目次1目次2目次3目次4


【好きな男性がいる場合】


職場や友人関係に好きな男性がいる場合は、信頼できる友人にお願いして「フリーだったら紹介したいお友達がいるんだけどどうかしら?」と彼に聞いてもらうことである。


待っていたら、いつの間にか要領のいい別の女性に彼をとられてしまうかもしれない。


日本の男性は欧米人と違い、恥をまず考える。


一部の遊び人を除いて、悪くないと思う女性がいても相手が少なからず自分に好意を持ってくれているという感触がつかめないかぎり、なかなか個人的にお食事に誘ったりできないところがある。


何もしないで私の気持ちに気付いてというのは難しいのである。


もし協力者が見つからなければ自分でアタックするのも悪くないが、失敗したときに気まずいのと、相手がまだ結婚願望がなかった場合、運よく交際できてもずるずる年月だけ過ぎて終わるケースもある。


極力、間に人を立てて異性を紹介してもらったほうが、こちらが早く結婚したいと思った場合、紹介者を通じて相手の気持ちを確認してもらいやすく前に進むにしろ、ダメになるにしろ、無駄な時間を大幅にカットできる。


もし協力者が見つからず、自分で告白する勇気もないのであれば、さっさと割り切って他の男を探そう。


正直なことを言うと好きな男性に女性からアプローチするという方法での成婚確率は低い。


なぜなら人は結婚相手に対し、理想を高く持ちがちで、好きな人というのは手が届きそうで届かない自分よりやや条件が上の相手であることが多く、あっさり断られるケースが多いからだ。


私は元職場や学生時代の女友達に頼まれて、女性側が好きだと言っていることは一切ナイショにして、あくまで私のお節介という感じを装って、過去7人の男性に「紹介したい友達がいるんだけど」と聞いたことがあるが「一緒に食事をしてもいい」と言ってくれたのは1人だけで、あとは彼女がいたり「タイプじゃない」ということでダメだった。


その食事にいった男性も2回のデートで終わった。


これは自分が男性側も個人的に知り合いでないとできないことなので、7人という数字は参考にするには少なすぎるかもしれないが、やらないほうが良かったのかと言うと、そのあと3人の女の子がフラれて気持ちが吹っ切れたらしく、お見合で別の男性と結婚した。


また他の2人はその後、友人の紹介で結婚している。


好きな男性がいると、夢見がちな女の子は一縷の望みをかけて待ってしまい、彼が他の女性と結婚してから後悔したり、別の素敵な男性が自分に興味を持って食事に誘ってくれているのに、ちっとも良いと思えなくて断ってしまったり、損をすることが多々ある。


もしどうしても割り切れないくらい好きな男性がいて、婚活に前向きになれないのであれば、すぐにその男性に対して何らかの行動を起こして、結婚にブレーキをかけている感情を早く消化させるべきである。


結婚できたら最高だし、ダメでも諦めがついて前に進める。


自分から動く勇気がないなら、気持ちの整理をつけて、早く違う男性に目を向けよう。


一番よくないのは、女性として若く最も美しい時期を一方的な片思いで無駄に過ごし、お嫁にいきにくい年になってから焦って婚活を始めることである。

 

花の命は短い。


漠然と憧れを抱いて待つのは損だ。

 

間に友達をたてておけば、もしフラれても「友達がお節介でごめんね」という態度でいればいいし、傷は最小限で済む。


ただし、上手くいかなかったとしてもお友達への御礼は忘れずに。


そこまであなたのためにしてくれる友人なら、これがダメでもまた違う男性を紹介してくれるかもしれないからだ。



【大好きな男友達がいます】 ローズさんの質問


桃子さんの考え方に賛成だったので、アドバイスが欲しくてコメントを書かせてもらいました。


私は大学生で絶対結婚して若いママになりたいという夢を持っています。


『③好きな男性がいる場合』の記事を読ませていただいたのですが、私の場合は当てはまらないと感じたのです。


私は接点が多く普通にプライベートな話ができる関係で仲のよい男友達といったところなんだと思います。


仲がよいからこそ、この関係を崩すのもこわくなにもしていないんです。


上に書いた夢があるので、気づいたら手遅れにも何もしていないんです。


アドバイスいただけるとうれしいです。


(rose777さんからの質問 以下、ローズさんとさせていただきます)


ローズさん、コメントありがとうございます♡


ローズさんは大好きな彼がいるけれど、もし今の彼との関係が崩れたらイヤだから告白できない、そう思ってしまうくらい彼のことが好きなんでしょうね。


ただ「もし彼からフラれたときに自分は傷つきたくない」という、自分の保身を優先して考えてしまうと、相手に気持ちが全く伝わらないので、そのうち別の要領の良い積極的な女性にとられると思います。


ローズさんには恋愛に協力してくれそうな女友達がいますでしょうか?


もしいれば、その女友達にお願いして、ローズさんが付き合いたいと思っていることを伝えてもらい、彼の気持ちを聞いてもらいましょう。


もしフラれたら「今日○○ちゃんが変なこと言ったみたいだけどごめんね。これからもフツーに友達として仲良くしてね」って軽い感じでラインか言葉で(そのときは笑顔で)伝えましょう。


協力してくれる人がいなければ、直球で自分で彼に気持ちを伝えましょう。


友達みたいな関係だと、言わないとずっとそのままで何も起こらないと思います。


もしそこでフラれたとしても、違うもっと自分のことを大事に思っている男性を探せばいいだけです。


もしもフラれたときは、すぐに「びっくりするようなこと言ってごめんね。でも○○くんとはこれからもずっといい関係でいたいんだ。だから今日のことはナシにして、これからも普通に友達として仲良くしてね」と可愛く言いましょう。


告白する前に、秋だと大学の文化祭とか運動会とか、何か一緒に参加できそうなイベントがある場合、手作り弁当の差し入れとか(男性が一人暮らしなら)ポイント高いと思います。


彼だけにあげるのが不自然ならたくさんつくってみんなに食べてもらう感じでもいいですし。


私は大学時代、文化祭のときにゼミのみんなで露店をやったのですが、店で出すのがクレープで甘いものだったから、差し入れはそうでないものが喜ぶんじゃないと母に言われ、みんなに母がつくった春巻きとおにぎりを持っていったところ「すげー、これ、ももっちつくったの?うまいじゃーん!!」と男性陣から聞かれ「イヤ、母が……」と言うのが非常に苦しかったですが。


(母のつくる料理はとても美味しいので金持ちの大叔母は母に小遣いをあげるから家政婦になってくれと頼みこんだほどである。


父が母と結婚しようと思ったのも、デートのときに母が作って持ってきたサンドイッチが美味しかったかららしい。ベタだが手料理や手作りお菓子は相手が自分に好意を持ってくれていたら一定の効果がある。)


ハロウィンにこじつけて何かチョコレートかクッキーのような手作りお菓子を彼にお渡ししてもいいですね。


狙った男性をコンパに誘う女性もいますが、私はそれはわざわざライバルを増やすようなものですすめません。


友達は狙った男友達をコンパに誘い、幹事を頑張っている間に人数合わせで呼んだ女友達に本命をとられたと言っていました。(まあそれ以前の問題で最初から彼は彼女のことがタイプじゃなかったんだろーけど)


たぶん彼女は彼一人に声をかけるのは勇気がなくてコンパという大人数にしたのだと思いますが、もし彼女がコンパという形にせずに彼に直接告白していたら、フラれていたかもしれないけれど、大好きな彼が自分の友達と交際を始めるという二重の苦しみはなかったと思います。


とにかく何もしなかったら友達のままだと思います。


彼が好きならその気持ちを何らかの形で伝えましょう。

もしフラれたとしてもローズさんは若いので(今は彼しか見えないだけだと思います)もっと素敵だと思える男性は時間の経過でまた現れると思います。


もしも彼が全く同じゼミに在籍していて、これからもずっと授業を受ける可能性が高く、関係がこじれるとイヤなら、卒業のときに告白するのもありです(ただその間に他の女性がアタックする可能性がゼロではないと思いますので、他の女にとられたくないなら、自分の保身よりも早めの行動が大事だと思います)。


「言わなくても私の気持ちをわかって」というのは難しいです。


勇気をだしてみてください♡


でももしフラれたらすぐに気持ちを切り替えて違う男を探すことです。


失恋の1番いい薬は違う男を好きになることです。


私なんか婚活で何人フラれたかわかりません(こえーから数えてねーけど)。


彼への告白がうまくいけば最高ですし、仮にもしうまくいかなかったとしても今は彼しか見えていないだけでローズさんはまだお若いので自分のことを大事にしてくれる男性は必ずみつかると思います。


【彼に気持ちを聞く前に努力するといいこと】


①いつも会えたら明るい笑顔で会話


②可愛らしいメイクの研究 彼の好きな芸能人を知っているほど親しいなら、その芸能人さんのメイクをお手本にしてみて 張り切りすぎてけばくならないように大学生らしい可愛さを


③自分の長所を活かして短所を目立ちにくくするファッションの研究 大学で会うときはいつも可愛く 忙しいときは手抜きってことがないように 


④彼のことを立てて、会話の中で「すごいね」とかたくさん誉めて、彼をいい気分にさせてあげて「一緒にいると明るい気分になれる子だから、ずっといたいな」って思ってもらえるようにリップサービスは大事。この際、周りに女友達がいても女受けは必要ないので気にせず彼をほめて


⑤学食でみんなでお昼ご飯を食べたり、飲み会のような酒を飲む機会があれば、みんな分のお茶をとりにいったり、コップにビールが少ないと思ったら注いだり、気のきく子だなぁと思われよう、周囲に配慮。


⑥彼のいる前で他のお友達が人の悪口や愚痴みたいな話をしても、「たいへんなんだね」って優しい言葉をかけてあげるも、そういう人に同調して、人の悪口や愚痴のようなネガティブな話には自分も加わらない。彼の前では常に明るく楽しい話題を


⑦彼が部活をしていたり、打ち込んでいるものがあれば、一緒に応援してあげて。


⑧手作りのお菓子をちょこっとプレゼントみたいな女の子アピール


これを努力して告白し、もしダメだったとしても落ち込む必要はないと思います。どんなに頑張っても、そもそも彼が自分の顔や性格がタイプでなかった場合、どんなに努力しても空振りなので、また視点を変えて自分のことを好きって思ってくれる人を探せばいいと思います。


例えばですが、堀北真希ちゃんみたいな容姿の女性が好みのタイプのイケメンくん相手に、たんぽぽの白鳥ちゃん(キライじゃないですけど)みたいな女の子が恋のテクニックを勉強して彼にアプローチしても、狙う相手をイケメンからフツメンに変えないとなかなか交際が成立しにくいと思うんです。


また嵐の相場くんみたいな男性が好みのタイプの美女に出川哲郎さんみたいな雰囲気の男性が恋の駆け引きをしっかり学んだ上でアタックしても、交際まで発展するケースって少ないと思います(例えが悪かったらスミマセン)。


脈がなければ相手を変えるが、婚活の成功法だと思います。


【学生時代に彼氏ができた場合の1番の注意点】


ローズさんが大好きな彼と恋人になれたときの1番の注意点を書いておきます。


それは浮かれて遊びすぎないことです。


私の大学にはいろんな人がいてアラフォーにもなると、大学時代の過ごし方が人生の明暗をわけていると感じることが多々あります。


大学時代に彼女ができて遊んでいた男性で、親が金持ちだったので地元の有力銀行にコネで内定をもらったものの単位が足らずに留年し(おそらくだが彼女とデートのしすぎ)内定取り消しで母親を泣かせたヤツや、自分が希望する企業からは内定を1社ももらえず数年間フリーターを経験し、今はベトナムに自分磨きに行ってる人もいます(定職あるのか不明でもちろん独身)。


一方で、大学時代は彼女なしでコツコツ勉強し公務員試験に合格した男性や、教授に気に入られて良い企業への面接の推薦状をもらい、就活をあっさり終了した男性は今は結婚してパパになっています。


どんなに大好きな彼氏と恋人関係になれたとしても、その彼が「結婚は30過ぎてくらいからがいいなぁ」とか考えているタイプでしたら、すぐに結婚はそもそも無理ですし、彼がきちんとした会社に就職して生活を安心して送れる相手でなければ一緒になっても苦労の多い人生になるでしょう。


なので彼女になれたら、楽しいデートを繰り返すだけでなく、将来の夢について話し合い「就職活動一緒に頑張ろうね!」と切磋琢磨しあえる関係を築けるといいと思います。


そもそもいろいろ話し合っていく中で金銭感覚や将来のビジョンが全く異なる場合には結婚すること自体を冷静に考え直すべきだと思います。


例えばローズさんはサラリーマンの妻になりたいけれど、彼の実家はお商売をやっていて将来的にはその事業を継ぐ予定で家業を手伝ってくれる人といつか結婚したいと思っていたら、そもそもローズさんが彼との結婚を夢見ること自体が幸せにつながるのか微妙です(自営業のような場合、彼のご両親様とも会って、将来姑となる彼のお母さんとは一緒にお仕事が仲良くできそうな人なのかも総合的に判断していく必要があるでしょう)


またこちらだけが結婚したいと思っても、彼はいまどきの大学生で「結婚なんて先の話でただ彼女をつくって遊びたいだけ」という感覚なら、だらだら交際してお別れという一方通行で終わってしまうこともあります。


結婚したいと思ったら、結婚の意志のありそうな人とだけ付き合うというのが婚活の成功法ですが、学生時代の恋愛の場合、男性はそこまで考える人のほうがむしろ少ないため、交際する中で「彼女とはずっと一緒にいたいな」と思われる人になるよう努力することが大事だと思います(例えば彼が一人暮らしだったら、料理をつくってあげるですとか)。


私は塾の講師をしていて、塾長が元有名予備校の講師だったのですが、予備校で恋人ができると彼女のほうは「同じ大学に行けるように頑張ろうね!」って感じで見事志望大学に合格し、男性のほうは彼女とのセックスにおぼれている間にどんどん成績が落ち、志望校に不合格で、彼女は進学先で新しい彼氏ができるというケースがけっこうあったと言っていました(笑)


女性は複数のことを同時にこなすことが上手にできる人がわりと多いのに対し、男性は短期決戦で一つのことに一気に集中できる状況をつくったほうがうまくいくケースが多々あり、有名進学校に男子高があるのは理にかなっているというようなことを言っていました。


もちろん彼女がいても就職試験で成功している男性はたくさんいますが、そういう女性は自分が彼と遊ぶ時間を優先するのではなく、彼の就職活動が成功するように足を引っ張ることなく一緒に頑張ろうとうまく誘導するのが上手な方だと思います。


なので、こういった面での配慮は彼女になれたら気を付けて、彼の足しになる女性になれるよう努力するといいと思いますし、一緒にいて居心地の良い女性になれるよう努力するといいと思います。


もし彼がきちんとした企業に内定したら「就職して仕事も覚えてペースがつかめたら早く結婚したいな」と可愛く可愛く伝えておくといいと思います。ただ男性は仕事が大事ですので、彼の足を引っ張らないように自分の主張ばかり言わないようにして、まずは彼の仕事を大事にしていきましょう。


可愛いローズさんの恋活からの結婚を応援しています♡

いつもブログをみてくださってありがとうございます♡


【楓さんのコメント】


ごめんなさい、ローズさんなんか怖いって思っちゃいました。


お付き合いしてない友達の段階で「彼と早く結婚したい」って…まずは「付き合いたい」でしょ~。


仲の良い友達かもしれませんが、彼のプライベートの顔をどれだけ知ってるのでしょう。


早く結婚して若いママになりたい→彼のことが気になるから結婚するなら彼よね♡→アプローチしてないけど結婚したい♡


って怖いです、なんか。


多分お付き合いの経験自体が殆どないんじゃないかな。


結婚の前に踏むべき段階があるのに全てすっ飛ばして結婚に対する素敵なイメージだけ抱きすぎのような感じがします。


そしてローズさんの想像してる「若いママ」って多分大学卒業と同時に結婚して妊娠♡くらいの勢いかと思うのですが…大学生の男はよっぽどのことがない限りすぐ結婚なんてしないですよ。


早くて就職して数年経つ26、7歳くらいだと思います。


彼のことが好きだから彼と結婚したいなら、まずはお付き合いする段階に進めるよう桃子さんのおっしゃるように積極的にアプローチするのが第一。


今現在ただの友達で特にその期間が長いなら、いくら待ってても多分永遠に友達のままかと。まずは彼の恋愛対象になるべくいろいろ作戦を考えるべきです。


早く結婚してママになりたいだけなら、婚活市場にいる結婚願望のある年上男性にターゲットを絞ったほうが良いかと。


私の友人にも大学卒業と同時に妊娠して結婚した人がいますが、お相手は15歳年上でした。


まぁここまでは極端にしても、すぐ結婚してくれる男性は殆どが最低でも30歳以上の男性じゃないでしょうか…。


(楓さんより)


確かに楓さんのおっしゃるようにイマドキの大学生は彼女ができたからと言って、すぐに結婚を考える男性のほうが非常に少ないですね。


たいていの場合、就職して自然消滅になる人が多いです。


過去にも書きましたが私の母校は当時、恋人ができる国立大学ランキングで3位以内に入っていました。


理由はド田舎で周囲に娯楽施設がないので「とりあえず暇だから彼女でもつくるか」という悲しすぎる理由。


上位三大学、素晴らしく立地がド田舎ばっかり!!(該当大学の方スンマセン)


そんなワケで、我が大学はわりと美人でない子でも彼氏できちゃってたんだが、私のゼミで大学時代の彼とそのまま結婚したのは1人だけ。


あとはみんな別れている。


そんだけ大学時代の恋人って結婚相手になることは難しい。


比較的、学生時代の彼氏がそのまま結婚相手になりやすいのは医学部である。


これは医者になるという将来なりたいビジョンがお互いに一致しているため、自然と将来のライフプランでの話し合いがスムーズに行われやすいからである。


同じゼミではないが、同じ教師という道を目指し教職の勉強をしていた女性は彼氏が教員採用試験に合格した時点で婚約した。


ただ好きという自分の気持ちだけでなく、将来のこと、よく話し合って、結婚は相手のあることなので相手の気持ちを確かめながら、進めていかないと自滅すると思います。


ちなみにあくまで結婚意識を持つのが早い男性であっても22歳くらいで結婚を意識しはじめるのは高卒の男の子。


専門学校や高専の子で23~24歳くらい。


大卒の男性だと就職して3年くらいは仕事を覚えるのに精いっぱいな人も多々いて、25歳くらいで結婚を考える人は経済力のしっかりした男性で少数派だと思います。


大学院にすすむと27~28歳くらい。


これは個人差が非常にあり、経済的にしっかりして仕事が安定してきた男性ほど早く結婚を考える傾向があります。


逆に仕事も落ち着かず、収入も安定していないのに結婚を考える男性は非常に少ないので、大学時代にできた彼女にいつプロポーズしようかなとか考えている人はあんまりいないのが現実で、どちらかというと大学生同士の結婚はできちゃった結婚で「子供ができたら結婚してよね!」と女性に言われて婚姻届にハンをつく男性が多いのも現実です。


私の知人はできちゃった結婚しましたが、彼にそもそも貯金がないので(当たり前だが)彼のご両親と同居することになり、想像していた甘い新婚生活には程遠くすぐに離婚したので、できちゃった結婚自体は個人的にあまりすすめませんが。


好きだという気持ちだけでローズさんの一方通行にならないようにしていくと後悔が少ないと思います♡


絶対ではないのですが、大学卒業後にいきなり結婚よりはきちんと就職活動もして社会の厳しさも知っているほうが良いのではとも思います。


大学時代のアルバイトときちんとした会社に入るのでは重みも責任も全然違います。


私は高卒や短大卒で社会人経験を数年した子が22歳で結婚するのは悪くないと思いますが、就職せずにいきなり結婚というと、男性の仕事のたいへんさを理解できずにもっと頑張れみたいなことを平気で言ってしまう人もいます(こんな人ばかりではないと思いますが)


なので、彼氏をつくることも大事ですが、就職活動をきちんとすることも大事だと思います。


大卒なら大学時代の彼と結婚するにしても(そんなに守備よくいくことも少ないのではありますが)結婚は早くても23歳くらいでいいのではと思います。


楓さんアドバイスありがとうございます♡


【マリナーさんのコメント】

 

確かに!大学時代の知り合いを考えると、当時の恋愛ではほとんど結婚してないですね 笑

でもなあ、学生時代の彼女との思い出って僕の中でものすごく貴重なんですよね。


もう損得じゃないんです。

思い出したら切なくなるけど、今から考えると当時は当時で幸せでした。

結婚しか考えてないのなら、大学時代同世代とのお付き合いは逆に目が肥えてマイナスになったりするケースもありますよね。


辛い思い出になることも多い。


それでも僕はそれなりに恋愛してきて良かったなあと。


大学生じゃなきゃできない恋愛ってあると思うし。


(マリナーさんより)


辛い思い出になるか、良い思い出なるかは今、現在自分が幸せかにかかっていると感じます。


今自分が幸せだと、過去の辛いことも良い思い出として受け止められます。


マリナーさんのおっしゃっていることが真実だと思います。


大学時代って相手の年収とかそういうスペック抜きにした本当に大好きな相手との掛け値なしの純粋な恋愛なんですよね。


だからこそ、大学時代に大好きな彼氏がいて別れるとその彼を上回るくらい好きだと思える男性に出会えないと感じ、婚活難民になる人もいます。


マリナーさんのように過去は過去の思い出として別のものと考えられる人はうまくいきます。


ただなんというか女性は感情動物なんですよね。


過去の思い出を上回るくらいの人でないと結婚できない婚活難民さんもいます。


恋愛自体は素敵なことですが、ひきずるタイプなら下手な恋愛はしないほうがいいかもしれない、でもひきずるかどうかなんて、恋してみないとわからないとゆー複雑な問題だと思います。


もし過去に素敵な彼がいても思い出として割り切っていくと幸せになれると思います。


いつもコメントありがとうございます♡


感謝をこめて♡





【記事をあげたあとローズさんから再びのコメント】


さっそく記事にしてお答えいただいてありがとうございます。もう少し詳しくお話します。


去年までは同じ大学にいましたが、今は海外に行かれました。


2人で仲良く、特に仲の良い女友達はいません。


一緒にやっている仕事があるので、連絡はよくとっており、関係が壊れるとこれがうまくいかないのが問題になります。


前に好きな人いるのとか聞かれたことがあるんです。


ローズは自分で好きっていえないタイプだよね?自分もそうなのだけど、どうすればいいんだろう?って一目惚れした相手はなに考えてるかわからないから特にいえないって。


この時言ってしまおうかって私も思ったのですが、この人実は彼女がいるんです。


だから、なにもいわなかったんです。


彼女とはうまくいっていないとは聞いていました。


この人、悪いクセで彼女に何も伝えないでずるずるひっぱているのです。


普通に結婚相手を探しています。


彼女もかなり問題がある人なのは事実ですが。


浮気は悪いことだし、彼女と別れたか探りを入れようとしているのですが、彼女の話をすると不機嫌になるので聞けてないんです。


(ローズさんより)


ローズさんごめんなさい。辛口なお話になることをお許しください。


浮気は悪いことなので、この彼のことは忘れて違う男性を探しましょう。


彼女がいるとわかっているのに、どうしたら付き合えるかだけでなく、結婚まで考えるのはかなり順序が違うと思います。


なんとなくですが、ローズさんの言葉から、彼女がいることがわかっておきながら彼氏とデートしたことが実はあるのではないか?と「彼女のことを聞くと彼が不機嫌になる」や「浮気は悪いこと」という言葉から感じます。


彼女の話をすると不機嫌になるということは、まだ彼は彼女と別れてはいないのでしょう。


別れているなら「別れた」と言うはずです。


そして「不機嫌になる」のは、ローズさんのことは本命としてではなく、浮気相手という軽い感じでなら交際してみたいと思っていて「彼女がいるのは知ってるくせに聞くなよ」と彼は思っているのではないでしょうか?


彼女がいるのにローズさんと頻繁に連絡をとって仲良くする男性は浮気しやすいタイプだと思います。


もしその彼の彼女の立場になって考えたら、頻繁に仕事以外で彼に連絡をとろうとするローズさんみたいなタイプの女性もそれにのっかる彼も軽くてイヤだと思います。


その彼とは一緒に仕事をするだけの清いお付き合いにしておきましょう。


そういう割り切りができないなら、もうそのアルバイトはお辞めになられて違うバイトを探したほうがいいと思います(大学生だけれど今の仕事がこのまま大学卒業後の仕事とかでしたらご両親様と慎重に相談すべきだと思いますが)


自分のことを本命彼女にしてくれる誠実男性と真剣交際を考えることが幸せの近道です。


ローズさんを1番に思ってくれる彼を見つけてください♡


ローズさんがまずするといいこと


①彼女がいる彼のことは忘れること


②良い会社に内定をもらえるよう勉学に励み、就職活動を成功させること(いい企業に入れば、その会社で出会った男性はみんな収入の良い安心して結婚を考えられる男性ということになります)


③就職活動が終わってから婚活を始める。この時点でまだ21歳か22歳。全然遅くありません。いい企業に内定をもらったと言っている男性を狙うのもありだと思いますし、お婿さん探しは就職して仕事を覚えて会社に慣れてきてからでもいいと思います。


彼女がいる男性のただの浮気相手になることほど損なことはありません。


自分のことを1番に思ってくれる男性といつか幸せになりましょう。


大学生なので就職活動をきちんとしてからで焦ることはないと思います。


ローズさんの婚活を応援しています。


苦しい恋から抜け出して、いつか自分だけを大事にしてくれる誠実男子くんと出会い、幸せな家庭を築いていってくださいね♡


今は彼のことしか見えていないのかもしれません。


でもお若いローズさんをもっと一途に可愛がってくれる男性を探すべきだと思います♡


今回の私の回答はローズさんの望んでいたものと真逆の回答かもしれません。


ローズさんは彼女から彼を略奪する方法を知りたかったんですよね。


でも略奪した女性って離婚率が高いです。


それはそもそも自分が元カノから略奪した男性は女性と同時進行で交際することに罪悪感を感じない人が割合的に多いから、結婚後の男性の浮気率が高いのです。


略奪という言い方は失礼で、そこまでは考えていなくて、とりあえず今の彼女と別れて私に振り向いてくれないかなと思っているだけだったら本当にごめんなさい。


でも人の不幸(彼の彼女は性格が悪そうだから別れてくれたらいいのにと思うこと)を願うような女性には幸せはこないと思います。


彼女がいる男性は狙わないのがマナーだと思いますし、こういった常識あってこそ安心できる将来の幸せな結婚生活につながっていくものだと思います。


彼女がいるのに思わせぶりなことを言う男性には見切りをつけましょう。


彼は海外にいて、しかも彼女もいるので結婚まで考えるとかなり険しい道のりで、わざわざそんな苦労の多い道を選ばなくても、ローズさんが大学卒業後に早く結婚をしたいのであれば、まずは就職活動を頑張って、入社して数ヵ月して仕事に慣れてから、職場の結婚願望がありそうな30歳くらいの男性をターゲットに出会いを求めて婚活しても全然遅くはないと思います。


ローズさん必ず幸せな結婚をしてくださいね♡


質問ありがとうございました♡


この記事のあと、ローズさんは彼のことは忘れて違う彼をみつけますと前向きな連絡がきたそうです。


苦しい決断だったと思いますが、素晴らしいことだと思います。


すでに彼女がいる男を思い続けることほど時間の無駄、もったいないことはないと思います。


そしてこういうふうに彼への未練を捨てて前に進めるのも若さゆえの柔軟性、素直さなのではないでしょうか。


「そうは言っても……」と元カレ、元カノ、あるいは交際はしていないけれど好きだった(あるいは今も好きな)人を思い続けて、婚活に踏み出せない人もいます。


婚活の相談をあれこれ受けていると、意外となのですが「実は好きな人がいる」という人はわりといます。そしてその彼を上回るくらいの男性とゴールインできたらと夢想している人も中には……(「婚活難民キャンプへようこそドキドキ」っつーくらい、このタイプはモテる人であっても結婚が難しいことが……好きな人のことを忘れられないとストライクゾーンがものすごーく狭くなってしまうのです)


好きな異性のことを綺麗に清算できたとき、はじめて人は本当の意味で婚活の良いスタートラインに立てるものだと感じます。


ローズさんありがとうございました。


目次1目次2目次3目次4



婚約聖書 (MyISBN - デザインエッグ社)

新品価格
¥1,728から
(2016/11/12 06:28時点)

紙の書籍ですドキドキ


婚約聖書 絶対に結婚できる三十の法則


電子書籍は250円ですドキドキ

どうぞ宜しくお願いしますドキドキ





にほんブログ村



にほんブログ村



人気ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます♡

心より感謝をこめて 天野桃子


 

 

※現在、相談はお休み中ですm(_ _ )m



AD