幸福実現党 こうの一郎オフィシャルブログ

幸福実現党 こうの一郎のブログです。


NEW !
テーマ:
こんにちは、本日が皆様にとって、ハッピーな一日になりますように心から祈念しています。

「第五福竜丸」事件、昭和29年(1954年)にアメリカのビキニ環礁で水爆実験をしたときに、第五福竜丸は危険水域近くにいたため、「死の灰」をかぶり、乗組員たちはやけどをするぐらいの被爆をしました。

その後、乗組員たちは、母港の唐津に入り、やけどの治療をしました。その1人の久保山愛吉氏が亡くなられました。

「アメリカの水爆実験で死んだ」ということで大騒ぎになり、そして大々的に葬儀をして社会問題となりました。

それから原子力反対の運動が起き、その流れの中で原子力船「むつ」が廃棄されました。その理由は、「むつ」は太平洋で放射の漏れを起こしたためです。その事件を左翼マスコミが大々的に報道して、全国民を洗脳しました。

そのため、「むつ」は寄港するところがなくなり、最終的には廃棄されます。ゆえに、未だに日本には原子力船を保持していません。国防上絶対必要な原子力潜水艦を作ることができなくなっています。

しかし、「むつ」の放射能漏れの数値は、何とレントゲン一回分程度の微量なものです。それをマスコミが大々的に報道するために母港青森の大湊港の漁民が大反対したため廃棄となりました。

太平洋で被爆した福竜丸でなくなった久保山氏は、実は被爆で亡くなったのではなく、肝炎ウィルスに汚染した輸血による急性肝炎だったというのが真相です。

このことは、医者はわかっていました。その証拠に、他の乗組員は皆大丈夫でした。要するに、放射能で亡くなっていないことは隠蔽されたということです。

広島での被爆は、瞬間では福島原発事故の1800万倍といわれています。その広島は当時「70年間以上は人が住めない」といわれましたが、事実は違い、広島の人々はそこから逃げずに復興しています。

福島原発事故では広島、長崎のデーターが使われた形跡がありません。日本は世界で唯一原子爆弾を2発落とされました。そのデーターがありながら、福島事故では活かされていません。というよりこれも隠蔽されています。

未だに、人体に影響のないレベルの放射線で避難生活をしている方々がたくさんいます。左翼的な報道が強く、放射線・放射能への間違った情報・知識に洗脳されている国民が余りにも多いと思います。

幸福実現党は一貫して原発推進、そして福島原発事故処理の間違いを言い続けています。正しい放射線の科学的知識を国民に知らせ、間違っていることは正すべきです。それが今一番求められていることではないでしょうか。

政府もエネルギー問題、復興を掲げるなら、逃げずに正面から正々堂々というべきことを言い、間違いを修正する勇気が必要です。




いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:




「智慧の法」
副題 心のダイヤモンドを輝かせよ

「現代人の悟り」がこの一冊に!

今年も大川隆法総裁よりいただきました。

まえがきより
人がこの世に生まれて、生きて、あの世に持って還れるものは「心」しかない。
その「心」の中でも、ダイヤモンドの輝きを保っているものは、「智慧」である。

主な内容
個人の努力、忍耐が繁栄の未来を築く「繁栄の大戦略」、付加価値を生む勉強法や仕事の仕方の「知的生産の秘訣」、「壁を破る力」、「異次元発想法」、「知謀のリーダーシップ」、そして憎しみを超え、世界を救う「智慧の挑戦」

大川総裁の実戦に裏打ちされた悟りの書ですので分かりやすく、しかし奥の深い内容です。

何度も繰り返し精読して、自分の体験を智慧に変え、自らの器、可能性を伸ばし、更にチャレンジ精神を鍛えてまいります。




Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
おはようございます。本日が皆様にとって、ハッピーな一日になりますように心から祈念しています。

経済産業省は、18日再生エネルギーの固定価格買い取り制度の見直しをすることを発表しました。

今回の買い取り制度のポイント
○ 無制限で送電中断を求めれる指定電気事業に、東北、四国、九州、沖縄電力などを新たに指定

○ 太陽光で送電中断を求める制度の対象を事業者だけでなく住宅用にも拡大

○ 送電中断は事業者に先に要請し、住宅用への影響を最小限にする

○ 太陽光発電の買い取り価格を引き下げ、地熱や中小水力、バイオマスの導入を優先して進める

○ 電気の買い取り価格の決定を、設備の認定時から電力会社との解約時に遅らせる

○ 一定期間を過ぎても事業家の見通しが立たない案件などの契約解除の強化

太陽光発電推進の限界
今回の再生エネルギー買い取り制度見直しにより、明らかに太陽光発電による電力は、原子力発電の代わりにならないことを示しました。この論点は以前から述べていましたが、当然の流れです。

民主党前首相菅政権の負の遺産
この再生エネルギー活用のための太陽光電力の買取制度は、民主党前菅首相が辞任3条件の一つでした。このやり方も納得がいかないものでした。しかし、その後の流れでは菅首相の思惑通りに進んでいました。

それは、原発廃止論者の菅首相、東日本大震災を契機に、安全に運営していた他の原子力発電まで止め、その電力の代わりに太陽光発電を中心に推進するために「電力会社による全量買い取り」を大前提にしました。

買い取り制度の矛盾
この買い取り価格が国際的にもかなり高額であることです。しかも事業者と電力会社との契約手続きは、時期によって価格に差があるということです。

要するに早く契約すればするほど、事業者に利益が出るという信じれない推進の方法です。しかも、契約をしてから放置もできます。枠だけ押さえて事業を開催しない業者もたくさんいました。

負担は電力会社でなく国民
そして、その電力会社が買い取る費用は電気料金に加算、上乗せできます。要するに普及するほど、国民に負担が掛かる=電気料金がアップする仕組みです。

菅首相自身は日本の発展を止め、北欧のような福祉国家を目指していました。日本の衰退を菅首相は自らが作りました。エネルギー不安定・高額になれば、日本は大変な状態になり始めました。

ドイツの失敗から学べない日本
原発を止めた国として、先進国ではドイツがあります。そのドイツでは今の日本と同じ状態になっていました。そしてドイツも再生エネルギー推進により、電気料金が二倍になり、結局再生エネルギー政策の転換を余儀なくされました。

ドイツはEU加盟国です。電力も他の国から買うこともできます。隣には核大国のフランスがあり、いつでも電力を買うことができます。しかし、日本は島国です。現段階では化石燃料を輸入するしか手のない日本です。

しかも日本のエネルギー事情が厳しいことを産出国が知っていて、高額で買わされています。

この状況があってもマスコミや世論では脱原発の流れが強い日本です。本当にエネルギー問題で経済が没落して、昔のようなオイルショックが来ないと目覚めない国民でしょうか。

このまま衰退することは絶対に避けなければなりません。

まとめ
幸福実現党は、一貫して原発推進を訴えてきました。どこかの党のように世論や選挙を気にして、そのたびに政策を変えるようなことはしていません。

それは、本当にこの国の発展を考えているからです。東日本大震災では地震には耐え切った原子力発電所です。世界での評価は一段と高まっています。その原発を自国で推進することが必要です。大震災の教訓を活かして、さらに安全性の高い原子力発電を日本、そして世界に広げるべきです。世界の主流には原子力発電所の増設です。これが世界の主流国の流れです。
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:




おはようございます(^-^)

今日も素晴らしい1日になりますことを、心から祈念しています!

本日は土曜日、ハッピーカフェの日です(^-^)/

9:00~9:30

全国どこからでも聴くことができます!
v(^-^)vv(^-^)v( ̄^ ̄)( ̄^ ̄)

スマートフォンなら
「FM++」か無料でダウンロードできます

パソコンからは、「サンシャインFM」検索 サイマルラジオで聴くことができます




Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
靖国神社参拝

おはようございます。本日が皆様にとって、ハッピーな一日になりますように心から祈念しています。

先日東九州本部のツアーで、靖国参拝にも行ってきました。一日目はバスツアーで参拝です。

小雨降る中、日本のために尊い命を捧げた英霊に対して、感謝と畏敬の念を捧げました。




靖国神社には、明治維新後の英霊、246万6千余りの柱の方々が、男女関係無く、祖国に殉じられた英霊を尊い神霊としてお祀りされています。



中国韓国政府が靖国参拝を極度に嫌がる理由
政治的理由、政治カードとして日本外交の切り札のように使われている靖国参拝反対。先の大東亜戦争のA級戦犯が祀られているため、特に首相・閣僚が参拝すると、いっせいに両国が非難します。

しかし、その背景には、靖国神社という精神的存在の恐怖があるようです。

渡辺昇一先生の「新たなる反日包囲網を撃破する日本」の中で、このように書かれています。

中国は日本との戦争では負け続けています。当時、10倍の差の兵力があっても少ない日本兵に負けている状態もありました。

中国政府はそれが精神の違いであることを知っています。日本兵は死を恐れない。方や中国兵は死を恐れるため、最後は退却してしまいます。

そしてその根底にあるのが、靖国神社です。「靖国で会おう」「死んだら靖国で祀られるぞ」この精神=日本精神の元に靖国神社があるからです。

ゆえに中国政府は日本の勇敢な精神、日本人が国を守るときの精神を恐れるために、政府の要人の靖国参拝を極度に嫌がる理由であると書かれていました。

ツアーの翌日も時間があったので、妻と靖国参拝、遊就館を回らせていただきました。遊就館は靖国に祀られている方々の遺品、逸話、遺書などが展示しています。


「遊就館」館名の由来は「君子居るに必ず郷を擇(えら)び遊ぶに必ず士に就く」の漢文が図案化されたものです。



「遊就館」に行く度、今の自分が小さく感じます。また、より高次のために命を捧げた方々から激励を受けているように感じます。これから来る日本の危機に対して、私たちの活動を応援してくださっているように感じます。

今回の選挙では、宮崎南部支部としては予想外の低得票でした。責任は自分にあります。

「忍耐の時代」から「智慧の時代」に向かうときに、今一度、英霊たちに誓願し、次の戦いに向かう決意を妻と固めました。


選挙で応援をしてくださった皆様、幸福実現党を信じて一票を投じてくださった方々、そしてこれから支援者になる方々に心から感謝と必ず当選するまでやり続けることをお誓いします。


一日一日を大切にしてまいります。



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
この度の衆院選では、幸福実現党をご支援くださいました皆さま、本当にありがとうございました。多くの方々の暖かい言葉や激励を賜り、心より感謝申し上げます。

幸福実現党九州ブロックでは、得票数37299票(得票率0.64%)となりました。今回、当選者を出すところまで行きませんでした。本当に申し訳ありませんでした。しかし、前回の28353票を微増ですが上回っています。マスコミ報道がほとんどなかった中の厳しい戦いにおいては、少し希望が見えてきています。

今回は比例区の候補者として各後援会をほとんど回ることができず、お力になれずに本当に申し訳なく悔しい思いがあります。地元新聞においても、広告意外はほとんど取り上げられることなく、残念です。

しかし、毎回私たちを信じて、投票してくださる方もいることは、本当に勇気の原理になります。2009年から一貫してわが党を応援してくださる方々もいらっしゃいます。

また今回頂きました、新しいご縁も大切にしながら、次の戦いに向けて準備をしてまいります。

宮崎は知事選が12月21日投開票となっています。そのため、街頭での挨拶ができません。また知事選後、活動を開始してまいります。

本日もあいさつ回りやポスター貼り替えなどで活動されている不退転のサポーターの皆さま、本当に感謝と祝福申し上げます。

次の戦いに向けて、今回の悔しさをバネに、精進に精進を重ねて参ります。

寒い中、共に日本の未来のために戦い続けてくださったサポータの皆様、幸福実現党に未来を託してくださった支援者の皆さま、本当にありがとうございました。


1418342810669.jpg
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
先日の日南での街宣です。少し報告が遅れました。

小雨降る中、日南の支援者も集まってくださり、江夏政調会長とイチローとで街宣をさせていただきました。

比例区九州ブロックで選挙カーが一台のため、宮崎県を走るのは10日のみです。
日南市にいけて、よかったです。

懐かしい方々にもお会いでき、元気を頂きました。






いいね!した人  |  コメント(2)