木の葉パンのフィンランド覚え書き+α

北欧フィンランドで暮らしてみて~

見て、聞いて、食べて、感じたコト色々の覚え書き。

そして、日本での暮らしも加わりました。


テーマ:

また違った趣向のイメージバトンを
「昨日・今日・明日」のレブロンさん より頂きました。
簡単な質問ですが、奥が深いですよ。
よろしければお付き合い下さい。



Q1苦手なものは?

そんなにないと思っていたのですが
考えると色々出てくるものです。
カレーラーメンブルーチーズ
ソースのかかったコロッケやとんかつ
黒板を引掻いた音
まじめな雰囲気の場所
挨拶・感謝のできない人
謙虚じゃない人
何を食べても文句を言う人
笑いの分からない人
ブランドでかためた人

でも1つだけあげるとしたら
怒ってる時の相方
これは煮ても焼いても食えません。


Q2なりたいものは?

ごく小さい頃は画家
今は、自分のスタイルをもった人
人に流されずに生きていけたら幸せですね。
あっ相方
結構自由に生きてるところと
優しい奥さんがいるところ
(ガハハ、ここはみんなで笑うところですよ!)
すみません・・・。
何書いてんのって言われたましたが
このまま載せます。


Q3バトンをくれた レブロンさん  のこと

真っ正直なお方と推測いたします。
ご自分の信念をしっかりお持ちで
私よりもずっとお若いのに鋭い視線で
世の中を見ておられる姿に熱いものを感じます。
もっと気楽になされば良いのにと
思うこともあるんですよ。
物事にまじめに向かい合って、考えて
疲れることありませんでしょうか。
私なんてそうなったら、すぐ放棄です(汗
これだけの見識をお持ちなのだから
レブロンさん、自信を持って大丈夫ですよ。

失礼を承知で書かせて頂きました。
レブロンさん、これからもよろしくお願いしますね。


Q4次に回す人

どなたでもどうぞ。
バトンはここにございますのでよろしくお願い致します。
最後までお付き合いありがとうございました。

先日仕上げた刺繍
こういうの始めちゃうと一気に仕上げたい性格で
これは目が細かくないので楽でしたが
さすがに目は疲れました。
バトンとは関係ないですが
画像がないと寂しい病です(笑)


AD
いいね!した人  |  コメント(39)  |  リブログ(0)

テーマ:

ツリーに飾るオーナメントは色々あります。
日本にも沢山の種類が出回っていて
少しずつ買い足していくのが楽しみの1つです。
飾る物によって雰囲気が変わるのは当然ですが
これまで何度も外国の雑誌などで見て
いいなぁ、綺麗だなぁと
思っていたのがガラスのオーナメントです。

赤ちゃん
青君
これは、去年のクリスマスの後
一斉に始まるセールで買ったものです。
幾つ買おうか悩んでるそばから
無くなっていくのを見て、焦りつつ
結局、赤を12個、青を6個ゲット出来ました。
今はシンプルにこれだけを飾っています。
ツリーを入れた花瓶?は大家さんの
素敵なクリスタルを拝借致しました。


色ガラスに、雪の結晶が彫り込まれ
クリスマスらしい雰囲気が気に入っています。
青の方は角度によって
少し赤み帯びて見えるのでとても綺麗です。
やはり人気があったのか青の方が残り少なかったです。

次回はフィンランドらしい
オーナメントをご紹介いたしますね。



日曜日のスオメンリンナ島でのスナップです。
クリスマスイベントがあったのですが
私は時間がなくて見れませんでした。
(お茶の稽古が長かった・・・)


沢山の家族連れやツーリストが
フリーマーケットやライブ、ショウなどを
思い思いに楽しんだようです。
島とヘルシンキのマーケット広場をつなぐ
フェリーは超満員でした~。
これでお昼の11時過ぎです(暗い・・・)



金~日で積もった雪も、月曜日の雨で
綺麗さっぱり溶けてしまいました。
暖冬なのか、雪よりも雨の多いヘルシンキです。
少し寂しい気もします。

AD
いいね!した人  |  コメント(54)  |  リブログ(0)

テーマ:
金曜日は雨~みぞれ?のような天気でしたが
未明から雪に変わったんですね。
土曜の朝、目を覚ますと結構積もっていました。



午後3時過ぎに買い物がてら出掛けた公園の景色。
しっかりと雪化粧しています。
降ったばかりの新しい雪の上を歩くと
キュッキュッという音が聞こえ、冬の訪れを感じました。


一昨日、街の様子。
アレクサンテリン通りのイルミネーション。
その頭文字「A」を使っているんです。
サンタさんがやって来た日から
ライトアップが始まりました。
夜景モードにしなかったので
すべてボケ気味ですが、雰囲気だけでも
感じて頂けたら。


デパート前の広場に大きなツリー。
願い事を書かいた天使形のオーナメントが
沢山飾られていました。
天使の顔は書いた本人の顔になっているんです。


大聖堂前にも大きなツリーが飾られています。
他の国のような派手さが無いのが、フィンランド流ですね。
これはこれで清楚な感じがして良いものです。
日本のキラキラに慣れていると
かえって新鮮に見えます。
本来はこういうものなのだと思います。


公園に出来ていた雪だるま(笑)
結構リアルな顔。

AD
いいね!した人  |  コメント(80)  |  リブログ(0)

テーマ:

寒くなり、暖かいスープが美味しい季節。
その時々で、野菜たっぷりのスープを大量に作り
ホワイトクリーム、トマト風味、コンソメ風味・・・
色々なバリエーションで楽しんでいます。


このほうれん草のスープは、冷凍のものなんです。
フィンランドの友人に、「美味しいよ!」と言われて
買ってみたら、あらホント美味しい!
ホワイト系のスープに、ほうれん草が入っただけの
とってもシンプルなものですが
ほんのり甘みがあって、さらっとした食感です。
平日のお昼、一人で食べるのに
お手軽&便利なので気に入っています。


このスープは、箱にそのまま凍らせてあります。
色々なメーカーから出ていますが
味はそんなに変わりません。
フィンランドでは定番のスープなのかな?
人参スープなんかもありますよ。


箱から出して、お鍋で暖めるだけでOK。
箱の画像の様に、ゆで卵をのせて
一緒に食べると美味しいです。

自分でも作れるのに、これは冷凍ものを買います。
というのも、いつでもほうれん草が
お店にあるわけではないのです。
信じられますか。
豊富な品揃えに慣れている日本人にとって
ちょっとしたカルチャーショックです。
しおれた野菜が置いてあることもしばしば・・・。
それでも以前よりは、かなり品数が増えたと思います。

ほうれん草を買いに行っても、無いかもしれない。
又は、あっても、しおれているかもしれない。
そんな思いで買い物に出掛けるので
あらかじめメニューを決めておきますが
売り場に行って変更なんて事もよくあります。
これは野菜に限らず、お肉やお魚でも言えることです。
スーパーによって、まちまちなんですよ。


フィンランドで一番大きいデパート
(サンタさんが来てくれたところ)や市場では
新鮮なものが揃っていますのでご安心ください。
「旬」を大事にしているということなのかな?


ほうれん草はこんな感じで売られています。
軸は切り取られ、葉の部分だけがパックになっていて
軸がもったいないな~と思うのですが。
250グラムで3ユーロ(420円)高いですね。
ほうれん草は、ほとんどがスペインからの輸入品です。
もしこのスープを作るとしたら、どれ位いるのかな?
ちなみに、このほうれん草はソテーに使いました。


いいね!した人  |  コメント(58)  |  リブログ(0)

テーマ:
11月20日の日曜日は
ロヴァニエミからサンタクロースが
ヘルシンキへやって来る日
でした。
私は、朝からお茶の稽古があるので
パレードの様子が見れず、残念でしたが
その様子は、同じくヘルシンキにお住まいの
みぃぴょんさんが紹介して下さってますので
こちらから どうぞ。


パレード終え、デパートで撮影会中の
サンタクロースに出会えました。
隙間からこっそり撮影。
やっぱり、とても和みますよね。
サンタクロースの奥に見える坊やは
お父さんに肩車をしてもらっています。
サンタクロースを見た途端に
驚きと喜びの笑顔!でした。カワイイ☆
サンタクロースと一緒に写真を撮ろうと
周りには子供たちが沢山集まっていました。


そのデパートの動くショーウインドウ。
人形やおもちゃが動く楽しい仕掛けで
こちらも子供に大人気。
日本にも同じようなものが沢山ありますよね。
子供のために階段の台が備え付けられていて
いつまでも動かない子供が続出でした。
おチビの私も台にあがって見たかったです。

クリスマスイルミネーションもこの日から始まり
より一層、雰囲気が増しましたが
うまく撮れてなかったので、またの機会に。


氷柱!が茶室の入り口にありました。


霜が降りた葉も1日中この通りです。

寒いとは言っても、まだマイナス2~3℃で
冬本番はこれからです。


いいね!した人  |  コメント(62)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆様からの心温まるコメントを拝見して
とても感激&最高に嬉しい木の葉パンです。


お会いしたこともないのに
皆様のお祝いの言葉やお優しいコメントを
拝見するに度に、出会いの場を与えてくれた
ブログにも感謝しなくてはいけないなと感じました。
ネット社会の弊害も多く聞かれる昨今ですが
私にとっては良い事ばかりです。
素敵な皆様との貴重な出会いを
これからも大切させて頂きたいと思います。


頂いたコメントへすぐにお返事出来ず
大変心苦しいのですが
この場を借りて、皆様に御礼申し上げます。
この後、皆様のもとへお邪魔させて頂きます。
本当にありがとうございました。

画像は週末に食べたケーキです。
もちろん、美味しかったです♪


いいね!した人  |  コメント(48)  |  リブログ(0)

テーマ:
どれを買ったかと申しますと
皆さん注目の木の実の大きなリースは
とても素敵でしたよ~。私も欲しかったです。
でもこれが結構大きいので
飾る場所を選ぶなーと思い断念しました。
最終的にこちらに決定!
正解者が何人かいらっしゃいました!!


どんぐりリース、緑バージョンです。
茶色のどんぐりと悩みましたが
もしかしたら茶色なら日本にもあるかもしれないけど
緑ってなさそうだなという理由です。
シンプルに1種類だけのリースって
引き算の美しさというか
どうしても色々足していきたくなるのに
心憎いな~と感じました。
それはこの花屋さんのセンスだと思います。

というわけで、お家へ戻ってから
他の物と組み合わせながら
一応こんなコーナーを作ってみました↓。


クリスマスっぽくなってますでしょうか?
(部屋の中が暗くてぼんやりした画像でスミマセン)
古いテディベア集めは、相方と私の共通の趣味で
このベアはドイツ生まれの90歳なんですよ。

フィンランドは「~消費量世界一」
言われているものが、幾つかあるのですが
その中の1つが「ロウソク」です。
彼らの生活の中に溶け込んだ
なくてはならない習慣となっています。
フィンランド人のお家に招待された時
ロウソクの灯りの元で頂くお料理は格別です。
柔らかい光に包まれた空間は暖かい雰囲気となり
日本人の私達からすると、とっても印象的な演出で
さりげないけれど素敵!とか思ってしまうわけです。
この時期はいつもより消費量も増えるはずです。
火事には十分注意をというニュースがありました。


金曜の夕方、夕焼けが綺麗でした。
土曜日は私の誕生日。
何か良いことありますように♪


いいね!した人  |  コメント(35)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は久し振りに晴れました!
空気がキーンと引き締まる
心地よい天候です。
もちろん寒いのですが
太陽の光は、何物にもかえがたい
自然の恵みなのだと実感します。
こんな日は、家に居てはもったいないので
ゆっくり街を歩いてきました。


やっぱりどうしても、クリスマスグッズに
目がいってしまうんですね。
気が付けばお花屋さんの画像ばかりでした。
沢山のリース、ナチュラルな雰囲気がとても気になる。


シクラメンというとクリスマスをイメージします。
4.5ユーロ(610円)は、日本よりも安いのでは?


唐辛子の方がシクラメンより高いです。
お料理に使えるのもありますけれど
これは観賞用かどうでしょうか。


赤い花や実の鉢植え


秋の終わりから出回るヒース。
耐寒性があるのでフィンランドの冬の定番です。
ヒースはミネラル豊富な殺菌、鎮静作用のあるハーブで
小枝を箒にしたりと様々な使い方が出来ます。

今回の画像に載っているリースを買いました。
さて、どれでしょうか?
今夜は冷えています。明日も晴れそう♪


いいね!した人  |  コメント(92)  |  リブログ(0)

テーマ:

フィンランド語で菓子パンは「pulla・プッラ」と言い
美味しいフィンランド生まれのものが沢山ありますが
よく買うものの1つにブリオッシュがあります。
相方も私も、これが大好きなんですけれども
ブリオッシュというと小さな丸い頭の付いた
雪だるまのようなパンを想像しませんか?
フィンランドで目にするブリオッシュは
ほとんどがこのような↓スタイルです。


ブリオッシュとは、僧侶が座っている形という意味の
ふんわりとした柔らかな口当たりと
バターの風味でまろやかな味わいが楽しめる
お菓子のようなパンで
フランスでは朝食に食べられているそうです。
(フランス在住の方々そうですか?)

フィンランドのブリオッシュは
もう少しサクッとした食感で
デニッシュにも似ているような気が?!
パイのような生地にレーズンがおり込まれ
お砂糖でお化粧された甘めのモノです。

調べてみましたら、卵や牛乳、砂糖を使用した
リッチなパンの総称をヴィエノワズリーといい
ヴィエノワズリーの仲間にクロワッサンや
ブリオッシュ、デニッシュがあるとのこと。
ですからブリオッシュとデニッシュが
似ていて当然なわけです。納得!
もしかして、これは常識?


ヴィエノワズリーはウィーン生まれのフランス育ち。
それが遠く北の彼方へ伝わる頃には
こんな風に変化していったのかも。
ブリオッシュはプッラとは表示していないので
プッラとは別物の扱いなんでしょうね。
フランスに敬意を表してなのか?
難しいことはさておき
今日も美味しかったです。ごちそうさまでした♪
私の好きな近所のカフェの名もブリオッシュ。
このカフェについてはこちらへ どうぞ。


ちなみにこのお皿はアラビア社の
「SUNNUNTAI・日曜日」というシリーズのもので
去る13日の日曜日は、フィンランドの父の日でした。
母の日ほど盛り上がっていないような・・・
それは気のせいということにしておきます。


いいね!した人  |  コメント(56)  |  リブログ(0)

テーマ:
来年のカレンダーを買いました。
折角なので、まだよく分かっていないのに
フィンランド語表記のものを。


フィンランドの公用語はフィンランド語とスウェーデン語。
1つのカレンダーに2ヶ国語表記されているものもあれば
同じデザインでフィンランド語とスウェーデン語の
2種類作られているものもあります。
フィンランド語はあまり馴染みがないと思いますので
少しだけご紹介いたします。

フィンランド語の12ヶ月はこのようになっています。
(⑥⑦のaの上には¨が付きます)
①Tammikuu タンミクー  
②Helmikuu ヘルミクー
③Maaliskuu マーリスクー 
④Huhtikuu フフティクー
⑤Toukokuu トウコクー   
⑥Kesakuu ケサクー
⑦Heinakuu ヘイナクー 
⑧Elokuu エロクー
⑨Syyskuu シュースクー 
⑩Lokakuu ロカクー
⑪Marraskuu マッラスクー 
⑫Joulukuu ヨウルクー
フィンランド語で、天体の月も暦の月もkuuで
1月のtammiは樫、2月のhelmiは真珠というように
それぞれに意味がついています。
12月のjouluはクリスマスのことです。


このカレンダーの絵を描いた
RUDOLF KOIVU(ルドルフ・コイヴ)は、フィンランドで
最も愛されているイラストレーターの1人なんですよ。
1890年にペテルブルクに生まれ
その後ヘルシンキへ移り住み
アテネウム芸術大学で絵画を学び
画家、イラストレーター、挿し絵画家として
活躍した非常に多才な芸術家だったそうです。
優れた児童書の挿し絵に贈られる彼の名の付いた
「ルドルフ・コイヴ賞」というものがあることからも
彼の偉大さをうかがい知ることが出来ます。
1946年にヘルシンキで亡くなるまで
多くの作品が世に出回りましたが
中でもクリスマスをテーマにした絵がとても人気です。
柔らかなタッチで子供たちを描いた作品は
観た者すべてを優しい気持ちにさせてくれます。
ノスタルジックな雰囲気もまた魅力でしょうか。
そんな彼の作品をご覧になりたい方はこちら へどうぞ。



毎回、皆様から多数のコメントを頂き
大変嬉しく思っております。
最近の記事で疑問に思っていたことが
頂いたコメントで解決致しましたので
ご報告させて頂きます。
頂いたままの文章で掲載させて頂きます。

1つ目は、かぼちゃの色の変化について。
バイアリー・ターク様 から解答を頂きました。
かぼちゃの色。
成熟すると黄色やオレンジに変わっていきます。
でも、実が硬くなって甘さがなくなってしまい
美味しくないので、食用には蒼いうちに収穫するんです。
ですから、日を置いて成熟してくると
このように綺麗に変色していきます。
ウィークエンド・ファーマーのうん蓄話でした。

2つ目は、ラベンダーのワイルド化について。
kantelehibiki様
よりアドバイスを頂きました。
ラベンダ-は花が咲き終わったら
根元から茎を切らなければ駄目なんですよ。
そのままにしておくと
それこそワイルドになってしまうのです。
蕾のうちに刈った時は乾燥させて
お部屋に置くと良い香りがしますよ。
ラベンダ-作りで失敗された方は是非試してみてください。
そして、刈り取る時は茎は3cmくらい残してくださいね。
アジサイと同じです。
根元から全部切ってしまうと
次の年に花芽が出てきませんので。要注意!!!

とのこと、是非参考になさって下さい。
皆様とのこうした交流が何よりの宝物でございます。
いつもどうも有り難うございます。


いいね!した人  |  コメント(70)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。