クリスマス記念切手のブックレットです。
こちらが表紙。



反対に返すと、観音開きになっていて
中央に切手、左右にはハガキがついています。

今年の夏頃発売されたもので、1冊だけ買って帰ったら
相方も欲しいというので、後日買いに行った時には
もう売り切れてしまっていました。
ブックレットに収められているのは
1997年から2005年までに発売された
未使用切手ですので、もちろん仕様可能!ですが
やっぱり使わずに大切に取っておくつもりです。



1997年・1998年
まだ、フィンランドマルッカの時代ですね。
毎年少しずつ値上げされてるのが分かります(笑)
左下の絵柄は、サウナ小屋からの煙でしょうか。
こんな素朴な雰囲気は、私好みです。


1999年・2000年
オーロラとサンタさんやウサギや小鳥などフィンランドらしい景色。


2001年・2002年
2002年からはユーロ表示になってます。


2003年・2004年

デザイナーによって、切手の雰囲気が全く違うのは面白いですし
こうして年代順に見ていくと、時代の流れを感じます。
丁度、我々がフィンランドで暮らしていた時期と重なりますので
色々な想いも蘇って参ります。


去年の切手はこちらからどうぞ




そして、今年の切手はこんな感じ↑
フィンランドにいたら、もちろん買ってました。
ほのぼのした雰囲気ですね。


クリスマス切手*その2も予定中です。



AD

気が付けば

テーマ:

クリスマスまであと1ヶ月。

街は,、すっかりクリスマスのデコレーションで
気分だけは嫌でも盛り上がってしまいます。
日本のイルミネーションは、どこも豪華!
それに比べたらフィンランドのものは
素朴で地味な雰囲気だったなーと記憶しています。
でもそれがまた、とてもフィンランドらしいと
改めて感じていることろです。
はじめの画像は、フィンランドで一番大きなデパート前のツリーです。
ごくシンプルな飾りが、かえって新鮮でした。

市場で売られていたリースたちも
とってもシンプルなものばかり。
どれも手作りの暖かみが感じられて素敵でした。

我が家も少しだけクリスマス気分。
先週、買ってきたストックと赤い実のヒベリカム。
ストックがくたびれたので
グリーンのスプレー菊とチェンジしました↓

ヒベリカムはまだまだ元気です。
それと同じく赤い実のサンキライだけの
シンプルリースも一緒に飾りました。
本当は、大きな本物のツリーが欲しいのですが
日本ではなかなか難しいですね。
日本でもこんな風に↓
クリスマスツリーを売ってほしいなぁと思います。

クリスマスって、どうして気分がウキウキするのでしょうね。
今度、フィンランドのクリスマスの切手をご紹介したいと思います。
お楽しみに。




AD

フィンランドで、友人宅へお呼ばれした時
よくご馳走になったのがキッシュです。



中身の具材は、季節やその時々で違いましたが
その家庭の味を楽しめて、美味しく頂きました。
フィンランドには、冷凍のタルト生地やパイ生地が
お菓子用、お料理用等、何種類も売られていたので
本当に気軽にキッシュやパイを作ることが出来ました。
日本ですと、お菓子用の冷凍パイ生地は
簡単に手に入るので、これを代用しても良いと思います。
今回の具材は、ハムとアスパラガス。
冷蔵庫にあるお好みの具材で、是非お試し下さい。


簡単キッシュ

タルト生地
薄力粉 200g
無塩バター 100g
玉子 1個
水 10㏄

アパレイユ(玉子液)
玉子 2個
牛乳 100㏄
生クリーム 100㏄
とろけるチーズ 20~30g
塩・コショウ

具材
お好みでどうぞ。
画像はハムとアスパラガス。
ほうれん草とベーコン、ツナと玉ねぎ・きのこ類など
色々な組み合わせが出来ますよ。
これからの季節、牡蠣もおすすめです。

作り方
バターを常温に戻し、玉子と一緒にふるっておいた粉に加えこねる。
(生地がまとまるようなら水は入れなくてもOK)
3mm程度にのばし、型に押し付けるようにして敷き込んだら
15分程冷蔵庫で休ませる。
その間に、アパレイユ(玉子液)の材料を混ぜ合わせ
具材を適当な大きさに切っておく。
冷蔵庫から出した型に具材を散らし、上からアパレイユ(玉子液)をかけて
180℃のオーブンに30~40分で、出来上がり!

具材のお野菜は下処理(茹でる・炒める等)を
しておいた方が良いと思います。



キッシュの下に敷いたキッチンクロスは
フィンランドのFinlaysonという会社のもので
毎月の旬の味が書かれている楽しいものです。
私の知らない食材が書かれていて
今更ながら、これは何だったのだろかと
想像しながら眺めています。


Finlaysonについてはこちらからどうぞ


一般的にキッシュと言えば、フランスを連想するものですが
私の場合、フィンランドの家庭の味
そして、美味しい思い出という感じもします。



AD


フィンランドで、お茶のお稽古中に
何度かフィンランドで作られたお茶碗で
お抹茶を頂く機会がありました。
それは、言われなければ
日本のものかなと、思ってしまうような佇まいで
和の世界にしっくりと溶け合うものでした。

フィンランド生活の思い出に
自分のお土産には
抹茶碗を買おう!と決めていました。


フィンランドにも、多くの陶芸家がいて
ハンドメイドの製品を売るお店には
個性的な器が、沢山並んでいます。
きっとこの器は、スープボールか
サラダボールなのでしょうね。

私がこの器を選んだ訳は、単純です。
お抹茶が美味しそうに見えるだろうなと思ったから。
釉薬のかかり具合なんて日本の器のようですよね。


でも、高台裏には作者さんのサインが
「MALJAANI」と入っています。



今日は頂き物の「横浜名物甘納豆」と一緒に。




フィンランドと日本が出会う瞬間。
大袈裟ですが
私の個人的な楽しみのひとつです♪




栗を楽しむ

テーマ:

ホクホクの甘い栗は、日本の秋の味覚の1つ。
ハロウィンの日に子供達は
お菓子を貰いにやって来ませんでしたが
私は、かぼちゃのプリンを友達と一緒に楽しみました。
かぼちゃも美味しいですが、今日は栗のお話。



フィンランドにも、栗の仲間はあったけれど
日本で食べているようなものとは違ったように思います。
マロン味もお菓子もありませんでしたし。
なので、久し振りの栗ご飯
ほんのりと甘さがあり、とってもおいしかったです。



それと栗入り抹茶蒸しパン
これはホットケーキミックスで作ったので超簡単!
よろしければお試し下さい 。

材料 
8cmの型5~6個分

ホットケーキミックス 100g
玉子 1個
サラダ油 大さじ2
牛乳 100cc
砂糖 20g
抹茶 大さじ半分
栗 適宜

これらを玉子→砂糖→サラダ油→牛乳の順に混ぜ合わせ
最後にホットケーキミックスと抹茶をふるいながら加える。
紙型に流し入れ、電子レンジで4分位。

加熱時間はレンジによりますので
楊枝をさして、生地がつかなければOKです。
抹茶や栗が無ければ、プレーンな蒸しパンになりますよ。


同分量を四角い型に流して、蒸し器で10分蒸しました。
味は同じですが、形が違うと雰囲気は変わります。
蒸しパンって軽い食感なので
幾つでも食べてしまいそうで危険です。



食欲の秋が、とまりません!!