目次1目次2目次3目次4


知っている人は貯まる!やってはいけないお金のルール(貯蓄ガイド 伊藤加奈子さまの記事よりお借りしました。詳しくはこちらをどうぞ→記事元  )


【やってはいけないお金のルール10】


1 ATMでお金を引き出すときに、いつも手数料が引かれている
2 家賃などの振込で手数料がかかるのは仕方ないと思っている
3 クレジットカードの支払いはリボ払いにしている
4 夏冬のボーナス払いで買い物をする
5 会社帰りに毎日コンビニに寄る
6 特売日にまとめ買いをする
7 子どものために学資保険に加入するのは当たり前
8 保険に加入していない、加入したら見直しをしない
9 銀行を変えたことがない
10 普通預金に入れっぱなし


 

 

先に上げたATM引き出し手数料が典型ですが、無意識だろうが、わかっていようが、ATMでお金を引き出すのに手数料を引かれるのは愚の骨頂。銀行の定期預金に100万円預けていても1年でもらえる利息はたったの100円(税引前)。ATM手数料でなくなってしまいます。それどころか、引き出すたびに自分のお金が減っていくということです。

基本的に、自分の口座がある銀行のATMや提携先のコンビニATMなら、日中はたいてい無料で引き出せます。問題は平日夜や土日、祝日。忙しくて無料の間に引き出せずに仕方なく、という人もなかにはいるでしょう。でも、今は、残高や取引内容次第で、いつでも手数料なしで引き出せる銀行が増えています。該当していても手続きをしていないだけという人もいるはずです。日常的に使っている口座で特典がないか、きちんと調べましょう。

 


 クレジットカードのリボ払いは、ローンを組んでいるのと同じと理解しましょう。

同じように、ボーナス払いで買い物をする人も注意です。リボ払いと違い、利息はかかりません。しかし、ボーナス払いは支払いの先送り。つまりツケ。借金を半年近く抱えているのと同じです。大型家電や海外旅行など、まとまったお金が必要なときに、便利な支払方法ですが、せっかくの
ボーナスが借金の返済に回り、楽しかったことの後始末に使われてしまうのです。

まとまったお金が必要な買い物は、貯めてから使う。これができないと、お金はお財布からどんどん逃げて行ってしまいます。


(つづきはこちら をどうぞ)


結婚後に離婚するカップルの1番多い原因が「お金の問題」と言われています。


男性の貯金額が少なすぎたり、女性が婚活のためにとエステやファッションにお金をかけすぎカードの支払がリボ払いで借入金が多いことが判明すると確実に金銭感覚を疑われ、プロポーズまで進んだのに破談というケースもあります。


また昨今は「奨学金返済貧乏さん」もいます。これが結婚生活を圧迫するケースもあります。


独身時代に無駄遣いをせずに計画的に借入金を早めに返済をすることや(そもそも借りる前にお金の貯める癖をつけたほうがいいが)、「会社の上司が嫌いだから」という一時の感情的理由だけで安易に会社を辞めたりしないことも非常に大切です。


若いうちからお金の大切にする習慣を身につけていきたいものです。


婚活市場にいる女性の中には「結婚後にお金の困らない生活をしたい」と平均より上の年収の男性を狙う女性もいます。


でも計画的にきちんと貯金をして収入もそれなりの男性ほど、女性の金銭感覚に対してシビアでそれとなく自然な会話の中からチェックしていたりします(生活が派手な人や外食三昧で家事をしていない雰囲気の女性は敬遠する傾向あり。中には親が興信所で調べる人も)。


結婚後にお金に困らない生活を手にしたいと思ったら、それを「年収の良い男と結婚したい」と相手に高い年収を求めるよりも、自分が身の丈に合った生活習慣を身に着け、無駄遣いせずに堅実にお金を貯める癖を身に着けるほうがよほど早く結婚できて、結婚してもお金に苦労のない生活を送ることができると感じます。


どこまでいっても自分次第と感じます。


いつもブログをみてくださってありがとうございます。


婚約聖書 (MyISBN - デザインエッグ社)

新品価格
¥1,728から
(2016/11/12 06:28時点)

紙の書籍ですドキドキ


婚約聖書 絶対に結婚できる三十の法則


電子書籍は250円ですドキドキ

どうぞ宜しくお願いしますドキドキ





にほんブログ村



にほんブログ村



人気ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます♡

心より感謝をこめて 天野桃子


 

 

※現在相談はお休み中ですm(_ _ )m

 



AD