木の葉パンのフィンランド覚え書き+α

北欧フィンランドで暮らしてみて~

見て、聞いて、食べて、感じたコト色々の覚え書き。

そして、日本での暮らしも加わりました。


テーマ:

ハロウィンですね。

近所のお花屋さんに、デコレーション用のかぼちゃなどが
売られているのを見て
随分ハロウィンが浸透してるのだなと驚きました。
こういうのを見るとやっぱり嬉しくなって買ってしまうんですよね。
↑は今年、日本で買ったハロウィンデコレーション。

フィンランドでは、デコレーション用のかぼちゃが
市場やお花屋さんの店先に並んでいるのを
目にすることが沢山ありましたが
クリスマスやイースターほどの大きなイベントではありませんでした。
その点、日本は異文化を上手くイベント化して
浸透させる技がスゴイですね。

元々は、2000年以上昔のケルト人の収穫感謝祭が
キリスト教に取り入れられたもののようで
万聖節(11月1日)の前夜祭にあたる行事のことです。
「万聖節」は、日本の「お盆」と似ていて
過去に亡くなった人が、この日に蘇ると考えられています。


こちらは、去年フィランドで買ったデコレーション用のかぼちゃ。

蘇った悪霊たちは、生きている人に
いたずらをしたり、悪運をもたらしたりすると
考えられていましたので
ハロウィンの仮装は、蘇った悪霊たちがその姿を見て
驚いて逃げていくようにするためだそうです。

日照時間が短くなるこの時期は、暗闇の勢力が増し
死者の霊があの世からやってくると信じていた人々は
その霊を静めるために、供物を差し出し
差し出さなかった家には悪いことが起こりました。

いつからか、子供達にも変装させて歩かせるようになり
仮装した子供達が、近所の人を脅かせ
お菓子をもらうようになったのはこれが由来のようです。

だから、子供達の掛け声は
「Trick or treat!」
何かくれないといたずらするぞ!なのです。


今夜、近所の子供達がお菓子を貰いに来るかしら?!




ヨーロッパは、冬時間になりました。
いよいよ長い冬の始まりです。
これで、日本とフィンランドの時差は7時間になります。



AD
いいね!した人  |  コメント(42)  |  リブログ(0)

テーマ:


暮らしは日本シフトになってます。
日本の生活は、時間の流れが速くて
1日があっという間に終ってしまう感覚なのです。
同じ24時間なのに、どうしてこんなに感じ方が違うのか
毎度のことながら、不思議です。
ご近所さんの庭先になっていたザクロや柿。
眺めて歩く楽しい時間です。


のんびりおやつ時間。
秋の和菓子
四季を感じることの出来るお菓子って良いですね。
こうした繊細な職人さんの技は
日本の良いところの1つだと思います。
近所のごく普通の和菓子屋さんで購入しました。
奇をてらわない基本に忠実な優しい味は
安心して頂ける和みの時。



今日は、お抹茶ではなく日本茶で。

AD
いいね!した人  |  コメント(51)  |  リブログ(0)

テーマ:

PUUTUOTTEIDEN
日本語にすると木製品となりますでしょうか。


こちらは、フィンランドの伝統工芸品の1つ。
木のトレー・お盆です。
オイル仕上げの木肌は、サラッとした手触りで
とても気持ちの良いものです。

初めてこのトレーを目にしたのは
なんとお茶室でした。
日本の木製品にも通じる素朴でありながら
味わいのある木の質感に清々しさを感じ
ハッとさせられたのを覚えています。
お茶室にあったのは、円形のもので
丁度、お茶のお点前に使える大きさと形でした。
それをこの2年の間探し求めていたのですが
結局、お茶室のものと同じものは見つからず
この楕円型のものを大きさ違いで買い求めました。


このトレーは、作る人が限られていて
製作者の多くは、フィンランドの中部から北の方に
住んでいると聞きました。
それが理由なのかは分かりませんが
ヘルシンキでは、限られたお店でしか
目にすることが出来ず
茶室にある円形トレーは
私の中で幻となってしまったわけです。

そうはいっても、楕円形のこのトレー。
和洋どちらにもすんなり馴染み
とても使い易く、出番が多いです。


お店では、その品物に使われた木材と
お手入れ方法などが書かれた紙をくれました。
これによりますと材質は、アルダーとラワン。
お手入れは、植物オイルを塗る程度でOKとのこと。
軽くて丈夫、使い込むほどに味が出てきそうです。


私のトレーの裏側には
作者さんのお名前がしっかりと焼印されていました。
この方は、お父様からこの技術を受け継ぎ
全てを1人で手作りなさっています。
最近お子様が生まれ、子育て中の為に
作る数が減ったそうです。
こんなお話しもフィンランドらしいなぁと思いました。

日本同様に、木製品が多いのも
フィンランドの特徴ではないかと思います。
木には、見て触れて心が和む不思議な魅力があります。
「木のぬくもり」と、よく言いますが
本当に、その言葉がぴったりのトレーです。



AD
いいね!した人  |  コメント(67)  |  リブログ(0)

テーマ:

Pida:n Omenasta!は、リンゴ大好き!という意味。
リンゴは、フィンランドで収穫できる数少ない果物の1つです。



9月に入ると市場には、フィンランド各地から
収穫されたばかりのリンゴたちが並び始めます。
日本のものに比べると、小振りではありますが
種類が豊富で、見ているだけで楽しくなります。

フィンランドの人は、そのまま食べるのはもちろんのこと
ベリー同様にお菓子や料理に活用します。
世界中にリンゴのお菓子があるように
フィンランドにも沢山のリンゴのお菓子があります。
ジャムというかムースにして保存する家庭も多いようです。
イチゴやベリーのジャムとは一味違った
優しい舌触りのリンゴジャム(ムース)は美味しいですよ。
このジャム(ムース)は、お肉料理に使われることも多いです。


日本に戻ってやっと、お菓子を作ろう。という気になりました。
久し振りのお菓子つくりは「リンゴタルト」
タルト生地に、リンゴとバニラヨーグルトを
流し入れただけのシンプルなものです。
トッピングには、お砂糖を入れませんでしたので
リンゴの酸味が楽しめるタルトとなりました。
去年ご紹介したアップルケーキとも違う味わいです。


市場には、リンゴをあしらったリースもありました。
とっても可愛いくて欲しかったのですが
引越しを控えていたので、断念しました・・・。
今見ても、やっぱり可愛い♪
買っておけばよかったですねぇ。





皆様の所へは、これからお邪魔させて頂きます。
遅くなってごめんなさい。




アップルケーキの記事はこちらからどうぞ
いいね!した人  |  コメント(62)  |  リブログ(0)

テーマ:

私が、フィンランドで見つけた刺繍をご紹介します。


90cm四方のテーブルクロス。
可憐な花のモチーフに、抑えた色使いがシック。
何度も洗われて柔らかくなった雰囲気が
とても気に入っています。


これは、なんとなく北欧らしい色柄のプレイスマット。


このモチーフに似たものをよく見かけます。
木の実のような花のような感じが可愛らしい。


クロスステッチだけの作品。
バラは、いつの時代も愛されたモチーフの1つ。
懐かしい雰囲気が、かえって新鮮です。

普段の生活の中で、使えるモノたちを
手作りする人が、多かったのでしょうね。
これらは全部、蚤の市や古道具屋で見つけました。
また、学校では手工芸の授業がありますし
手工芸の専門学校のようなものが、各地にあるそうです。
こうした事も、フィンランドの生活に
手作りが根付いている理由の1つなのかもしれません。


いいね!した人  |  コメント(52)  |  リブログ(0)

テーマ:

フィンランドにいる間、ご縁があって
ブティック社さんから出版された
「北欧のちいさな刺しゅう」という本に
少しだけ記事を書かせて頂きました。

北欧をイメージした可愛いけどモダンで
楽しくて優しい雰囲気の刺繍が満載!
また、北欧雑貨を扱う
日本のお店の情報も載っています。



本屋さんに並んでいますので
手にとって、ご覧頂けましたら幸いです。
よろしければレジまでどうぞ。

帰国後の記事が、宣伝になってしまい恐縮です。
私にとっては良い思い出となりました。


北欧のちいさな刺しゅう―北欧雑貨をちくちくステッチ春夏秋冬






日本に戻りましたので、ブログのタイトルを
「木の葉パンのフィンランド覚え書き+α」
として、心機一転
再出発したいと思います。
皆様、どうぞよろしくお願い致します。




いいね!した人  |  コメント(85)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。