【玄関】

テーマ:

写真は 室内から戸外へ行く風景


おはようございます(^O^)


今朝は雨 雨 雨 です
腰休め~♪(^_^)v

昨夜の会話

「明日、ジャガイモ蒔いちゃう!」
「えー!まだ早くない?
カッコウ鳴いてないし
まだまだ遅霜の油断ならないよ
焦ること無いって!充分間に合うから」

「だけど…」
「せっかく可愛い芽が出ても
霜でやられたらかわいそうだし…
蒔くなら半分にしよ!私の腰のためにもさ」


パートナーが急ぐわけは

26日から一週間ほど
私が留守になるからで…

実のところ この貴重な季節に
帰省してる場合じゃないんだが…

法事だもん


たぶん この世界は
ずーっと常に流れていて

自分が存在しようとしまいと
ずーっと流れは一定で

人々は同じように繰り返される日常を
現実であると錯覚していて

いきなりの変化は
『生』と『死』によってもたらされ

どんな人でも 現実を『遮断』される瞬間があり

遮断されたとき
自分の意識が どっちへ向かうのか

それによって 次の世界が決まるのかもしれなくて

何かを得るとか 達するとかの念が
強いほど 残りやすく

でも 普段
そんなこと考えながら生きてなくて

自分の意識のつもりになってるだけで

実は … ふはははは


ふぅ ( ̄∀ ̄)


雨だからと 友がお茶しない?とメールくれ

娘が昨日 明日寄るけど居る?とメールくれ

人々は そうやって
自分を感じるため 他人を欲し

他人の視線や思考を自分に取り入れて
それが 自分だと 錯覚しながら

で~っかい何かの一個の細胞でしかない
私たちの世界を 創りながら
同時に壊しながら

『無』から来て『無』に向かう
今は途中の『有』

儚く 美しい でも錯覚の『有』


雨もかなり強くなり
それがまた この世界を

洗う


すべては宇宙の意志!


ありがとうございます!
今日も生きてますね!

\(^ー^)/
AD