結構しんどい

テーマ:
お通夜を何とかこなした。
今日はお葬式だ。
暑い日だ。雨男のお通夜、お葬式なのに、両日大晴れ。
お線香を切らさないよう言われ気になったし、彼と話せるのも最後かと思い色々話した。

主人への看護は私達の200パーセントの力でやったので、あまり後悔はない。
では何故こんなに苦しいのか。
主人の無念を思うからか。
それとも私が誰とも出かけられなくなることが怖くて寂しいからか。
ご飯を誰かのために作ることがなくなることが悲しいのか。
家に誰もいなくなることが寂しいのか。
話し相手がいなくなり、愚痴を聞いてもらう相手がいないことが嫌なのか。
外食を一緒にする相手がいなくなったことが寂しいのか。

全てだな。

お葬式という儀式が終われば、皆元の生活に帰っていくだろう。
私だけが、元の生活にはもう戻れない。