幸福実現党 こうの一郎オフィシャルブログ

幸福実現党 こうの一郎のブログです。



テーマ:



おはようございます(^-^)

今日も素晴らしい1日になりますことを、心から祈念しています!

本日は土曜日、ハッピーカフェの日です(^-^)/

9:00~9:30

全国どこからでも聴くことができます!
v(^-^)vv(^-^)v( ̄^ ̄)( ̄^ ̄)

スマートフォンなら
「FM++」か無料でダウンロードできます

パソコンからは、「サンシャインFM」検索 サイマルラジオで聴くことができます

いつもご支援本当にありがとうございます(^-^)




















Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:
おはようございます。本日もすばらしい一日となりますことを心から祈念しています。

産経新聞の「九州から原発が消えてもよいのか」(第10部)の記事に長崎の永井隆教授のお話が載っていました。

昭和20年8月9日、長崎に原子爆弾が投下され、永井博士ご自身も被爆されながら、懸命の救助活動をされ、ご自身は6年後に亡くなられました。

永井博士ご自身は、放射線医学の専門家で現在の長崎大学医学部の助教授でした。

永井博士は爆心から600mぐらいのところで被爆されました。当時大学には約580人いたうち、414人が亡くなっています。その中で永井博士ご自身も重症で、しかも医療機器や薬のない中で、必死の治療に当たられていました。

「原爆が落ちたら、今後75年間生き物は暮らせない」というデマが広がる中、永井博士らは、植物や小動物が生きている様子から、このデマは間違っていると否定しました。

「災い転じて福となす」永井博士は原爆の威力を実体験し、その怖さも知っていましたが、原子力の可能性に希望を見出していました。

「爆弾以外の使い道はないの?」と長男の質問に「一度に爆発させないで、少しずつ連続的に調整しながら破裂させれば、原子力が汽船にも汽車にも飛行機も走らすことできる。石炭も石油も電気もいらなくなり、人間はどれほど幸福になれるかしれないね」と答えています。

「災い転じて福となす」悲しさはある。それでも原子力を人間が知ってしまった以上、平和利用するしかないと考えていた永井博士。

晩年は「如己堂」にて原爆病の研究と執筆活動に専念されていました。そこから発せられる作品や言葉は、世界中の人々の胸を打ったといわれています。天皇陛下、ヘレン・ケラー、ローマ法王の特使も「如己堂」に訪れています。

原子力の平和利用こそ、永井博士の願いです。日本は原子爆弾を2発落とされた国です。だからこそ、原子力から逃げるのではなく、平和利用に全力をつくすべきです。


いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
ハッピーカフェで放送した内容です。

「エル・カンターレとは」の質問に答える形の番組です。

一神教と多神教
 世界の宗教には一神教と多神教があります。一神教とは唯一の神を信仰している宗教で、代表として「キリスト教」「イスラム教」があります。唯一の神を信じてているので,他宗の神を認めないため、世界で宗教戦争や他宗教と問題を起こしやすい面を持っています。

 多神教は「仏教」そして「日本神道」などです。多神教ですので,神様はたくさん存在しているため,ある程度寛容さが出てきます。日本神道は八百万の神といわれるようにたくさんの神様がいます。ギリシャ,ローマなどの信仰も多神教です。

 これだけいろいろな宗教が全世界にあり、さまざまな神様を信仰している以上、神様はたくさん存在すると考えるべきです。

 一神教もたとえ他の宗教の神を認めないとしても,世界に一神教が幾つかでもあるという事実は,大きな視点からみれば、神様が複数いるということになります。

神様にもレベル・段階がある
巷の霊能者に降りてくる霊を神様と呼べるか難しい問題もありますが、ちいさな範囲の影響を与えるレベルの神〈霊)もあれば、日本の神社ではいろいろな神様を各神社が祭っています。又、国教に近いレベルの神様もあれば、世界宗教といて国を越えて信仰される神様もいます。

多神教の中では、神様の順列というか順位があります。日本神道は中心の神として天御中主神と天照大神ですが、実はその上にも神様がいます。又、ギリシャ神話もゼウスを中心として、たくさんの神様がいます。

一神教といわれる世界宗教でも実はという部分があります。イスラム教の「アラー」の神も複数の神様の意味があるといわれています。要するにイスラム教を指導している神様は多数いて、その総称を「アラー」の神としています。

又、キリスト教も「イエス」のみが神かといえば、天なる父も存在していますし,天使もたくさんいます。天使も日本神道的に言えば,神様に当ると思いいます。

「キリスト教とイスラム教」は中が悪く、紛争をしている状態ですが、実は兄弟宗教とも言われています。キリスト教の天使「ガブリエル」がイスラム教の創始者ムハンマド(マホメット)に通信を送って啓示宗教として誕生したのがイスラム教です。

教えに於いても、キリスト教のイエスも仏教を学んで取り入れているといわれています。又ユダヤ教を元にしているキリスト教、そしてキリスト教の兄弟宗教のイスラム教も影響しあっています。

ここで大事なことは、世界宗教のキリスト教,イスラム教の創立を見るに、創造主に近い神様の存在があります。日本神道にも同様の存在の神様がいます。神様の神様も存在が示されています。それは地球のトップの神様の存在があるということです。

地球神エル・カンターレ
幸福の科学では,地球神の存在を「エル・カンターレ」といいます。「麗しき光の国、地球」「地球の光」という意味です。地球レベルの教えを説き、地球の未来に責任を持っている神です。そして地球の危機の時代にいつも下生され,人類を導いてきた存在です。

今地球は危機に遭遇しています。イスラエルとアラブ諸国との核戦争の可能性を含んだ宗教戦争の危機、中国やその影響下の国々と米・日本、ベトナム、フィリピンなどを含む第二の冷戦(ここも核戦争の危機も含んでいます)、まだ表面には出てきていませんが宇宙からの侵略の危機もあります。

これらの問題を解決する為には、もう一段の高い視点の世界宗教の出現と地球人としての意識に目覚める必要があります。宇宙から見たら地球に国境はありません。民族、宗教,肌の色の違い,言語の違いを超えた教えが必要です。「エル・カンターレ」とは仏陀と救世主を合わせた存在です。


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
先日 6月27(土)江夏政調会長を宮崎にお迎えして、佐土原会場、幸福実現党宮崎県本部、そして夜は日南ミニ集会(ブログアップ済)と3会場にて開催させていただきました。

佐土原会場での様子。支援者の皆さまがたくさん参加され、江夏政調会長から分かりやすいお話をいただきました。

大川総裁「政治の根源にあるもの」の抜粋も拝聴し、江夏政調会長の人間の真の幸福は魂の向上であり、魂の向上を真剣に考えている政党が幸福実現党であることを教えていただきました。

大東亜戦争において、日本に対するアジアの指導者からの感謝・激励のメッセージのDVDには、多くの方が涙しました。



幸福実現党宮崎県本部においては、支援者が集まり、江夏政調会長より日本の誇りを取り戻すためのお話をいただきました。




茶話会での質疑応答では、地方選での学びと今後の戦い方をともに共有しました。

次の参院選まであと1年となりました。幸福実現党の悲願、議院誕生に向けて死力を尽くしてまいります。

江夏政調会長、また、雨の中お集まりくださった支援者の皆さま、ボランティアの皆さま、本当にありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


昨日は、江夏政調会長が宮崎入りしてくださり、外部会場、政党本部、支援者宅の3会場にてお話をいただきました。

夜の日南市の支援者宅のミニ集会の様子です。

日本の誇りを取り戻すために、今私たちがすべきことを分かりやすくお話くださいました。

大雨の中、集まって下り、本当にありがとうございました。

明るく元気な日南の支援者からたくさんの質問があり、大変盛り上がりました。

Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
 これから来る高齢化社会において、また核家族化が進む中で、関心の高い問題が「年金」です。

 現在は年金は義務であり、税金のようになっています。本来の趣旨からいえば、保険のようなシステムのはずですが・・・

 年金基金を税金として別の用途に使われてしまいました。有名な話がグリーンピア建設・運営、その他高速道路や空港建設費にも年金は使われてきました。現在では、足りなくなった年金基金に税金を投入している状態です。

 戦前は年金制度のない時代もありました。

 年金のない戦前は、お金持ちは悠々自適な生活を送っています。一般の人は子供を育て、子供に老後を見てもらっていました。また、相互扶助として兄弟姉妹や親戚などで助け合っていた家族もあります。子供のいない家庭は、養子をもらい、育てる代わりに老後の面倒を見てもらうこともありました。

 全く年金のない時代でもそれなりに老後を暮らしていました。年金のない時代で、お互いに助け合うその根底にあるのが日本の「和」の精神ではないでしょうか。その一番が家庭、家族の絆でした。

しかし、戦後のGHQの占領政策の中に、日本の家制度の崩壊も入っていました。そのために、家族の絆が薄れているのが現在です。

 相互扶助の精神、その一番が『家庭』『家族』です。現在は年金制度はありますが、多くの家族が支えあっています。これから年金を含め、老後の問題の解決の鍵を握るのが「家族・家庭」のような気がします。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
おはようございます。
今日も皆様にとって、ハッピーな一日になりますように。イケてる
去年書いたブログです。幸福の科学グループ創立者兼総裁大川隆法公開霊言「パール判事の霊言:されど、大東亜戦争の真実」開示に向けて、ご参考になればと思い、再度載させていただきました。


東京裁判では、パール判事ただ一人、敢然として日本人の戦犯全員を無罪と判決した方です。

極東国際軍事裁判(東京裁判)では、戦勝国から11人の判事がいました。パール判事のみ、「この裁判は戦勝国が敗戦国を一方的に裁いた裁判で、国際法に違反する非法・不法の復讐裁判である」として、被告全員に無罪の判決をしました。

当時、世界では、パール判事の判決は注目を浴びました。パール判事の堂々とした正論と知識は、国際法学界にその名を高めました。

パール判事は、非常に貧しい家に生まれ、苦学して、法学士になっています。当時のインドはイギリスの植民地になっていました。そのインドで英国人と対等に話し合えるのは法律家のみでした。

19歳の時に、パール氏に劇的な事件が起きます。それは、アジアの小国日本が、ロシア帝国と戦って勝利した報道でした。

「同じ有色人種である日本が、北方の強大なる白人帝国主義ロシアと戦ってついに勝利を得たという報道は、われわれの心を揺さぶった。私たちは、白人の目の前をわざと胸を張って歩いた。先生や同僚とともに、毎日のように旗行列や提灯行列に参加したことを記憶している。

「 私は日本に対する憧憬と、祖国に対する自信を同時に獲得し、わななくような思いに胸が一杯であった。私はインドの独立について思いをいたすようになった」

パール判事は1944年にカルカッタ大学総長に就任されています。名総長といわれながら、1946年には総長を辞任しています。

それは、親友のネール首相から、日本のA級戦犯を裁くために極東国際軍事裁判のインド代表を頼まれたからです。

そして、パール判事は見事にその期待に応えてくれました。

もちろん、パール判事は親日という理由のみで日本無罪を判決したわけではありません。パール判事の国際法の知識のみならず、超人的な努力がありました。

日本滞在の2年半で、パール判事が読破した資料は4万5千部、参考書籍は3千冊に及んでいます。アメリカ・イギリスの友人からも資料を送ってもらっていました。

パール判事は4度日本を訪れています。昭和41年10月11日のパール判事の日本人に向けてのお話の冒頭です。

「日本の皆さんに対する私の敬愛の念を親しくお伝えするとともに、皆さんに東洋の精神の尊厳さを再び確立していただくようにお願いしたいからであります。

東洋は今、大きな政治的ルネッサンスを迎えようとしており、東洋の諸国は日本に注目し、日本の奮起を期待しているのです。・・・」

今も間違いなく、天国でパール判事は日本の奮起を期待されています。多くのアジアの国が日本の奮起を期待している今こそ、誇り高き日本、世界に貢献できる日本を創らなければなりません。

東京裁判の見直しにおいては、パール判事が東京裁判に参加していただいたことが希望です。絶対に東京裁判の間違えを正し、日本の誇りを取り戻していきます。


戦後70年の今 パール判事の霊言では、当時の日本の正当性が明らかになります。欧米の植民地支配を無くし、アジア・アフリカ諸国の独立は先の大東亜戦争無くしてありなかった事実が明らかになります。日本は正義の国であったという事実です。決して侵略国家ではなく、悪魔の国ではないということです。

日本の誇りを取り戻すためにも、東京裁判の見直しが絶対に必要です。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今回はのハッピーカフェは宮崎県の歴史です。

古代
宮崎県に人が住んでいたと思われるのは、中期旧石器時代の終わり頃です。約5万年前頃で、遺跡が日之影町の出羽(いずるは)洞窟と川南町の後牟田(うしろむた)遺跡が発掘されています。西都原古墳をはじめ、県内にはたくさんの古墳があります。

神話の時代
イザナギの神生み伝説のある宮崎市の禊池にて、天照大神が生まれています。

『古事記』には「竺紫(つくし)の日向の高千穂のくじふる嶺に天降りまさしめき」と天孫降臨が記されています。天照大神の孫の邇邇藝命(ににぎのみこと)が降り立った国が高千穂とされています。

そして青島が舞台である山幸彦と海幸彦の神話が残っています。

山幸彦の孫であるカムヤマトイワレヒコが、東征して大和橿原宮にて、天皇に即位し初代天皇神武天皇となった(神武東征神話)等の神話(日向神話)があります。

(中世は省略させていただきます)

江戸時代
日向国は複数の藩(延岡藩・高鍋藩・飫肥藩・薩摩藩・佐土原藩)が分立、宮崎市内、日向市などは天領となっていました。

廃藩置県当初
(1871年)、延岡県・高鍋県・佐土原県・飫肥県が設置、1871年の府県合併によって美々津県・都城県に再編。

その後1873年に旧日向国の領域をもって宮崎県(初代)が設置。県政のため、県庁を県の中央部に設置する必要が認められた結果、当時は寒村であった宮崎郡上別府村(現在地)に県庁が移されました。

1876年8月21日に宮崎県は鹿児島県に合併され、宮崎県庁は支庁へ格下げ。

廃藩置県以降
1877年 - 西南戦争により当時鹿児島県であった宮崎県域も戦場となりました。戦後の処理問題で、鹿児島県が薩摩・大隅の復興を優先したことへの県民の不満が募り、宮崎県再置の一因となります。

1879年 - 宮崎支所管内に宮崎、那珂、諸県、児湯、臼杵の五郡が置かれます。

1883年5月9日 - 川越進氏をはじめ、多くの県民が立ち上がり、分県運動が起こりました。その結果、日向国のうち志布志郷・松山郷・大崎郷を除いた地域をもって、再置県が認められ分県が成立し宮崎県となりました。


宮崎県再置後年表
1884年 - 九郡・八郡役所設置(西臼杵郡、東臼杵郡、児湯郡、宮崎郡、北那珂郡、南那珂郡、北諸県郡、西諸県郡、東諸県郡 宮崎郡と北那珂郡は同一の郡役所)
1889年 - 町村制実施され、5町(宮崎、細島、都城、油津、延岡)95村に統合される
1913年 - 国鉄宮崎線(現吉都線)都城まで開通。宮崎県営鉄道(妻線・飫肥線)および宮崎軽便鉄道(後の日南線)営業開始
1916年 - 国鉄宮崎線 宮崎まで開通
1917年 - 宮崎県営鉄道(妻線)国有化
1923年 - 日豊本線開通。
1924年 - 宮崎市および都城市、市制施行
1932年 - 宮崎県庁本館(宮崎県庁舎)竣工
1934年 - 霧島国立公園指定
1935年 - 宮崎県営鉄道(飫肥線)国有化。国鉄日ノ影線開業
1939年 - 「こどものくに」開園
1940年 - 皇紀2600年に伴う紀元二千六百年記念行事を実施。宮崎神宮の拡張や八紘之基柱(あめつちのもとはしら、現・平和台公園)が整備。「聖地」として宮崎を宣伝。
1949年 - 宮崎大学設立
1954年 - 宮崎空港開港。隣接して航空大学校が運輸省の附属機関として開校。
1960年 - 島津久永・貴子夫妻新婚旅行。この頃、観光宮崎ブーム。
1964年 - 宮崎県再置80年を記念して宮崎県旗、県の花としてハマユウ、県の鳥としてコシジロヤマドリを制定]
1965年 - NHKの連続テレビ小説第5作で放映された川端康成原作の『たまゆら』で、橘公園や青島、こどものくに等が紹介され、観光宮崎が広く行き渡る
1966年 - 県の木としてフェニックスを制定
1968年 - えびの地震
1973年 - 小林市霧島山麓夷守台にて全国植樹祭開催
1974年 - 宮崎医科大学(現・宮崎大学医学部)設立
1975年 - 日本最初のサファリパーク『宮崎サファリパーク』開園(1986年閉園)
1976年 - 九州縦貫自動車道えびのIC・高原IC間開通
1979年 - 第34回国民体育大会『日本のふるさと宮崎国体』開催
1981年 - 九州縦貫自動車道(宮崎自動車道)宮崎市まで全通
1986年 - 小林市霧島山麓夷守台にて全国育樹祭開催
1993年 - 総合保養地域整備法適用第1号シーガイアオープン
2000年 - サミット外相会合。県内の農家より家畜の口蹄疫感染を確認する。
2001年 - 東九州自動車道西都IC開通。シーガイアが会社更生法の適用を申請(直後にリップルウッド・ホールディングスが買収)。
2003年 - 2004年に開催された全国植樹祭を記念して県の木に飫肥杉・ヤマザクラを追加
2004年 - 西都市にて全国植樹祭開催
2010年 - 口蹄疫の流行。東九州自動車道高鍋IC・日向IC開通。全国高等学校総合文化祭開催。
2012年 - 東九州自動車道須美江IC・北川IC・都農IC開通、川南PA開設
2014年 - 東九州自動車道 宮崎市から延岡市まで直結。高速バス「ひむか号」運行開始。
2015年 - 東九州自動車道 宮崎市から大分市まで直結

宮崎県の歴史 調べてみて、懐かしい時代、思い出などがよみがえってきました。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
本日も素晴らしい一日となりますことを、心から祈念しています。

宗教においての大切な信仰の証として「奇跡」があります。旧約聖書では「モーセ」が紅海を真っ二つに割った話、新約聖書ではイエスが死人「ナザロ」を甦らせた話、仏陀が疫病を止めた話などたくさんあります。

2000年以上前の話なので、証明できないでないかという方も多いと思います。

しかし、現在只今に起きた奇跡ならどうでしょうか。救世主のような方が起こした奇跡のレベルではなくとも、身近で普通では考えられないことが信仰の力を通して起きたならどうでしょうか。

今回は幸福の科学グループで起きた「奇跡」の事例を紹介しながら「奇跡」について考えてみたいと思います。

幸福の科学歴25年、私自身もたくさんの奇跡を見てきました。ガンが一瞬で消えた話、10年以上子宝に恵まれない方に子宝が宿った話、交通事故で頭を打撲し医者からは植物人間といわれた方が手術なし回復、全く後遺症なしで現在3人の子どもさんを生んで育てている方、脳梗塞で三週間意識不明の方が全く後遺症無く現在も支部長で頑張っている方・・・

それだけでなく幸福の科学グループ全体でもたくさんの奇跡が起きています。本日は二つの事例をお伝えします。(詳しくは、お近くの幸福の科学の支部で事例DVDがあります。お気軽にお越しください)

①脳蓋骨骨折,脳挫傷の方が手術無しで回復した事例、瞳孔が開き,一時期心臓停止で、医者からよくて植物人間といわれた方が、幸福の科学の祈願で、手術することなく、全く後遺症無く、一ヶ月で退院。

②17年間の統合失調症、医者からは絶対に治らないといわれた方が回復した事例。ご両親の祈願とその息子さんへの念いを変えた祈りにより、完治。(現在,幸福の科学中級セミナーの事例)

ラジオでは①の事例をもう少し詳しくお話をさせていただきます。②は今年の中級セミナ-の事例ですので、詳しく内容を聞きたい方は是非セミナーを受講ください。どなたでも受講できます。

①の事例では,実際に事故のときの脳のレントゲン写真もあります。手術をする寸前で脳出血が祈願と同時にぴたりと止まります。そして一週間でトイレに行き、一ヶ月で退院する様子がDVDに収められています。

どちらも事例も現代医学ではなかなか考えられないことです。しかし、本来は人間に直す力があります。①の事例は外傷、②の事例は心の病気です。①②ともに信仰心の篤い方の存在があります。

決して医学の力、科学の力を否定するつもりはありません。それによってたくさんの方が助かっています。ただ、今夏の事例のような「奇跡」が実際に起きていることも事実です。

「奇跡」一部の人に起こるものですが、すべての人に起こす可能性はあります。そのキーワードは「信じる力」「信仰の力」ではないでしょうか。

 科学万能といわれていますが、神秘のベールに包まれたことはたくさんあります。神秘の世界,それはこの世が仏神が作られた世界だからです。人間の存在自体が「神秘」そのものであり、ある意味「奇跡」です。

ラジオ番組 サンシャインFM 「ハッピーカフェ」で放送いたします!


いいね!した人  |  コメント(0)