JAグループは脱農業で発展しています。農業関係のみならず、ガソリンスタンド、冠婚葬祭、生命保険、金融関係などです。

 特に金融関係はメガバングと言っていいほどの預金残高があります。2012年では88兆円にまで達しています。日本においては上位です。その運用は日本国内での貸し出しより、海外での投資等の運用が多いのが現状です。

 農協の組合員は、肥料、資材等を農協から買うことになっていますが、今回の改正法により、農家の自由度が増します。

 准組合員は農業と関係ない都会のサラリーマンも多く含まれているのが現状です。

 これが「農協は金融事業ばかりに力を注ぎ、本来の営農指導をしていない」と言われる所以です。

 今回の改正案には、JA全中のみならず、農産物を販売する全国農業協同組合連合会(JA全農)なども分割、株式会社化できる規定も新設されているとのことです。

JA全中は政治団体として活動してきました。地方の自民党議員は今でもJAと密着しています。

 農林族議員も多くいる中、今回政府の出した「JA全中」廃止の改革で、日本の農業が蘇るかどうか一番のポイントです。

 政治と常に関わってきたJA農協です。JA自らの改革ではなく、政府による改革です。政府指導の改革に一抹の不安もあります。それは政府の言いなりになるようなJA農協はなく、本当に農家や農業のためにJA農協であるべきです。

 優秀な専業農家はすでにJA農協から離れて独立した手法で利益を出しているところも増えています。

 兼業農家の多い日本の農業体制から、専業農家中心への移行こそが日本の農業が次の時代へのスタートのように感じます。農業に若者が就職でき、世界で戦える農業にすることが大事です。

 今回の政府の農協法改正案が日本の農業の発展に繋がることを切に願います。


いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
おはようございます。本日も素晴らしい1日となりますことを、心より祈念しています。

恒例の水曜日は、幸福実現党宮崎県本部前にて辻たちです。

本日はKご夫妻とIさんの4人で頑張りました。





戦後70年、日本の誇りを取り戻すべく訴えました。

寒い日が続いています。風邪などで体調を崩さないように!

本日もよろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
おはようございます。本日も光り輝く一日になりますことを、心から祈念申し上げます。

 再生エネルギーの買い取り制度による電気料金の国民負担の来年度総額が1兆円になります。

 再生エネルギーの固定価格買い取り制度にともなう電気料金の上乗せ分は、全体の推移では、平成24年2000億円から昨年度5600億円と上昇しています。これは一般家庭では年間1500円増える計算になります。

 すでに再生エネルギーに参入して妥当性が承認されている全ての再生エネルギーを買い取ると2.7兆円にまでなる試算もでています。一般家庭では年間4000円ぐらい増えることになります。

 原子力発電と再生エネルギーとの割合と、どこまで再生エネルギーに依存するかで電気料金が決まってきます。

 原子力発電所の再稼動が進んでいるようでなかなか再稼動できていません。川内原発がいち早く再稼動して、再稼動の加速化ができると安定電力が増え、電気料金も安くなります。

 貿易赤字も過去最大の12.7兆円です。原油安で少しは改善されていますが、原油を常に輸入しなけばならない日本、エネルギー自給率4%では国家安全保障上も不安定です。

 個人の家庭の電気料金高を抑えるためにも、国家の安全保障の面においても輸入に頼っている化石燃料ではなく、世界最高級の技術を持っている原子力発電の再稼動が急がれます。
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
今月末のHRPニュースのイチローの内容です。

※104歳の現役アスリート「宮崎 秀吉さん」に学ぶ

昨年ニュースで「104歳のシニアアスリート宮崎秀吉さん!100mで世界記録」が記憶に残っています。2014年北上陸上競技場で開かれたアジアと全日本のマスターズ陸上競技選手権大会、4日目、注目の100メートル走に大会最高齢者の104歳、宮崎秀吉(ひできち)さん(京都市)が出場し、会場を沸かせました。ちょうどその日が誕生日で、最高齢104歳になられ、ニュースでの話題となっていました。

大会では100歳を超すクラスに出場したのは宮崎さんのみ。記録は34秒61で4年前にご自身が出した100歳超の世界記録29秒83には及びませんでした。ご本人は100歳以上の短距離100mの世界記録保持者です。

1910年、明治43年生まれ。92歳でマスターズの存在を知って興味をもち、陸上競技を始め、100歳のときに100~104歳男子100mの部で29秒83の世界記録を樹立したそうです。現在も毎朝5時に起きてトレーニングを続けているそうです。

元気の秘訣は
○今日できることは今日のうちに終え、安心して寝る
○腹八分目の食事と最低30回はよく噛んで食べること
○朝昼晩 足踏み体操と関節が固くならないようにヒザの屈伸運動を行います。
○日常生活は、出来る限り自分の力でやります。


※「生涯現役人生」の方法

幸福実現党は「生涯現役人生」を提唱しています。高齢者の幸せのひとつに、健康で長生きを挙げています。先ほどの宮崎さんのように、高齢になっても介護を必要とせず、自分のことは自分で行い、健康であることの幸福を提唱しています。

幸福実現党創始者兼総裁大川隆法著書『生涯現役人生』の中に、実際に長寿のための方法論として5つを教えていただいています。

①楽天的に生きる・・・長寿をしている大勢の方がこのマインドを持っています。「積極主義」とは少し違います。もう少しこだわらない生き方です。基本的には競争世界や多々かにどっぷり浸からない生き方です。

②健康をイメージする・・・自分が長く健康であることを強く信じ、それをイメージすることです。肉体と心は不即不離の関係です。特に高齢になるほど、心の方の先行が大切になります。

③体の鍛錬を怠らない・・・「努力は必ず報われる」医学的に毎年2%体力が落ちて生きます。しかし毎日運動をしていると0.5%ぐらいしか落ちないそうです。お勧めは歩くことです。

④常に新しいことを学習する・・・脳を活性化させるには新しいことにチャレンジすることです。若い頃から鍛えながら、時間がある老後にチャレンジすることです。

⑤他の人から必要とされる人を目指す・・・これは他人に依存せず、必要とされる人を目指すということです。豊かに老後を送るためには、自立独立の気概を持つことで、逆に家族、友人などと上手くように、健康、経済共に準備することです。


※「生涯現役人生」から104歳のアスリート宮崎氏を検証

①「楽天的に生きる」では、宮崎さんは真っ先に挙げられていました。その中でも人から借金をしないなどもありました。1日1日を安心して眠りに入ることは長寿において大切な心構えです。

②「健康をイメージする」宮崎さんは100m走を全力で走るためには当然並外れた健康のイメージを持っているはずです。しかも常識を超えています。100歳で100m走を完走することを考える人はほとんどいません。イメージの力を最高に使っている宮崎さんです。

③「体の鍛錬を怠らない」宮崎さんは毎日5時に起きてトレーニングを欠かしていません。娘さんがサポートしながら、毎日トレーニング内容と体の調子を記録して決して無理はさせません。「継続は力なり」を実践しています。

④「常に新しいことを学習する」90歳でマスターズ陸上100m走に関心を持ち、92歳から本格的にチャレンジしています。凄いチャレンジ精神です。体も活性化しますから、脳も活性化している宮崎さんです。

⑤他の人から必要とされる人を目指す・・・いつも明るく周りの人に元気・勇気を与えています。昨年のマスターズ会場では100m走の世界記録保持者の「ボルト選手ポーズ」をして会場を沸かせています。宮崎さんのような人が存在するだけで希望や勇気をいただきます。

これだけだと、宮崎さんは元々健康でスポーツや運動を続けてきた方と思われるので、以下の事柄も補足させていただきます。

マスターズを始めてからも決して順風満帆ではなく、怪我や故障、大病も患い、2007年には骨折、3ヶ月の車椅子生活も体験されています。92歳で陸上を始めた宮崎さんは、90歳で前立腺がん、92歳で硬膜下出血も経験しています。宮崎さん自身は90歳までは普通の人生を歩まれていた方です。

※「ハッピー生涯現役」人生が高齢者社会を明るい未来に変える

2013年の日本人の平均寿命は男性80.21歳、女性86.61歳で、男性が初めて80歳を超えたことが厚生労働省の調査で分かっています。女性も4年ぶりに過去最高を更新しました。

しかし高齢化社会とは介護・福祉・高齢者医療で支援中心の政策なら、日本の未来は暗く重いものになります。当然介護を必要とする人には、充実した介護制度は必要です。しかし、高齢化社会とは支援を受ける人が増えるなら、介護・福祉・高齢者医療の財源はどんどん増えます。また、「若者一人で高齢者一人を面倒見る」という恐怖の予言のような少子高齢化社会では若者はやる気がなくなります。

ある種の試算によると、国民がボケる年齢を一年先延ばしにすれば、年間で1千5百億円ほどの国家予算が浮くそうです。もし、国民の半分ぐらいの人が宮崎さんと同様に健康で自分のことは自分ででき、90歳でも元気な人がどんどん増えれば、医療費や介護費が激減します。

全国では、2013年度の長寿県(左は男性、右は女性)は男女共に長野県です。長野県は日本で一番の長寿県のみならず、高齢者医療費の一人当たりは全国で最低です。「ピンピンコロリ」を実践している長野県に日本の高齢化社会の希望をみることができます。


医療が進歩して、治療などで寿命が伸びた面もありますが、できるかぎり自助努力で、健康で長生きをする人をケア、支援できる体制を作る必要を感じます。

高齢者=老人で介護が必要のイメージを変え、元気でかくしゃくとしている老後をイメージすべきです。「生涯現役人生」や「ピンピンコロリ」を合言葉に、宮崎さんのように若者に希望を与えれるような老後を送る人を増やす政策を持って積極的に取り入れる必要を感じます。

健康で長生きの老後を過ごせる高齢者が増えれば増えるほど、高齢者自身も幸福です。高齢者がいろいろなことにチャレンジできる社会を支援できる政策も必要です。

そして高齢者が自立独立できれば、多くの高齢者が望む、「孫といっしょに暮らす」「子供たちをいっしょに暮らす」可能性が増えます。二世代、三世代、場合によって四世代いっしょに暮らせます。昔のような大家族で支えあう、助け合う、励ましあう家が増え、幸福な家庭が増えます。

幸福実現党の高齢者政策「生涯現役」はこのような幸福溢れる未来社会を目指しています。イチロー自身も「ハッピー生涯現役」を目指しています。
いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:
幸福実現党から、今回の【イスラム国】邦人人質に対する声明が出ました。
また、本日、幸福実現党創始者兼総裁より「正しさからの発展」の中でも【イスラム国】問題の考え方を教えを頂きました。

"http://shaku-ryoko.net/etc/5201/"

 難しい問題を含んでいます。何が正しいのか分からなくなるのが、日本人であいまいな答えをしてしまいます。

【テロは悪であること】そしてそのテロに対しては絶対に妥協してはならない。数年前の日揮のテロ事件を日本人はもう忘れているのではないでしょうか。

宗教的対立や人命第一主義も理解はできます。しかしテロ対策は別です。もちろん可能性があるなら人質救出の道も探すべきべきですが、武力地帯、革命軍というよりならず者が集まっている危険地帯です。

本来なら自国で人質を取り戻すのが筋です。平和国家日本に襲った事件ではありますが、国家の姿勢が試されています。北朝鮮の拉致問題と同じレベル、他国にお願いするようでは、これからも同じような問題が起きます。世界のテロの標的にならないようにするには、ある程度強い国家体制が必要です。

いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:





おはようございます(^-^)

今日も素晴らしい1日になりますことを、心から祈念しています!

本日は土曜日、ハッピーカフェの日です(^-^)/

9:00~9:30

全国どこからでも聴くことができます!
v(^-^)vv(^-^)v( ̄^ ̄)( ̄^ ̄)

スマートフォンなら
「FM++」か無料でダウンロードできます

パソコンからは、「サンシャインFM」検索 サイマルラジオで聴くことができます




Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:




昨日から聖地四国に入り、聖地四国正心館にて研修に参加していました!(写真は、瀬戸大橋と鳴門大橋)

今日はあいにくの雨でしたが、魂が揺さぶられる感動的な巡礼でした。

新生して、パワーアップして、頑張ってまいります(^-^)




Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
1月18日(日)統一地方選に向けて、幸福実現党宮崎県本部において総決起大会を行いました。

 総勢40名近くの熱烈な党員が集まり、4月の統一地方選で公認候補となられた「朝倉ゆりこ」候補当選に向けて幸福実現党宮崎県本部で決起大会です。

 坂本竜馬先生の関連DVDを拝聴後、幸福維新への意識を高め、高橋副代表導師の祈りから厳かに始まりました。



高田本部長の今回の選挙戦の意味、絶対勝利への熱く、士気の高まるあいさつがありました。



春田後援会長の朝倉候補当選に向けての熱い思いの激励があり
イチローの応援演説もあり(写真取れませんでした!)

朝倉候補から立候補までも心の葛藤を素直に語られ、そして決意,当選に向けての熱い思いを語られ,会場では涙する支援者もたくさんいました。参加者全員,心が一つになった感じです!


大川原幹事長より,今回の選挙戦においての役員紹介、候補の戦いであり,党員一人ひとりの戦いであること、そして勝利を主に奉納することを誓いました。


最後は、春田後援会長の鬨の声で、会場は熱気に包まれ、再度地方選スタートとなり、参加した方々は皆勝利を誓いました。



朝倉候補の勇気には感動します。イチローも全力で朝倉候補支援を行います。
チーム宮崎、前回の衆院選の挽回を必ず次の統一地方選にて行ってまいります。


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

昨年ニュースで「104歳のシニアアスリート宮崎秀吉さん!100mで世界記録」が記憶に残っています。

「宮崎」という名前が同じ宮崎県でしたので覚えていました。今日は宮崎市内をドライブしながら、「ハッピー生涯現役人生」を考えてみたいと思います。


2014年北上陸上競技場で開かれたアジアと全日本のマスターズ陸上競技選手権大会、4日目、注目の100メートル走に大会最高齢者の104歳、宮崎秀吉(ひできち)さん(京都市)が出場し、会場を沸かせました。

ちょうどその日が誕生日で、最高齢104歳になられ、ニュースでの話題となっていました。

大会では100歳を超すクラスに出場したのは宮崎さんのみ。記録は34秒61で4年前にご自身が出した100歳超の世界記録29秒83には及びませんでした。ご本人は100歳以上の短距離100mの世界記録保持者です。

1910年、明治43年生まれ。92歳でマスターズの存在を知って興味をもち、陸上競技を始め、100歳のときに100~104歳男子100mの部で29秒83の世界記録を樹立したそうです。

現在も毎朝5時に起きてトレーニングを続けているそうです。

元気の秘訣は
○今日できることは今日のうちに終え、安心して寝る
○腹八分目の食事と最低30回はよく噛んで食べること
○朝昼晩 足踏み体操と関節が固くならないようにヒザの屈伸運動を行います。
○日常生活は、出来る限り自分の力でやります。

幸福の科学グループでは「ハッピー生涯現役人生」を提唱しています。高齢者の幸せのひとつに、健康で長生きを挙げています。

先ほどの宮崎さんのように、高齢になってもできるなら介護を必要とせず、自分のことは自分ででき、健康であることの幸福を提唱しています。

当然介護を必要とする人には、充実した介護制度は必要です。しかし、福祉への財源を考えると高齢化社会においては、介護を受ける人が増えるということは、財源もどんどん必要になるということです。

健康で長生きの方もどんどん増えていくことで、実は福祉への財源を抑え、高齢者医療費も抑えることになります。

2013年の日本人の平均寿命は男性80.21歳、女性86.61歳で、男性が初めて80歳を超えたことが厚生労働省の調査で分かっています。女性も4年ぶりに過去最高を更新しました。


ちなみに、宮崎県下で一番の長寿の市町村はどこでしょうか。

実は宮崎県宮崎市でした。
・男性80.85066歳(117位/1899件)
・女性87.32766歳(159位/1899件)

全国では、
長野県北安曇郡松川村
・男性82.18236歳(1位/1899件)
沖縄県中頭郡北中城村
・女性88.98566歳(1位/1899件)

2013年度の長寿県(左は男性、右は女性)は

1 長野 80.88 1 長野 87.18
2 滋賀 80.58 2 島根 87.07
3 福井 80.47 3 沖縄 87.02
4 熊本 80.29 4 熊本 86.98
5 神奈川 80.25 5 新潟 86.96

宮崎県は男子20位、女子16位です。

医療が進歩して、治療などので寿命が伸びた面もありますが、できるかぎり自助努力で、健康で長生きをする人をケア、支援できる体制を作る必要を感じます。

何より、イチロー自身も「ハッピー生涯現役」を目指しています。(Θ_Θ)
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
久しぶりにハッピーカフェに登場します。2ヶ月ぶりです。

本日のドライブは、日向市細島にある勤王の志士のお墓「黒田の家臣」です。

 1862年(文久2年)の四月、勤王の志士は倒幕挙兵の準備で京都伏見の宿(寺田屋・寺田屋事件)に集まっていました。しかし上京して公武合体を進めていた島津久光は、公家の要請もあり、過激派鎮撫のため薩摩藩士を寺田屋に行かせ、た薩摩藩脱藩の勤王志士8人は、不意を突かれて惨殺される事件がありました。

 この他、各地の藩を脱藩して集まっていた勤王志士達多数が捕らえられ、それぞれの藩地へ護送されることになり、秋月黒田の海賀宮門、肥前の中村主計、但馬の千葉郁太郎の3人は、瀬戸内海を経由して細島に護送されます。細島港入り口の高島で密かに殺されるという痛ましい事が起こりました。

 遺体を発見した細島の人々は、勤王の志が厚かった三人の死を心から悼み、墓碑を建ててその霊を弔りました。「黒田家臣」と親しみを込めて呼ばれるのは、こうした歴史と地元民の人柄によるものです。


田中河内介は養子の左馬介の父子はその途上で斬られ、遺体は海に投げ捨てられました。田中河内介は大納言中山忠能の家士であったため、中山家で誕生された明治天皇の傅役を務めたこともあった人です。







昔、家内と結婚する前に、ドライブで立ち寄った場所でもあります。海を見ながらお弁当を食べた場所です。その時初めて行ってその意味を知りました。もう25年ぐらい前です。

明治維新とは、ある人の説によると、自分の命などは溝に捨てられても構わないという志士たち3000人で起こしたと言われています。

維新の三傑と言われるような西郷隆盛、木戸孝允、大久保利通や有名な勝海舟、坂本龍馬、吉田松陰、板垣退助、など名前が残っている偉人もたくさんいましたが、黒田の家臣のようにほとんど名前が残っていない方々もいます。

当時は、幕府体制が崩壊寸前でした。外国からの圧力もあり、イギリスやフランス、米国、ロシアなどが日本を狙っていました。

古い幕藩体制では日本はもたないとして、明治維新の志士たちが立ち上がり、屍の山を築きながらも、革命を起こし、近代的国家への道を進むことができました。

日本という国がイノベーション、脱皮した大きな事件でした。痛みも有りましたが、その後の日本の歴史を見る限り、明治維新が必要であったことは間違いありません。

今の日本の情勢をみるに、明治維新と同じような状態に見えるのは私だけではないと思います。

幸福実現党は2009年に「幸福維新」の旗印のもと、戦い続けています。それは明治維新以上の国家存亡の危機が迫っていることと、もうひとつは明治維新のようにあらたなる国体を作ることで更に日本を発展させることができると信じていします。

数々のの危機を乗り切ってきた日本民族です。必ずこの危機の時代を乗り切り、次の世界時代、その次の宇宙時代の日本を作るていけると確信しています。

いいね!した人  |  コメント(0)